公認会計士 独学 最短。 公認会計士の独学テキストおすすめ5選【気が進まないけど教えます】

公認会計士の勉強方法~独学は損する?

公認会計士 独学 最短

答練パックとは、公認会計士の資格予備校が開講している、 論文答練や全国公開模試が受講できる教材コースです。 講義を受講するのではなく教材を購入して自分で解くという形なので、コース費用は通常の講義コースよりも割安となっています。 特に論文式試験は市販の参考書がなかなか売っていないため、予備校の答練パックを活用して勉強することがおすすめです。 TACの上級論文答練パック本科生 対象 短答合格者又は免除者で答案練習を中心に対策したい方 論文答練 約50回 アクセス答練 財務会計論14回、管理会計論14回、租税法11回 全国公開模試 論文2回 理論補強答練 財務会計論-理論、監査論、企業法、租税法、経営学 受講料 教室講座 313,000円 クレアール 上級論文合格コース 対象 短答合格者又は免除者で答案練習を中心に対策したい方 論文答練 財務会計論21回、管理会計論13回、監査論7回、企業法7回、租税法10回、選択科目(経営学)23回 講義 財務会計論4回、管理会計論1回、監査論1回、企業法6回、租税法31回、選択科目(経営学)12回 論文式公開模試 1回 受講料 Web通信 285,000円 独学で受験対策をすることは本当に可能? 独学で合格を目指す場合に最も困るのが、 勉強時間の確保です。 特に社会人の方は仕事のかたわら勉強をすることになるので、毎日何時間も勉強するのは非常に厳しいでしょう。 そんな状況の中で合格するためには、 いかに効率的に勉強を進めるかどうかが重要になります。 効率を考えた場合、自分で市販の参考書を買い集めて手当たり次第に勉強を進めるというのはあまり良い方法ではありません。 独学で効率の良い勉強をするにしても、初めて受験する方や財務・会計の知識が少ない方はなかなか難しいでしょう。 このような面があるため、独学での公認会計士試験合格は厳しいと言われているのです。 最短合格を目指すなら公認会計士予備校も検討 公認会計士予備校では、開講されているコースの長さに応じて、綿密に作り込まれたカリキュラムのもと学習を進めていくことができます。 自分で学習計画を考える必要はなく、 与えられた課題をこなすことで着実に知識を定着させていくことができます。 また、資格予備校で使用されているテキストや参考書は 何年間もかけて蓄積されたノウハウが詰まっているため、公認会計士試験で出題される内容をより確実に学んでいくことが可能。 分からない点があってもいつでも講師に質問できる環境が揃っているため、疑問点の解決に余計な時間をかけることもありません。 このように、公認会計士予備校では独学の勉強だけでは得られないメリットがあります。 より確実に合格を目指したいという方は、ぜひ予備校の活用を検討してみてください。

