プリ テンダー か し。 『グレートプリテンダー』6話に対する海外の反応「脱帽だ」

ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者

プリ テンダー か し

「一番好きな女性ロックヴォーカリストは誰?」 こんな質問されたら、僕は迷わずこう答える。 「プリテンダーズのクリッシー・ハインドだよ。 彼女を超える女性ロックヴォーカリストを僕は未だに知らない。 男性ヴォーカリストを加えてもTOP10入りするかもしれない。 そのくらい彼女の才能は凄いし、カッコいい。 」 1980年、プリテンダーズの最初のヒット曲「恋のブラス・イン・ポケット(Brass In Pocket)」で僕はクリッシー・ハインドに出会う。 この時はまだ、全英1位を記録した新しいバンドのヒット曲、という程度の認識で、いい曲だなとは思ったけど、特にプリテンダーズに嵌ることは無かった。 ド嵌りしたのは1984年、アルバム『ラーニング・トゥ・クロール』を聴いた時だ。 ありがたい事にこの時既に貸レコード屋全盛期。 手軽に興味のあるアルバムを聴くことが出来たので、1983年のヒット曲(ビルボード最高5位を記録)「チェイン・ギャング(Back On the Chain Gang)」が収録されたこのアルバムを借りてみたんだ。 針を落とした瞬間の衝撃は未だに忘れない。 1曲目の「ミドル・オブ・ザ・ロード」で僕はぶっ飛んだ。 「ちょっと待て、なんて、カッコいいんだ・・・。 」 僕は一瞬でプリテンダーズの、いやクリッシー・ハインドの虜になってしまった。 ヒット曲を連発するプリテンダーズだけど、アルバムを聴かないとこのバンドの凄さ、カッコ良さはわからない。 少し時間が掛かったけど、僕は敬意を表して『ラーニング・トゥ・クロール』を含めた3枚を自分のライブラリーに買い揃えた。 そう、プリテンダーズはクリッシー・ハインドのバンドであり、他のメンバーは彼女のために集められる。 クリッシー・ハインドは変わった経歴の持ち主だ。 彼女は1951年9月7日生まれのアメリカ人。 そう、プリテンダーズはロンドンで生まれたバンドにも関わらず、主役の彼女はアメリカ人なのだ。 彼女がイギリスに渡ったのは23歳の時で、イギリスで有名な音楽雑誌のライターとして働き始める。 キンクスの大ファンを公言していた彼女には、アメリカより、イギリスの方が理想の場所だったのかもしれない。 ちなみに、プリテンダーズのデビュー曲はキンクスのカバー「ストップ・ユア・ソビン」である。 しかも、彼女はミュージシャンとして有名になった後、なんと、キンクスのリーダー、レイ・デイヴィスと結婚してしまうのだから凄い。 音楽好きが高じて音楽活動を開始したクリッシー・ハインドは、その才能を有名なプロデューサーであるクリス・トーマスに見出され、慎重にデビューの準備を重ねた後、満を持して28歳でプリテンダーズとしてデビューする。 これはかなりの遅咲き。 しかも元々ミュージシャンでもないのにこのクオリティ。 この経歴を見ても、彼女が如何に天才であるかが証明されていると僕は思う。 クリッシー・ハインドが作りだすサウンドは実に多彩で多様だ。 ロックであったり、パンクであったり、ポップスであったり、彼女の曲作りの引き出しの多さは尊敬に値する。 だからアルバムで聴かないとダメなんだ。 プリテンダーズのアルバムは玉手箱のようなもの。 何度聴いても飽きることはない。 こんなバンドはそうはない。 そんなアルバムの中でも『ラーニング・トゥ・クロール』は僕にとって神アルバムだ。 何故このアルバムが神アルバムか。 実はバンドが大変な状況の中で制作されているにも関わらず、素晴らしい完成度で仕上がっているからだ。 僕は、ここにクリッシー・ハインドの凄み、カリスマ性(神)を感じる。 1982年、プリテンダーズは、ドラッグ中毒となってしまったベーシストのピート・ファーンドンを泣く泣く解雇することになる。 ところが、その翌日、ギタリストのジェイムス・ハニーマン・スコットがヘロインの過剰摂取により亡くなってしまうのだ。 さらに、クリッシー・ハインド自身がレイ・デイヴィスと離婚してしまうという最悪な状況となる。 普通ならここでバンドは空中分解、挫折を迎えるのが普通。 しかし、クリッシー・ハインドは、この苦境の中、「ミドル・オブ・ザ・ロード」、「チェイン・ギャング」、「ショウ・ミー」を含む最高傑作『ラーニング・トゥ・クロール』を世に送り出す。 ね、クリッシー・ハインドって凄いでしょ。 そこら辺の男では太刀打ちできないでしょ。 メンバーは変わっても彼女がいる限りプリテンダーズは存在し続けます。 2016年にリリースされたアルバム『アローン』も相変わらずカッコいい。 2017.

