妊娠初期症状生理前違い 胸。 「妊娠?生理?」妊娠(超)初期症状と生理前の症状(PMS)の見分け方

眠気がひどい!!生理それとも妊娠?【妊娠超初期症状】について!妊娠初期の兆候との違いは?

妊娠初期症状生理前違い 胸

生理周期がある程度順調な方は、生理が少しでも遅れると心配になりませんか?特に思い当たる節があるならなおさらです。 しかし生理が来るまでは妊娠の可能性を否定できません。 妊娠したかどうかを悶々と一人で悩む日々が続きます。 できることなら早く結果を知りたいですよね。 妊娠を知るために妊娠検査薬がありますが、妊娠検査薬によっては検査時期が早すぎるときちんと反応しないことがあるのです。 妊娠以外の生理が遅れてしまう原因と、生理前と妊娠時の症状の見分け方について紹介していきますので、もしもの事態が起こったときの参考にしてみてくださいね。 生理周期がきちんと整っている人ほどちょっとした遅れにも過敏に反応してしまいます。 しかし女性の体は機械ではありません。 毎月生理がきっちりと決まった周期で来ていたとしても、ちょっとしたことでホルモンバランスが乱れて生理周期が狂う、生理が遅れるのは決して珍しいことではありません。 一般的な生理周期が28日だとすると、前回の生理開始から14日前後に排卵が起こり、その約14日後に妊娠していなければ生理が起こります。 ところが何らかの原因で排卵が遅れてしまうことで生理が起こるのも遅れるのです。 生理を遅らせる原因は主に4つあります。 ストレスが生理周期を乱す 仕事やプライベートで強いストレスを受けた、心配なことがずっとひっかかっていると体はストレスによるダメージを受けています。 強いストレスを受けてしまうと脳の自律神経もダメージを受けるのですが、この自律神経はホルモンの分泌をコントロールしているとても大切な器官になります。 自律神経がダメージを受けると排卵が遅れてしまったり、無排卵の症状が出たりといった症状が起こるため、生理が遅れるのです。 不規則な生活がホルモンバランスを乱す 毎日しっかりと睡眠をとっていますか? 栄養バランスを考えて食事をしているでしょうか? 生活習慣が乱れていたり、不規則な生活を送っていると自律神経の働きが乱れやすくなってしまいます。 自律神経の乱れがホルモンの分泌バランスが崩れてしまうので、排卵を遅らせたり生理周期を狂わせてしまうのです。 適正体重を維持できないから 極端なダイエットをすると生理が止まると言うことを聞いたことがありませんか?短期間で無理に体重を落とそうとすると、体は栄養不足に陥り自律神経の働きも鈍るのです。 エストロゲンが美容や健康に良いということがさまざまな場面で取り上げられて、イソフラボンを含む食品やサプリメントもたくさん出回るようになりました。 その結果エストロゲンを過剰に摂取しているケースが見られます。 女性ホルモンにはエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンの二種類がありますが、その分泌バランスが崩れると、生理周期を乱す原因になるのです。 たとえば 豆乳も一日に300ml前後が摂取量の目安なのですが、それ以上飲み過ぎてしまうとホルモンバランスを乱していまいます。 またサプリで取るのも気をつけないと過剰摂取につながります。 日本人は普段の食事でイソフラボンを摂取する機会が多いので、他で大量に摂取すると過剰摂取につながりやすいのです。 見分けはつく?生理前の症状と妊娠初期症状の違い 生理前の症状と妊娠初期の症状は似ている部分もあるため、見分けがつきにくいこともあるかと思います。 それぞれの代表的な症状を紹介していきますので、比較してみてください。 よくある生理前の症状 生理前に起こりやすいのがPMSと呼ばれる症状ですね。 これはホルモンのバランスが乱れることで、起こる不快な症状のことです。 この不快症状は体だけでなく精神面でも起こります。 まずは体に起こる主な症状についてまとめてみました。 乳房が張る• 吐き気• 腰痛、肩こり• だるい• むくみ• 食欲減退• 食欲増進• 肌荒れ 次に精神的に起こりやすいな主な不快症状についてまとめてみました。 