新潟 の 天気。 新潟県東蒲原郡阿賀町の天気|マピオン天気予報

新潟 下越(新潟)の天気

新潟 の 天気

清水祥太気象予報士がお伝えする<お空にタッチ> 2日は、日本海に低気圧があって佐渡沖を通過。 低気圧周辺の低い雲が県内にも流れ込み、所々雨が降りました。 同時に風が強まり、新潟市でも一時横殴りの雨に。 【7月3日の天気】 朝までは所々雨が降りますが、その後はやむでしょう。 日中は多少晴れ間もありそうです。 しかし、夕方以降は南の地域から雨の区域で、降り出しから強めに降るおそれもあるので、夜は雨の降り方に注意となります。 【7月3日の天気のポイント】 日中は多少晴れ間もありますが、夜から梅雨空が戻ってきそう。 【北陸地方1カ月予報(新潟地方気象台)】 向こう1カ月の天気の傾向ですが、4日~17日にかけては曇りや雨の日が多く 、梅雨らしい空が続く予想。 7月下旬ごろになると、平年同様に晴れの日が多くなる見通しです。 北陸地方の平年の梅雨明けが7月24日ごろなので、今年も平年通り梅雨明けするのではないかと考えられます。 それまで、もうしばらく大雨に備えましょう。

次の

新潟の天気の特徴を調べてみました!関東とはココが違う!

新潟 の 天気

5 23. 5 23. 5 23. 5 23. 5 23. 5 24. 5 25. 5 26. 0 26. 5 27. 0 27. 5 28. 0 26. 5 26. 5 26. 5 26. 0 26. 3 25. 0 24. 0 23. 2 23. 0 22. 2 22. 6 21. 5 21. 5 21. 3 20. 7 21. 3 23. 2 25. 1 28. 6 28. 1 27. 5 26. 5 26. 3 26. 0 25. 6 25. 0 24. 7 24. 9 24. 4 24. 2 23. 9 23. 7 23. 4 23. 1 23. 1 23. 0 22. 9 22. 3 23. 1 24. 4 25. 5 26. 9 28. 2 29. 6 29. 1 27. 3 25. 9 26. 2 26. 2 26. 1 25. 6 25. 1 24. 5 23. 9 23. 7 23. 6 23.

次の

【一番当たる】新潟市西区の最新天気(1時間・今日明日・週間)

新潟 の 天気

本州付近は、日本海に中心を持つ高気圧に覆われています。 一方、梅雨前線が西日本から東海道沖を通り、日本の東へのびています。 東海地方は、晴れまたは曇りとなっています。 19日の東海地方は、高気圧に覆われるため、はじめ晴れますが、湿った空気の影響で夜は雲が広がりやすく、雨の降る所があるでしょう。 20日の東海地方は、高気圧に覆われるため、午前中を中心に晴れる所もありますが、午後は前線や湿った空気の影響でおおむね曇りで、雨や雷雨となり激しく降る所がある見込みです。 一方、日本海には高気圧があって、東に移動しています。 県内は、おおむね晴れとなっています。 19日は、はじめ高気圧に覆われますが、湿った空気の影響を受ける見込みです。 このため、晴れ時々曇りでしょう。 20日は、気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。 このため、晴れのち曇り又は曇り時々雨で、中越と上越では、雷雨となる所があるでしょう。 <天気変化等の留意点> 20日の中越、上越では落雷や突風に注意してください。

次の