オバマゲート と は。 オバマゲート Qの言う最初の逮捕者とはオバマ元大統領?

最近話題のオバマゲート事件って何だ?

オバマゲート と は

オバマゲートとは、トランプ大統領のツウィートから出た言葉で、ニクソン大統領時代に起こったウォータゲート事件の現代版政治スキャンダルである。 オバマ前大統領の任期終了間際から現在に至るまで続いてきた、ロシア疑惑を発端にした米大統領選に関わるトランプ降ろしの政治工作、として全米で大きな話題となっている。 ターゲットにされたのは、トランプ政権の大統領補佐官に就任後、解任に追い込まれたマイケル・フリン。 フリンは元アメリカ陸軍中将、オバマ政権で国防情報局長官を歴任後、16年トランプ大統領候補の軍事顧問、17年トランプ政権の国家安全保障問題担当補佐官に就任、17年2月13日にロシア疑惑に関わったとされて解任された。 補佐官辞任後からロシア疑惑の容疑で起訴され3年以上の法廷闘争を続け、自宅を売却して5億円にのぼる弁護士費用を捻出して破産、苦難の末2020年5月に司法省が起訴を取り下げた。 フリンの起訴取り下げに替わって、オバマ前大統領への疑惑が浮上、ロシア疑惑からオバマ疑惑へと転嫁、2020年の大統領選挙を巻き込んだ政治スキャンダルが繰り広げられていく。 コロナ被害の影響で大恐慌以来の経済減速が予想され、トランプ再選が危ぶまれているが、フリンはトランプにとって救世主となるかも知れない。 トランプ大統領就任に危機感を持ったのが、民主党体制の維持を計るオバマ現大統領であった、というのが事の始まりである。 11月8日、米大統領選の投票が行われ、次期大統領にドナルド・トランプが決定する。 11月10日、オバマ大統領は次期大統領のトランプにマイケル・フリンを起用しないよう警告、フリンの起用はオバマにとって都合の悪いことであった。 オバマ大統領は14年8月7日、オバマ大統領の対外政策に批判的であった国防情報局(DIA)長官のフリンを解任した事実がある。 12月、次期大統領となるトランプの顧問の一人、マイケル・フリンとロシア駐米大使セルゲイ・キスリャクの間でロシア経済制裁の解除について会談。 ロシアは、ウクライナ危機によってオバマ政権から経済制裁を受けていた。 この会談によってフリンはFBIのターゲットとされ、後にローガン法に抵触するとして嫌疑がかけられる。 ローガン法は許可を受けない民間人が外交交渉に介入することを禁じる法律。 ただし、ローガン法は過去に一度も適用されたことのない法律で、個人の自由を侵害する憲法違反の法律であることが後になって発覚する。 出席者はオバマ大統領、バイデン副大統領、安全保障担当補佐官スーザン・ライス、FBI長官ジェームズ・コビー、イエイツ司法長官代行。 バイデンにとって、この会議に出席したことが、後に命取りになりかねない事態を招く、とは予想できなかったに違いない。 安全保障担当補佐官スーザン・ライスは、1月20日大統領就任式の当日(自身の退官直前)に会議の内容を自分宛にメール 目的は会議の記録の残して自分は何もしていないことを証明するためと思われる。 1月20日、トランプ大統領就任 1月24日、FBI副長官がフリンに面会を装った偽装工作で捜査を実施、あいまいな発言をするフリンに対して、FBIへの虚偽の供述容疑がかけられる。 このFBIの捜査は後に違法捜査であったことが発覚する。 2月13日、国家安全保障問題担当補佐官マイケル・フリンが辞任。 辞任の理由は、ローガン法に抵触する可能性とFBIの捜査に対する虚偽の供述である。 5月9日、トランプ大統領は、ジェームズ・コミーFBI長官を解任。 解任の背景には、「FBI長官がロシアの選挙介入とトランプ氏の選挙活動との共謀の可能性に関して捜査していたことにある」との報道があった。 5月17日、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑に関する捜査のため、ロバート・モラー(第6代FBI長官)が特別検察官に任命される。 12月1日、モラー特別検察官は、駐米ロシア大使との接触に関してFBIに偽証したとして、フリンを偽証罪で起訴。 フリンが司法取引に応じて、補佐官就任前にロシア駐米大使と経済政策解除について会談した事実を認めたことなどが理由とされる。 5月29日、現職大統領は訴追できないとしてロシア疑惑への捜査を終了、モラーは特別捜査官の職を辞任した。 5月7日、2020年に入って司法省ウィリアム・バー長官は、担当者を変更して再調査を指示、この再調査の結果、FBIのフリンの捜査は合法的ではなかったとして、司法省は、フリンの起訴を取り下げた。 5月9日、フリンが不起訴となったことにオバマは緊急ネット会議を招集。 この会議の音声をYahooNewsが入手してネットに公開、オバマの口調からは明らかに動揺を隠せない様子であったという。 5月11日、事態はロシア疑惑からオバマ疑惑へ急展開とFoxNewsが報じた。 ここから事態は180度転換して、FBIに対する違法捜査が追及され、さらにFBIに指示を出したオバマに捜査が及ぶ可能性も出てきた。 ここまでバイデン優勢で大統領選挙を進めてきた民主党は、8月の党大会に向けて難しい舵取りが予想され、バイデンが大統領指名候補から外される可能性も考えられる。 トランプはフリンの政権への復帰を検討することを誓ったという。 苦境に立たされた3年を超えるFBIとの闘いの末、勝利したフリンはトランプの救世主と言っても過言ではないだろう。 まさに映画のラストシーンのようなどんでん返しが待っていた瞬間だが、ここで終わったわけではない。 Advertisement 関連する記事• 2019. 24 韓国光州で開催中の水泳世界選手権、7月23日男子200m自由形決勝において松元克央(セントラル・スポーツ)が1分45秒22の日本記録で日本人初の銀メダ[…]• 2020. 19 東京地検特捜部は6月18日、河井克行前法相(57)と妻の河井案里参院議員(46)を公職選挙法違反容疑で逮捕した。 克行容疑者は衆議院議員7期目、案里容[…]• 2019. 23 第45代アメリカ大統領に共和党ドナルド・トランプが就任してからは、アメリカの対中戦略は180度転換している。 2018年から始まった米中関税合戦に始ま[…]• 2020. 15 コロナ感染騒動で始まった2020年ですが、5月に入っても収束しないまま11月の米大統領選挙まで半年を切りました。 今年の大統領選挙は、民主党が大勢の立[…]• 2020. 03 政府は4月7日緊急事態宣言を発動、外出自粛、営業自粛により人の接触機会を7割から8割減少させることで感染拡大を抑える方針を打ち出しました。 さらに5月[…]• 2020. 14 2019年12月に武漢で発生した新型コロナウィルスの感染者は、2020年にはいってから世界中に拡散、1月から3月まで毎月10倍のスピードで感染が拡大、[…].

