園田 競馬 場 予想。 園田ニュース

兵庫競馬(園田競馬場、姫路競馬場)|地方競馬予想|地方競馬ならオッズパーク競馬

園田 競馬 場 予想

園田競馬場予想するときのポイントとは? 園田競馬場予想のレース展開を予想していくことができれば、買った馬券が当たる確率はアップします。 しかし園田競馬場のことを知らないでいたのなら、展開を予想することは難しく勝てる可能性が下がってしまうでしょう。 そこで、こちらでは園田競馬場で予想するときの大切なポイントをご紹介していきます。 1400mがレースにかける 園田競馬場でおこなうレースには、820m ・1230m・1400m・1700m・1870m・2400mの距離のレースがありあますが、攻略するためには1つのレースに的を絞ります。 園田競馬場で一番多く開催されているレースは、1400m。 全体の80%~90%が1400mとなっているので、データを分析していくには、1400mのレースをおさえておく必要がでてくるのです。 多くのデータを分析して、コースの特徴を知ることができる1400mで攻略していきましょう。 1400mという距離の短さは、コツが掴みやすくレースの展開も予想しやすい距離です。 馬の出身元を把握する 地方競馬では、地元のデビュー馬だけではなく、JRAから移籍した馬もたくさん活躍しています。 園田競馬場は、JRAであまり目立たなかった馬が移籍してくる受け皿となっていることで、人気となりました。 そして、それによって園田競馬場は、ある程度の賞金を確保するこができるようになったのです。 「地元デビューの馬」と「JRAより移籍してきた馬」の強さの違いが気になるところですが、地元デビュー馬のレベルはそれほど高くはないと言われています。 ある程度強い傾向にある「JRAより移籍してきた馬」を知っておくために、馬の出身元はどこなのか、きちんと把握しておきましょう。 直線が短い!逃げ・先行型の馬が有利 園田競馬場で主流となっている1400mは、比較的距離が短いため、先行馬が勝つ傾向が高いとされています。 特に園田競馬場1400mのコースは、カーブが大きく直線が短いということが特徴となっています。 実際に、直線となって進める距離は213m程しかないのです。 直線が短いということは、巻き返しが難しく先行勢が有利となる可能性高いということです。 先行型の馬をチェックしておくのも、ひとつのポイントとなるでしょう。 【騎手&調教師編】園田競馬で予想を的中させるコツ 園田競馬場に不慣れな方でも、騎手や調教師を見ながら予想をたてることができます。 馬のことはわからないというのであれば、騎手買いをしてみてはいかがでしょうか? 園田競馬場の騎手の間では実力に差がありますので、上位騎手が乗る馬を軸にすれば、勝てる可能性が高くなります。 こちらでは、騎手&調教師に注目しながら予想を的中させるコツを解説していきます。 騎手別の単勝回収率を比較 騎手の実力を見るには、園田競馬場の騎手リーディングを参考にして比較してみるのがおすすめです。 2018年の騎手リーディングを見ると、1位が吉村騎手、2位が下原騎手、3位が田中騎手です。 この3人の騎手が三つ巴状態となっており、その後に大山騎手、川原騎手と続いています。 特に吉村騎手が乗っている馬は、一番人気となってしまう場合が多いので、2位3位になっている下原選手や田中騎手の方が、単回収率が高いのでおすすめです。 調教師&騎手の組み合わせをチェック 騎手だけではなく、上位にくる調教師との組み合わせをチェックしておくことも忘れてはいけません。 2018年調教師成績によると、1位が飯田調教師、2位が新子調教師、3位が森澤調教師となっています。 この3名の勝率は、どれも20%以上となっていて安定感があります。 先程の上位にくる騎手と、安定感のある調教師の組み合わせをチェックすれば回収率もあがってくると思われます。 また、優秀な調教師に掛けてみるという方法もありかもしれませんね。 【買い方編】園田競馬場で予想を的中させるコツ 園田競馬場での予想攻略を考えるのなら、買い方のコツも覚えておきましょう。 