次の

公認会計士の独学テキストおすすめ5選【気が進まないけど教えます】

公認会計士 独学 最短

Contents• 勉強効率 公認会計士試験は財務会計論、管理会計論、監査論、企業法、租税法、選択科目(経営学、経済学、統計学、民法から1つ任意選択)の6科目。 どの科目も相当難易度が高く、ボリュームも半端じゃないです。 あまり馴染みのない科目が多く、わかりやすくまとめられた専門学校のテキストを読んでも理解するのが難しいものばかり。 ただでさえとてつもない勉強量で相当時間のかかる試験なので、独学で理解しようとするのは時間の無駄以外の何物でもないです。 時間かけて理解できるのならまだ良い方。 論点によってはテキストを見てても一生理解できないものもあるかもしれません。 よっぽどの天才でなければ独学で勉強しても途中で挫折し「最初から専門学校通っとけばよかったな。 時間の無駄だった」と思うことになるでしょう。 この点、各資格の学校は勉強を教えるプロが伝授してくれるので、相当効率的に勉強できます。 わからないところも直接講師に質問して聞けるので、理解できなくて勉強が行き詰まることがありません。 教材 試験が難しいことに加え、そもそも公認会計士試験用の市販教材が少なすぎます。 良い教材がないとかいうレベルはなく、全科目試験範囲を網羅した教材というのがほぼ無いといっていいレベルです。 公認会計士試験の受験者は毎年1万人程度しかおらず、その多くが資格の専門学校に入って勉強します。 だから教材を出してもまり売れず、出版社も簿記やTOEICといった人気資格と違って教材を出版するメリットがないのです。 専門学校大手のTACや大原が問題集等を出版していますが、TACや大原はあくまで受講生から授業料を受け取ることを目的としているため、市販されている問題集はそれを補足するものでしかありませんし、受講生向けテキストは受講生しか買えません。 この点、資格の専門学校が作っているテキストは毎年最新の情報に基づきわかりやすく作られているため、このテキストだけで相当の価値があります。 監査法人に勤務している公認会計士でも「簿記や税金については専門書を見たりするより受験時代の専門学校のテキスト見る方が圧倒的にわかりやすい」と口をそろえて言います。 ネットオークション等で昔のテキストが出回っていたりすることもありますが、次に書きます「制度改正」という観点から、古い教材を使用することはおすすめしません。 制度改正への対応 公認会計士試験の各科目は、会計の基準や各種法律に縛られています。 そのため、新たな会計基準が発行されたり法律の改正があったりすると、それに対応した勉強をする必要があります。 去年まで正解だったものが、そういった法律の改正で今年は不正解になることもあります。 そういう改正論点は毎年ある程度あります。 独学だとこうした改正論点について、自分で情報収集する必要があります。 これは相当大変です。 プロである公認会計士ですら、そうした改正論点をき網羅的に把握し、理解するのに苦労しています。 資格の専門学校では、そうした改正論点についても最新の動向をきちっとおさえています。 改正があれば新しいテキストが作られたり、テキストのページ差し替えがなされて、常に最新の情報に基づいて勉強ができます。 授業においても「ここが今年変わるところだから、過年度受験生は気を付けるように」といったアドバイスや、「この論点は数年前に改正されたけど、その後一回も試験に出ていないから今年は狙われる可能性高いぞ」といった情報も入ってきます。 最新の改正論点をタイムリーに把握しあれだけわかりやすいテキストにするのは相当すごいと思います。 よく同僚と「改正論点だけをまとめた公認会計士向けの授業やってくれないかな。 テキストだけでもいい。 」なんて話をしてます。 アウトプット 公認会計士試験は一次試験である短答式試験と、二次試験である論文式試験の二回の試験に受かる必要があります。 このうち短答式試験はいわゆるマークシート方式ですので、答えがわかっていれば解けます。 一方、論文式試験は文章での解答となります。 そのため、問題の解答が「わかる」だけでなく、それについて文章で「書ける」ことが必要となります。 論文の解答にはおさえるべきポイントがあり、これを外すと自分では完璧に解答したつもりでも全然点がもらえないということがありえます。 これについては独学で勉強するだけではなかなか難しく、アウトプットしてそれを採点してもらうという練習を繰り返す必要があります。 専門学校では入門期、基礎期、上級期、直前期といった各段階で、レベルにあった試験があり、定期的にアウトプットを鍛えることができます。 この試験のことを「答練」といいます。 読んで字のごとく「答える練習」です。 各答練は実際の試験と同じ形で問題を解き、解いてすぐにそれに対する解説がなされます。 「この問題はここがポイントで、これを書く必要がある。 」といった解答のポイントが叩き込まれます。 また、自分の解答が模範解答と異なっていても、講師に「こういう解答じゃだめですか?」「この解答どこがダメですか?」ということが聞けるのも専門学校のメリット。 環境・仲間 試験勉強は周りの環境を言い訳にすべきでないというのもわかります。 ですが、現実問題周りの環境というのは試験勉強をする上で重要なファクターだと私は思っています。 たまに「半年で試験合格!」