王 は 愛する 評価。 王は愛する 19話・20話(最終回) あらすじと感想

王は愛するOST主題歌や挿入歌。イ・ヘリ、ロイ・キム、オリバー等 | ドラマのメディア

王 は 愛する 評価

中国ドラマにハマる前はひたすら韓国ドラマを見ていました。 かれこれ15年近く前、で放送していた「の誓い」をきっかけにテレビ放送されているドラマを見たりでDVDを借りてきたり。 韓国語が分かるようになってからはネットでリアルタイムで見たりするようになっていました。 その中でも群を抜いてハマったのが「王は愛する」。 にも関わらず私はこのドラマにかなり熱狂し、夢中になったのです。 毎週月曜日と火曜日の放送をリアルタイムで見守ることはもちろん、土日には過去放送分のおさらいをして、ドラマ原作本を韓国から輸入し、韓国のドラマファンサイトにも入会して日々ドラマの展開や演出意図について同志と語り合うというガチ勢っぷりを発揮したのです。 ドラマにハマって原作本を買うということは過去にもあったのですが、さすがにファンサイトに入会したのは初めてでした。 そんな「王は愛する」が、本日からようやく本格的に日本上陸してきました。 DVD-BOX1の発売と同時にレンタルスタート。 そしてU-NEXTでも1話無料&10話までの配信がスタートしました!! 上・中・下の3巻構成で今月末には中が発売予定です。 私はもちろん予約済みです。 ドラマを見てハマった人はぜひこの原作本も手に取っていただきたい。 ストーリーの大筋は同じでも、細かい設定や出会い方が違っていたりするのです。 ということでここでドラマのあらすじをザックリと。 ワン・ウォン(イム・シワン)は高麗王の父とモンゴル(元)皇女の母との間に生まれた混血の王子であり、その出自のために廷臣たちや実父から疎まれ、実母からは過剰な期待をかけられて息苦しい毎日を送っている。 そんなウォンが唯一心を許し、志を等しく行動するのが12歳の頃からの友である ワン・リン(ホン・ジョンヒョン)。 リンもまたウォンをかけがえのない存在として一生をかけて尽くしていくと心に誓っていた。 2人が学者イ・スンヒュの元を訪れると、そこには1人の美しい少女 ソファ(ユナ)がいた。 彼女の本当の名は ウン・サン。 高麗一の豪商ウン・ヨンベクの娘で7年前にウォンとリンが出会っていた少女だった。 3人は一気に打ち解け、固い友情の絆で結ばれる。 しかし次第に3人の間にはそれぞれ異なる感情が芽生え、それはやがて国家をも揺るがすすれ違いへとつながっていく… というようなお話。 いわゆるコテコテの三角関係なお話で、そこに高麗の政権闘争が絡んで来たり周囲の人物のも描かれていたりと、割とド定番を行く恋愛ドラマかと思います。 このドラマで問題となったのは、ヒロインであるサンがウォンとリンという魅力的な2人の男性の間を迷い続けている優柔不断キャターとして描かれていたためです。 三角関係のドラマって、普通は折り返し地点にたどり着くころには2人の想いが通じあったり気持ちを自覚してくっつくくっつかないのやり取りになるじゃないですか。 でも、サンの気持ちは最後の2,3話まで分からないのです。 だからめちゃくちゃモヤモヤした状態でドラマを見る羽目になるのです。 ……というのが一般的なこのドラマの評価ですが。 皆が気付いてない(考えていない)だけです、私はそのシーン見た時から確信してました。 「サンの気持ちが読めずもどかしいということをファンの方からよく言われたが、私自身ももどかしかった」 的なことも後々話していました。 でも、そのおかげで視聴者としてはもどかしくも納得のいくストーリーになっていたと思うのです。 サンがなぜこの人に惹かれたのかが分かりやすいですし、少しずつ距離が縮まっていく様がとても綺麗なのです。 