まち ひと しごと 創 生 基本 方針 2019。 まち・ひと・しごと創生

地方創生の成功事例 │ 政府・自治体の取り組みと「まち・ひと・しごと創生法」解説

まち ひと しごと 創 生 基本 方針 2019

地方創生とは 「」とは、現在内閣府が進めている政策の一つです。 東京に一極集中した人口のバランスを是正し、人口分散化に向け、過疎の進む地方の活性化が目指されています。 平成26年、第二次安倍改造内閣発足後の記者会見で発表されました。 別名、「 ローカル・アベノミクス」とも呼ばれています。 取り組み 「東京一極集中」となっている日本の状態を打開することと、 地方の活性化を目指す「」の取り組みは、地域ごとの問題解決が中心となっています。 地方への人口と経済基盤の分散を目指すため、 地域の特性を活かし、地域ごとに抱える問題の解決を目指します。 その中で若い世代が就労・結婚・子育てについて希望が実現できることを、の基本的視点として掲げ、そのための切れ目ない支援の提供に取り組むとしています。 目標 「」が目標に掲げているのは、 東京に集中している人口を地方へ分散化し、安定した雇用を創出することです。 そのために、地方=古いというイメージを打破し、 時代にあった地域作りを目指すことで、地方への人の流れを作ります。 加えて、地域間の連携を強固にし、都心以外にも自立・安定した基盤を築くことで、若い世代の希望を叶えられる環境を作ることを目標にしています。 基本理念 「」の基本理念は、「 まち・ひと・しごと創生法」に掲げられています。 それによると、 結婚、出産、育児は個人の自由であると定義した上で、それを希望通りに行えるような社会の形成を目指しています。 そのために、潤いある豊かな生活を送るための社会基盤である 仕事を地方に生み出し、国民一人一人が個性豊かで多様な人材として、希望を持って魅力的な就業先を持つことがまず目指されます。 特に、国民が魅力ある地域社会で豊かに生活できるよう、地域の実情に応じた環境整備を重視しつつ、地域ごとの持つ特性を活かすような事業活動の活性化が、基本理念に掲げられています。 まち・ひと・しごと創生法 「まち・ひと・しごと創生法」は、平成26年11月28日に公布された法律です。 これに基づき現在、 「地方に仕事をつくる」「地方へのひとの流れをつくる」「若い世代の結婚、出産、育児の希望を叶える」「時代に合った地域づくり、安心な生活と地域間連携」という4つの基本目標に向けた政策が進められています。 法案の目的 キーワードである「まち」「ひと」「しごと」では、それぞれのキーワードに沿った目的が定められています。 「まち」国民一人一人が夢や希望を持ち、潤いのある豊かな生活を安心して営める地域社会の形成 「ひと」地域社会を担う個性豊かで多様な人材の確保 「しごと」地域における魅力ある多様な就業の機会の創出 これらは「東京一極集中」の現在の状況によって引き起こされる様々な問題点を解決するため、 地方に魅力ある街を作り、安心して結婚・出産できる環境をつくることで人材を確保し、地方での仕事を生み出すことが「まち・ひと・しごと創生法」の目的であると言えます。 まち・ひと・しごと創生長期ビジョン 「まち・ひと・しごと創生長期」の今後の基本視点は、急速に進む日本の少子高齢化を食い止めることをビジョンとしています。 そのために、将来の方向性として、活性化と雇用拡大を目指す地域に対し、政府は 「情報支援」「経済支援」「人的支援」の三つの支援を通じて活動を支えていきます。 まち・ひと・しごと創生本部事務局によって制作されたこちらの動画では、 政府が地域に対して行う支援、現在における将来の人口減少の現状と、その修正案などがわかりやすく説明しています。 に取り組むことで、深刻な人口減少による消費・市場の縮小を食い止めるような取り組みが目指されていることがわかります。 総合戦略 政策の企画・実行にあたっての基本方針は、地方の特性を分析、それを活かすような雇用の創出にあります。 そのために、それぞれの市区町村では、「地方人口ビジョン」や、「地方版総合戦略」を作成し、政策に対する取り組みを明確にすることが求められています。 また、「地域経済分析システム」を通して、地域の特性を活かした効果的な活動方針の決定を手助けします。 それらの ビッグデータの分析を通じて、地域に合った「」を目指します。 事例 このように、政府の政策として進められている「」の事例の中には、需要をヒントに政策を進めているものもあります。 そのいずれも、 都市部にはない魅力を活かして客に対する価値を生み出しています。 ここでは、それらのにおいてに向けて体験ツアーなどを行っている事例を三つご紹介します。 岐阜県飛騨市古川町:里山サイクリングツアー 岐阜県飛騨市古川町では、里 山巡回サイクリングツアーが人気を呼んでいます。 田んぼが広がる日本の田舎風景の中を、サイクリングできるツアーです。 自転車での移動の中で、日本の伝統的な田園風景を通り、季節ごとの農村の美しさを感じられます。 また、 ガイドによる地域の文化、歴史の解説もあり、にとっては、日本の伝統文化に触れる機会となっています。 公式サイトは英語にも対応しており、年間100人台だった観光客が、このツアーをきっかけに急増しました。 北海道東川町:イベントの開催や観光客の呼び込み 北海道東川町では、積極的なイベント開催と告知を通して観光客の増加に繋げた例があります。 「写真のまち」というキャッチコピーのもと、町をあげて国際写真コンテストなどを開催し、観光客の呼び込みなどを行いました。 その結果、町の人口が7,000人を下回っていたところから8,000人にまで回復し、「」をきっかけに人口の減少・流出を防いだ例の一つとなりました。 福井県小浜市:ゲストハウス「小浜弐拾壱時」 福井県小浜市のゲストハウス「小浜弐拾壱時」では、 築60年の空き家をリノベーションし、外国人対応の宿泊施設にしました。 に人気の観光地京都から電車で一時間半という立地と、ドミトリータイプや和室タイプなど、様々な宿泊方法が選べるのも人気の秘密です。 内設されたキッチンには調味料や基本的な調理器具が揃っており、自分で料理をすることも可能です。 古民家のリノベーションのため、 日本らしい和風の建物の趣を感じることもでき、日本文化に触れたいと考えるにとっては、魅力的な宿泊施設となっています。 このゲストハウスの運営で、地域の少子高齢化と人口減少の問題解決に繋がっています。 インバウンドは地方創生にも効果的 このように、「」の基本理念である、地域活性、雇用拡大には、関連の政策も効果的であると言えます。 「」の中で需要を生み出すために重要なのは、 地域の特性がどの点にあるのか、また、の来日目的はどのようなものかなど、傾向の研究・分析が重要となります。 特に、地域ごとに異なる特性を活かすことが大切になってきます。 日本の伝統文化に触れたいと考える外国人に、何度訪れても楽しめると感じてもらえれば、の獲得にもつながります。 需要が高まりが増えれば、街に雇用が生まれます。 そして安定した雇用があれば、若者の都市部への流出を防ぐことにもつながります。 東京一極集中という日本の抱える課題解決の糸口にもなるでしょう。