次の

「オバマゲート」、トランプ氏 陰謀論めぐりオバマ氏に証言求める 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

オバマゲート と は

はじめに — アメリカ民主党とアメリカ共和党の対立 「オバマゲート」と呼ばれる政治スキャンダルが、今アメリカで話題になっています。 トランプ大統領は自身のTwitterで連日にわたって再三「オバマゲート」に触れており、度々オバマ元大統領を批判する事態になっています。 一方で、オバマ元大統領は11月に大統領選を控えている民主党候補のジョー・バイデンを支持することを公表し、トランプ大統領との対立関係が続いています。 ここにきて、トランプ大統領とオバマ元大統領の対立が目立つようになった原因とされているのが、政治スキャンダル「オバマゲート」という訳です。 日本ではアメリカとは異なった報道のされ方がされている「オバマゲート」ですが、アメリカではどのように報じられているのかや、「オバマゲート」とはどのような事件なのかまとめて解説します。 アメリカで話題の政治スキャンダル「オバマゲート」とは? まず、「オバマゲート」とはいったいどのようなことなのかを理解しましょう。 アメリカと日本では「オバマゲート」に関する報じられ方が異なるようですので、両方の視点から見た「オバマゲート」をご紹介します。 アメリカで報じられている「オバマゲート」 アメリカで言うところの「オバマゲート」とは「トランプ大統領を失脚させるために、オバマ元大統領がロシアゲートをねつ造した」とされていることです。 ごく簡単に言うと、オバマ氏がトランプ大統領を失脚させるために政治的不正行為に関わっていた疑いがある、となります。 ロシアゲート(ロシアゲート疑惑)とは、2016年の大統領選の際に、共和党のトランプ陣営が対立候補だった民主党のヒラリー候補に勝利するために、ロシアと手を組んで選挙を工作した疑いが持たれたことです。 一見はトランプ陣営による政治工作と思われていましたが、疑惑から4年目にして、ロシアゲートを影で仕切っていたのはオバマ元大統領ではないかという話が急浮上したのです。 トランプ大統領の主張によると、オバマ氏がトランプ大統領の元側近であるマイケル・フリン氏を政治的な意図を持ってして訴追したとあります。 アメリカ司法省は、オバマ氏が関与していたことを裏付ける公文書を議会に提出しており、今後本格的な捜査が始まるとされています。 一部のメディアでは最高刑が死刑の国家反逆罪に相当すると報道しています。 これが「オバマゲート」の大まかな全容です。 日本で報じられている「オバマゲート」 日本ではアメリカの報道とは異なり「オバマ元大統領が偽名を使用してインドネシアからアメリカに入国し、出生証明書を偽造した」や「オバマの本名はBarry Sowetoだった」といった典型的なフェイクニュースが「オバマゲート」と関連付けられて報じられています。 日本でこのような報道になっている背景には「「オバマゲート」はいまのところ疑惑の域を出ない」ことや「トランプ大統領(共和党)寄りの報道になる可能性がある」ことが影響しているのかもしれません。 アメリカでは連日のように「オバマゲート」に関連するニュースが更新されているので、近いうちに日本でも確かな情報ソースを使った中立性がある報道がされると思います。 「オバマゲート」の名前の由来 「オバマゲート」(OBAMA GATE)の名前の由来は、1972年にアメリカで起きた「ウォーターゲート事件(Watergate scandal )」にあります。 ウォーターゲート事件とは、1972年6月17日にワシントンD. にある民主党本部(ウォーターゲート・ビル)に男5人が不法侵入し、盗聴器を仕掛けようとしたところを捕まえられたことから始まった政治スキャンダルです。 逮捕された人物が共和党関係者(ニクソン大統領再選委員会)であったことや、ニクソン大統領を含むホワイトハウス関係者が深く関与(実行犯を雇った)していたことが判明しました。 さらに、ニクソン大統領側近らが捜査を妨害、議会での証拠提出拒否、検察官を解任するなどをしたことから事態は泥沼化しました。 最終的にニクソン大統領を罷免する大統領弾劾裁判の可能性が出てきたところで、ニクソン大統領が辞任して(アメリカ史上初の大統領辞任)終結しました。 ニクソン大統領が直接関与した決定的な証拠がないことから最悪の事態は免れましたが、与党だった共和党による政治工作であることは間違いないと見られています。 大統領とホワイトハウスが政治工作をしていたことでアメリカの政治は大きく失墜し、アメリカ国民に不信感を抱かせる事態になりました。 このウォーターゲート事件以降、アメリカでは政治工作や政治スキャンダルに「ゲート(Gate)」という言葉を用いることが慣例です。 最近では「ロシアゲート」で再び注目を集めるようになりました。 「オバマゲート」もそのひとつで、始めにこの言葉を使ったのはトランプ大統領とされています。 