100%事前制作のドラマということで、映像の隅々までが非常に緻密に練り上げられています。 映像が美しいというだけでなく、あちこちに伏線が張り巡らされていたりするので何度見ても新たな発見があるのです。 韓国放映当時はファンが作った伏線回収動画がいくつかあったのですが、今では探せなくなっています。 まだ残っているかな… 惜しいのは、中国版では放送されているのに韓国版ではカットされた場面に核心をつくシーンが複数あるというところで、日本にやってきているのは韓国版だということ。 そうそう、このドラマはユナの大陸人気のおかげか?中国でも愛奇芸(iQiYi)と提携して同時放送を行っていたのです。 内容は殆ど同じなのですが、一部シーンが中国版にのみ存在していたりBGMが違っていたりするところがあったのです。 両方視聴した感想としては、とあるワンシーンを除いては中国版の方が良いです。 セリフも美しい。 主人公3人の独白が多く出てくるのですが、そのどれもが印象的。 そして(挿入歌)も良い。 歌詞が絶妙に場面やキャラの心情にリンクしていて、とにかく耳に残って頭に残ります。 そうそう、このドラマは主人公が3人なのです。 取り上げられ方は韓国でも日本でもウォンを演じるイム・シワンが主人公、サン役のユナ(少女時代)がヒロイン、そしてリン役のホン・ジョンヒョンが2番手…というイメージなのですが、実際にはウォンを中心にしつつもウォン・サン・リン3人が主役です。 そしてタイトルの「王は愛する」についてもそう。 これ、原題ママなのですが、日本上陸の際に変な邦題が付けられちゃったらどうしよう…とひそかにビビッていたのでw 原題ママのタイトルになったことに安心しました。 というのも、「王は愛する」の「王」とは、王子であるウォンのみを示していたわけではないからです。 これは私の推測ではあるのですが… 実は原作では、サンの名字が違うのです。 ウォンとリンは原作でもドラマでもワン(王)氏の高麗王族です。 そこに加えてサンも原作ではウン・サンではなくワン・サン、つまり王族の娘として描かれているのです。 つまり「王は愛する」の「王」とは、ウォンであり、リンであり、またサンでもあるのです。 それに加えて、「愛する」のは恋愛感情だけではなく、家族愛、友愛といったものも含まれていると思いました。 これはウォンとサン、リンとサンの恋愛だけでなく、ウォンとリンの友情も大きなテーマであるからです。 ドラマでは、ウォン(イム・シワン)の「これはお前を、自分以上に愛してしまった私の話だ」という印象的な独白があります。 最初はこれはサンのことを言っているんだと思っていたのですが、最後まで見ていくにつれてリンのことも同じく示している言葉なのではないか?と思うようになりました。 これは、自分自身のこと以上に誰かを大切に思い行動した人たちの話。 そう思うととてもしっくりくるストーリーです。 原作とドラマではずいぶんとストーリーの流れや結末が異なる部分があり、ドラマは原作の大枠だけを抽出して作られたといってもいいほどなのですが、原作に描かれている「自分よりも誰かを愛する」というポイントに絞って描き出しているところが本当に素晴らしいと思います。 ぜひ一度ドラマを見て頂きたい。 できれば何度も見てその時々の表情に込められた意味やセリフの意味をじっくり考えて深読みして頂きたい。 字幕翻訳がどのくらい意訳になっているのかが不安だけど、言葉の美しい響きを感じて頂きたい。 回を重ねるごとに無邪気な少年から大人びた君主になっていくウォン、闊達な少女から淑女になっていくサン、無愛想な若者から思慮深い貴公子になっていくリンの三様の美しさを堪能して頂きたい。 そして原作も読んでいただきたい!!! …という私の迸らんばかりの熱をただただぶつけるための記事となりました。 この後はまた中国ドラマに戻ります。 金曜日が遠い….

