馬 三家 から の 手紙。 『馬三家からの手紙』命がけで撮影したドキュメンタリー映画【禁聞】

馬三家からの手紙 : 作品情報

馬 三家 から の 手紙

中国の強制労働収容所の実態を描いたドキュメンタリー映画『馬三家(マサンジャ)からの手紙』が9月14日、ロサンゼルスのパサデナで上映されました。 馬三家労働教養所での想像を絶する状況に、観客は深く胸を傷めました。 パサデナ市民 ジンジャーさん 「大変ショックを受けた。 国際世論が少しも影響を与えられなかったことに、怒りを感じている。 解決しがたいこの問題を理解するため、すべての米国人がこの映画を見るべきだ」 映画は、オレゴン州在住のジュリー・キースさんが、2年前に買ってきたハロウィンの飾りに入っていた手紙を見つけたところから始まります。 それは中国の強制労働収容所に収容されていた孫毅(スン・イー)さんからの、SOSの手紙でした。 教師 ラムさん 「ハロウィンの飾りという私たちにとってありふれた品物が、刑務所で作られていて、中国当局の利益となっている」 手紙には、中国の強制労働収容所の中で行われている驚くべき事実が記されていました。 主人公の孫毅さんは危険を冒して手紙を出しただけでなく、再度拘束される危険にさらされながら、自ら中国での撮影を行いました。 科学者 ジョエル・パスラスキさん 「人々が抑圧され、自由が奪われていることに驚いた。 彼らの苦しみが気づかせてくれたが、あらゆることを当たり前のことだと思ってはいけない。 ごめんなさい。 感情を抑えきれなくて…」 観客の1人、フローラさんはかつて馬三家(マサンジャ)の近くに住んでいました。 観客 フローラさん 「馬三家は私の故郷で、あそこに住んでいた。 すぐ近くで、あんなに恐ろしいことが行われていたなんて、全然知らなかったし、ものすごくショック。 彼らのことを思うと本当に悲しい」 想像を絶する現実に、観客の多くが涙を流しました。 教師 ラムさん 「一人一人が(為政者に対し)勇気を出して声を挙げなければ!声を挙げる人が多くなれば、早く止めさせることができる」 『馬三家からの手紙』の李雲翔(レオン・リー)監督は、いま中国で起きていることを、もっと多くの人が知り、注目してくれるよう願っていると語っています。 ピーポディ賞受賞監督 李雲翔氏 「この映画では、観客は孫毅さんと一緒に彼の生活の中へと入り、彼のような法輪功学習者が中国でどのような困難に直面したのか理解できると同時に、困難に屈しない彼の精神も知ることができる」 ドキュメンタリー映画『馬三家からの手紙』は日本でも19日、NHK BS1で放送され、大きな反響を呼んでいます。 26日午後5時に再放送されるということです。 …… 日本新唐人ウェブサイト (日本語に翻訳した番組をご覧いただけます。 ) 日本新唐人Facebook <テレビ映像素材提供に関する連絡先> E-MAIL: info ntdtv.

次の

馬三家のからの手紙

馬 三家 から の 手紙

「馬三家からの手紙」を鑑賞する人々 このドキュメンタリーは、中国の 労働教養収容所内 で発生した拷問のことを明らかにした。 法輪功学習者の孫毅さんは、中国の馬三家という労働 教養 収容所(以下、馬三家)に不当に拘禁された。 馬三家は中国の中でも最も残忍な拷問をする所で有名な 労働収容所の 一つである。 メキシコ・ドキュメンタリーの映画祭の目的は、まだ知られていないストリーに、産声を上げる機会を提供することにあった。 「馬三家からの手紙」は、地球の向こう側に助けを求める人々が大勢おり、助けを求め、世界に向けて助けを求め呼びかけている事が明らかになった。 中国共産党の独裁政権が 最も 認めたくない事実を、そして、最も醜悪な暗黒面を映し出している。 馬三家は中国の遼寧省にある。 孫毅さんはここで2年半もの長い間ここに拘禁された。 馬三家労働 教養 収容所で 長い間酷刑を受け、奴隷のように強制労働を強いられた。 その間、二十数通もの助けを求める手紙を、輸出するハロウィーンの飾り品に、命がけでこっそりと隠し入れた。 これらの製品はアメリカに輸出され、そのうちの一つがオレゴン州に住んでいるジュリーさんに購入された。 驚いた彼女は手紙の写真を社交メディアにアップした。 そのことがきっかけになり、この話が全世界に伝えられた。 孫毅さんは釈放された後、命をかけて中国共産党が法輪功学習者を迫害している証拠を収集し、このドキュメンタリーの制作にも積極的に参加した。 インタビューを受ける、 映画プロデューサーのフロレスさん メキシコの市民はドキュメンタリーを観た後、とても深く感動した。 映画のプロデューサーのフェルナンド・フロレスさんは、「この作品は完璧で、非常に感動させられました。 多くの人といつも映画に来る人達とプロの人 達 もこの作品を見に来ると思います。 アニメによりとてもわかりやすくて、大成功だと思います。 実際に体験した物語の主人公は、強靭な意志の強さと勇気を見せてくれました。 映画界の人 達 とすべての社会がこのドキュメンタリーを見て、支持するに違いありません」と語った。 インタビューを受ける プリシラ・カレラさん プリシラ・カレラさんは、映画祭の主催者の一人である。 彼女は「ドキュメンタリーの主人公は、尊敬すべき立派な人です。 あのような悪辣な環境下で、彼は 法輪功の教えを守り、その 信仰だけを頼りに、あの醜悪な環境を乗り越えてきました。 信仰に対する強い信念で、最後まで法輪功を堅持しました。 ドキュメンタリーの彼の話で『私は、まだ生きています。 あなたは迫害とまだ 戦い 続けることができます 』 の言葉が一番好きです。 本当に勇気ある態度に感服させられ、尊敬すべき好人物だと思います」と話した。