次の

ヒゲダン•プリテンダー(pretender)のロケ地を特定!台湾の東方電影院って何?

プリ テンダー か し

「一番好きな女性ロックヴォーカリストは誰?」 こんな質問されたら、僕は迷わずこう答える。 「プリテンダーズのクリッシー・ハインドだよ。 彼女を超える女性ロックヴォーカリストを僕は未だに知らない。 男性ヴォーカリストを加えてもTOP10入りするかもしれない。 そのくらい彼女の才能は凄いし、カッコいい。 」 1980年、プリテンダーズの最初のヒット曲「恋のブラス・イン・ポケット(Brass In Pocket)」で僕はクリッシー・ハインドに出会う。 この時はまだ、全英1位を記録した新しいバンドのヒット曲、という程度の認識で、いい曲だなとは思ったけど、特にプリテンダーズに嵌ることは無かった。 ド嵌りしたのは1984年、アルバム『ラーニング・トゥ・クロール』を聴いた時だ。 ありがたい事にこの時既に貸レコード屋全盛期。 手軽に興味のあるアルバムを聴くことが出来たので、1983年のヒット曲(ビルボード最高5位を記録)「チェイン・ギャング(Back On the Chain Gang)」が収録されたこのアルバムを借りてみたんだ。 針を落とした瞬間の衝撃は未だに忘れない。 1曲目の「ミドル・オブ・ザ・ロード」で僕はぶっ飛んだ。 「ちょっと待て、なんて、カッコいいんだ・・・。 」 僕は一瞬でプリテンダーズの、いやクリッシー・ハインドの虜になってしまった。 ヒット曲を連発するプリテンダーズだけど、アルバムを聴かないとこのバンドの凄さ、カッコ良さはわからない。 少し時間が掛かったけど、僕は敬意を表して『ラーニング・トゥ・クロール』を含めた3枚を自分のライブラリーに買い揃えた。 そう、プリテンダーズはクリッシー・ハインドのバンドであり、他のメンバーは彼女のために集められる。 クリッシー・ハインドは変わった経歴の持ち主だ。 彼女は1951年9月7日生まれのアメリカ人。 そう、プリテンダーズはロンドンで生まれたバンドにも関わらず、主役の彼女はアメリカ人なのだ。 彼女がイギリスに渡ったのは23歳の時で、イギリスで有名な音楽雑誌のライターとして働き始める。 キンクスの大ファンを公言していた彼女には、アメリカより、イギリスの方が理想の場所だったのかもしれない。 ちなみに、プリテンダーズのデビュー曲はキンクスのカバー「ストップ・ユア・ソビン」である。 しかも、彼女はミュージシャンとして有名になった後、なんと、キンクスのリーダー、レイ・デイヴィスと結婚してしまうのだから凄い。 音楽好きが高じて音楽活動を開始したクリッシー・ハインドは、その才能を有名なプロデューサーであるクリス・トーマスに見出され、慎重にデビューの準備を重ねた後、満を持して28歳でプリテンダーズとしてデビューする。 これはかなりの遅咲き。 しかも元々ミュージシャンでもないのにこのクオリティ。 この経歴を見ても、彼女が如何に天才であるかが証明されていると僕は思う。 クリッシー・ハインドが作りだすサウンドは実に多彩で多様だ。 ロックであったり、パンクであったり、ポップスであったり、彼女の曲作りの引き出しの多さは尊敬に値する。 だからアルバムで聴かないとダメなんだ。 プリテンダーズのアルバムは玉手箱のようなもの。 何度聴いても飽きることはない。 こんなバンドはそうはない。 そんなアルバムの中でも『ラーニング・トゥ・クロール』は僕にとって神アルバムだ。 何故このアルバムが神アルバムか。 実はバンドが大変な状況の中で制作されているにも関わらず、素晴らしい完成度で仕上がっているからだ。 僕は、ここにクリッシー・ハインドの凄み、カリスマ性(神)を感じる。 1982年、プリテンダーズは、ドラッグ中毒となってしまったベーシストのピート・ファーンドンを泣く泣く解雇することになる。 ところが、その翌日、ギタリストのジェイムス・ハニーマン・スコットがヘロインの過剰摂取により亡くなってしまうのだ。 さらに、クリッシー・ハインド自身がレイ・デイヴィスと離婚してしまうという最悪な状況となる。 普通ならここでバンドは空中分解、挫折を迎えるのが普通。 しかし、クリッシー・ハインドは、この苦境の中、「ミドル・オブ・ザ・ロード」、「チェイン・ギャング」、「ショウ・ミー」を含む最高傑作『ラーニング・トゥ・クロール』を世に送り出す。 ね、クリッシー・ハインドって凄いでしょ。 そこら辺の男では太刀打ちできないでしょ。 メンバーは変わっても彼女がいる限りプリテンダーズは存在し続けます。 2016年にリリースされたアルバム『アローン』も相変わらずカッコいい。 2017.

