や ちる 正体。 草鹿やちるの正体は何者?最後はどうなったのか(BLEACH)

【BLEACH】更木剣八の卍解は最強?草鹿やちるの正体【斬魄刀・始回・野晒・ネタバレ】

や ちる 正体

このページの目次 OPEN• 1.ブリーチが打ち切りだったと言われる理由 原作者や編集部に携わる人間じゃない限り、作品が打ち切りにより終了したのかどうかが分かるハズがありません。 ネガティブな情報は外部に絶対に流さないですし、原作者本人が「 人気が無くなって打ち切りになっちゃった」と明かすことも無いでしょう。 ですから、ブリーチが打ち切りで終了したかどうか、ごく一部の人間を除いて知ることができない点を最初に理解しておくことは大切です。 こうした事情があることを前提に置くと、ではどうして打ち切りだったのではないかと言われているのでしょうか? その理由として多くの読者が挙げているのが、「最終回が予想外すぎた」というもの。 15年の連載を続けながら、最後はとんとん拍子で物事が進み、10年後の世界が描かれハッピーエンド。 ちょっとだけユーハバッハの思惑などが描かれたものの、結局彼が何をしたいのかもわからず、霊王とやらの秘密、藍染があそこまで野心に走った理由なども不明。 そうした部分を全て置き去りにし、ついでに読者も置き去りにしながら、最終回は一護と織姫の息子「かずい」や、ルキアと恋次の娘「いちか」などが出てきました。 そして「僕も死神だよ」という、「かずい」が「いちか」に対して自己紹介するコマが大きく使われ最終回が終了。 色々と置き去りにされた読者は「 ???」が頭の中に連発し、不満を爆発させるファンが続出。 なんだこの最終回!読者をナメているとしか思えない• これは逃げたと言われても仕方がない• 原作者が物語を捨てたらどうしようもないよ• 私たちのブリーチが漂白(ブリーチ)されるどころか汚されてしまった! 終わり方があまりにも不自然だったので、「打ち切りに違いない」との声が高まり、打ち切りだったと言われるようになりました。 2.ブリーチが打ち切りになっても仕方ないと思われているのは何故? 実際に最終回が訪れる前から、読者は「ブリーチは打ち切りで終了になるのでは?」と心配をしていました。 そして打ち切りに見える最終回が掲載されてからは、「こうなるのは仕方ない」と思われるようにもなったのです。 事前から読者の間で打ち切りが示唆されていた理由は、「 100人中99人は尸魂界篇が一番だった」と答えるからとのこと。 尸魂界篇は、単行本9〜14巻(71〜123話)にかけて掲載された長編で、物語の方向性を決めるとても重要なストーリーでした。 単行本の巻数などから分かるように、序盤にピークが訪れていたと読者は判断しているんですね。 スポンサーリンク この長編では死神の中にも正義と悪が混在しており、どちらにも言い分がある中で物事を進めていくという難しい心理も入っていたのです。 バトルや心理、人の絆など多くの要素が融合することによって、読者はどんどんのめり込みファンを多く獲得しました。 この頃がブリーチの中で一番輝かしい時代だったと、読者は振り返っておりそれからはダラダラと惰性で続いていたとのこと。 後半になると 何がしたいのか分からない内容になり、1ページに人物をアップで描くという手抜きとしか思えないような描写も続いていたと連載途中から批判殺到。 後半は人気に陰りが見えたのは、誰の目からも明らかだったとのことで、読者の間で打ち切りは仕方ないと思われていました。 3.ブリーチは原作者が打ち切りを望んでいた噂 読者から「打ち切られても仕方ない」と言われるのは、原作者としてとても悲しいでしょうが、実は原作者自身が打ち切りを望んでいたとの噂も広がっています。 週刊少年ジャンプは他社の少年誌よりも発行部数が多く、熾烈な競争社会が内部で勃発しており、少しでも人気が無くなれば打ち切りです。 しかし読者から支持される作品になれば、少しでも長く連載させようと 編集部が原作側に圧力をかけ続けるのだとか。 内部事情の細部まで外部には漏れていませんが、「幽遊白書」を描いた富樫先生によれば、自身が想定していた流れでは許してくれず少しでも連載期間を伸ばそうとしてきたとのこと。 