次の

中国の人権迫害伝える命懸けの映画「馬三家からの手紙」 監督来日、東大でシンポジウム : 文化 : クリスチャントゥデイ

馬 三家 から の 手紙

一年前の中秋節、2017年10月1日。 バリ島の病院で、法輪功学習者の孫毅さんが死亡した。 残酷な拷問を加えることで悪名高い中国の収容所から窮状を伝え、世界に人道犯罪を暴露した、SOSレターの書き手だった。 孫毅さんは中国国営の石油企業勤務のエリートで、英語にも堪能だった。 しかし、信条を理由に共産党当局から十数年間におよぶ拘束、収監、釈放、家族への嫌がらせが繰り返された。 孫毅さんは中国国内の滞在は難しいと判断し、インドネシアへ亡命を試みた。 現地生活に慣れるためにも現地の会話を学び、仕事を探していた。 住まいのあったジャカルタでは、中国公安当局者が接触していたとされ、不自然な急死には暗殺説も浮上している。 バリ島の病院は、急性腎不全と診断した。 家族や友人は、彼は腎臓を患っていないとして事件性を疑い、現地警察へ捜査を求めたが、この訴えは受理されていない。 8000キロを旅したSOSレター 2012年秋。 米オレゴン州の小さな町に住む、二人の子供を持つ主婦ジュリー・キースさんは、購入した安価なハロウィーンの飾りつけの裏に、何か紙が張り付いているのに気付いた。 「この手紙を国際的な人権団体に渡してください。 中国の労働収容所にいる人物からの手紙だった。 不眠不休の15時間連続労働を強いられ、さらに拷問を受けているとの窮状がつづられていた。 ドクロが十字架の背後に立つ奇妙な飾りつけは、遼寧省瀋陽市の馬三家労働収容所で製造されたものだった。 知る人には「悪魔の巣窟」と呼ばれるほど残忍な拷問が収監者に加えられる施設だ。 この情報をネットで知り、驚いたキースさんは、このSOSレターを地元の新聞社オレゴニアンに持ち込み、さらにソーシャルサイトでも周知を図った。 孫毅さんが書いたSOSレター (ジェリー・キースさんが公開) 8000キロを旅した手紙の存在にニューヨーク・タイムズ、CNN、NBC、FOXニュースなど米主要メディアもこぞって報じた。 国際的な関心が高まり、SOSレターの書き手が誰なのかが判明する。 思想犯として共産党に虐げられていた、法輪功学習者の孫毅さんだった。 本人は、2017年に大紀元のインタビューに答えた。 1966年9月、山西省太原市出身生まれの孫毅さんは大学卒業後、大手石油の中国石油集団のグループ企業の技術職として北京で働いていた。 1997年、心身修練法である中国気功法・法輪功を学び始めた。 1999年7月、当時の江沢民中国国家主席が決定した、法輪功に対する弾圧政策が始まった。 迫害をやめるよう当局に訴え続けた孫毅さんは、2001年に懲戒免職となり、監視対象となった。 思想矯正所、留置所、強制労働所などへの収監、釈放が繰り返され、国内各地を放浪せざるを得なかった。 香港のレンズ誌(2013年2月号)は、孫毅さんが収容されていた馬三家収容所の調査報道を伝えた。 ここでは、手を縛ったまま吊るされる、ムチや高圧電流の走るスタンガンで滅多打ちにされる、爪をはがされる、説明されない薬物の強制注射など、阿鼻叫喚(あびきょうかん・非常に悲惨でむごたらしいさま)の光景が日常的に繰り返されているという。 人権団体フリーダム・ハウスによると、法輪功弾圧により連行、収監など不自由を被った学習者は数百万人に及ぶ。 同組織は2017年の報告「中国精神の戦い」で、中国国内の法輪功学習者は少なくとも2000万人いると推計している。 記録映画の作成 馬三家収容所をはじめとする法輪功迫害を周知し、停止させるために、孫毅さんはカナダの映画監督レオン・リー氏と連絡を取った。 監督は2015年「人狩り」で、米映像最高栄誉であるピーボディ賞の受賞歴があるカナダ在住華人だ。 