こちらでは、園田競馬場にしかないコツをご紹介していきますので、予想を立てる際にお役立ください。 有利な外枠に注目 先行型の馬が有利な園田競馬場なら「内枠がいいだろう」と思うかも知れませんが、そうではありません。 園田競馬場の内には、硬い砂が入っているので外枠の馬が好ダッシュを決めることができるのです。 つまり、外枠の馬が好ダッシュによって強くなる傾向があるのです。 園田競馬場で馬券を買う場合には、外枠に注目してみてください。 距離によって有利な枠がある 外枠が狙い目なことがわかりましたが、レースの距離によってさらに有利となる距離がでてきます。 それは1400mのレースの場合、特に外枠が有利です。 枠番をみても勝率が全てよいのが8枠、次に7枠となる傾向が高いようです。 距離で見ると、1400mのレースの場合に外枠である8枠がもっとも強くみられる傾向となっています。 1400mのレースで、外枠の馬券はチェックしておくべきポイントとなるでしょう。 JRAからの移籍馬が強い 園田競馬場で強い馬を見分けるときには、JRAからの移籍馬を探してみることを忘れてはいけません。 JRAで通用できなかった馬は、南関東へ移籍しますが簡単に勝つことができません。 しかし、賞金が安い競馬場をいやがります。 その点、園田競馬場はトップ3名が1億円以上も稼ぐことができるので、強い傾向の馬が集まりやすいと言えるのです。 地元でデビューした馬を応援してみたいとは思いますが、そういったJRAの馬が園田競馬場に移籍してくるために、JRAから移籍した馬が強い傾向になってしまいます。 園田競馬場予想での注意点を要チェック 園田競馬場では、各馬を頭数比率によって7クラスに格付けをおこなって、番組賞金にかわるポイントを設定していいます。 7クラスは、A1・A2・B1・B2・C1・C2にわかれており、A・B・Cがランク。 1・2・3をクラスと呼ばれて、それによってポイントの幅が決められてきます。 これらのクラスは、競走成績によって昇級や降級がおこなわれる場合があります。 降級したい馬がいるかも? レースで6着以下が何回か続いてしまうと、降級となりクラスを一つ下げるかたちとなってしまいます。 しかし、良くない着順を続けるよりも、1つ下のクラスで1位となる方が賞金が良いのです。 これを見越して、6着以下を2回以上続けている馬は、降級狙いの可能性がでてきます。 このような降級狙いの馬を買わないように、注意しておきましょう。 降級馬が狙い目になる 降級したがっている馬には注意が必要ですが、その反対に降級したての馬は狙い目となる可能性があるのでチェックしてください。 特に、若手や新人などの勝率がよくない騎手で連敗している馬に、リーディング上位となる騎手が乗ってきたときがポイントとなります。 園田競馬場を予想するコツは秋過ぎに!馬が移籍してくる 園田競馬場を予想するコツを解説してきましたが、1年を通して予想しやすい時期があるので覚えておきましょう。 狙い目となるのは、秋以降のJRAから馬が移籍してくる時期です。 移籍したばかりの馬は、まずC2でレースをおこないます。 そのためC2のレベルが一気に高くなり、C1と逆転現象もおこるほどです。 ですから、この時期には昇級とかを気にせずに、馬券を購入してみると良いかも知れませんね。 また、この時期には人気馬が多くかぶり確率が低くなってしまう可能性が出てきます。 買ってもつまらないからと穴を狙いたくなりますが、C2では無茶をせず大穴が出やすいと言われているメイン前後のレースを待つとよいでしょう。 C2では堅めに、少しづつお金を貯めていくというスタンスで予想していくのが良いと思います。 まとめ 難しいと言われている園田競馬場ですが、コツさえおさえておけば予想を立てることは、そう難しいことではありません。 園田競馬場のならではのコースや特徴を知れば、買い方のヒントが見つかります。 また、騎手と調教師のリーディングをチェックすれば、より予想しやすいレースとなるでしょう。 そんな園田競馬場の予想を的中させる攻略方法をわかりやすく解説してみました。 地方競馬の特色と親しみやすさを感じさせてくれる園田競馬場で、競馬の醍醐味を堪能してみてくださいね。