次の

全国地方銀行協会「『まち・ひと・しごと創生基本方針2019』に関する説明会」において、グループCEOの丸が講演します

まち ひと しごと 創 生 基本 方針 2019

7月23日に開催される全国地方銀行協会主催の「『まち・ひと・しごと創生基本方針2019』に関する説明会」にて、株式会社リバネス代表取締役 グループCEOの丸幸弘が、地域におけるテクノロジーベンチャー創出エコシステム構築に向けた取組みについて講演します。 また、丸が共同代表を務める のファウンダーかつ 代表取締役社長の出雲充氏、 の代表かつ 取締役副社長の永田暁彦氏も登壇します。 アジア最大級のシードアクセラレーションプログラム「 」を推進しているリバネスでは、2016年より、テクノロジーベンチャーの発掘・育成による地域創生の取り組みとして、地方銀行および自治体等と連携した「地域テックプランター」を展開しています。 開始から3年間で大学等研究機関を中心に、361のテクノロジーを有するチームが集まり、新たに18社のベンチャー企業を立ち上げ、16社の資金調達に成功し、50を超える共同研究が産まれるなど、新産業の創出に資する取組みとなっています。 2019年度は全国12地域での実施が決定しており、2019年7月シーズンは以下の4地域において取組みを開始しています。 なお、2019年11月シーズンに4地域、2020年2月シーズンに4地域で実施します。 詳細はお問合せください(問い合わせ先:03-5227-4198、 地域開発事業部 石澤) 7月23日の丸の講演では、地域で推進するテクノロジーベンチャー創出コシステム構築の実績をもとに、「地域テックプランターで地域一体となり世界を目指すメガベンチャーを創る」と題してお話するとともに、今後の地域の可能性について議論します。 また、株式会社ユーグレナ 代表取締役社長 出雲充氏からは「地方創生が日本を救う。 地方発のユニコーン育成について」、リアルテックファンド代表 永田暁彦氏からは「地方の優れた技術を育成支援するエコシステム:リアルテックファンドについて」をテーマに講演いただきます。 地域テックプランター は、熊本県の肥後銀行、滋賀県の滋賀銀行・関西みらい銀行、岡山県の中国銀行など、多くの地方銀行との連携により実現しております。 本講演会は一般社団法人全国地方銀行協会が主催するものであり所属機関のみが参加できるクローズドでの開催となります。 参加を希望される所属機関の方は、一般社団法人地方銀行協会へお問い合わせの上ご参加ください。 【講演者プロフィール】.

