徳利投げ 決まり手。 徳利投げ

大相撲の決まり手で一番多いのは?

徳利投げ 決まり手

大相撲の決まり手 【基本技】 突き出し、突き倒し、押し出し、押し倒し、寄り切り、寄り倒し、浴(あび)せ倒し 【投げ手】 上手投げ、下手投げ、小手投げ、掬(すく)い投げ、上手出し投げ、下手出し投げ、腰投げ、首投げ、一本背負い、二丁投げ、櫓(やぐら)投げ、掛け投げ、つかみ投げ 【掛け手】 内掛け、外掛け、ちょん掛け、切り返し、河津掛け、蹴返し蹴手繰(けたぐ)り、三所攻め、渡し込み、二枚蹴り、小股掬い、外小股、大股、褄(つま)取り、小褄取り、足取り、裾(すそ)取り、裾払い 【反り手】 居反り、撞木(しゅもく)反り、掛け反り、たすき反り、外たすき反り、伝え反り 【捻り手】 突き落とし、巻き落とし、とったり、逆とったり、肩透かし、外無双、内無双、ずぶねり、上手捻(ひね)り、下手捻り、網打ち、鯖折り、波離間(はりま)投げ、大逆手 おおさかて 、腕(かいな)捻り、合掌捻り がっしょうひねり 、徳利投げ、首捻り、小手捻り 【特殊技】 引き落とし、引っ掛け、叩(はた)き込み、素首落とし、吊り出し、送り吊り出し、吊り落とし、送り吊り落とし、送り出し、送り倒し、送り投げ、送り掛け、送り引き落とし、割り出し、うっちゃり、極め出し、極め倒し、後ろもたれ、・呼び戻し この中でよく耳にするのは寄り切りや上手投げあたりですかね。 中には10年に一度ぐらいしか観ることができないレアな決まり手もあります。 また柔道で有名な一本背負いなんかあるのですね。 そしてこの82手の中で一番多い決まり手はどれなのでしょうか。 実際に2013年の幕内の決まり手を調べてみました。 スポンサードリンク 大相撲幕内の決まり手ベスト10 10位からお伝えします。 第10位 突き出し 第9位 寄り倒し 第8位 掬い投げ 第7位 押し倒し 第6位 引き落とし 突き出しや寄り倒し、押し倒しなど基本技がやはり多いですね。 ではここからベスト5です。 5位 上手投げ ここで出てきましたね。 投技ではやはり上手投げが一番有名ですね。 4位 突き落とし こちらはパワー系の関取が増えたからですかねぇ。 3位 叩き込み これが入ってきたのがちょっとショックです。 第6位の引き落としもそうですが、引き技が上位にあるのはおもしろくないですね。 2位 押し出し これも代表的な技ですね。 1位 寄り切り やはり寄り切りが王道技ですね。 いかがでしょうか。 最近の傾向としては力士の大型化が進み、力任せの決まり手が増えています。 それにともない引き落としや突き落としなどの引き技も増えています。 逆に内掛けや外掛け、小股掬いなどの掛け技はどんどん減っていて、小柄な力士がみせる華麗な技が減ってます。

次の

ちびっこ相撲観戦

徳利投げ 決まり手

上手投げって!相撲の決まり手かよ! オーバースローで投げるメリットは? 次にオーバースローで投げることによってどんな効果があるのか?またどんなメリットがあるのか説明していきたいと思います。 球速が出やすい オーバースローの投球フォームは球速が出やすいというメリットがあります。 スリークォーターの記事でも少し説明しましたが、オーバースローやスリークォーターは上から投げることによって重力の力をかりることができ、またボールを持っている時間も長く加速もつきやすいので球速がでやすい投球フォームになっています。 変化をつけやすい オーバースローは変化球など変化をつけやすい投球フォームになっています。 特に縦への変化の縦スライダー、縦カーブ、フォーク、など高い位置から投げ下ろしたボールは非情に変化がついてオーバースローのピッチャーにとっても最大の武器になると言っても過言ではないでしょう。 角度があるボールを投げれる よく二階からボールが来るようなと聞くように、リリースのポイントが高くなるために角度のあるボールが投げれます。 特に身長が高い人はより角度のあるボールを投げれるため非情にバッターにとっては打ちづらく有効な投球ができます。 成績を残しやすい オーバースローは自分の体重もボールにのせることができます。 その結果威力のあるボールを投げることができます。 また一番ボールに力が伝わる投球フォームはオーバースローであるために成績を残しやすい投球フォームと言えます。 オーバースローのデメリットとは? オーバースローで投げることによりデメリットも存在します。 それを今から説明していきたいと思います。 身体に負担がかかる オーバースローの投球フォームでは、高い位置からボールを投げることにより重力の力をかりることができ、威力のあるボールを投げるできますがその反面、肩や肘に負担がかかります。 自分の頭より高いところから腕を振りおろすため重力に逆らった投げ方となるため肩や肘に負担がかかります。 これは高い位置からスイングするテニスやバドミントンなどにも共通して言えます。 また腕が高くなるので上半身の傾きが大きくなり、脇腹、背中、腰などにも負担がかかりやすくなり正しい投球フォームで投げないと故障の原因にもなります。 これらを予防するためには、正しい投球フォームで投げることも大事ですが日々のトレーニングで身体を鍛えることが大事です。 おすすめのトレーニング方法がコチラ 投げることは上半身を鍛えれば予防されると思われがちですが、下半身の強化によってフォームも安定するので日々の走りこみも予防のひとつとなります。 また筋を痛めないように、可動域を広げるためにストレッチをするのも予防のひとつですね! 2. コントロールがつけにくい オーバースローは他の投球フォームに比べてコントロールがつけにくいというデメリットがあります。 よくプロのピッチャーでもコントロールがつけにくいためスリークォーターにした選手がいます。 特にシンカーやスクリューなどピッチャーの利き腕方向に曲がりながら落ちるボールはコントロールがつけにくいです。 バッターが苦にならない、個性がない スリークォーターの記事で説明しましたが、ポピュラーな投球フォームのため、ほとんどのピッチャーがこの投球フォームなのでバッターが苦にならない、個性がないと言えます。 オーバースロー投げ方注意点 オーバースローは高く腕をあげるため投げる度に、腕や肘を高く安定して保つのが難しいです。 これが崩れると身体全体のバランスが崩れてしまうために、コントロールが安定しないだけではなく、どこか身体を痛め故障の原因になります。 これを防ぐためにも、足腰の強化やフォームをチェックし、身体をうまく使えるように修正するのもポイントになってくるのではないでしょうか?.

