吉野菜穂子。 岡村 友哉

吉野直子

吉野菜穂子

人物・来歴 [ ] 父は信託銀行社長だった吉野信次(1929- )。 父の任地で生まれる。 母はハープ奏者。 母の兄は歴史考証家の。 父の転勤に従い、米国にあり、6歳からでにハープを学び始める。 1981年に第1回ローマ国際ハープ・コンクールで第2位に入賞、1985年には第9回イスラエル国際ハープ・コンクールに参加者中最年少の17歳で優勝し、一躍その名を知られる。 同年、受賞。 1987年には初のCD『アラベスク』を発売、人気が高まる。 同年、村松賞受賞、88年、受賞。 89年、奨励賞、1991年、受賞。 で美術史を専攻した。 音楽大学に進まなかったのは、日本の音楽大学に進学することに違和感があり、自分は普通の人という感覚だったため。 これまで共演したのは、指揮者では、、、、等。 また室内楽では、ヴィオラの、フルートの、、、等と共演。 また、やなど臨時編成にもしばしば招かれ、2007年のでは指揮のもとののハープパートを受け持った。 ディスク [ ]• 「アラベスク-ハープ・リサイタル」ソニー、1987• 「ハープのためのソナタ集」ソニー、1989• 「フルートとハープのデュオ」ソニー、1990• 「バッハ・アルバム」ソニー、1992• 「ハープのための協奏曲集」ソニー、1993• 「 そして、それが風であることを知った」フィリップス、1994• 「モーツァルト フルートとハープのための協奏曲」テルデック、1995• 「INSOMNIA(眠れない夜)」フィリップス、1996• 「グレイス-パッヘルベルのカノン・バロック作品集」フィリップス、1998• 「月の光、シシリエンヌ・バリエ-ハープ・リサイタル」フィリップス、2000• 「ベスト・オブ・ベスト」ユニバーサルクラシック、2003• 「作品集 音宇宙 9 」フォンテック、2004 出典 [ ]• 『人事興信録』1995、吉野信次の項。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 この項目は、(・・・・など)に関連した です。