次の

Vue HN 2.0

まち ひと しごと 創 生 基本 方針 2019

真庭市まち・ひと・しごと創生総合戦略を改訂しました。 真庭市では、国のまち・ひと・しごと創生総合戦略を踏まえ、「真庭市まち・ひと・しごと創生総合戦略 「里山資本主義」真庭 ~未来への挑戦~ 」を改訂しました。 【計画期間の延長】 現 行 : 平成27(2015)年度~令和元(2019)年度までの5年間 延長後 : 平成27(2015)年度~令和2(2020)年度までの6年間 基本的な考え方 真庭市では、人口減少と高齢化が同時に進行しており、人口減少が地域の経済力の低下につながり、地域社会の様々な基盤の維持が困難になってきています。 将来の真庭市民のためにも、「真庭市の価値」を生かし、真庭に暮らす私たちが一丸となって人口減少に取り組んでいかなければいけません。 総合戦略の位置づけ 真庭市では、各分野の政策を鋭意進めているところですが、総合戦略では、以下の方針で具体的な政策・施策・事務事業を抽出しています。 「総合計画」の「基本目標」、「基本構想」に合致すること• 「国の地方創生の基本的理念、総合戦略等」を参酌すること• 特に人口減少抑制に直接的に効果が見込まれ、6年間に実施すべきものであること 政策の企画・実行にあたっての基本方針 市内に「しごと」を生み出し、「しごと」が「ひと」を呼び、「ひと」が「しごと」を呼び込む好循環を確立し、新たな人の流れを生み出す「まち」づくりを「オール真庭体制」で進めていきます。 取組体制と「CAPD」の整備 総合戦略で示す地方創生事業は、厳しい効果検証が求められています。 各施策の的確な政策目標を示し、真庭市行政経営体制 CAPDサイクル により、毎年度事業効果の検証を行いながら施策の確実な実施を目指します。 施策の方向• 真庭にしごとをつくり、安心して働けるようにする• 基本目標• 雇用者数の増:6年間で300人• うち青年層の雇用者数の増:6年間で150人• 講ずべき施策に関する基本的方向• 積極的な企業情報の発信による雇用のアンマッチ解消• 「しごと」づくりに対し、起業時、起業後のフォローの充実• 資源循環型の森林づくりによる林業・木材産業の成長産業化• 地域資源の市内循環と都市部との連携により、「回る経済」を確立• 農林畜産業の強化による農林畜産業従事者の確保• 観光資源の再認識、広域的な観光振興体制の強化• 真庭への新しいひとの流れをつくる• 基本目標• 転入者数:6年間で155人増加• 転出者数:6年間で55人減少• 交流人口:6年間で24,800人増加• 講ずべき施策に関する基本的方向• 「地域資源」の発掘、磨き上げ、全国発信による知名度上昇• 「真庭ライフスタイル」の提案、実践• 交流定住センターを充実し、市外からの移住者を地域ぐるみで支援• 地域の特性を生かして地域内外で連携• 若い世代の結婚・出産・子育ての希望と教育・社会福祉を地域で支える 仕組みをつくる• 基本目標• 合計特殊出生率:6年後に1. 98を達成• 出産年齢人口割合:6年後に15. 講ずべき施策に関する基本的方向• 地域を中心とした、子育て・教育に対する切れ目のない支援• 若者が将来に希望を描き、出会いから結婚、出産まで希望どおりの家庭がもてるための支援• 子育てや教育に対する不安感を減らすための子育て家庭の支援• 子どもたちが、自らのもつ力を自ら伸ばすことのできる教育環境づくり• 時代に合った地域をつくり、安心なくらしを守る• 基本目標• 住民主体の事例 住民会社の設立・運営、拠点づくり等 :15件• 公共施設・公有土地の有効活用事例:33件• 講ずべき施策に関する基本的方向• 「集落」の暮らしを支える観点から「地域拠点」や「中心市街地」を含む「まちのかたち」を考える• 「中心市街地」を「賑わいの場」として位置づけ、魅力と活力のある「市街地」形成を目指す• 地域や団体などが、地域活性化の活動を自主的に運営し継続できるよう支援していく• 「集落」や「地域拠点」と「中心市街地」を交通ネットワークで効率的または機能的に結び、持続可能なネットワーク型都市を形成する• 地域と地域を連携する 広域連携の推進• 基本目標• 連携中枢都市圏の形成• 講ずべき施策に関する基本的方向• あらゆる分野における地域間連携を推進し、経済・生活・交流定住 市民活動・行政の質的向上を図る• 地域の実情に応じた地域間連携施策推進 関連書類•

次の