次の

大相撲の決まり手で一番多いのは?

徳利投げ 決まり手

上手投げって!相撲の決まり手かよ! オーバースローで投げるメリットは? 次にオーバースローで投げることによってどんな効果があるのか?またどんなメリットがあるのか説明していきたいと思います。 球速が出やすい オーバースローの投球フォームは球速が出やすいというメリットがあります。 スリークォーターの記事でも少し説明しましたが、オーバースローやスリークォーターは上から投げることによって重力の力をかりることができ、またボールを持っている時間も長く加速もつきやすいので球速がでやすい投球フォームになっています。 変化をつけやすい オーバースローは変化球など変化をつけやすい投球フォームになっています。 特に縦への変化の縦スライダー、縦カーブ、フォーク、など高い位置から投げ下ろしたボールは非情に変化がついてオーバースローのピッチャーにとっても最大の武器になると言っても過言ではないでしょう。 角度があるボールを投げれる よく二階からボールが来るようなと聞くように、リリースのポイントが高くなるために角度のあるボールが投げれます。 特に身長が高い人はより角度のあるボールを投げれるため非情にバッターにとっては打ちづらく有効な投球ができます。 成績を残しやすい オーバースローは自分の体重もボールにのせることができます。 その結果威力のあるボールを投げることができます。 また一番ボールに力が伝わる投球フォームはオーバースローであるために成績を残しやすい投球フォームと言えます。 オーバースローのデメリットとは? オーバースローで投げることによりデメリットも存在します。 それを今から説明していきたいと思います。 身体に負担がかかる オーバースローの投球フォームでは、高い位置からボールを投げることにより重力の力をかりることができ、威力のあるボールを投げるできますがその反面、肩や肘に負担がかかります。 自分の頭より高いところから腕を振りおろすため重力に逆らった投げ方となるため肩や肘に負担がかかります。 これは高い位置からスイングするテニスやバドミントンなどにも共通して言えます。 また腕が高くなるので上半身の傾きが大きくなり、脇腹、背中、腰などにも負担がかかりやすくなり正しい投球フォームで投げないと故障の原因にもなります。 これらを予防するためには、正しい投球フォームで投げることも大事ですが日々のトレーニングで身体を鍛えることが大事です。 おすすめのトレーニング方法がコチラ 投げることは上半身を鍛えれば予防されると思われがちですが、下半身の強化によってフォームも安定するので日々の走りこみも予防のひとつとなります。 また筋を痛めないように、可動域を広げるためにストレッチをするのも予防のひとつですね! 2. コントロールがつけにくい オーバースローは他の投球フォームに比べてコントロールがつけにくいというデメリットがあります。 よくプロのピッチャーでもコントロールがつけにくいためスリークォーターにした選手がいます。 特にシンカーやスクリューなどピッチャーの利き腕方向に曲がりながら落ちるボールはコントロールがつけにくいです。 バッターが苦にならない、個性がない スリークォーターの記事で説明しましたが、ポピュラーな投球フォームのため、ほとんどのピッチャーがこの投球フォームなのでバッターが苦にならない、個性がないと言えます。 オーバースロー投げ方注意点 オーバースローは高く腕をあげるため投げる度に、腕や肘を高く安定して保つのが難しいです。 これが崩れると身体全体のバランスが崩れてしまうために、コントロールが安定しないだけではなく、どこか身体を痛め故障の原因になります。 これを防ぐためにも、足腰の強化やフォームをチェックし、身体をうまく使えるように修正するのもポイントになってくるのではないでしょうか?.

次の