次の

吉野 菜穂子|教員紹介|健康栄養学科|駒沢女子大学・駒沢女子短期大学

吉野菜穂子

文化勲章受章に際して 公表された肖像写真 人物情報 生誕 1948-01-30 (72歳) 出身校 (修士) () 学問 研究分野 、 研究機関 学位 称号 旭化成 主な業績 の開発 学会 、、、 () 主な受賞歴 (2014年) (2018年) (2019年) 公式サイト 受賞者 受賞年: 受賞部門: 受賞理由:の開発 吉野 彰(よしの あきら、(23年) - )は、を専門とするのエンジニア、研究者。 (・)、株式会社。 やなどに用いられるの発明者の一人。 10月、受賞が決定し 、2019年12月10日に受賞。 の孫弟子に当たる。 技術開発担当部長、旭化成 イオン二次電池事業推進室・室長、同 吉野研究室・室長、リチウムイオン電池材料評価研究センター・理事長などを歴任し、2019年現在大学院理工学研究科・、エネルギー基盤技術国際教育研究センター。 2004年受章者。 来歴・人物 [ ] 生い立ち [ ] 1948年に大阪府に生まれる。 担任教師の影響で小学校三・四年生頃に化学に関心を持ったという。 少年時代の愛読書に、担任教師が勧めてくれたの『』の訳本がある。 、を経てを卒業。 の発展という世相を背景に、新たなものを生み出す研究をしたいという思いから、石油化学科に入学した。 すでに分野の権威として知られていた福井謙一への憧憬も京大工学部入学の理由の一つであり、大学では福井の講義を受講している。 大学の教養課程では考古学研究会に入り、多くの時間を遺跡現場で発掘に充てた。 の調査と保存運動にも携わり、また、考古学研究会での活動を通して後の妻と出会った。 大学三回生以降はのもとで学ぶ。 大学院修士課程修了後、大学での研究ではなく企業での研究開発に関わることを望み、旭化成工業(現:株式会社)に入社した。 リチウムイオン電池の開発 [ ] ノーベル化学賞受賞に際して文部科学省より公表された肖像写真 、やなどの携帯機器の開発により、高容量で小型軽量な二次電池(充電可能な電池)のニーズが高まったが、従来のなどでは限界があり新型二次電池が切望されていた。 一方、陰極に金属リチウムを用いたリチウム電池による一次電池は商品化されていたが、金属リチウムを用いた二次電池は、充電時に反応性の高い金属リチウムが針状・樹枝状の結晶形態(デンドライト)でして発火・爆発する危険があり、また、デンドライトの生成により表面積が増大したリチウムのにより、充電と放電を繰り返すと性能が著しく劣化してしまうという大きな難点があるために、現在でもまだ実用化はされてはいない。 吉野は、(受賞者)が発見した電気を通すプラスチックである に注目して、それが有機溶媒を使った二次電池のに適していることをに見いだした。 さらに、にはらがに発見したリチウムと酸化コバルトの化合物である LiCoO 2 などのリチウム遷移金属酸化物を用いて、の原型をに創出した。 しかし、ポリアセチレンは真比重が低く電池容量が高くならないことや電極材料として不安定であるという問題があった。 そこで、炭素材料を負極として、リチウムを含有するLiCoO 2を正極とする新しい二次電池である LIB の基本概念をに確立した。 吉野が次の点に着目したことによりLIB(リチウムイオン・バッテリー)が誕生した。 にLiCoO 2を用いることで、• 正極自体がリチウムを含有するため、負極に金属リチウムを用いる必要がないので安全である• 4V級の高い電位を持ち、そのため高容量が得られる• に炭素材料を用いることで、• 炭素材料がリチウムを吸蔵するため、金属リチウムが電池中に存在しないので本質的に安全である• リチウムの吸蔵量が多く高容量が得られる また、特定の構造を持つ炭素材料を見いだし 、実用的な炭素負極を実現した。 加えて、アルミ箔を正極集電体に用いる技術 や、安全性を確保するための機能性セパレータ などの本質的な電池の構成要素に関する技術を確立し、さらに安全素子技術 、保護回路・充放電技術、電極構造・電池構造等の技術を開発し、さらに安全でかつ、出力が金属リチウム二次電池に近い電池の実用化に成功して、ほぼ現在のLIBの構成を完成させた。 、LIBのが試験生産され、米国DOT(運輸省、Department of Transportation)の「金属とは異なる」との認定を受け、プリマーケッティングが開始された。 しかし、商品化に1993年まで掛かった吉野とエイ・ティーバッテリ-(当時、旭化成と東芝の合弁会社、2004年解散 )は出遅れ、世界初のリチウムイオン二次電池(LIB)は率いるによりに実用化 、に商品化された。 現在、リチウムイオン二次電池 LIB は、、・、携帯用音楽プレイヤーをはじめ幅広い電子・電気機器に搭載され、にはLIB市場は1兆円規模に成長した。 