尼崎 半 グレ。 暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿 車ではねバールで刺す 「半グレ」10人を殺人未遂容疑などで逮捕

半グレか、殺人未遂と監禁疑いで男10人逮捕 バールのようなもので暴行

尼崎 半 グレ

県警は花岡容疑者らを暴力団組織に属さない「半グレ」と呼ばれる不良集団とみて、実態解明を進める。 逮捕容疑は、花岡容疑者らは共謀して7月21日午前3時半ごろ、同県尼崎市船出の路上で、知人の無職男性(22)=大阪府池田市=を自動車ではね、バールのような物などで両足を殴り、車のトランクに押し込んで約3時間監禁。 さらに会社員男性(21)=同市=もバールのような物で胸を突き刺すなどして、2人を殺害しようとしたとしている。 県警によると、無職男性は全治約1年、会社員男性は同約1カ月の重傷。 リーダー格の花岡容疑者の認否は明らかにしていないが、容疑を認めているメンバーもいるという。 花岡容疑者らと無職男性との間に金銭トラブルがあったという。 この集団は阪神間を拠点に活動していたとみている。 客席にカルトスポンサー団体客 選挙にカルトスポンサー組織票 なんでも請け負うバチンコ方式つかまらない解決屋 情報隠蔽複数のカルトと団体と保険と銀行と株に仮装通貨にマネロン に 水 ゴミ 建設 不動産 ペット 入管 霞ヶ関 新宿 地方イベント ダフ屋 商売 薬 精神病院 障害者 助け合う精神で一生のお付き合い 短い一生 生命保険 知らぬが仏 闇のからくり 臓器 セックス ドラッグ 安砂糖を与え廃人にする 梅毒 エイズ 健康グッズ ダイエット 装飾品 転売 リサイクル なわばり スカトロ 風評 弱者 世話役 コネクション 話題性 摘発 利権 子供を洗脳してコマにするはカルトもおなじ 政治家の顔 フィクサー 役者 整形 猿芝居 まるだししむらもなかったことになり つるべ みの でびる どこにつながりますのやら おざわ もり じゃる フランスおもてなし利権 みのがしがちな子供教材に宅配ビジネス 来客に茶をだしながら財布の個人情報を盗みながら泥棒にあったと噂を流すやつらはいる おそろしきカルトのつながりに生きたまま騙される つかまらないやつらは医者にやくざに政治家に土建ににまで繋がる 公務員を身内にしたがる 気をつけても手遅れ まこさますらまもらない国 日本人子供1000人連れ去りの内実の概要 大まかな推測だが、だいたいまず合っているだろう。 丸野誠一郎氏方 極道ヤクザ方 におちた一般人家庭の子供が、ヤクザ電波幻聴で振り回され耐えきれなくなって、 嫌々ながらすすんでアメリカ国に渡るケース。 その子供の本当の自発意思による日本国外への移動ではない。 極めて苛酷な可能性が非常に高い。 丸野氏が裏では恐ろしすぎるとの事。 日本国でもハーグ条約への加盟が、実は極めて非常に大事だったという話。 裏ではヤクザが恐ろしすぎているとの事。 しかし、日本警察の方針として、武器持ちチビサングラスヤクザチームを極道ヤクザ方にぶつけており、これにより極道ヤクザ方が苛烈に怒り続けているという背景が隠れている。 警察の暴力団対策のやり方がおかしい可能性が長年大いにあるらしい。