イライラ• 気分の落ち込み• 集中力、やる気の低下• うつ気味になる 当てはまる症状もいくつか見つかったと思います。 人によって出てくる症状が異なると思いますが、これらが起こりやすい一般的な症状になります。 生理前症状と似ている?妊娠初期症状とは 生理前の症状と妊娠時の初期症状が混同されてしまうのは、両者に似通った症状がいくつか見つかるからだと思います。 妊娠初期症状もいくつも症状があるのですが、先に妊娠前の症状と似ている症状についてまとめてみましたので参考にしてみてください。 体がだるい、眠気がひどい• 腰痛、肩こり• 吐き気• 乳房が張る• イライラする• 食欲が増す これらはPMSでも起こりやすい症状ですから、生理前の症状と勘違いしてもおかしくはありませんね。 しかし妊娠初期症状には生理前とは明らかに異なる症状が出てくるのです。 起こりやすい症状を紹介しますので、迷ったときの判断材料にしてみてくださいね。 嗜好の変化が起こる• 少量の出血がある• トイレが近くなる• 基礎体温の高温が続く• 体が火照る、寝汗がひどい• 寒気がする• おりものに変化• 下腹部の痛み 着床痛• 微熱があり風邪のような症状が続く• つわりが起こる これらの症状の中でも決定的なのが高温期が長く続くことです。 生理周期を28日とすると低温期が約14日、高温期が14日前後で生理が来るのですが、妊娠しているとそのまま高温期が持続するのです。 基礎体温を計っていて高温期が16日以上継続しているときは妊娠している可能性がかなり高いと考えられます。 ただし、 これは低温期からしっかりと体温を計っていた場合に頼りになる判断材料です。 妊娠かどうか微妙な段階で体温を計って高温期だったとしても、妊娠しているかどうかがわからないのです。 それは排卵が起こってから低温期から高温期に体温が移行するからです。 排卵が遅れると当然低温期が長くなります。 それなので低温期の始まりがいつなのかが明確にわからないと、妊娠の可能性を判断できないのです。 あと着床痛を感じることで妊娠している可能性に気が付くことがありますが、それは受精卵が子宮内膜に着床するときに起こると言われています。 チクチクとした痛みを感じる方が多いようですが、必ずしも起こる症状ではなく個人差があります。 どうやって判断するべき?妊娠初期症状とPMSの見分け方 基礎体温を計っていればきっと妊娠したことに高い確率で気が付けることでしょう。 しかし基礎体温を普段から計っていなければそれも定かではありません。 妊娠の可能性を感じ始めてから基礎体温を計っても、結局高温期の始まりがいつからなのかがわからないので妊娠を判断するのが難しいのです。 まずは自分自身のPMS症状を把握することから 妊娠したかもしれないと考えるのは、いつもと異なる症状がでてきたからではないでしょうか。 PMSで起こる症状は人それぞれですが、起こりやすい症状というのは毎回同じであるケースがほとんどです。 生理前のいつものPMS症状が把握できていれば、ちょっとした変化にも気が付きやすくなります。 普段とはちょっと違うなと思う症状が出てくると、妊娠初期症状にも気が付きやすくなるでしょう。 妊娠するとおりものが変化、その変化を見逃さない! これもまた先ほどの自分自身を知ることにつながるのですが、自分のおりものの量や色などについて把握しているでしょうか。 妊娠するとおりものに変化が見られますので、日ごろの自分のおりものの状態を知っているとその変化にも気が付きやすくなりますよ。 量が増える おりものには胎児を細菌から守る働きもあります。 そのため妊娠するとおりものの量が増えます。 質が変わる 排卵日以降に妊娠すると、粘着性の高いおりものからサラサラのおりものに変わります。 色が変わる 妊娠していないときは透明から無色の織物が多くでますが、妊娠すると白色、黄色、茶色と色が付くようになります。 臭いがきつくなる 妊娠初期はおりものが酸性に変わるため酸っぱい臭いが強くなります。 着床出血が起こる おりものに少量の血が混じることがありますが、それは着床出血と呼ばれるものです。 それは排卵日から約1週間あとに起こりますが、起こらない方もいます。 それでも判断がつかないときは妊娠検査薬を! 妊娠かどうか判断する方法は2種類あります。 