「オバマゲート」に対するトランプ大統領の反応 大統領再選を目指すトランプ大統領は「オバマゲート」を徹底して批判しています。 現職の大統領が元大統領を批判することはアメリカでは不文律とされてきましたが、トランプ大統領はお構いなしです。 5月14日、トランプ大統領は「オバマゲート」に関する調査と上院議会での証言をオバマ氏に求める考えを発表しました。 自身のTwitter上で「アメリカ史上最大の政治犯罪、政治スキャンダルである「オバマゲート」について最初に証言させるべき人物は明らかにオバマ元大統領だ」と書いています。 17日には、ホワイトハウスの記者会見でオバマ氏からの批判に対して質問された際には「オバマ氏はあまりに無能だ」と吐き捨て、その後のTwitterでは「オバマ氏とバイデンのおかげで私がホワイトハウスにいられる」と皮肉を述べています。 トランプ大統領は、「オバマゲート」は自身が勝利した2016年以前から仕組まれていたものと主張し、極めて計画的で周到な内容としています。 仮に、これが本当であればオバマ氏の印象や功績は総崩れで、民主党の信頼は失墜するでしょう。 トランプ大統領は上院司法委員会の委員長Lindsey Graham(リンゼー・グラハム)に対して「とにかくやるべきだ」と発破をかけ、オバマ氏を徹底して糾弾する構えです。 そして、国民に対しては「投票しよう」と呼びかけています。 トランプ大統領のこのような反応は、オバマ氏そして民主党への抵抗と見られている反面、大統領選での再選に向けた「焦り」と捉える向きも多く、新型コロナウイルス対応の初動ミスを挽回したい思惑があるのかもしれません。 「オバマゲート」に対するオバマ元大統領の反応 これまでにオバマ氏自身は「オバマゲート」に関して目立った反応は見せていません。 ただし、新型コロナウイルスに関するトランプ大統領の対応を批判しており、トランプ大統領との対立姿勢は明白です。 5月16日、オバマ氏は多くのアフリカ系アメリカ人が通うHistorically black colleges and universities (歴史的黒人大学)の卒業式で、オンラインを通してスピーチをしました。 その際に新型コロナウイルスを巡る政府の対応に触れ「多くの人たちが指導力を発揮するそぶりさえ見せていない」と暗にトランプ政権を批判しています。 また「社会と民主主義は自分のことだけでなく、お互いのことを思い合った時に機能するものだ」とし、現政権のアメリカ第一主義、利己的な考えも批判しています。 そして、再び分裂しつつあるアメリカに警鐘を鳴らしました。 オバマ氏は、トランプ大統領が主張している「元側近が政治的な理由で意図的な訴追を受けた」ことに対して、当時トランプ大統領が度々フリン氏の無罪を訴え続けた結果、司法省が圧力に屈して訴えを撤回したと主張しています。 つまり、大統領による圧力が法の統治を危うくしているという訳です。 現職の大統領が元大統領を批判することが不文律とされているように、前大統領が後任の大統領を批判することも不文律とされてきました。 しかし、オバマ氏は卒業式という場において政治的な発言(批判)をしており、極めて異例な事態になっています。 元大統領に公然と批判されたトランプ政権はオバマ氏に対して「アメリカ史上初、現職大統領を批判した元大統領」と皮肉を言っています。 「オバマゲート」に対するバイデンの反応 2020年11月の大統領選でトランプ大統領の対抗馬となる民主党候補のジョー・バイデン氏は、トランプ大統領による「オバマゲート」騒動に対して「政治ショーだ」と一蹴しています。 バイデン氏はオバマ政権下で8年間副大統領を務めており、オバマとは旧知の仲です。 40年近く民主党員として活躍している「民主党の重鎮」で、「オバマゲート」をうまく処理すれば大統領選に向けて好材料になります。 バイデン陣営は、新型コロナウイルスの影響で思うような選挙活動が出来ていないだけに、「オバマゲート」をきっけに注目を集めたいところでしょう。 逆を言えば、「オバマゲート」の事態が悪化するとバイデン氏だけでなく民主党への風当たりも強くなるため、一気に劣勢になってしまいます。 バイデン氏としては、オバマ氏の肩を持ちたいところでしょうが、大統領選への影響は避けたいのが本音と言えます。 ちなみに、オバマ氏はバイデン氏が勝利出来るように元側近たちに関与を強めるよう指示しており、バイデン氏をサポートすることを公表しています。 まとめ アメリカでは、11月の大統領選に向けて「オバマゲート」という新たな争点が浮上してきました。 5月中旬時点では、議会による調査が始まっている訳ではないため、日本での報道は断片的です。 「オバマゲート」は、共和党のトランプ大統領にとっては民主党の印象を下げる良い材料になります。 一方で、民主党としてはあえてトランプ大統領の反感や焦りを煽ることで、改めて大統領としての素質を問う狙いもあるでしょう。 司法省が議会に提出したとされるオバマ氏による不正疑惑の証拠が議会でどのように判断され、さらに国民が「オバマゲート」をどう捉えるかがポイントです。 しばらくは事態の行方を注視したいところです。