撮影は、孫毅さんが釈放され、SOSレターが注目を集めた2012年以後、数回にわたり行われた。 映画は、撮影が許可されることのない馬三家収容所内部の様子や、拘束当時のシーンを、孫毅さんの特技であった中国手法のイラストをつないでアニメにした。 リー監督のドキュメンタリー映画「馬三家からの手紙」は、2018年9月に公開された。 レオン・リー監督は、映画作りの過程で触れた孫毅さんの人柄について「物腰のやわらかで紳士的な技術者だ。 映画によると、孫毅さんが英語でつづったSOSレターは、看守に気づかれないよう、夜中に息をひそめてベッドのなかでひそかに書いたものだという。 20枚ほど用意した手紙は、輸出用の製品に忍ばせた。 孫毅さんは拷問に耐え抜き、中国共産党が強要した「思想を転向する」との念書にサインもしなかった。 ひとりの警備員が、拷問を受けても信念を変えない孫毅さんを「見た目は貧弱な学者のようなだが、気骨があると感じた。 尊敬している」と告白している。 鉄製の2段ベッドに昼夜吊(つ)るされたまま、寝られなくなる惨い拷問を受け、幻覚や幻聴、正気を失っても、孫毅さんは信仰を手放さなかった。 だましあい、闘争、情欲、腐敗、自堕落といった共産党体制後の世界に広がる抑圧社会。 孫毅さんは、この統制を頑として受け入れず、真実性と善良さ、忍耐という信条を貫き、悟りを得ることが自身の生きる道だと選択した。 伝統修練法を通じて、孫毅さんは中国古典「一正が百の邪を圧する」を体現しようとしていた。 孫毅さんは釈放後も、自宅軟禁や嫌がらせを受けていた。 国外の国際人権機関へ、中国共産党体制の非人道性を周知させようと決意した孫毅さんは、2016年12月、監視の目をかいくぐり出国に成功。 亡命のためにインドネシアへ飛んだ。 命の恩人と面会 面会を果たしたキースさんと孫毅さん。 馬三家収容所で書いたSOSレターを目にする(Flying Could Production) 数カ月後、命の恩人であるキースさんと、首都ジャカルタで面会した。 孫毅さんは、キースさんが手紙を公開したことで法輪功迫害や収容施設の問題が報道されたことについて、「多くの中国人を代表して感謝したい」と英語で伝えた。 キースさんはSNSで面会した当時の写真を、SNSに掲載している。 「孫毅さんと共に」と短いコメントが付けられた二人の笑顔が映る写真には、数百のユーザが「いいね!」を押した。 孫毅さんによると、亡命申請者であるため就職が難しく、生活は困窮していた。 さらに、中国国内にいる家族とは、当局からの嫌がらせを避けるために、連絡を絶たなければならなかった。 引き続き苦境にある孫毅さんだが、キースさんは面会を通じて、彼の決意を感じ取っていた。 「あれほど悲惨な体験でも、彼の魂や人間性を破壊できなかった。 彼はなおも前進し、同じ境遇にある人々の悲劇を伝えようとしている」。 映画のなかで、孫毅さんは言う。 「信念のためなら、苦難はいとわない」。 孫毅さんはインドネシアでも、中国公安当局者の接触を受けていた。 2017年10月、孫毅さんに突然の死が訪れた。 搬送先のバリ島の病院は急性腎不全と診断した。 家族は、孫毅さんは腎臓を患っておらず事件性があるのではないかと警察に捜査を求めたが、受け入れられていない。 (編集・佐渡道世) 読者メニュー• 関連リンク• 大紀元日本について• サイト所有会社• 株式会社大紀元(英語名 DJY Japan Inc. TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• EMAIL info djy. jp 運営会社• 特定非営利活動法人エポックメディア• TEL:03-6806-8903 FAX:03-6332-9990• 運営責任者: 金丸真弥• EMAIL info epochtimes. jp 大紀元 Global Group•

次の