小型で軽量なLIBが搭載されることで携帯用IT機器の利便性は大いに増大し、迅速で正確な情報伝達とそれに伴う安全性の向上・生産性の向上・生活の質的改善などに多大な貢献をしている。 また、LIBは、と呼ばれる , , P-HEV や などの交通機関の動力源として実用化が進んでおり、電力の平準化やのための蓄電装置としても精力的に研究がなされている。 他には、 、 、小惑星探査機・ 、 HTV 、 ISS などの分野、11番艦のなどの軍艦にも搭載されている。 愛車はリチウムイオン電池ではなくニッケル水素電池を採用されている。 履歴 [ ] 略歴 [ ]• - 卒業• - 卒業• - 卒業• 3月 - 石油化学科卒業• 3月 - 石油化学専攻修士課程修了• 4月 - 旭化成工業(現:(株))入社、研究開発部• 10月 - 川崎技術研究所第一研究室• 3月 - 旭化成(株)イオン二次電池事業推進部商品開発グループ長• 8月 - (株) 技術開発担当部長• 4月 - 旭化成(株)イオン二次電池事業グループ長• 5月 - 旭化成(株)電池材料事業開発室 室長• 10月 - 旭化成グループフェロー• 3月 - にてでの学位取得• 8月 - 旭化成(株)吉野研究室 室長• 4月 - 技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター(LIBTEC) 理事長• 10月• 旭化成(株)顧問• エネルギー基盤技術国際教育研究センター 客員教授• 7月 - 大学院理工学研究科 教授• 10月 - 旭化成(株)名誉フェロー• 6月 - グリーンテクノロジー研究教育センター 訪問教授 学術賞 [ ]• 3月 - 化学技術賞()• 10月 - Technical Award of Battery Division()• 4月 - 功績賞(新技術開発財団)• 10月 - 関東地方発明表彰発明奨励賞()• 6月 - 文部科学大臣発明賞(発明協会)• 4月 - 文部科学大臣賞科学技術功労者()• 11月• (材料科学技術振興財団)• 6月 - Medal for Environmental and Safety Technologies(米国)• 6月 - グローバルエネルギー賞()• 11月 - 加藤記念賞• 2月 - ()• 9月 - NIMSアワード2016()• 4月 - ()• 6月 - 欧州発明家賞 非欧州部門()• 12月 - () 栄誉・栄典 [ ]• 4月 - ()• 3月26日 - 第5回日本化学会フェロー()• 5月31日 - ()• 11月• (11月3日)および文化功労者(11月5日)• 愛知県学術顕彰、名古屋市学術表彰• 1月 - 感動大阪大賞(大阪府民栄誉賞、1月8日) 、京都府特別栄誉賞(1月15日) 、名誉市民(1月30日)• 2月25日 - 名城大学特別栄誉教授• 3月 - 市民栄誉賞(3月3日) 、名誉市民 主な著作 [ ] 学位論文 [ ]• 『』大阪大学〈博士学位論文(乙第9021号)〉、2005年3月25日。 論文・解説 [ ]• 「」、『炭素』第186号、1999年、45-49頁。 「」、『日本化学会誌』2000年第8号、2000年、523-534頁。 「」、『繊維学会誌』第66巻第1号、2010年、2-3頁。 著書 [ ] 単著 [ ]• 『リチウム二次電池の技術革新と将来展望』、2001年6月、• 『リチウムイオン電池の開発』新経営研究会〈イノベーション日本の軌跡 FMTアーカイブ 5〉、2012年7月、 監修 [ ]• 『二次電池材料この10年と今後』シーエムシー出版、2003年5月、• 『二次電池材料の開発』シーエムシー出版〈CMCテクニカルライブラリー 283〉、2008年3月、普及版、• 『リチウムイオン電池この15年と未来技術』シーエムシー出版、2008年12月、• 『リチウムイオン電池この15年と未来技術』シーエムシー出版〈CMCテクニカルライブラリー 524〉、普及版、2014年11月、 (以下はとの共同監修)• 『リチウムイオン電池の高安全技術と材料』シーエムシー出版、2009年2月、• 『リチウムイオン電池の高安全技術と材料』シーエムシー出版〈CMCテクニカルライブラリー 516〉、普及版、2014年9月、• 『リチウムイオン電池の高安全・評価技術の最前線』シーエムシー出版〈エレクトロニクスシリーズ〉、2014年8月、• 『車載用リチウムイオン電池の高安全・評価技術』シーエムシー出版〈エレクトロニクスシリーズ〉、2017年4月、 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本国際賞. 国際科学技術財団. 2018年5月19日閲覧。 研究開発. 2011年12月23日時点のよりアーカイブ。 2018年5月19日閲覧。 