婦人科を受診して妊娠検査する方法と、ドラッグストアなど妊娠チェック出来るテスターを購入して検査する方法です。 一般的にはすぐに婦人科を受診せず、まずは自身でテスターを使って陽性反応が出た後で婦人科に行く方が多いようです。 妊娠チェックに使うテスターは、尿をかけてホルモン値を測ります。 妊娠するとhCGというホルモンが体内で作られ、4週目から8週目にかけて一気に上昇します。 hCGは、妊娠していなければ作られることが無いホルモンなので、陰性の場合は反応しません。 妊娠検査薬によっては生理予定日前後から反応する種類があります。 ドラッグストアで探してみると見つかると思いますので、どうしてもはっきりとさせたいときは検査薬を使ってみましょう。 いまどきの妊娠検査薬はかなり高性能ですから、妊娠しているかどうかを高確率で調べられます。 また、生理予定日を予測しておくことで妊娠検査を受けるべき時期がわかるので、カレンダーや女性ホルモンのチェックが出来るアプリなどを使って、毎月の生理日や排卵日を把握しておくことをお勧めします。 生理か妊娠か判断がつかない時の過ごし方はどうすればいい? 生理が来るのか、妊娠したのか、判断がつかない時に注意すべきことをご紹介します。 まず、胎児に影響が出そうなことは生活から排除しましょう。 アルコール• タバコ• 薬の服用• 激しいスポーツ などは出来るだけ避けることをお勧めします。 望んでいる場合は別ですが、今は時期ではないと感じている場合は精神に負担をかけないことが生理を正常に迎えるコツです。 あまりにも心配しすぎるとそれがストレスとなってしまい、生理を遅らせる原因にもなるからです。 排卵日に性行為をする、避妊せず性行為をするなど疑わしい事柄が影響してホルモンバランスを乱してしまうこともありますので、妊娠を望んでいない場合は、精神が不安定になるような性行為は避けることをお勧めします。 難しい妊娠初期症状と生理前症状の見分け さて、生理前と妊娠初期の大きな違いですが、並べてみるとそれほど違いはないのでどちらか判断つかないというケースが多いようです。 「一人目を妊娠した時と二人目では症状が全く違っていて、生理が来ると思っていたら妊娠していた」と話す方も居るほど、はっきりした症状の違いは無いと言えるでしょう。 自分の体とよく向き合うことがそれがいつもの生理前の書状なのか、妊娠初期症状なのかを見分ける材料になります。 それでも判断がつかないとは妊娠検査薬を使ってみましょう。

次の

できたかも?!生理前と妊娠超初期症状の違いとは?

妊娠初期症状生理前違い 胸

PMSは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが原因? PMS(月経前症候群)の症状は以下のようなものがあります。 ・イライラしやすくなる ・胸の張りや痛み ・眠気やだるさ ・肌荒れやにきびができやすくなる ・下腹部痛 ・腰痛 ここに述べたものは一部ですが、このような症状に悩まされている女性は多いのではないでしょうか。 では、一体なぜこのような症状が起こるのかを説明していきます。 PMSの原因としてはっきりとしたものは残念ながらわかっていませんが、一説によると女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が関わっていると考えられています。 排卵後にはエストロゲンが減少し、反対にプロゲステロンは増加します。 PMSは、この排卵後に分泌が増えるプロゲステロンが原因ではないかと考えられています。 PMSと妊娠兆候は似てる? ではなぜPMSと妊娠兆候は似てると言われているのでしょうか。 それは、妊娠の場合も生理前の場合も分泌される女性ホルモンが関係しているからです。 排卵が起こるとプロゲステロンというホルモンが増加します。 このホルモンは妊娠しなければ2週間程で減少していきます。 しかし、排卵後に受精卵が子宮内膜に着床する(つまり妊娠する)と妊娠を継続するためにプロゲステロンは分泌され続けます。 妊娠0週0日が最終月経の初日であるため、排卵期は妊娠2週0日頃となります。 つまり妊娠超初期の時期(妊娠0週から4週まで)と生理前の時期はどちらもこのプロゲステロンというホルモンが分泌されていることになります。 