ウィンドウ枠の固定 複数。 ウィンドウ枠の固定とタイトル行の設定|エクセル(Excel)の基本操作

【まとめ記事】Excelのウィンドウ枠の固定に関する基本操作を解説

ウィンドウ枠の固定 複数

Contents• いままで先頭行と先頭列しか固定する方法しか知らなかった Excelの表を作っていて最初の方の見出しになっている行や列を固定させたい場面は よくありますよね。 最初の行や列だけではなく2行目や2列目も含めて固定させることもできるのです。 いままで僕は、先頭行と先頭列しか固定させられませんでした。 Excelが苦手な人は僕と同じようなことに悩んでいるかもしれないと思い、どこよりも 詳しく行と列を固定させる方法を説明したいと思います。 まずは先頭列を固定させる方法 この表を使って説明しますね。 Excel(2007)の上部、表示をクリック。 表示からウインドウ枠の固定を選んで 先頭列を固定させると・・・・ 先頭の列が固定されて、たくさん右側にスクロールしても日付部分は残っています。 つぎは、先頭行を固定させてみます 先ほどと同じように「表示」から「ウインドウ枠の固定」を選択します。 今度は先頭行の固定を選んでみると・・・・ たくさん下にスクロールしても先頭行は残って表示されています。 今度は最初の2列を固定させてみます。 この場合は、最初にA銀行のところにカーソルを置いておく必要があります。 一番上のウィンドウ枠の固定を選びます そうすると、A列とB列が固定されます。 最初の2行を固定させたい場合は、A3にカーソルを置いて後は同じように操作すればできますよ。 最後に最初の2列と2行を両方固定させる方法です この場合は、C3にカーソルを置いて、 また、ウインドウ枠の固定。 これで、両方とも固定されました。 Excelのユーザーインターフェースに対する感想 「表示」から「ウインドウ枠の固定」で最後に3つの選択肢が出てきます。 「ウインドウ枠の固定」と「先頭行の固定」と「先頭列の固定」ですね。 僕はずっと「先頭行の固定」「先頭列の固定」しか使っていなかったので最初の1行と1列しか 固定できませんでした。 最初の2行や2列を選択しながら「先頭行の固定」「先頭列の固定」をやれば固定できるかもと 何度かやってみてもできませんでした。 「先頭行の固定」「先頭列の固定」はあくまで最初の1行と1列のみに適用されます。 これだとわかりづらいので「ウインドウ枠の固定」だけにしたほうがわかりやすいと感じました。 これだと最初にカーソルをどこに置いたらいいか分からなかったら固定できませんが、 それさえわかってしまえばどのような場面にも応用が効きます。 最後に この操作方法でうまく挙動しない場合は、「ウインドウ枠の固定」が「ウインドウ枠固定の解除」を 確認しながらやってみてください。 わけがわからなくなったら一度「ウインドウ枠固定の解除」をクリックして リセットしてからチャレンジしてください。 なんとかなります。 自分が「ウインドウ枠の固定」「ウインドウ枠固定の解除」のどちらを選択しているかよくわからなくなってしまうのも よくあるパターンです。 この辺のユーザーインターフェースもわかりやすものにしてくれたら、高齢者もとっつきやすくなると思います。 追記です Mac版Excel最新版では、ウインドウ枠固定、先頭行固定、先頭列固定のアイコンが別々に表示してありました。 こちらのほうがわかりやすい印象です。 編集後記 最近雨が続きランニングができなくてウズウズしてます。 来週ぐらいからいい天気が続くといいな。 (昨日の1日1新) オプティマムニュートリション社のプロテイン.

次の

第十九回 基本中の基本「ウィンドウ枠の固定」 ご存じですよね?