旭化成 2019年10月9日. 2019年10月11日閲覧。 リチウムイオン電池の発明者・吉野 彰 理工学研究科 教授. 2018年5月19日閲覧。 日本経済新聞デジタル 2019年10月9日 2019年10月9日閲覧。 読売新聞デジタル 2019年10月9日 2019年10月9日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年10月9日 2019年10月9日閲覧。 時事ドットコム. 2019年12月11日閲覧。 2019年10月9日時点のよりアーカイブ。 2019年10月9日閲覧。 旭化成株式会社. 2019年10月9日閲覧。 武田耕太 2019年10月10日. 朝日新聞デジタル. 2019年10月12日閲覧。 毎日新聞 2019年10月11日 2019年10月12日閲覧。 ただし、当時の担任教師はまだ若かった新米の女性教師であり、彼女自身は当時のことを全く覚えていないという。 NHK NEWS WEB 2019年10月9日 2019年10月10日閲覧。 2019年10月10日時点のよりアーカイブ。 2019年10月10日閲覧。 研究開発. 2011年7月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年7月27日閲覧。 大久保聡 2000年7月25日. Tech-On、日経エレクトロニクス誌2000年7月31日号p. 日経BP. 2012年3月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年7月7日閲覧。 日本特許第2642206号「」(1989年12月28日出願、1997年5月2日登録、特許権者 - 旭化成エレクトロニクス株式会社)• 日本特許第3035677号「」(1991年9月13日出願、2000年2月25日登録、特許権者 - 旭化成イーマテリアルズ株式会社)• 芳尾真幸、小沢昭弥 編『リチウムイオン二次電 第2版』、2000年1月、27、33頁。。 web. archive. org 2005年3月21日. 2019年10月16日閲覧。 ニュースイッチ. 2019年10月16日閲覧。 ミカどん 2018年9月4日. 省エネ・創エネに関する基本・最新情報を中心に配信中|ミカドオンライン. 2019年10月16日閲覧。 狩集浩志、久米秀尚、窪田宏樹、Phil Keys 2010年1月8日. 日経エレクトロニクス2010年1月11日号. 2018年5月19日閲覧。 2019年10月12日. 2019年11月2日閲覧。 株式会社ジーエス・ユアサテクノロジー 2017年12月27日. 2019年11月2日閲覧。 株式会社ジーエス・ユアサテクノロジー 2019年9月10日. 2019年11月2日閲覧。 2019年2月22日. 2019年11月2日閲覧。 朝日新聞 2018年12月30日. 2019年10月28日閲覧。 中日新聞 2020年2月26日. 2020年2月26日閲覧。 ' 吉野彰インタビュー'. 2019年10月9日時点のよりアーカイブ。 2019年10月9日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 2013-06-26 at the. 加藤科学振興財団. 2018年5月19日閲覧。 九州大学(KYUSHU UNIVERSITY). 2019年10月9日閲覧。 日本経済新聞 2019年6月21日 2019年10月10日閲覧。 2012年2月. 2019年10月12日閲覧。 2018年6月1日。 『中日新聞』2018年5月3日朝刊 掲載記事。 名城大学 2018年5月10日. 2019年10月13日閲覧。 時事通信2019年10月29日• 2019年12月4日. 2020年3月21日閲覧。 京都府• 藤沢市 2019年12月25日. 2020年3月21日閲覧。 名城大学 2020年2月25日. 2020年3月21日閲覧。 静岡新聞2020年2月6日• 毎日新聞2020年3月20日 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2019年10月)• 正本順三「」『標準化研究』第7巻第1号、2009年、 33-46頁。 MST 山崎貞一賞. 材料科学技術振興財団. 2018年5月19日閲覧。 2018年5月19日閲覧。 「」『JAPAN PRIZE NEWS』第59巻、2018年、 1-2頁。 外部リンク [ ]• - (インタビュー)• - AsahiKASEI• Powershoots TV - Positive Energy in Europe 2013年12月12日. - (英語)• JapanPrize 2018年4月22日.