このような理由からPMSと妊娠兆候の症状は違いがわかりにくくなってしまいます。 着床出血などによるおりものの色、量の変化 おりものは生理周期によって生理前、排卵前、生理後と変化します。 個人差はありますが、妊娠した時はおりものの量や色がいつもと違ったという方もいます。 おりものの役割は、受精を手助けしたり、膣内に細菌が侵入するのを防ぐといった働きがあります。 通常は排卵期付近になると受精しやすくするために透明の水っぽいおりものが増え、排卵後は減っていくことが多いです。 一方、妊娠した場合はホルモンの影響で通常よりおりものが増えることがあります。 また、おりものの色も透明や白っぽいものではなく茶色や卵白状のおりものが出ることもあります。 茶色のおりものの場合は着床出血が混ざってそのような色になったと考えられることもあります。 このように、妊娠するとおりものの変化を感じることもありますが個人差もあり、中には妊娠前と何も変わらなかったと言う人もいます。 生理前とは違う下腹部痛 生理前と妊娠初期の下腹部痛の症状はよく似ています。 生理前の下腹部痛の症状としては下腹部がチクチクしたり、キューっと引っ張られるような痛みがあったりと感じ方も様々です。 妊娠初期にもこのような下腹部痛が起こることがあります。 どちらの症状も似ているため生理前なのか妊娠初期の症状なのか判断するのが難しいですが、症状は似ていてもそれぞれの腹痛が起こる原因は違います。 生理前の場合は経血を外に出すために、子宮内膜から分泌されるプロスタグランジンというホルモンによって子宮が収縮することによって腹痛が起こります。 妊娠初期の場合は胎児を育てるために子宮が大きくなろうとすることで腹痛が起こります。 このように原因は違うけれども症状はよく似ている下腹部痛。 生理前と妊娠初期で見分ける方法は難しいです。 まずは、いつもの生理痛と比べてみることも良いでしょう。 いつもより、痛みが違う、痛む場所が違うなどの変化を感じる人もいます。 また、その他に現れる妊娠初期の症状(体温の変化、おりものの変化など)と合わせてPMSか妊娠なのか予測することも可能です。 普段よりひどい胃痛 生理前に分泌が増えるプロゲステロンは、妊娠を継続させるために必要なホルモンです。 このプロゲステロンには受精卵を成長させる作用があります。 そのため妊娠すると分泌が増えます。 しかし、このプロゲステロンには胃腸の働きを弱める作用もあります。 また、胃は交感神経と副交感神経という自律神経の影響を大きく受けます。 生理前や妊娠によるホルモンバランスの変化によってこの自律神経のバランスが崩れることで胃痛を起こしやすくなります。 このように、生理前も妊娠初期にも胃痛が起こるためどちらの症状かを見分けることは難しいかもしれません。 個人差もありますが、普段の生理前と比べて胃痛がひどくなったり、普段の生理前は胃痛がなかったが妊娠初期には胃痛を感じたりと様々です。 吐き気の起こる時期や食べ物の好みの変化など、つわりの症状 プロスタグランジンには、子宮を収縮させ、経血を外に出すという作用があります。 また、血管を収縮させる作用もあるため血行不良が起きます。 血行不良が起きると身体が冷えやすくなったり、だるさを感じたりします。 さらに、胃腸の働きも悪くなるため吐き気が起こります。 妊娠するとおよそ70%の人がつわりを経験すると言われています。 このつわりのメカニズムはまだ詳しくは解明されていませんが、妊娠すると分泌が増加するhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というものが原因だという一説もあります。 では、このような生理前の吐き気と妊娠初期の吐き気の違いはあるのでしょうか。 個人差はありますが、妊娠するといつもよりも早い時期から吐き気を感じる人もいるそうです。 また、妊娠するとつわりの症状の1つとして食べ物の好みが変わることも生理前との違いです。 自律神経の乱れによる下痢 まず、生理前に下痢になりやすい原因はプロゲステロンというホルモンです。 排卵後はこのプロゲステロンがたくさん分泌されます。 プロゲステロンには代謝を下げて腸の動くを鈍くさせる作用があります。 