次の

園田競馬予想 地方競馬指数予想 水分ボンバーオンライン(SBO)

園田 競馬 場 予想

園田競馬場予想するときのポイントとは? 園田競馬場予想のレース展開を予想していくことができれば、買った馬券が当たる確率はアップします。 しかし園田競馬場のことを知らないでいたのなら、展開を予想することは難しく勝てる可能性が下がってしまうでしょう。 そこで、こちらでは園田競馬場で予想するときの大切なポイントをご紹介していきます。 1400mがレースにかける 園田競馬場でおこなうレースには、820m ・1230m・1400m・1700m・1870m・2400mの距離のレースがありあますが、攻略するためには1つのレースに的を絞ります。 園田競馬場で一番多く開催されているレースは、1400m。 全体の80%~90%が1400mとなっているので、データを分析していくには、1400mのレースをおさえておく必要がでてくるのです。 多くのデータを分析して、コースの特徴を知ることができる1400mで攻略していきましょう。 1400mという距離の短さは、コツが掴みやすくレースの展開も予想しやすい距離です。 馬の出身元を把握する 地方競馬では、地元のデビュー馬だけではなく、JRAから移籍した馬もたくさん活躍しています。 園田競馬場は、JRAであまり目立たなかった馬が移籍してくる受け皿となっていることで、人気となりました。 そして、それによって園田競馬場は、ある程度の賞金を確保するこができるようになったのです。 「地元デビューの馬」と「JRAより移籍してきた馬」の強さの違いが気になるところですが、地元デビュー馬のレベルはそれほど高くはないと言われています。 ある程度強い傾向にある「JRAより移籍してきた馬」を知っておくために、馬の出身元はどこなのか、きちんと把握しておきましょう。 直線が短い!逃げ・先行型の馬が有利 園田競馬場で主流となっている1400mは、比較的距離が短いため、先行馬が勝つ傾向が高いとされています。 特に園田競馬場1400mのコースは、カーブが大きく直線が短いということが特徴となっています。 実際に、直線となって進める距離は213m程しかないのです。 直線が短いということは、巻き返しが難しく先行勢が有利となる可能性高いということです。 先行型の馬をチェックしておくのも、ひとつのポイントとなるでしょう。 【騎手&調教師編】園田競馬で予想を的中させるコツ 園田競馬場に不慣れな方でも、騎手や調教師を見ながら予想をたてることができます。 馬のことはわからないというのであれば、騎手買いをしてみてはいかがでしょうか? 園田競馬場の騎手の間では実力に差がありますので、上位騎手が乗る馬を軸にすれば、勝てる可能性が高くなります。 こちらでは、騎手&調教師に注目しながら予想を的中させるコツを解説していきます。 騎手別の単勝回収率を比較 騎手の実力を見るには、園田競馬場の騎手リーディングを参考にして比較してみるのがおすすめです。 2018年の騎手リーディングを見ると、1位が吉村騎手、2位が下原騎手、3位が田中騎手です。 この3人の騎手が三つ巴状態となっており、その後に大山騎手、川原騎手と続いています。 特に吉村騎手が乗っている馬は、一番人気となってしまう場合が多いので、2位3位になっている下原選手や田中騎手の方が、単回収率が高いのでおすすめです。 調教師&騎手の組み合わせをチェック 騎手だけではなく、上位にくる調教師との組み合わせをチェックしておくことも忘れてはいけません。 2018年調教師成績によると、1位が飯田調教師、2位が新子調教師、3位が森澤調教師となっています。 この3名の勝率は、どれも20%以上となっていて安定感があります。 先程の上位にくる騎手と、安定感のある調教師の組み合わせをチェックすれば回収率もあがってくると思われます。 また、優秀な調教師に掛けてみるという方法もありかもしれませんね。 【買い方編】園田競馬場で予想を的中させるコツ 園田競馬場での予想攻略を考えるのなら、買い方のコツも覚えておきましょう。 こちらでは、園田競馬場にしかないコツをご紹介していきますので、予想を立てる際にお役立ください。 有利な外枠に注目 先行型の馬が有利な園田競馬場なら「内枠がいいだろう」と思うかも知れませんが、そうではありません。 園田競馬場の内には、硬い砂が入っているので外枠の馬が好ダッシュを決めることができるのです。 つまり、外枠の馬が好ダッシュによって強くなる傾向があるのです。 園田競馬場で馬券を買う場合には、外枠に注目してみてください。 距離によって有利な枠がある 外枠が狙い目なことがわかりましたが、レースの距離によってさらに有利となる距離がでてきます。 それは1400mのレースの場合、特に外枠が有利です。 枠番をみても勝率が全てよいのが8枠、次に7枠となる傾向が高いようです。 距離で見ると、1400mのレースの場合に外枠である8枠がもっとも強くみられる傾向となっています。 1400mのレースで、外枠の馬券はチェックしておくべきポイントとなるでしょう。 JRAからの移籍馬が強い 園田競馬場で強い馬を見分けるときには、JRAからの移籍馬を探してみることを忘れてはいけません。 JRAで通用できなかった馬は、南関東へ移籍しますが簡単に勝つことができません。 しかし、賞金が安い競馬場をいやがります。 その点、園田競馬場はトップ3名が1億円以上も稼ぐことができるので、強い傾向の馬が集まりやすいと言えるのです。 地元でデビューした馬を応援してみたいとは思いますが、そういったJRAの馬が園田競馬場に移籍してくるために、JRAから移籍した馬が強い傾向になってしまいます。 園田競馬場予想での注意点を要チェック 園田競馬場では、各馬を頭数比率によって7クラスに格付けをおこなって、番組賞金にかわるポイントを設定していいます。 7クラスは、A1・A2・B1・B2・C1・C2にわかれており、A・B・Cがランク。 1・2・3をクラスと呼ばれて、それによってポイントの幅が決められてきます。 これらのクラスは、競走成績によって昇級や降級がおこなわれる場合があります。 降級したい馬がいるかも? レースで6着以下が何回か続いてしまうと、降級となりクラスを一つ下げるかたちとなってしまいます。 しかし、良くない着順を続けるよりも、1つ下のクラスで1位となる方が賞金が良いのです。 これを見越して、6着以下を2回以上続けている馬は、降級狙いの可能性がでてきます。 このような降級狙いの馬を買わないように、注意しておきましょう。 降級馬が狙い目になる 降級したがっている馬には注意が必要ですが、その反対に降級したての馬は狙い目となる可能性があるのでチェックしてください。 特に、若手や新人などの勝率がよくない騎手で連敗している馬に、リーディング上位となる騎手が乗ってきたときがポイントとなります。 園田競馬場を予想するコツは秋過ぎに!馬が移籍してくる 園田競馬場を予想するコツを解説してきましたが、1年を通して予想しやすい時期があるので覚えておきましょう。 狙い目となるのは、秋以降のJRAから馬が移籍してくる時期です。 移籍したばかりの馬は、まずC2でレースをおこないます。 そのためC2のレベルが一気に高くなり、C1と逆転現象もおこるほどです。 ですから、この時期には昇級とかを気にせずに、馬券を購入してみると良いかも知れませんね。 また、この時期には人気馬が多くかぶり確率が低くなってしまう可能性が出てきます。 買ってもつまらないからと穴を狙いたくなりますが、C2では無茶をせず大穴が出やすいと言われているメイン前後のレースを待つとよいでしょう。 C2では堅めに、少しづつお金を貯めていくというスタンスで予想していくのが良いと思います。 まとめ 難しいと言われている園田競馬場ですが、コツさえおさえておけば予想を立てることは、そう難しいことではありません。 園田競馬場のならではのコースや特徴を知れば、買い方のヒントが見つかります。 また、騎手と調教師のリーディングをチェックすれば、より予想しやすいレースとなるでしょう。 そんな園田競馬場の予想を的中させる攻略方法をわかりやすく解説してみました。 地方競馬の特色と親しみやすさを感じさせてくれる園田競馬場で、競馬の醍醐味を堪能してみてくださいね。