富樫先生はその圧力で体調を崩し、無理やりに連載終了を提示し終わらせたという経緯を語りました。 原作者としては自分が描く漫画は宝物のようなもので、キラキラと輝く状態で終わらせたいと願うもの。 しかし同じ事の繰り返しでもいいから続けるように圧力をかけられるなら、自身が考えていたストーリーとは乖離していき、 宝物が腐っていきます。 それは読者も原作者も、そして作品も不幸にする結果になるため、原作者もモチベーションが上がらないでしょう。 ブリーチも幽遊白書やドラゴンボールなど、かつての人気作品と同じように編集部から圧力をかけられていた可能性があります。 ですから、ブリーチの原作者も打ち切りを望んでおり、ようやく実現したと安堵しているのではと噂されているのです。 4.ブリーチは打ち切りではなく原作者の願い通り終了したと言われる根拠 ブリーチが打ち切りになったのかは、冒頭でも記載した通りごく一部の人間しか知ることのできない情報です。 外部の人間が奥深いその部分まで入り込めないので、憶測でしか物事を扱えません。 それでも最終回の内容などからして、打ち切りの線が濃厚だとネットを中心に広まっていますが、実はブリーチは打ち切りではなく 原作者の願い通りだったとの声もあります。 ブリーチの原作者・久保帯人先生は「 15」という数字に深い思い入れがあるとのこと。 スポンサーリンク 主人公の名前は黒崎一護であり、この名前の由来は「何か一つのものを護りとおせるように」との願いがあります。 そして巻末の最後のコメントには「なんとか15年で描き終えることができました」と、読者に感謝を述べているんですね。 主人公が一護(15)なので、15という数字には特別な想いがあり、15年でどうにか終わらせたいとの願いが見て取れるでしょう。 そのため、ブリーチは久保帯人先生の願い通りに終了したと言われています。 5.ブリーチの打ち切りに込められた作者の想いとは? ブリーチの原作者・久保帯人先生は連載10年目に突入した辺りで体調を崩し、漫画を描こうという気持ちが湧き起こらなかったそう。 人気連載の作品ですので、周囲からの期待など多大なプレッシャーを感じていたに違いありません。 体調を崩して気持ちがくじけていた時、 ある一通のファンレターが先生の心を刺激することになりました。 そのファンレターを差し出した人物は難病を患っており、余命はもう残りわずかという状態でしたがブリーチを読むのが楽しみだったとのこと。 そしてブリーチがあるから毎日がつらい中でも生き続けられると綴られており、久保先生はその子が元気になれるならばと漫画を描く気力を奮い起こします。 しかし、この手紙は難病を患う子が亡くなってから送られるよう手配されていたもので、久保先生が読んだ時点でその子はすでに他界。 手紙の実物写真を添えて、「どんな些細な情報でも構わないから、何か知っている人がいたら教えてほしい」とSNSに久保先生が投稿。 この手紙にどれだけ勇気を貰い、何とか最終回までこぎつけることができたかを教えたいと願っているんですね。 そして、手紙で勇気を貰ったことを、打ち切りの最終回にとあるメッセージとして載せています。 ブリーチの最終回では「 勇気」が、物語のテーマになっていると明らかにされ、それは手紙で勇気を貰った久保先生の想いが反映されているのではと言われています。 まとめ ここでは、 本当にブリーチは打ち切りだったのかや、原作者が抱いていた密かな想いなどについて紹介していきました。 ブリーチが打ち切りだったと言われるには、それなりの理由があり読み続けてきたファンの多くが、その点に理解を示しています。 ですが打ち切りだったのかどうかについては、原作者や編集部の一部しか分からない情報なので、憶測の域を出ないため事実にはたどり着くことはありません。 それでも久保先生が原作に込めた想いなどを見るならば、こういった終わり方を久保先生自身が望んでいたとも受け取れるでしょう。 事実がどうであれ、人気作品であることに変わりはないので、今後の展開に期待したいですね。