その後、妊娠しないとプロゲステロンの分泌は減り、一気に腸の動きが活発になり生理前に下痢になりやすくなるのです。 では、妊娠初期の下痢の原因は何なのでしょうか。 簡単に言うと妊娠初期の下痢の原因もホルモンバランスの変化で起こります。 受精卵が着床し妊娠が成立すると体内のホルモンバランスが急激に変化します。 それによって、自律神経の働きが乱れ下痢をしやすくなるのです。 普段は生理前に下痢をしないのに下痢をしたという人は、個人差もありますが妊娠の可能性も考えられるかもしれません。 生理前か妊娠初期なのかを見分けるためには下痢以外の基礎体温などの症状も合わせてみてみるのが良いでしょう。 ホルモンの大量分泌による頭痛 生理前に頭痛が起こる原因としてエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが関係していると言われています。 エストロゲンは卵子を成長させるために欠かせないものですが、生理前になると卵子を成長させる役目が終わるため分泌が減ります。 このエストロゲンが減ることで血管が拡張し、頭痛の原因となります。 妊娠初期の頭痛は、受精卵が着床し妊娠が成立し、プロゲステロンというホルモンが多量に分泌されることによって起こります。 急激なホルモンバランスの変化に体がついていけずに頭痛やだるさなどの不調として現れます。 また、妊娠初期はつわりなどであまり体を動かせないことも多いため、血行が悪くなり、それが原因で頭痛が起こることもあります。 個人差もありますが、妊娠している場合は早ければ妊娠4週目頃からつわりによる吐き気を感じる人もいます。 また、妊娠した場合は高温期が2週間以上続くためこれらの症状と合わせて妊娠の判断をするのがよいでしょう。 生理予定日の一週間前頃に起こる腹痛 生理前の腹痛はプロスタグランジンというホルモンが原因で起こります。 プロスタグランジンが多量に分泌されることで子宮を収縮させ、経血を子宮の外に出す手助けをしてくれます。 妊娠初期の腹痛の原因は、胎芽を育てるために子宮が収縮して起こるものがあります。 また、妊娠によるホルモンバランスの変化で自律神経が乱れ、胃腸の動きが悪くなり腹痛を起こすこともあります。 2つの腹痛は症状が似ているため腹痛だけで妊娠を判断するのは難しいです。 ただ、2つの腹痛の違いとして妊娠初期にだけ起こる着床痛というものがあります。 個人差もあり、着床痛がある人もいれば全くない人もいます。 着床痛とは受精卵が子宮内膜に着床した際に起こるものです。 そのため、生理予定日の1週間前に腹痛があった場合は着床痛の可能性もあります。 生理予定日頃から起こる腰痛 生理前、妊娠初期の腰痛の原因としてどちらにもリラキシンというホルモンが関係しています。 リラキシンには関節を緩める働きがあり、そのために腰への負担が増え、腰痛になります。 妊娠した場合にはこのリラキシンによって骨盤の関節が緩くなり出産しやすくなるのです。 では、生理前と妊娠初期の腰痛に症状の違いはあるのでしょうか。 生理前の腰痛は排卵直後から生理の2日前ぐらいまで続くことが多いです。 背中から腰など子宮の裏側に沿って鈍い痛みを感じることが多いです。 それに対して、妊娠初期の腰痛は生理予定日の頃から発症することが多いです。 痛み方にも個人差があり、腰全体にじんわりと痛みを感じる人もいれば、骨盤付近に激しい痛みがある人もいます。 ただ痛み方には個人差があるので腰痛だけでは妊娠を判断することはできません。 普段の生理前の腰痛と比べてみたり、その他の吐き気や基礎体温などの妊娠初期症状も合わせてみていきましょう。 生理予定日を過ぎても続く眠気 生理前に眠気が起こる原因は、プロゲステロンというホルモンが多量に分泌されることで起こります。 また、妊娠した場合もこのプロゲステロンが多量に分泌され、眠くなります。 このように、2つの眠気はどちらもプロゲステロンというホルモンによって引き起こされています。 眠気だけで妊娠したかどうかはわかりにくいですが、妊娠した場合はいつもの生理前よりもひどい眠気を感じた、常に眠気を感じたなどの経験をされる人もいます。 また、プロゲステロンは生理前に多く分泌されますが生理が始まると減少します。 一方、妊娠した場合はプロゲステロンは分多量に分泌され続けます。 そのため個人差はありますが、生理予定日なのに眠気が続く場合も妊娠の可能性があるかもしれません。 その他にも、基礎体温やつわりなどの妊娠初期症状と合わせると妊娠の判断がしやすくなります。