次の

半グレか、殺人未遂と監禁疑いで男10人逮捕 バールのようなもので暴行

尼崎 半 グレ

『半グレ』というワードに、笑ってはいられない。 その背景には、本物がいる。 ミナミの半グレ「アビス」数十人逮捕 に属さない「半グレ」と呼ばれる不良集団が、対立組織のメンバーに暴行を加えるなどしたとして、が大阪・ミナミを拠点にする半グレ集団「アビス」のリーダーの男(20)ら数十人を傷害や凶器準備結集などの容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。 アビスは府内で最大規模の半グレ集団で、府警が実態解明を進めている。 捜査関係者によると、リーダーの男は今年8月15日未明、アビスの対立組織を襲撃しようと、金属バットなどの凶器を用意しての繁華街・ミナミの路上に仲間を集結させ、対立組織のメンバーにを噴射する暴行を加えるなどしたとされる。 10月に逮捕され、暴行などの罪で起訴された。 他のメンバーの男(20)もミナミの路上で、被害者を看板で殴るなどしたとして、9月に傷害容疑で逮捕・起訴されている。 アビスは10代の男女を中心に数百人が所属。 飲食店の経営や客引きで収益を上げているとされ、一部の店ではぼったくり被害が指摘されている。 対策法はによる、の要求などを禁じ、中止命令に反すれば刑罰の対象になる。 一方、半グレは対象外のため、が半グレを隠れみのにしているとみられている。 府警はアビスなどを「準」と認定し、半グレの摘発を強化。 今年に入ってアビスを含め5団体のリーダー格を逮捕している。 (引用元) 背景にあるの覇権争い 大阪一の繁華街、ミナミ。 ここは元々、・六代目のシマだった。 だが、2015年に、六代目から神戸が分裂し、ミナミでは神戸が最大勢力となっていった。 その神戸が、さらに再分裂し、新しく・任侠が誕生したのが、2017年。 総本部こそであるものの、任侠代表・織田絆誠が表札を掲げる団体がミナミにもあった為、 ・元々いた六代目 ・そこから分裂した神戸 ・神戸から更に分裂した任侠 この3団体による小競り合いが、度々起こっていた。 そこに、大きな変化が訪れる。 今年2月、神戸の直系団体・四代目山健組(現在は五代目)の中の最大勢力・二代目兼一会会長が絶縁処分され、神戸と微妙な関係にあった六代目の統括委員長・橋本弘文会長の傘下に、二代目兼一会が迎え入れられた。 つまり、二代目兼一会が、神戸から六代目に移ったことで、ミナミの覇権も、同時に移ったのだ。 これでミナミは、六代目が獲ったかに見えた。 だが、その二代目兼一会の幹部が逮捕されてしまう。 このあたりから『半グレ』が関わってくる。 と半グレの関係 今年6月30日、捜査4課は威力罪などの疑いで、『半グレ』とみられる男2人を逮捕した。 逮捕理由は、を徴収する為に、5月にの飲食店経営者に対して大声を出す等の営業妨害をしたこと。 捜査4課は中止命令に従わない男達を逮捕したが、この時、この半グレ2人に指示を出していたのが、その六代目系幹部・二代目兼一会の三浦英夫容疑者だった。 ではなぜ、が、半グレを使うのか。 ミナミで力を持つ半グレ組織は、「アビス」と「アウトセブン」。 二代目兼一会は、既に解散した地下格闘技団体を通して関係を深めるも、 半グレのメンバーを組員としては登録せず、準構成員として飼い、組織の人数を増やして、ミナミを支配していたのだった。 だが警察も、この動きを、指をくわえて見ているわけではない。 半グレ逮捕の意図は… 警察により半グレ組織は、準と指定された。 逮捕しやすくする為だ。 半グレが身動きを取れなくなったことで、六代目の直系団体から、三代目一心会がミナミを抑えにかかった。 だがそれは、未だミナミの覇権を狙う、敵性勢力を刺激することにもなる。 また、7月に最高幹部が熊本刑務所を出所してきた二代目兼一会が、結束を強め、本部を構えるミナミを引き締める動きも見られる。 ・縄張りでの、の徴収の徹底。 ・力を誇示するために繁華街を練り歩く地回り。 これらが行われれば、ほかの組織も黙ってはいられない。 そこへきての、半グレの大量逮捕。 実働部隊をまず潰し、指示を出す者を表舞台に引きずり出すのか、それとも牽制するのか。 いずれにしても、今のミナミには、怖くてちょっと行けない。 (参考 ) kido1205.