次の

院長の紹介(略歴、資格、業績)、横浜市の吉野整形外科

吉野菜穂子

今掲載中の駒沢女子大学の授業(一例)• 心理学蘭香代子(心理)/• 臨床栄養学田中(人間健康学部)/• 総合演習岡田(人間健康学部)/• 調理学松森慎悟(人間健康学部)/• 食品学下橋淳子(人間健康学部)/• 臨床栄養学実習𥸮田中弥生(人間健康学部)/• 生化学実験𥹥西山(人間健康学部)/• 基礎ゼミ岡田(人間健康学部)/• コンピュータ演習末木(人間健康学部)/• 公衆栄養学井上(人間健康学部)/• 公衆衛生井上(人間健康学部)/• 基礎ゼミ岡田昌己(人間健康学部)/• カウンセリング論吉野菜穂子(人間健康学部)/• 基礎ゼミ岡田昌己(人間健康学部)/• 公衆衛生井上(人間健康学部)/• 公衆栄養井上(人間健康学部)/• 臨床栄養田中(人間健康学部)/• 食品学下橋(人間健康学部)/• 栄養教育論おおさか(人間健康学部)/• 政治学安井(人間健康学部)/• 食品開発論津久井(人間健康学部)/• 政治学安井(人間健康学部)/• 調理学松森(人間健康学部)/• 臨床栄養学実習工藤(人間健康学部)/• 公衆栄養学実習井上(人間健康学部)/• 臨床栄養学川島由起子(人間健康学部)/• 生化学実験II西山一朗(人間健康学部)/• 公衆栄養学実習井上(人間健康学部)/• 臨床栄養学実習2工藤美香(人間健康学部)/• 公衆栄養学井上浩一(人間健康学部)/• 臨床栄養学実習2工藤美香(人間健康学部)/• 公衆衛生学井上浩一(人間健康学部)/• 調理学実験松森慎吾(人間健康学部)/• 生化学実験西山一朗(人間健康学部)/• 臨床栄養学川島(人間健康学部)/• 公衆栄養学井上(人間健康学部)/• 卒業研究西村一弘(人間健康学部)/• 卒業研究西村一弘(人間健康学部)/• 運動生理学田邊解(人間健康学部)/• スポーツ田邊解(人間健康学部)/• 仏教学千葉(人間健康学部)/• 英語豊島(人間健康学部)/• 調理学実習松森慎吾(人間健康学部)/• 心理学吉野(人間健康学部)/• 解剖生理学佐藤(人間健康学部)/• 臨床栄養学実習工藤美香(人間健康学部)/• 食品学下橋敦子(人間健康学部)/• 政治学安井裕司(人間健康学部)/• 英語薬師英子(人間健康学部)/• 社会学?(人文)/• 建築材料小川弾(人文)/• ゼミ須藤あきら(人文学)/• 考古学眼鏡人(人文学)/• 映像文化ゼミ小林(人文学部)/• コミュニケーション実習郷田(人文学部)/• 犯罪心理学須藤明(人文学部)/• 新聞と報道佐々木(人文学部)/• 国際法福王守(人文学部)/• アジア太平洋関係史高瀬康夫(人文学部)/• 日本文学史田中(人文学部)/• 空間演出A橘田(人文学部)/• 建築デザイン茂木弥生子(人文学部)/• 設計製図神村真由美(人文学部)/• 臨床心理学藤城、蘭(人文学部)/• 心理検査法落合(人文学部)/• コミュニケーション実習郷田ほずみ(人文学部)/• 身体文化ゼミ石田かおり(人文学部)/• 心理学田中(人文学部)/• 犯罪心理学須藤(人文学部)/• ゼミ丸山慎(人文学部)/• ビジネス翻訳宮脇(人文学部)/• 世界のミュージアム粕谷(人文学部)/• 家族心理学須藤(人文学部)/• 比較政治弥久保(人文学部)/• アメリカの文化と歴史羽鳥(人文学部)/• 日本語学演習三田(人文学部)/• シナリオ論今井田(人文学部)/• 駒沢女子大学入門複数名(人文学部)/• 恋愛の心理学富田隆(人文学部)/• 臨床心理学入門丸山(人文学部)/• 家族心理学須藤(人文学部)/• 犯罪心理学須藤(人文学部)/• 家族心理学須藤(人文学部)/• 社会学おおぬきあ(人文学部)/• 人格心理学石津(人文学部)/• 恋愛の心理学富田(人文学部)/• 日本のミュージアム鈴木(人文学部)/• スペイン文化紀行加藤(人文学部)/• 国際政治野崎(人文学部)/• 犯罪心理学須藤(人文学部)/• 化学と物質忘れました(人文学部)/• 建築法規関(人文学部)/• 建築環境設備大塚(人文学部)/• 犯罪心理学須藤明(人文学部)/• などなど….

次の