次の

忠宣王:改革熱心な王が二度の挫折で高麗暮らしが嫌になった

王 は 愛する 評価

スポンサーリンク 王は愛する 作品紹介 元(中国)の影響下にある高麗王室を舞台に繰り広げられる男女3人の美しくも切ない愛と、固く結ばれた友情を描いた作品です。 美しい容姿と知性に溢れた自由奔放なウォンを魅力的に演じました。 そしてそんな魅力ある男性から想いを寄せられる美しく高貴な女性ウン・サンを少女時代のユナさんが演じ彩り豊かで華やかなキャスティングの面々で視聴者を魅了しました。 王は愛する あらすじ 高麗王の子として生まれたワン・ウォン イム・シワン は子供のころから父親から忌み嫌われ、孤独な世子として熾烈な環境下で育ちます。 しかしウォンには心から信頼するワン・リン ホン・ジョンヒョン という唯一無二の存在がいました。 リンも王家の生まれで、いつも護衛として誰よりも近くでウォンを支え行動を共にしていました。 そんな時、2人はある事件をきっかけに待女のふりをして生きる大商人の娘ウン・サン ユナ/少女時代 に出会います。 男勝りの勝気で明るい性格にたちまち心を奪われる二人・・・・ お互いの身分も知らないまま、3人の友情は深まるも、共にサンに想いを寄せるウォンとリンの関係には亀裂が生じ始めます。 また次第に宮廷内で複雑化した権力争いも巻き込まれ、王位をめぐる闘争、混乱はより激白したものに。 すれ違う愛、友情、三角関係の結末は・・・? スポンサーリンク 王は愛する 撮影秘話 イムシワンさんにとって兵役前の最後の作品となった本作。 「太陽を抱く月」以来の時代劇で、6か月間の撮影中、時苦労したことについて 「演技やアクションの練習などいろいろと事前に準備をしましたが何よりも防寒対策を怠らないようにしました。 」 ととても寒がりなことを明かしましたが、共演者のユナさんも寒いのは苦手だそうで、完璧な防寒対策はもちろん撮影が長引かないように声を掛け合いながらテキパキとこなしたそうです。 冬は極寒の韓国・・・。 時代衣装は薄着なものも多く、寒さ対策は重大なポイントなのかもしれませんね。 また、高麗人参などの健康食品を意識して摂るようにして、体力が落ちないように気を付けたんだとか。 人見知りだというホン・ジョンヒョンさんについて 「車が好きなジョンヒョンさんがドライブに誘ってくれて、時間があるときに食事をしたりコーヒーを飲んだりして親しくなれました。 」 と語り、ユナさんについては 「以前からかわいい人だと思っていましたが、実際会っても思っていた以上にかわいい人でした。 顔だけでなく性格も良く、優しい人でした」 と語っています。 この作品を選んだ理由については 「ユナが出るから」と答えたり、兵役を間近に控えた制作発表の場では 「入隊は怖くありません。 だってユナが面会に来てくれるから」 と答えたり・・何かとユナユナとアゲアゲでしたが、二人の間に熱愛説はありませんでした(涙)。 いかに親しい間柄だったのかがわかりますね。 他愛もない会話をしながら3人は打ち解けあい、ドラマの中だけでなく撮影中も仲良く過ごしていたそうです。 その後、スタッフと出演者が共に兵役中のイムシワンさんの面会にいったことがニュースとなりました。 ユナさんは中国史劇に出演したことがあり、韓国史劇と比較してどうかと聞かれ 「自分は中国ドラマで姫役を演じたが、衣装やアクセサリーなどの装飾品がとても華やかだった。 王は愛するでは身分を隠した役だったので、華やかさはないかも」 と語っていました。 スポンサーリンク 王は愛する 感想は? 高麗が舞台の時代劇で、時代背景や登場人物はやや複雑ですが、ロマンス中心で重苦しい雰囲気はあまりありません。 世子であるウォンは幼いころから天真爛漫であるもわがままというかんじではなく、君主としての素質が感じられる気高く品も良いのですが、どこか寂しさをにじませた表情などキャラクターに合ったイム・シワンさんの演技がとても素敵でした。 リンを演じたホン・ジョンヒョンさんも、控えめで心優しくも大切な人を守れる強さをもった魅力的な人物で、女性ファンを虜にするみどころシーンが満載でした。 そんな素敵すぎる2人から想われるサン演じるユナさんも美しいのですが、結局どっちが好きなのか態度が曖昧でもどかしい部分もありました。 2人の男性が魅力的過ぎて選べないのは仕方がないと思えるほどカッコいいウォンとリンでしたが、2人の友情もすごく美しかったのでサンのために揉めなければならないところは見ていても心が痛みました。 スポンサーリンク 気になる結末は?ユナはどうする? 恋愛もののドラマは最終回につれてある程度パターンが読めたり、何通りかの結末を想像しながら見る方も多いと思うのですが、このドラマはまったく予想外の展開でビックリしてしまい終わった後もかなり引きずるような結末でした、というのが率直な感想です。 ウォン、リンどちらのキャラクターが好きかによっても納得できる結末かどうか賛否が分かれるかもしれません。 愛憎劇というほどドロドロとしたものではありませんが、切なくて胸が締め付けられるようなところもあ、り重すぎず軽すぎないストーリーでビジュアルの良い3人を見るだけでも価値があるドラマではないかと思います。 最後に 韓国ドラマは撮影と放送が同期間にあるものが多く放送時の反応によって内容が変わったりすることも少なくありませんが、本作は完全事前制作ドラマでした。 事前制作ドラマは撮影前に共演者やスタッフと話し合える時間を十分持てるという利点があります。 また本来は結末まできちんと理解して演技ができるというという面でも良いとされるのですが、このドラマは台本をもらっても先を読んではいけなくて、今の状況や感情をしっかりと把握し演技することが求められたそうです。 最近では少しずつ増えてきている事前制作ドラマですが、内容をよく練り込むことができ完成度の高さがますます上がっていくことが期待されますね。