次の

【ブリーチ】草鹿やちるの本当の正体は!?最終的にやちるは死ぬのかを詳しく解説!|まんが人気考究

や ちる 正体

スポンサーリンク 更木剣八とは 身長:202cm 体重:108kg(後に発行されたオフィシャルキャラクターブックでは90kg) 誕生日:11月19日 流魂街で最も治安が悪い北流魂街80地区「更木」出身。 その地名を姓とし、代々最強の死神に与えられる称号「剣八(幾度切り殺されても絶対に倒れないという意味)」を自ら名乗った。 右目に眼帯、顔の左側には大きな傷があり、髪の毛は11本に束ねてあり1つ1つのまとまりに1個ずつ鈴が編み込まれている。 死覇装はいつもボロボロで羽裏色は滅紫(けしむらさき)、羽織は袖のないタイプ。 入隊試験を受けず、前十一番隊隊長を決闘で殺害して、いきなり隊長の地位に就いた実力者(決闘で倒すこと自体は隊規にも定められた正式な隊長選出方法である)。 風貌・言動共に荒々しく、圧倒的な威圧感を持って十三隊最強の戦闘部隊を率いている。 しかし一方で部下思いな面もあり、涅マユリが斑目一角を手に掛けようとしたとき、それを庇ったりしている。 大義や正義とはかけ離れた位置にいる性格のため、東仙要からは忌み嫌われている。 朽木白哉とは仲が良くない。 斬魄刀は始解しているものの、卍解に至っておらず、隊長格の資格である『斬魄刀の卍解』を経ずして隊長となっている異例の死神。 その実力はケタはずれであり、特に霊圧に関しては護廷十三隊隊長内でも屈指の大きさを誇る。 スポンサーリンク 常に片手で刀を振るい、本能的な戦闘スタイルと相まってその攻撃は実に野性的だが一撃必中の理にかなった荒々しいもの。 「強者追求思考」の持ち主であり、常に強い相手との戦いを望む戦闘狂の部分を持つ。 眼帯は自身の霊圧を抑制するためのリミッター(正確には常に霊圧を食い続ける呪物)であり、本気を出すときはこの眼帯を取る。 一護に一度は敗北しながらもそのときの一護よりはるかに強い敵に勝利している理由は剣八のあまりの強さにある。 剣八の本来の実力は作中で戦った敵のほとんどを瞬殺できるほどに圧倒的なものだが、何よりも戦闘を楽しみたい剣八は本能的に敵に合わせて霊圧に枷をかけ、実力を調整しているのである。 眼帯はさらに細かく実力を調整するためのもの そのため戦いの中成長した一護相手に実力の調整を誤り敗北し、ノイトラの鋼皮に対しても改めて調節を行うことで破ったのである。 これは生まれてからあらゆる敵を実力を出すまでもなく殺していた剣八が卯ノ花八千流との戦いで本気で戦う楽しさを知ってしまったためである。 なお、この小説版において藍染惣右介は『井上織姫の最大の効果は更木剣八を虚圏に隔離できた事』だと語っており、『隊長格の中で真に障害になると判断したのは山本元柳斎重國と更木剣八の二人だ。 特に更木剣八とは、崩玉の力を覚醒させ不滅の肉体を得るまでは闘うべきではないと判断した』とまで言わしめている。 5kg 誕生日:2月12日 好きなもの:金平糖 趣味:お菓子を食べる事 特技:オセロ 斬魄刀:三歩剣獣 北流魂街79地区「草鹿」出身。 赤子(捨て子)の頃に更木剣八に拾われた。 