次の

神戸新聞NEXT|総合|組織犯罪「半グレ」暗躍 神戸にも集団、県警警戒

尼崎 半 グレ

『半グレ』というワードに、笑ってはいられない。 その背景には、本物がいる。 ミナミの半グレ「アビス」数十人逮捕 に属さない「半グレ」と呼ばれる不良集団が、対立組織のメンバーに暴行を加えるなどしたとして、が大阪・ミナミを拠点にする半グレ集団「アビス」のリーダーの男(20)ら数十人を傷害や凶器準備結集などの容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。 アビスは府内で最大規模の半グレ集団で、府警が実態解明を進めている。 捜査関係者によると、リーダーの男は今年8月15日未明、アビスの対立組織を襲撃しようと、金属バットなどの凶器を用意しての繁華街・ミナミの路上に仲間を集結させ、対立組織のメンバーにを噴射する暴行を加えるなどしたとされる。 10月に逮捕され、暴行などの罪で起訴された。 他のメンバーの男(20)もミナミの路上で、被害者を看板で殴るなどしたとして、9月に傷害容疑で逮捕・起訴されている。 アビスは10代の男女を中心に数百人が所属。 飲食店の経営や客引きで収益を上げているとされ、一部の店ではぼったくり被害が指摘されている。 対策法はによる、の要求などを禁じ、中止命令に反すれば刑罰の対象になる。 一方、半グレは対象外のため、が半グレを隠れみのにしているとみられている。 府警はアビスなどを「準」と認定し、半グレの摘発を強化。 今年に入ってアビスを含め5団体のリーダー格を逮捕している。 (引用元) 背景にあるの覇権争い 大阪一の繁華街、ミナミ。 ここは元々、・六代目のシマだった。 だが、2015年に、六代目から神戸が分裂し、ミナミでは神戸が最大勢力となっていった。 その神戸が、さらに再分裂し、新しく・任侠が誕生したのが、2017年。 総本部こそであるものの、任侠代表・織田絆誠が表札を掲げる団体がミナミにもあった為、 ・元々いた六代目 ・そこから分裂した神戸 ・神戸から更に分裂した任侠 この3団体による小競り合いが、度々起こっていた。 そこに、大きな変化が訪れる。 今年2月、神戸の直系団体・四代目山健組(現在は五代目)の中の最大勢力・二代目兼一会会長が絶縁処分され、神戸と微妙な関係にあった六代目の統括委員長・橋本弘文会長の傘下に、二代目兼一会が迎え入れられた。 つまり、二代目兼一会が、神戸から六代目に移ったことで、ミナミの覇権も、同時に移ったのだ。 これでミナミは、六代目が獲ったかに見えた。 だが、その二代目兼一会の幹部が逮捕されてしまう。 このあたりから『半グレ』が関わってくる。 と半グレの関係 今年6月30日、捜査4課は威力罪などの疑いで、『半グレ』とみられる男2人を逮捕した。 逮捕理由は、を徴収する為に、5月にの飲食店経営者に対して大声を出す等の営業妨害をしたこと。 捜査4課は中止命令に従わない男達を逮捕したが、この時、この半グレ2人に指示を出していたのが、その六代目系幹部・二代目兼一会の三浦英夫容疑者だった。 ではなぜ、が、半グレを使うのか。 ミナミで力を持つ半グレ組織は、「アビス」と「アウトセブン」。 二代目兼一会は、既に解散した地下格闘技団体を通して関係を深めるも、 半グレのメンバーを組員としては登録せず、準構成員として飼い、組織の人数を増やして、ミナミを支配していたのだった。 だが警察も、この動きを、指をくわえて見ているわけではない。 半グレ逮捕の意図は… 警察により半グレ組織は、準と指定された。 逮捕しやすくする為だ。 半グレが身動きを取れなくなったことで、六代目の直系団体から、三代目一心会がミナミを抑えにかかった。 だがそれは、未だミナミの覇権を狙う、敵性勢力を刺激することにもなる。 また、7月に最高幹部が熊本刑務所を出所してきた二代目兼一会が、結束を強め、本部を構えるミナミを引き締める動きも見られる。 ・縄張りでの、の徴収の徹底。 ・力を誇示するために繁華街を練り歩く地回り。 これらが行われれば、ほかの組織も黙ってはいられない。 そこへきての、半グレの大量逮捕。 実働部隊をまず潰し、指示を出す者を表舞台に引きずり出すのか、それとも牽制するのか。 いずれにしても、今のミナミには、怖くてちょっと行けない。 (参考 ) kido1205.

次の