次の

王は愛するOST主題歌や挿入歌。イ・ヘリ、ロイ・キム、オリバー等 | ドラマのメディア

王 は 愛する 評価

スポンサーリンク 王は愛する 作品紹介 元(中国)の影響下にある高麗王室を舞台に繰り広げられる男女3人の美しくも切ない愛と、固く結ばれた友情を描いた作品です。 美しい容姿と知性に溢れた自由奔放なウォンを魅力的に演じました。 そしてそんな魅力ある男性から想いを寄せられる美しく高貴な女性ウン・サンを少女時代のユナさんが演じ彩り豊かで華やかなキャスティングの面々で視聴者を魅了しました。 王は愛する あらすじ 高麗王の子として生まれたワン・ウォン イム・シワン は子供のころから父親から忌み嫌われ、孤独な世子として熾烈な環境下で育ちます。 しかしウォンには心から信頼するワン・リン ホン・ジョンヒョン という唯一無二の存在がいました。 リンも王家の生まれで、いつも護衛として誰よりも近くでウォンを支え行動を共にしていました。 そんな時、2人はある事件をきっかけに待女のふりをして生きる大商人の娘ウン・サン ユナ/少女時代 に出会います。 男勝りの勝気で明るい性格にたちまち心を奪われる二人・・・・ お互いの身分も知らないまま、3人の友情は深まるも、共にサンに想いを寄せるウォンとリンの関係には亀裂が生じ始めます。 また次第に宮廷内で複雑化した権力争いも巻き込まれ、王位をめぐる闘争、混乱はより激白したものに。 すれ違う愛、友情、三角関係の結末は・・・? スポンサーリンク 王は愛する 撮影秘話 イムシワンさんにとって兵役前の最後の作品となった本作。 「太陽を抱く月」以来の時代劇で、6か月間の撮影中、時苦労したことについて 「演技やアクションの練習などいろいろと事前に準備をしましたが何よりも防寒対策を怠らないようにしました。 」 ととても寒がりなことを明かしましたが、共演者のユナさんも寒いのは苦手だそうで、完璧な防寒対策はもちろん撮影が長引かないように声を掛け合いながらテキパキとこなしたそうです。 冬は極寒の韓国・・・。 時代衣装は薄着なものも多く、寒さ対策は重大なポイントなのかもしれませんね。 また、高麗人参などの健康食品を意識して摂るようにして、体力が落ちないように気を付けたんだとか。 人見知りだというホン・ジョンヒョンさんについて 「車が好きなジョンヒョンさんがドライブに誘ってくれて、時間があるときに食事をしたりコーヒーを飲んだりして親しくなれました。 」 と語り、ユナさんについては 「以前からかわいい人だと思っていましたが、実際会っても思っていた以上にかわいい人でした。 顔だけでなく性格も良く、優しい人でした」 と語っています。 この作品を選んだ理由については 「ユナが出るから」と答えたり、兵役を間近に控えた制作発表の場では 「入隊は怖くありません。 だってユナが面会に来てくれるから」 と答えたり・・何かとユナユナとアゲアゲでしたが、二人の間に熱愛説はありませんでした(涙)。 