次の

生理前だと思っていたら妊娠?妊娠超初期症状をチェック

妊娠初期症状生理前違い 胸

胸の張りはいつから 胸の張りは個人差がありますが、早い方では排卵後数日後には気づきますし、その反対に全く胸の張りが無い方もいらっしゃいます。 また妊娠検査薬を使えない時期であっても、「いつもの生理前の胸の張りと違う」と気がついて、生理予定日後に妊娠検査薬を試したところ陽性だったという体験談を多く目にします。 月経前症候群と妊娠超初期の症状はとても良く似ているため区別がつきにくいと言われますが、やはり妊娠すると体の仕組みに影響を与え、それが普段とは異なる症状として現れるのだと考えられます。 胸の張りの原因 胸の張りは、排卵後に増えるプロゲステロンの作用によるものです。 プロゲステロンは血管を拡張する働きがあり、血管が広がった分、乳房が内側から押されて張りにつながります。 しかし体の他の部分でも血管が拡張していますが、頭痛の原因となっても胸のように張ったりしませんよね。 実はプロゲステロンには血管拡張作用以外にも妊娠に備えて乳腺の発達を促す作用があるため、血管と乳腺のダブルの作用で胸が張るようになるのです。 月経前症候群の胸の張りの特徴 上記に述べたプロゲステロンの作用で、生理前はじわっと乳房全体に広がるような痛みを感じたり、普段よりも胸が大きくなったような張りを感じます。 女性ホルモンの分泌量はストレスや食事・生活習慣の乱れによって簡単に変動しますから、疲れが溜まっている時には生理前の胸の張りが酷くなることもあるでしょう。 妊娠超初期の胸の張りと大きく異なるのは、生理予定日前には張りや痛みが治まる点が挙げられます。 生理が始まる直前にはプロゲステロンが急減するため、その動きに伴って胸の張りも少なくなるのです。 妊娠超初期症状の胸の張りの特徴 妊娠した時と生理前に現れる胸の張りの最も大きな違いは、生理予定日後も続くかどうかです。 生理前の場合は生理予定日前に治まりますが、妊娠すると生理予定日後も胸の張りが継続します。 その理由は妊娠状態を維持する働きを持つプロゲステロンが着床後急激に分泌量が増加するためですが、その分泌量は生理前よりも増えるため、胸の張りがいつも以上に強かったり、胸や乳首を触ると痛いといった過剰な症状が現れます。 違いを知るには基礎体温が一番確実 この胸の張りは、生理前だから?妊娠したから?と迷ってしまうことも多いですが、基礎体温の計測を習慣にしている方は、症状の現れ方よりも基礎体温のグラフを見比べるのが一番確実です。 ただ、基礎体温の高温期が3週間以上続いた場合は妊娠の可能性があるということなので、残念ながら生理予定日前に基礎体温で妊娠したかどうかを知ることは難しいかもしれません。 しかしグラフでは分からなくても、いつもの生理前よりも熱っぽい・寒気がするといった体温の変化で妊娠を疑った方もいますので、こういった変化を見逃さないようにしましょう。 胸の張りが治まるのはいつ頃? 妊娠が分かって嬉しいけれど、胸の張りが強いとこれから先の妊娠生活が不安になってしまいますね。 この張りがいつまで続くのかと心配になってしまうかもしれませんが、たいていは安定期(妊娠5ヶ月~)に入る頃には治まります。 それは、胎児の状態が不安定な初期に妊娠状態を維持するため分泌が増加していたプロゲステロンが、胎盤が完成し胎児が安定して成長できる時期に入ると、その役目を終えて分泌が減少するからです。 もちろん中には産後まで胸の張りが続いた方もいらっしゃいますが、もしそうなった場合は定期健診で担当医に相談してみてください。 妊娠中期から後期にかけて胸が張る理由 妊娠超初期から悩まされていた胸の張りがなくなったと思ったら、妊娠中期から後期にかけて再び胸が張ってきます。 この場合はプロゲステロンの作用が原因ではなく、体が母乳を作り出すための準備をしているのです。 