ウィンドウ枠の固定 複数

(2) 固定したい範囲を除いた表の一番左上を選択します。 ウィンドウ枠を固定する際には、固定したい範囲を除いた表の一番左上を選択することになります。 (3)「表示」タブから「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上にあるウィンドウ枠の固定をクリックします。 (4) A列が固定されたことにより、B列と2行目からスクロールできるようになり、表示されていなかった店名が画面表示されるようになりました。 ウィンドウ枠の固定を解除する手順を紹介 (1)ウィンドウ枠の固定により、スクロールによって画面表示されている状態の表を解除していきます。 (2)「表示」タブから「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠固定の解除」をクリックします。 (3)ウィンドウ枠が解除され、B列と2行目からのスクロールがなくなり、画面表示が元に戻りました。 ここからは、ウィンドウ枠の複数の列や行を固定する手順を紹介します。 複数の行を固定する手順を紹介 (1)表の11行目までを固定します。 (2)12行目を選択します。 表の一番左上のセル「A12」を選択しても、同様の操作をすることができます。 ここでは、わかりやすくするために12行目全体を選択します。 (3)「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 (4)11行目まで表が固定され、12行目からスクロールができるようになります。 12行目以下の項目を操作することにより、自由に画面表示できるようになりました。 複数の列を固定する手順を紹介 (1)H列まで表を固定します。 (2)I列を選択します。 表の一番左上のセル「I 1」を選択しても同様の操作ができます。 ここでは、わかりやすくするために、I列全体を選択します。 (3)「表示」タブから、「ウィンドウ枠の固定」を選択し、一番上の「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 (4)表がH列目で固定され、I列からスクロールができるようになります。 I列以下の項目を操作することにより、自由に画面表示ができるようになりました。 通常設定のまま、縦や横に長い表を印刷すると、表の一番上にある見出しが2枚目や3枚目には表示されず、分かりにくい表が印刷されてしまいます。 見出しを固定して印刷する方法を紹介 まず、下の表を通常設定のままで印刷してみましょう。 印刷プレビューの画面で確認をします。 二枚目からは一番上の行が印刷されず、表が分かりにくくなっていることが確認できます。 このような状態にならないよう、ここからは 見出しを固定してから印刷する方法の手順を紹介します。 (2)「ページ設定」のダイアログボックスを開き、「シート」タブをクリックします。 「タイトル行」の空欄に、1行目を選択します。 「印刷プレビュー」をクリックします。 (3)印刷プレビューで確認をした結果、1枚目、2枚目、3枚目と、どのページにも見出しが入っています。 (2)「ページ設定」のダイアログボックスを開き、「シート」タブをクリックします。 「タイトル列」の空欄に、A列を選択します。 「印刷プレビュー」をクリックします。 (3)印刷プレビューで確認をした結果、1枚目、2枚目、3枚目と、どのページにも、A列の見出しが入っています。 (2)「ページ設定」のダイアログボックスを開き、「シート」タブをクリックします。 「タイトル行」の空欄に、1行目を選択します。 「タイトル列」の空欄に、A列を選択します。 「印刷プレビュー」をクリックします。 (3)印刷プレビューで確認をした結果、1枚目、2枚目、3枚目と、どのページにも、1行目、A列目の見出しが入っています。 ウィンドウ枠の固定が動かない場合の対処法を紹介 ウィンドウ枠の固定が動かない場合は、まずExcelの表示が「ページレイアウト」になっていないかを確認します。 通常は、右下にあるページ設定が一番左側の「標準」に設定されており、ウィンドウ枠の固定ができる状態になっています。 しかし、右下のページ設定が、真ん中の「ページレイアウト」になっていると、ウィンドウ枠の固定を選択できず、ウィンドウ枠の固定がうまく作動しません。 この場合は、設定を「標準」に戻す必要があります。 ウィンドウ枠の固定がうまくいかない場合の対処法を紹介 固定がうまくいかない場合は、設定が「分割」になっていないかどうかを確認します。 下図のように「分割」になっている場合、ウィンドウ枠の固定はうまく作動しません。 そこで「分割」を一度解除してからウィンドウ枠の固定を行うと、うまくいくようになります。 ウィンドウ枠の固定が解除できない場合の対処法を紹介 固定が解除できない場合は、「ブックの保護」の設定になっていないかどうかを確認します。 「ブックの保護」に設定されている場合、ウィンドウ枠は解除できません。 そこで、設定を元に戻す必要があります。 (1)「校閲」タブから「ブックの保護」を選択します。 (2)「ブックの保護」のダイアログボックスが開いたら、「ウィンドウ」のチェックボックスにチェックが入っているかどうかを確認します。 チェックが入っている場合には、外します。 (3)チェックを外すことで、ウィンドウ枠の解除ができるようになります。

次の

ウィンドウ枠の固定とタイトル行の設定|エクセル(Excel)の基本操作

ウィンドウ枠の固定 複数

この記事の内容• 不要な範囲を非表示で必要な範囲のみ表示 シート上に不要なデータが入力されていても非表示にして必要な範囲のみを表示する方法です。 ウィンドウ枠を固定する まずはじめに、スクロールしても必要な部分が移動しないように、「 ウィンドウ枠の固定」を行います。 必要な範囲の最右下の1つ斜め下のセルをクリックし、「 表示」タブから「 ウィンドウ枠の固定」の「 ウィンドウ枠の固定」をクリックします。 これで、必要な範囲が画面がらなくなることはありません。 ウィンドウ枠の固定を詳しくはこちら 不要な行列の非表示に シートの不要な範囲を非表示に変更していきます。 次に、同じ要領ですべての不要な行を非表示にします。 これで、不要な範囲は非表示にし、必要な部分のみを固定して表示することができました。 スクロールバーを非表示に 必要な範囲の表示には直接関係ないですが、必要な範囲のみを表示した場合にはスクロールバーの表示が不要となることがありますので、非表示にする方法を説明しておきます。 「 ファイル」タブから「 オプション」をクリックします。 「 Excelのオプション」ウィンドウの「 詳細設定」に「 水平スクロールバーを表示する」と「 垂直スクロールバーを表示する」項目があるので、チェックを外し、「 OK」ボタンで設定完了です。 非表示にした内容を再表示 上記の手順で非表示にした内容を再表示する方法です。 改ページプレビューで必要な範囲のみ表示 表示したい内容のみをシートに入力している場合は、改ページプレビューを用いることで簡単に必要な範囲のみを表示することができます。 エクセルの右下に表示されている「 改ページプレビュー」を選択し、表示モードを切り替えます。 これで、入力されている範囲のみを表示することができます。 表示内容を固定するには「 ウィンドウ枠の固定」を使用しましょう。

次の