剣八同様出身地を姓とし、名は剣八がこうありたいと願う人物「八千流(やちる)」の名前からつけられた。 自身の生まれ故郷が常に殺し合いの場だったため、血以外の色を見たことがない。 そのせいか、剣八に会ったときから、剣についた血を怖がりもせず触って喜んでいた。 髪はピンク色で、ショートヘア。 十三隊隊員中最小最軽量の体格で、外見・言動共に完全に幼児だが入隊試験を受けずいきなり副隊長の地位に就くほどの実力を持っている。 常に剣八と行動を共にし、移動時は常に剣八の背中に張り付いている。 剣八を「剣ちゃん」と慕い、剣八の言うことしかきかない。 また、倒れた剣八を軽々と持ち上げて建物の屋上へ飛んで運ぶなど、外見に見合わず卓越した身体能力をもつ。 斬魄刀・三歩剣獣 解号は「でておいで『三歩剣獣』」 解放と共に毛に覆われた動物のような前獣、黒い布をまとった骸骨のような後獣という二体の獣が現れる。 それぞれ直前と直後にやちるの動きを真似るため、太刀筋を見切って避けたとしてもその前後の攻撃を受けてしまう。 また、二体は解号を唱えずとも透明な状態で普段からやちるのそばに居る。 単行本のおまけページで前獣は「モコモコ」、後獣は「ホネホネ」と呼ばれている事が判明した。 更木剣八の斬魄刀について 576話で斬魄刀の名前が判明。 さらに557話で遂に始解が行われた。 始解は『野晒』 のざらし 解号は「呑め」 今まで始解だとされていたのは、やはり封印状態だったらしく、始解と共に形状も変化した。 始解時にやちるが描かれている。 野晒の形状は剣八の巨体をも上回るほどの巨大な戦斧で、まさに戦闘狂の剣八にふさわしい武器と言えるだろう。 能力は未だ不明だが、剣八の性格や十一番隊の暗黙の掟から察するに直接攻撃系の斬魄刀ではないだろうか。 更木剣八始解後の草鹿やちるの行方 更木剣八が始解をした際に、剣八とやちるが出会ってお互い名前がないという回想シーンが入りました。 どうやら、剣八が自分の斬魄刀の名前を野晒と知ったことと、やちるが姿を消したこととが関係あるようですね。 更木剣八VSジェラルド 668話ジェラルド戦で相手の剣を刃こぼれさせれば自分が傷つくという能力に苦戦を強いられます。 ジェラルドに吹っ飛ばされ倒れている剣八に、行方をくらましていたやちるが話しかけます やちる「なにしてんの。 剣ちゃん。 」 剣八「……やちる」 やちる「ほら、起きて。 つづきやろ。 つづき、ほら」 剣八「やちる…お前ェ今までどこに…」 やちる「剣ちゃんが、剣ちゃんがあたしをちゃんと使えば剣ちゃんが斬れない奴なんていないんだから」 やちるが掴んだ手から霊圧が流れ込んでくる。 やちるは斬魄刀の具象化だったのでしょうか…? 更木剣八の卍解? 卍解?した姿は肌の色が変わりまるで獣のようです。 完全に理性を失ったような状態ですが、戦闘力は今までとはけた違い。 ジェラルドを一刀両断します。 しかし、あまりの霊力に更木自身の身体が悲鳴を上げる描写も。 まだ完全に会得したとはいえませんね。 まとめ やはり更木剣八と草鹿やちるは死神と斬魄刀の関係とみて間違いないと考えます。 今後公式で二人の関係が明らかにされることを期待しましょう。

