に く づき の 漢字。 つきへん・にくづき・ふなづき

月(にくづき) Chinese characters List|Japanese Kanji Dictionary

に く づき の 漢字

ほおずきの歴史的仮名遣いは「ほほづき」で、語源は以下の通り諸説ある。 1.実が人の頬の紅色に似ていることから、「顔つき」や「目つき」などと同じ用法で「頬つき」からとする説。 2.果実から種子だけを取り除き、皮だけにしたものを口に入れて膨らまして鳴らす遊びがあることから、「ほほつき(頬突き)」からとする説。 3.「ホホ」というカメムシ類の虫がこの植物に集まってくることから、ホホがつく意味とする説。 4.実が火のように赤いことから、「ほほつき(火火着)」からとする説。 5.ほおずきの方言は、全国的に「ふづき」が多いことから、陰暦七月の「ふづき・ふみづき(文月)」が「ほおずき(ほほづき)」になったとする説。 上記の説の中で、人の顔に見立てたとする「1」の説が有力である。 その理由として、ほおずきの別名には「ぬかづき(ぬかずき)」や「かがち・あかがち(輝血)」があり、「ぬかづき」の「ぬか」は「額(ひたい)」のこと、「かがち・あかがち」を「輝血」と書くのは当て字で、「赤がち(「がち」は「病気がち」などと同じ「がち」)」を意味しており、顔に見立てている点や、「つき」と「がち」の用い方が似ているためである。 また、「2」の説は「頬突き」という意味が不明で、ほおずきは虫がつくことよりも色や膨らみが特徴的なので「3」の説も考え難い。 「5」の説にある「ふづき」の名は、東京浅草の浅草寺境内で四万六千日の縁日(7月9・10日)にホオズキを売る市「ほおずき市」が開かれることから呼ばれるようになったものである。 ほおずきの漢字には「酸漿」と「鬼灯」があり、「酸漿(さんしょう)」は漢方などで用いる漢字で、「鬼灯」は実が赤く怪しげな提灯の印象からである。 英名には「ground cherry」のほか、「提灯」を意味する「Chinese lantern」もあり、「鬼灯」の漢字に通じる命名である。 遊び(あそび) アヒアマリージョ 市(いち) ウルピカ 萼(がく) カメムシ・椿象・亀虫(かめむし) キダチトウガラシ・木立唐辛子 クコ・枸杞(くこ) 境内(けいだい) サフィニア シザンサス シシトウ・獅子唐(ししとう) ジロ 橙(だいだい) ダツラ 種(たね) タマサンゴ・玉珊瑚(たまさんご) タマリロ チェリー ツノナス・角茄子(つのなす) 寺(てら) トウガラシ・唐辛子(とうがらし) ニコチアナ 額(ぬか) 根(ね) ハシリドコロ・走野老 ハバネロ パプリカ 火(ひ) ヒヨス・菲沃斯(ひよす) ヒヨドリジョウゴ・鵯上戸 ペチュニア ペピーノ ベラドンナ ホオズキガイ・酸漿貝 頬(ほお・ほほ) マンドレイク ミリオンベル ランタン ロコト ワルナスビ・悪茄子(わるなすび).

次の

「朏」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

に く づき の 漢字

2009. 03 2016. 03 国語&入試国語 国語塾大阪 つきへん・にくづき・ふなづき 漢字の話です。 漢字は 構成要素を理解した方が、意味の理解や記憶につながるので、授業の中でもできる限り触れているんですが、生徒からよく疑問が上がるのが 「にくづき」。 ちなみに受験国語塾の方は、読解や答案表現が主となり、原則として漢字は取り扱いません。 私「『月』は『にくづき』と言って、人間の体に関係がある漢字に使われるんだよ。 ほら、『肺』とか『腹』とか『肩』とかね。 」 生徒「なんで『肉』なのに『月』なの?」 私「それはね……。 」 と次のように黒板で説明。 生徒「なるほど~。 」 授業で説明するのはたいていここまでなんですが、ブログではもう少し突っ込んでおきましょう。 実は「月」と表記される漢字の構成要素は、元をたどると三つの先祖にたどり着きます。 次の図をご覧下さい 字が下手なのがばれてしまう……。 1は 「にくづき」と呼ばれ 「肉」が元になっています。 2は 「ふなづき」と呼ばれ 「舟」が元になっています。 3は 「つきへん」と呼ばれ 「三日月の形」が元になっています。 微妙に形が違うのにお気づきでしょうか コンピュータ上のフォントでは違いが上手く表現できないので、下手くそな手書きで説明しています。 「にくづき」は二本線がぴったり両側にくっつく、「ふなづき」は点々を書く、「つきへん」は右側が開いている、というのが正確な書き方なんですね。 昔は使い分けられていたんですが、現在の常用漢字や人名漢字ではすべて「にくづき」の形、つまり、二本線がぴったり両側にくっつく形で統一されています。 旧字体の活字などを見ていると、「前」「藤」などは「ふなづき」 点々で表されている 、「有」「明」などは「つきへん」 右側が開いている 、というように、キチンと使い分けられています。 どうして、こんなことをいきなり説明しだしたのかって? 先日、とある店舗 店舗名に「月」という漢字が入っている の前を通った際、看板にふと目をやると、ちゃんとロゴが正確な「月」で表記されていたんですね。 上図3の形です。 ムムッ!この店 というか看板をデザインした担当者 やるな!と思ったわけです。 ここまでお読みいただいた方は、下記お好み焼き店のロゴの違いがお分かりになるかと存じます。 片方は間違い、片方は漢字の教養あり、ということになります。 もちろん、看板やロゴが美味しさに関係するわけではありません。 念のため。

次の

月(にくづき) Chinese characters List|Japanese Kanji Dictionary

に く づき の 漢字

月の字はの形に象る。 の意符としては月や時間に関することを示す。 また月部は以上の偏旁を構成要素とする漢字だけでなく、「」の変形である「月」、いわゆる「ふなづき」を構成要素とする漢字も収めている。 なお「肉」に由来する「月」(にくづき)はに収録されている。 康熙字典体では「つき」の内部の2つの横棒は右の縦棒に付かず少し離れた字形であり、「ふなづき」は「舟」同様、内部の2つのを横ではなく点で表している。 日本の、中国の、台湾のではこれらを右の縦棒と付いた「月」の形に統一している。 部首の通称 [ ]• 日本:つき・つきへん• 中国: 月字旁・月字底• 韓国: 달월부(dal wol bu、つき)• 英米:Radical moon 部首字 [ ] 月• - 魚厥、月韻• - 月韻、• - 疑母• - :ゲツ(グ ヱツ)()・ガツ(グヮツ)() :つき• - 訓音: 달(dal、つき) 월 wol•

次の