遊戯王 面白い テーマ。 【遊戯王】可愛いキャラデッキ・萌えデッキを調べてみました。

遊戯王の面白いネタデッキ集!ネタに走るだけじゃなく中には強いのもある!?

遊戯王 面白い テーマ

ネタデッキって何? まず最初にネタデッキとはどんなデッキのことを指しているのかと言いますと、ネタカードと呼ばれるカードをメインに据えたデッキのことです。 この説明だけだとファンデッキとどう違うかということになりますが、 1つのテーマとして強化されたり専用のサポートカードが出ているかの違いになっています。 専用のサポートカードもなく ネタに走ったデッキ構築になるため、基本的に デッキの強さは度外視したほうが良いです。 ネタによっては デュエルに勝つことを目的としていないものもありますし、あくまで使うことでデュエルを見ている人や 対戦相手を笑わせるために使うというスタンスの方が良いと思います。 ネタと一言に言っても種類は様々で、どんなデッキ構築になるのかはプレイヤーの腕次第になります。 遊戯王アニメでのネタを持ち出したりする場合には対戦相手も元ネタを知っているという前提が必要になりますので、そのネタがどれだけ遊戯王ユーザーの中で知られているかも考えたほうが楽しいデュエルが出来るでしょう。 当サイトが選んだネタデッキ集! 「ポケモン」デッキ ネタデッキとは代表格とも言えるデッキです。 「ライトロード・ハンター・『ライコウ』」や 「『炎帝』テスタロス」などカード名にポケモンの名前も入っているカードをとにかく集めただけのデッキになります。 その特性上性能については度外視で、デュエルをプレイしている際に遊戯王のカード名ではなく該当した ポケモンの名前を呼んだりすると相手にも分かりやすいです。 「音楽」デッキ 「魔人」や 「音響戦士」など既に存在する楽器などをモチーフにしたカードを詰め込んだデッキになります。 あんまり種類がないかと言われればそんなことはなく、 「チューニング」は元々音楽用語ですし楽器と言うなら 「角笛」も間違いなく楽器に含まれます。 実際に集めてみると思ったよりも多種多様なデッキ構築になるでしょう。 また音楽といえば初代遊戯王でも有名なあのモンスターを覚えているでしょうか? そう 「音楽家の帝王」です。 女性二人が融合して美少女が登場するかと思えば 何故彼が出てきたのか?いまだに謎ですが、彼は 「簡易融合」で出せるのでチューナーと合わせればシンクロ召喚も可能です。 「大逆転クイズ」デッキ 文字通り 「大逆転クイズ」を使うことを目的としたデッキになります。 自分の手札とフィールドのカード全てをコストに払うことでデッキトップのカードの種類を当てることでライフを入れ替えるのが 「大逆転クイズ」です。 この特性を活かして勝利を目指すため、自分のライフを積極的に削ったあとに 「大逆転クイズ」を使い少量のバーン効果で勝利します。 「光の護封壁」や 「黒いペンダント」と相性が良くかなり偏ったデッキ構築にはなりますが手札に必要なパーツが揃えば勝つことも難しくないデッキと言えます。 「アイツ・コイツ・ソイツ・ドイツ」デッキ 非常にユニークな見た目をしておりながら紙飛行機に乗っている謎のモンスターですが、対応するユニオンを装備することで 「青眼の白龍」を超えた攻撃力を得ることができます。 コチラも古参プレイヤーから懐かしく思われるカードでうまく使えば非常にウケが良かったりします。 しかしわざわざこのテーマでなくとも違う3000が出て来るテーマで良いんじゃないか?と言うのが本音ですが、非常にユニークな見た目と古参プレイヤーから懐かしく思われるカードでうまく使えば非常に ウケが良かったりします。 カード化したテキストでは 1枚につき 500の効果ダメージを最大 8回行えるので相手のライフをそれ以下にすることと発動条件を満たすことが重要です。 「エレキリン」であれば条件は簡単に満たせますし、相手のライフを下げるには 「時戒神ミチオン」を使って相手のライフを半分にしておくと良いでしょう。 都合上デッキのモンスター割合が必然的に多くなるので難しい構築になります。 「戦士ダイ・グレファー」デッキ 元は戦士族の通常モンスターであった 「戦士ダイ・グレファー」がいろんなカードのイラストに描かれていることに注目し、カードイラストに 「戦士ダイ・グレファー」が映っているカードを集めたデッキです。 絵柄で集めてデッキになるのかと思うかもしれませんが、 「戦士ダイ・グレファー」が映っているカードは 「戦士ダイ・グレファー」も恩恵が受けられたり汎用性があったりとデッキとして問題なく機能します。 「戦士ダイ・グレファー」の派生形と言えるモンスターもそれなりに種類がいるので作ってみると面白いかもしれません。 「ゴブリン部隊」デッキ 「ゴブリン〇〇部隊」という名前のカードやイラスト的に判断した関連カードを集めたデッキです。 原点でもある 「ゴブリン突撃部隊」の攻撃力は現在でも油断できないほど高いこともあり、メタデッキとなめてかかると痛い目を見ることになります。 他にもレベル 4以下限定ではありますが優秀なモンスターもいるためデッキ構築によってはファンデッキなどと普通に良い勝負が出来るでしょう。 まとめ ネタデッキについて紹介してきましたが、最後に一番大事なことを書きたいと思います。 「勝負に勝つ」というコンセプトとは違った方向でデュエルを楽しむデッキになりますので、 相手が真剣勝負をしたいという場合には使うのは避けたほうが良いです。 また中にはそういったネタデッキを敬遠する人もいますので使う際にはその場の空気を読んだり相手を選びましょう。 その点を踏まえて楽しくデュエルが出来たら良いと思います。 またコチラの記事ではネタカードの紹介も行っております。 今週の人気記事一覧!!•