次の

【ブリーチ】更木剣八の斬魄刀・野晒の卍解と草鹿やちるの正体

や ちる 正体

草鹿やちるは久保帯人による漫画『BLEACH』に登場するキャラクターです。 見た目は髪がピンクの女の子で、小学校低学年くらいに見えます。 その正体は死神です。 副隊長という役職にいます。 漫画には斬魄刀と呼ばれる刀があり、登場キャラクターたちはその刀に秘められた能力を解放して戦うとう内容です。 草鹿やちるの能力は「三歩剣獣」という名で、二体の剣を持った獣がやちるの剣の一歩先と後ろを真似っ子する能力となっています。 『BLEACH』の作者である久保帯人はキャラクターを創造するときに、実際の音楽をテーマ曲としてそのイメージからキャラクターを書いています。 草鹿やちるのテーマ曲は泉川そらの『ヤッホー!』。 草鹿やちるのように明るく元気でかわいい曲です。 その中でも草鹿やちるの最後は最も謎に満ちています。 その最後が描かれておらず、忽然と姿を消しているからです。 それでも草鹿やちるは姿を消しており、何かしらの最後を迎えているのは間違いありません。 それを裏付ける証拠も残っており、名言されていないだけ、謎に満ちていて議論がされている最後です。 1つは更木剣八の持つ斬魄刀の名がはじめて明かされたときです。 剣八は自分の斬魄刀の名前すらわかりませんでした。 しかし彼が正式に剣八の名を受け継いで斬魄刀の名を手に入れました。 そして「野晒」と剣八が斬魄刀の名を呼ぶと、草鹿やちるの脳内に剣八との出会いの回想シーンが流れます。 それ以降、しばらくやちるが姿を現すことはありませんでした。 2つ目は剣八が卍解を習得するシーン。 草鹿やちるは斬月が一護に卍解を教えたように、剣八にしか見えない具象化の姿で現れました。 そして彼に卍解を教えたが最後、二度と姿を現すことはありませんでした。 そして最後に3つ目。 最終決戦のあとの最終話で10年後の様子が描かれています。 そこに10年後の更木剣八も登場しました。 が、そこに草鹿やちるの姿はありませんでした。 これら3つの証拠を残しつつも、真相は明言されていません。 更木剣八は護廷十三隊十一番隊の隊長で、草鹿やちるはその副隊長をしています。 そのため、ふたりは常に一緒に行動しています。 剣八は戦闘狂キャラで脳筋であるため、考えることが苦手な猪突猛進キャラです。 そのため方向音痴という特性を持っています。 草鹿やちるは自由奔放キャラで一切の常識が通用しません。 剣八ほどではありませんが、やちるも方向音痴です。 そんなでこぼこコンビともいえるふたりが動き出すとろくなことが起こりません。 十一番隊の副官がふたりに振り回される様子が面白いです。 やちるは赤ん坊のころに草鹿と呼ばれる治安の悪い地区にいて、いつ殺されてもおかしくない状況でした。 そこからさらに最悪といわれる更木という地区から突然に剣八はやちるの前に現れます。 そしてやちるを取り囲んでいた大人を殺してしまったのです。 それから剣八はやちるのすべてとなりました。 その出会いのシーンで剣八はやちるに「どこからきた?」と問いかけています。 そう聞かれたやちるは無邪気な笑顔で、剣八の剣に手を触れます。 このやちるの行動が伏線になっているのではないかと話題になりました。 いつもなら剣八の肩に乗っているはずです。 副官たちも剣八と仲良く絡んでいますが、やちるについては触れていませんでした。 もしも更木剣八が自身の本当の能力を取り戻したことで、草鹿やちるが消えてしまったのなら、人々の記憶からやちるという存在自体が消えていることもなくはない話です。 副官たちがやちるについて言及しないのも、頷けます。 更木剣八の卍解は最強? 草鹿やちるの犠牲によって得た更木剣八の卍解は、あまりに異質で強すぎるものでした。 普通なら卍解すれば斬魄刀が霊力に比例する巨大な形へと変貌するはずです。 しかし、剣八の野晒はまったく変化しませんでした。 代わりに更木剣八の肉体に変化が訪れます。 肌が赤色に染まり、鬼のような姿に変わるのです。 斬魄刀でなく肉体そのものを強化する卍解でした。 その強すぎる能力に剣八の体のほうが耐えられないほど最強の卍解です。 草鹿やちるの正体について公式なネタバレは? 草鹿やちるの正体については作中で明確に語られていません。 最終話までの話数の構成上なのか畳みかけるように終わった『BLEACH』。 多くの謎が残されたままになっています。 その最大のなぞの1つが草鹿やちるの最後です。 なぜ消えたのか、どうなったのか、明確に描かれていません。 しかしそこに至るまでの伏線が多く置かれており、その正体を予測することはできます。 草鹿やちるは剣八の斬魄刀だったと言われる その草鹿やちるの正体が実は剣八の斬魄刀だったのではないかと言われています。 それを裏付ける伏線も多くあります。 剣八が斬魄刀の名前を言うと草鹿やちるの姿がなくなり、卍解を習得したときに現れたきりになります。 斬魄刀が力を取り戻すと消えた草鹿やちるの正体は剣八の斬魄刀ではないかと予想されます。 さらに伏線となっている出会いのシーンで剣八の「どこから来た?」の問いに、彼の斬魄刀に触れて答えています。 卍解を得るときに現れたやちるが具象化した斬魄刀本体のように、剣八にしか見えない幻視のような存在であることもその証拠です。 この正体は本編で公式に名言されていないぶん、いまでも憶測を呼んでいます。 あなたにオススメ.

次の