次の

だんだん問題が大きくなる「オバマゲート」

オバマゲート と は

トランプ大統領は当選のためにロシアと手を組んでいたと言われていた内容が総て嘘で、真実はヒラリーを当選させる為に当時現職だったオバマ大統領が自ら指示をしてトランプ氏の当選を妨害していた。 加えてトランプ氏の当選後は弾劾裁判を実施するために数々のでっち上げを行った事の証拠が公開された事で、これをオバマゲート事件というのだった。 これに先立って米国務省がトランプ政権のロシア疑惑捜査で虚偽証言の罪に問われた元大統領補佐官マイケル フリン氏の起訴を取り下げる発表をしている。 要するにフリン氏の疑惑もオバマ一派によるでっち上げという事が判明したのだった。 まあこの手の事件はお互いの策略もありどこまでが本当か判らない面もあるが、少なくともオバマとその取り巻きがトランプ大統領を追い落とすための策略を練った会議の証拠が出ているというから、米国ではオバマ逮捕か?という見出しが飛び交っている。 それでオバマも必死でトランプ政権の批判を繰り広げていて、16日には新型コロナウイルスの大発生は政府首脳陣に問題があるとし、トランプ大統領の政策は混乱しきったひどいものだと酷評していた。 ところがその2日後の18日に、今度はモデルナ社の新型ウイルス ワクチンの開発が順調である事を発表し、いきなりオバマ陣営にカウンターパンチを食らわせた格好になっている。 いや、まあ、トランプ氏は何も考えていないようで、実は相当先を読んでいる事と運の良さも加わり、こりゃ再選間違い無だろう。 流石に元プロレス関係者だけあって、相手にボコボコにされて今にもギブアップかと思ったら一瞬の隙で体制逆転、みたいなストーリーが得意なのだった。 勿論それらは計算の内であり、ロシア疑惑も最初は勝手にやらせておいて、ここに来て一気に逆転というプロレス手法だったようだ。

次の