次の

ヒゲダン•プリテンダー(pretender)のロケ地を特定!台湾の東方電影院って何?

プリ テンダー か し

あらすじ [ ] 、秘密研究所「センター」は、どんな職業・技能でもごく短時間でマスターすることができるエージェントプリテンダーを育成するため、少年・ジャロッドを社会から隔離して育て上げた。 優秀なプリテンダーとして成長したジャロッドは、記憶からも記録からも抹消された自分の過去を求めて「センター」を逃亡する。 キャスト [ ] 括弧内の演者は、日本での第1シーズンテレビ放送時の吹き替え担当者。 レインズ Mr. William Raines 演:(大塚周夫) パーカーの父(議長) Mr. Parker 演:() アンジェロ Angelo 演:() スタッフ [ ]• 製作:NBCスタジオ、ミッチェル/バンシックル・プロダクションズ、MTMエンタテイメント• 企画:スティーブン・ロング・ミッチェル、クレッグ・W・ヴァン・シックル• エグゼクティブ・プロデューサー:スティーブン・ロング・ミッチェル、クレッグ・W・ヴァン・シックル、リック・ウォーレス• プロデューサー:サッシャ・シュナイダー• 脚本:ランス・ラッキー• 美術:ロブ・ウィルソン・キング• 音楽:、チャールズ・シドナー 日本語版製作 [ ]• 製作:ムービーテレビジョン• 総合コーディネーター:阿比留一彦• プロデューサー(第1シーズン):斉藤郁(テレビ東京)• 演出:蕨南勝之• 翻訳:たかしまちせこ• エンディング曲:「」(第1話 - 第13話)、「Lisa」(第13話 - 第22話)• オープニングナレーション:、• 次回予告ナレーション: エピソードリスト [ ] 第1シーズン エピソード名 原題 日本初放送日 白衣に隠された真実 pilot 1997年10月11日 溺死の真相 Every Picture Tells a Story 1997年10月18日 混乱のコックピット Flyer 1997年10月25日 狙われたショーガール Curious Jarod 1997年11月1日 殺された愛人 The Paper Clock 1997年11月8日 汚職警官 To Serve, To Protect 1997年11月15日 伝染病 A Virus Among Us 1997年11月22日 死のスカイダイビング Mirage 1997年11月29日 不倫 The Better Part of Valor 1997年12月6日 ファックス爆破魔 Potato Head Blues 1997年12月13日 愛のクリスマス Not Even a Mouse 1997年12月20日 無実を信じて Prison Story 1997年12月27日 駆逐艦モンロー Bazooka Jarod 1998年1月10日 初めてのセックス Ranger Jarod 1998年1月17日 落ちぶれたニュースキャスター Jeraldo! 1998年1月24日 命の値段 Under the Reds 1998年1月31日 鍵 Keys 1998年2月14日 友情 Unhappy Landings 1998年2月21日 暗殺者 Jarod's Honor 1998年2月28日 SL27の謎 Baby Love 1998年3月7日 逃亡の果て 前編 The Dragon House 1 1998年3月14日 逃亡の果て 後編 The Dragon House 2 1998年3月21日 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語) 土曜22:00枠 前番組 番組名 次番組.

次の