乳腺を今まで以上に発達させて産後スムーズに母乳が送られるようにしている時期で、乳腺の発達が順調な方はお風呂に入った時や乳頭マッサージ時に初乳が出ることもあります。 この時の初乳はいわゆる産後の初乳とは異なりますので、母乳の成分が無くなることはありません。 胸の張りについて心配なこと 妊娠を望む方は自分の体調の変化に敏感ですから、胸の張りの変化にも気づきやすいでしょう。 しかし、一般に言われるような胸の張りが無かったり、あるいは張りがあったとしても生理予定日を過ぎた後になくなってしまうと、何か異常があったのではないかと心配になってしまいますね。 病院でも妊娠の判断が出来ない時期ですから余計不安になってしまいますが、生理や妊娠に関しては個人によって大きく異なるので、まずは妊娠検査薬が試せる時期になるまで焦らず待つことが大事です。 胸の張りがない 胸の張りが無いからといって、妊娠していないとは限りません。 確かに胸の張りは妊娠の一つの目安ではありますが、実際は胸の張りを全く感じられなくても妊娠していた方も多いのです。 ですから胸の張りだけに注目するよりも、全体を見て今までの生理前と違ったところが無いかをチェックした方が良いでしょう。 あまり考えすぎるとホルモン分泌に影響してしまい更に混乱してしまうので、固執しないのも大事です。 胸の張りがなくなった 胸の張りが生理予定日後も続いて、もしかしたら妊娠したかもと喜んでいたら、ある日突然胸の張りがなくなってしまったというケースもあります。 胸の張りは妊娠超初期症状だから、それが無いということは流産したのかもとショックを受けてしまうかもしれませんが、必ずしも流産につながるわけではありません。 妊娠初期は胎児だけでなくお母さんも体調が不安定になりますから、それが原因で症状に変化が現れる可能性も考えられます。 考えすぎず、まずは妊娠検査薬で確認しましょう。 胸の張りが辛い時の対処法 妊娠後はプロゲステロンが急増しますから、月経前症候群と似ている症状が強く現れることが多いです。 胸の張りももちろんですが、あまりにも痛かったり、つわりと重なると辛いですよね。 中にはそのような痛みが妊娠中ずっと続いたという方もいらっしゃいますから、痛みを我慢しているとストレスの原因となってしまいます。 そこで、胸が張って痛い時のセルフケアをご紹介しますので、ぜひ試してみてください。 下着を替えてみる プロゲステロンが多く分泌されると乳腺の発達が促されるので、生理前や妊娠超初期でも胸が大きくなります。 見た目にはあまり変わらないかもしれませんが、普段のブラジャーではきつくなり張りが出て痛むようになります。 妊娠初期の時点でマタニティウェアのある方はほとんどいませんから、ワイヤーの無いブラジャーや、キャミソールとブラジャーが一緒になった下着に変えて、胸への圧迫感を抑えましょう。 また、レースや化学繊維のブラジャーだと、その生地自体が刺激となって痛みや違和感につながりますので、綿やシルクなど天然素材の下着を選ぶのもおススメです。 熱がある場合胸を軽く冷やす 胸が張って熱を持ったようになった時は、冷却シートや冷やしたタオルなどで熱を冷ましましょう。 ただ、妊娠中は体を温めるのが基本ですから、直接低い温度のものを長時間当てて胸以外も冷やしてしまうようなことは避けてください。 冷やす目安は胸の痛みが収まるまでですが、その間に下腹部が痛くなったり手足が冷えてくるようならば、一度ストップした方が賢明です。 マッサージは余計に血行を促進させてしまうので、冷やすことを目的とするならばなるべく触らないことが一番です。 入浴はシャワーにしてみる 胸の張りが痛い時は、入浴を避けてシャワーで済ませるようにしてください。 理由は冷やすことと同じで、体を温めると血行がよくなり、余計に痛みが増してしまいます。 ただ、時期によってはシャワーだけだと体を冷やして下腹部痛につながったり、風邪を引く原因となってしまうので、前もって浴室を温めておくなどの工夫が必要でしょう。 また、胸の張りによる痛みを抑えるのを優先して、痛みが治まった後で入浴するという方法もあります。 初産婦と経産婦では胸の張り方が違うの? 初産婦と経産婦では、妊娠中の経過から分娩にいたるまであらゆる部分で異なることが多いですが、妊娠初期の胸の張りに関しても同様です。 