いかに親しい間柄だったのかがわかりますね。 他愛もない会話をしながら3人は打ち解けあい、ドラマの中だけでなく撮影中も仲良く過ごしていたそうです。 その後、スタッフと出演者が共に兵役中のイムシワンさんの面会にいったことがニュースとなりました。 ユナさんは中国史劇に出演したことがあり、韓国史劇と比較してどうかと聞かれ 「自分は中国ドラマで姫役を演じたが、衣装やアクセサリーなどの装飾品がとても華やかだった。 王は愛するでは身分を隠した役だったので、華やかさはないかも」 と語っていました。 スポンサーリンク 王は愛する 感想は? 高麗が舞台の時代劇で、時代背景や登場人物はやや複雑ですが、ロマンス中心で重苦しい雰囲気はあまりありません。 世子であるウォンは幼いころから天真爛漫であるもわがままというかんじではなく、君主としての素質が感じられる気高く品も良いのですが、どこか寂しさをにじませた表情などキャラクターに合ったイム・シワンさんの演技がとても素敵でした。 リンを演じたホン・ジョンヒョンさんも、控えめで心優しくも大切な人を守れる強さをもった魅力的な人物で、女性ファンを虜にするみどころシーンが満載でした。 そんな素敵すぎる2人から想われるサン演じるユナさんも美しいのですが、結局どっちが好きなのか態度が曖昧でもどかしい部分もありました。 2人の男性が魅力的過ぎて選べないのは仕方がないと思えるほどカッコいいウォンとリンでしたが、2人の友情もすごく美しかったのでサンのために揉めなければならないところは見ていても心が痛みました。 スポンサーリンク 気になる結末は?ユナはどうする? 恋愛もののドラマは最終回につれてある程度パターンが読めたり、何通りかの結末を想像しながら見る方も多いと思うのですが、このドラマはまったく予想外の展開でビックリしてしまい終わった後もかなり引きずるような結末でした、というのが率直な感想です。 ウォン、リンどちらのキャラクターが好きかによっても納得できる結末かどうか賛否が分かれるかもしれません。 愛憎劇というほどドロドロとしたものではありませんが、切なくて胸が締め付けられるようなところもあ、り重すぎず軽すぎないストーリーでビジュアルの良い3人を見るだけでも価値があるドラマではないかと思います。 最後に 韓国ドラマは撮影と放送が同期間にあるものが多く放送時の反応によって内容が変わったりすることも少なくありませんが、本作は完全事前制作ドラマでした。 事前制作ドラマは撮影前に共演者やスタッフと話し合える時間を十分持てるという利点があります。 また本来は結末まできちんと理解して演技ができるというという面でも良いとされるのですが、このドラマは台本をもらっても先を読んではいけなくて、今の状況や感情をしっかりと把握し演技することが求められたそうです。 最近では少しずつ増えてきている事前制作ドラマですが、内容をよく練り込むことができ完成度の高さがますます上がっていくことが期待されますね。

次の