次の

園田ニュース

園田 競馬 場 予想

2020年6月26日(金) 園田競馬7回3日目 園田ニュース特別版はこちらをご覧ください。 園田ニュース フルバージョン レース 発走時刻 距離 条件・名称 14:30 1400 C3三4歳以上 15:00 1400 C3二4歳以上 15:30 1400 C3一4歳以上 16:00 1700 C3 4歳以上 16:30 1400 C2二4歳以上 17:00 1400 C2一4歳以上 17:35 1400 C1 4歳以上 18:10 1400 3歳C1 18:45 1230 C2 4歳以上特別 19:20 1400 B2一4歳以上特別 19:55 1230 半夏生『明石だこ』特別A2 4歳以上 20:30 1400 ザクロ賞B2二4歳以上特別 予想閲覧にはAdobe Readerが必要です。 当サイトに関する兵庫県競馬組合へのお問い合わせはご遠慮ください。 出走表は事前の情報に基づいて制作しています。 投票の際は必ず主催者発行のものと照合してください。 事前の許諾なく転載、複製することを禁じます。 また、当サイト上の情報は予告なしに内容を変更又は削除する場合があります。 あらかじめご了承ください。 情報の正確性、有用性、安全性等に関すること。 情報が常に最新の情報であること。 当サイトの情報を利用することにより生じた一切の損害。 情報の変更及びこのサイトの運用の中断又は中止により生じるいかなる損害。 レース情報は、事前の情報をもとに提供しています。 出走取消、競走除外、騎手変更など変更には対応していません。 レース情報は主催者発表のものと照合してください。

次の