2回目以降の妊娠では胸の張りを感じることが少ないと言われていますが、それは授乳に必要な乳腺や乳管の発達がすでに出来ているからだと考えられます。 思春期に乳腺や乳管が発達する際にも胸の痛みを感じますが、産後は常時母乳を作らなければならないため、思春期以上に乳腺や乳管を発達させる必要があるのです。 もちろん最初の妊娠であっても十分に乳腺が発達していれば、胸が張らないこともあるでしょう。 結局は個人差ですから、胸が張らないからといって不安に思う必要はありません。 胸の張りを悪化させる食事とは 妊娠初期に胸が張る原因はプロゲステロンの血管を拡張する働きによるものですが、実は食事内容によっては張りが酷くなって痛みが悪化することがあります。 血管が広がって血流が増えても、きちんと循環していれば張りが酷くなることはありません。 妊娠初期なのに、胸が張って痛い・乳房がカチカチに硬くなるといった症状がある時は日ごろの食事内容を見直して改善していきましょう。 妊娠中に和食をおススメする理由 胸の張りが気になるときの食事は、なんと言っても和食などのバランスの取れた食事が大切です。 野菜たっぷりでカロリー控えめ・薄味の和食は、バランスの取れた最高の食事です。 実は、和食は胸の張りだけでなく、妊娠中や産後の食事としてベストの食事内容で、妊娠中の体重増加や妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病の予防など、発生しやすいトラブルを食生活から予防してくれます。 また産後は母乳量を増やし、妊娠中に増えた体重を減らしやすくするというメリットもありますので、妊娠初期から和食中心の食事にして、慣れていきましょう。 妊娠超初期は他の妊娠症状もチェックして 妊娠超初期は排卵後から生理予定日までの時期を指し、まだ妊娠検査薬や基礎体温では妊娠したかどうか分からない時期でもあります。 ただ、これまでの生理前とは違う症状が現れることで「妊娠したのでは」と考える方がいて、その症状の一つが胸の張りです。 ただ、胸の張り方が違うといってもこの段階では違う理由も考えられますので、すぐ妊娠に結びつけるのは時期尚早でしょう。 気になる時は胸の張り以外にも眠気や食欲・おりものの状態など、妊娠超初期症状に表れやすいと言われている症状が普段と違うかどうかをチェックしてみてください。 もちろん、妊娠の正確な判断は妊娠検査薬で陽性になった後、病院で胎嚢が確認できてからになります。 いつもと違う胸の張りを感じたら生活習慣を改めよう いつもと違う胸の張りを感じたら、お酒やタバコはストップして生活習慣を見直し改めるようにしましょう。 妊娠していた場合は生理予定日が妊娠2ヶ月に当たり、胎児の脳や心臓といった最重要器官が出来始める時期ですから、アルコールやタバコなど赤ちゃんの成長に悪影響を与えるようなものは避けるべきでしょう。 万が一を考えて避けておけば、妊娠が発覚した時に赤ちゃんの発育に対して不安を感じることもなくなります。 もし妊娠していなくても、肝臓や肺を休めるリフレッシュ期間と考えてみては。 ストレスや睡眠不足を解消しよう 妊娠するとプロゲステロンが急激に増えて女性ホルモンのバランスが崩れやすくなりますが、そこへストレスや疲労・睡眠不足が重なるとバランスが更に不安定になり、胸の張りも酷くなることがあります。 また、この状態でつわりが始まってしまうと胸の張りで余計に辛くなったり、ストレスでつわりが強くなることも考えられますから、胸の張りを抑えるケアと共にストレスや睡眠不足を解消していけるようにしましょう。 つわりと胸の張りで仕事や家事が辛い時は、思い切って休んで体を労わってあげてください。 ここまでのまとめ 妊娠超初期~妊娠初期にかけての胸の張りは、プロゲステロンが急激に増加したことによるものです。 これには個人差があって、張りが全く無い方もいれば痛くて眠れないという方もいらっしゃいます。 胸の張りや痛みは安定期に入る頃には治まりますが、痛みが強い時は我慢せず冷やしたり食事内容を変えたりしてケアをしていきましょう。 胸の張りが辛い方もいらっしゃるかもしれませんが、赤ちゃんが順調に成長するために自分の体が準備をしているのだと思って、乗り越えていきましょう。

次の