次の

遊戯王カードWiki

遊戯王 面白い テーマ

「〜」、「〜」 最新のに記載されている『「〜」』とは、『「〜」と名のついた』を意味します。 例えば『「」』とにある場合、それは『「」と名のついた』を指し示しています。 同様に、『「〜」』とは、『「〜」と名のついた』を意味します。 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1. 0 より引用)• カテゴリに関するルールについて。 カテゴリを指定するは、発売時期によって書き方がそれぞれ異なるものになっている。 が整備されていない時期のものは、第6期以降の再録時に修正されているが、一部のはそのままとなっている。 例えば、の 1 はにを含むではなく、にを含むや等をするである。 と、とのように、カテゴリ名と全く同じのもある。 この場合、カテゴリ名は『「〇〇」カード』、は『「〇〇」』という表記によって区別される。 ただし、整備前の一部のでは、『「〇〇」カード』という表記でを指している場合があるので注意が必要である。 例えば、『「融合」魔法カード』は現在ではと名のついた全般を指すが、当初はのみを指していた。 の文字列にカテゴリ名が含まれていても、読み方が異なる(振り仮名が違う)場合はそれに属さない(例:はに属さない)。 逆に、振り仮名の中にカテゴリ名が含まれていれば、文字列にかかわらずそれに属する(例:はに属する)。 また、発音上カテゴリ名が含まれていても、文字列が完全に一致しなければそれに属さない(例:はに属さない)。 1枚のにつき1つのカテゴリしか属さないという事はなく、に含まれている全てのカテゴリに属する(例:はとに属する)。 ただし、二桁以上のアラビア数字は全体でひとつの数字として扱われるのが通例で、一部の桁だけ分割されることはない。 例えば、には文字列として「No. 1」が含まれるが、ので「No. 1」カテゴリのとしては扱わない。 初登場はで登場した。 第5期からは毎弾ごとに新たなカテゴリが登場することも当たり前になっており、期を経るごとに登場頻度も増え、第8期の2年間では50以上、第9期の3年間では100以上のカテゴリが新しく登場している。 現在、未発売・海外のみ・のみは含まず、までで398種類存在する。 これらの群は単に共通するを持つだけでなく、各や、などに類似性を持たせ、特徴付けていることも多い。 なお、大半はによる群だが、も含むもの(など)やのみのもの(など)も存在する。 各カテゴリが指定している条件によっては、該当するを持っていても、そのサポートを一切受けられないも多い。 一応など、そのカテゴリと関連しないによって条件をあわせることでそのを受けられる場合もある。 ただし、当wikiではそういったは、「実質的にそのカテゴリには含まれない」という扱いにしている。 以下はその一例であるが、これらのも後に登場したによって、そのカテゴリに正式に含まれるようになることもある。 を指定するしかない場合における(と名のついたなど)• を指定するしかない場合における(と名のついたなど)• の種別やなどが指定されているしかない場合におけるその条件に合致しない(以外のなど)• 以外を指定するしかない場合におけるそのを持つ(におけるなど)• ・を参照するしかない場合におけるの(におけるなど)• を参照するしかない場合における・(におけるなど)• をするしかない場合におけるできない(におけるなど)• 2019年現在、最も多くのカテゴリに属しているは、・・・・の5枚。 これらのは現在のところ、それぞれ単体で5つものカテゴリに属している。 とのようにカテゴリそのものが別のカテゴリに含まれている場合もあり、このパターンは関連を細分化したものがほとんどだが、稀に全く関係ないカテゴリ同士でこうなっている場合もある。 例えばと、と、となどである。 (・・など)• こういったカテゴリ成立以前から存在するは、そのがカテゴリのと一致していない場合がある。 逆にではそのカテゴリに含まれないが、の関係ででのみそのカテゴリに含まれてしまう場合もある。 (前者の例は、後者の例はなど。 ) また、再録の際などに該当するの自体を変更して、そのカテゴリに含まれる、または含まれないようにする場合も多い。 でのみ含まれてしまうという事例を防ぐために、でのカテゴリ化の際にカテゴリ名だけではなく他の条件が加えられることもある。 (指定の、指定のなど)• 極稀だが、カテゴリを指定するの登場時点ではカテゴリに属するが存在していないという場合もある。 (・で指定の、で指定の多数の各など)• によって当wikiの「カテゴリ」の定義から外れたものとしてが存在する。 また、と()・()はカテゴリ名がされている。 掲載してあるもののうち、・の2つはにのみ存在するカテゴリである。 また、は元々にのみ存在するカテゴリだったが、後にでもカテゴリとなった。 「カテゴリ Category 」とは、人間が物事を認識する際の最も根本的・一般的な基本概念のことである。 ここではという範囲における種類・区分・部門などを意味する。 なお、それらの中でに該当するがあるものとしては、「コアラ」や「スライム」などがある。 一部の原作・アニメ出身カテゴリには、アニメではされていない出身のも存在する。 これらのは、アニメでの登場数が少なく、実戦向きでないカテゴリを強化する目的で登場する傾向がある。 逆に、アニメではカテゴリのサポートだったものが、でやを指定するになる事もある。 アニメARC-Vでは基準になっているが、1年目中盤頃までは『「〜」』ではなく『「〜」と名のついた』と説明していた。 原作ではが曖昧なのもあるが基本的にカテゴリはほぼ存在せず、本格的にカテゴリ使いが出るようになったのは、アニメGXからである。 アニメ5D'sでは多くのデュエリストがカテゴリを使用し始め、カテゴリ以外のを一切使用しないデュエリストも珍しくなくなった。 特にARC-Vでは主人公からモブに至るまでほぼ全てのキャラが何らかのカテゴリ(または)を使用している。 GX以降のシリーズでは十代や万丈目など、1つのに複数のカテゴリが入り混じったデュエリストも登場している。 ・・などカテゴリがの先頭にありデュエリストが使うカテゴリが明確な場合には、そのをに出す時以外においてからカテゴリが省略されて宣言される傾向にある。 それらのカテゴリはそのものの文字数が長い場合もあり、尺の都合上仕方ない側面もある。 また、ゲームによって、既存のが何らかのカテゴリに含まれることもある。 前者はのなど、後者はなどが該当する(前者はも参照)。

次の

【遊戯王デッキ集】全てのデッキが分かる!380種類+優勝デッキを解説&紹介!

遊戯王 面白い テーマ

初出:2011年7月16日「PHOTON SHOCKWAVE」収録 「マジカルシルクハット」などと相性が良いです。 まとめ ネタ的には『スクラップ・コング』なども紹介したかったのですが、メリット効果もあるカードを紹介し始めるとキリがないので今回は省きました。 レベル3,4で攻撃力・守備力のどちらかのステータスが高いカードにはデメリット効果があるみたいですね。 ちなみに、デメリット効果のみのカードはノーマルレアのカードが多く、今回紹介したカードでは、• 『大盤振舞侍』• 『ダーク・ヒーロー ゾンバイア』• 『ギフトカード』• 『誤爆』• 『罰則金』• 『大寒気』• 『不運なリポート』• 『撤収命令』 の 8種類がノーマルレアでした。 パロディーカードはノーマルレアになることが多いので、他のノーマルレアが優秀な場合はちょっとガッカリしますね・・・ あまり増えることはないと思いますが、今後新規でデメリット効果のみのカードが登場したら追加していきます。

次の