というような話も見かけますが、そうした特別な事例を除けば会計士試験は短答を受けるまでに1年は勉強する必要があります。 合格者を見ると2年目で合格している人が一番多く、勉強開始から論文が終わる2年半ほどをとにかく勉強に捧げる必要ああります。 その間毎日何時間も勉強するのですから、環境作りはとても大事です。 邪魔されることなく勉強に集中できる空間と、一緒に悩みを共有でき切磋琢磨できる仲間は必須だと思っています。 専門学校に入ると、メジャーなところはだいたい自習室が自由に使えます。 私も試験勉強始めた頃は大学や自宅やカフェで勉強していましたが、勉強が本格的になって勉強時間が一日7時間を超える頃から専門学校の自習室を利用し始めました。 そして、専門学校の自習室を利用した頃から成績が劇的に向上しました。 専門学校の自習室は朝から晩まで集中して勉強できる環境が整っています。 周りは受験生ばかりなので適度な緊張感もあり、サボることがなくなります。 また、長い受験生活において受験仲間は本当に大事です。 験勉勉強で予備校にこもっていても仲間と他愛もない話をしてリフレッシュできます。 お互い同じ悩みを持つので、勉強方法やいろんなことが相談できますし、何より勉強におけるライバルの存在が自分の成績を伸ばしてくれます。 立地的に予備校に通うのが難しい方はしょうがないですが、予備校に通える人は極力予備校に通学して勉強した方がいいと思います。 「授業ない日はわざわざ予備校に行くと遠いし~」とか「最近自習室行ってないけど家ではちゃんと勉強してるよ~」と言う人もいますが、そういう人はかなり高確率でドロップアウトします。 勉強のスタイルは人それぞれという事は重々承知したうえで、あえて断言します。 一部の例外を除いて、毎日朝から晩まで予備校にこもって勉強してるやつが結局最後には受かります。 まとめ 以上の通り、勉強効率、教材、制度改正への対応、アウトプット、環境・仲間といった点で、絶対に専門学校に通うことがおすすめです。 基本的には勉強のやり方は人それぞれで、絶対的な正解はないと思います。 しかし独学で受かることができるかという点については、 普通の人には独学で公認会計士試験に受かるのは不可能だと言い切ってしまってもいいと思っています。 ちょうどCPA会計学院の国見先生がこのようなことをツイートされてました。 現実問題会計士試験に、完全に独学で合格する人って、 毎年どれぐらいいるんだろうか。 自分の感覚では、年に全国で数人いるかどうかだと思うんだけど。 皆さんの同期で独学で合格した方っていますかね? — 国見健介 cpakunimi この結果を見る限り、8割近い人が知り合いに1人もいなくて、10%未満の人が1人だけいるということは、完全独学合格者は、いても年間数名なんでしょうね。 かつ、大量合格時代を除けば、本当に少ないんだろうな。 自分も独学の合格者には、今まで数人しか会ったことないし。 — 国見健介 cpakunimi 確かに、資格の専門学校で公認会計士講座をとると、年間で50万円から100万円程度の出費が必要になります。 多少時間はかかるけど専門学校行かなくても受かるような試験であれば、それぞれの時間的・経済的余裕に応じて独学もありだと思います。 しかし、公認会計士の難易度を考えれば、それは不可欠な出費といえます。 親族に頭下げるなり、奨学金をもらうなり、授業料を払う方法は探せばあると思います。 公認会計士試験に受かって監査法人に入れば、専門学校の授業料分は1~2年で取り返せます。 そしてそこから数十年で、当初の自分への投資への何倍何十倍いったリターンが返ってきます。 こんな良い投資案件はどんな金融商品を探してもありません。 結局、多少の出費はあれど確実に試験に合格することこそが大事なのです。 そこを忘れないでください。 なお、公認会計士試験の資格の専門学校は、主に以下のようなものがあります。 どの専門学校が良いかは一長一短ありますので、次回書きたいと思います。 この記事に関連するおすすめ記事 会計太郎 国見先生がご自身のアンケートの結果を受けて、「独学合格者はいても年間数人」と結論付けています。 まあ大量合格世代を除いてという事なのでしょうが。 そうだとしても、それが明示的かつ素直な読解で分かるように書かれていまないのが不満です。 正直会計士予備校の講師の文章記述能力や、論理的推論能力がこの程度かと思うと教わるのを不安に思うのですが、会計士予備校の講師一般の能力というのはどの程度のものなのでしょうか?予備校講師の方々の学歴・経歴など含めて実際の様子を教えて頂けないでしょうか?

次の

公認会計士の独学テキストおすすめ5選【気が進まないけど教えます】

公認会計士 独学 最短

斉藤 望さん はじめに 私が公認会計士試験を目指されている皆さんに伝えたいメッセージが二つあります。 「公認会計士試験は難関といわれるが、ゼロから始めても1年あれば余裕で合格できる」こと、そして「会計士冬の時代といわれている今だからこそ、公認会計士は目指す価値が十分ある職業である」という2点です。 合格までのプロフィール 私は2010年7月にクレアールに入学、5カ月後の12月の短答式試験を通過し、2011年8月の論文式試験は全国17位の成績で上位合格しました。 勉強開始時点での私の実力は、前年冬に、簿記が好きになれるかどうかをチェックしようと独学で受けた日商2級レベル。 監査論や企業法、租税法や経営学はもちろん、連結などの高度な簿記の知識や財務諸表論の理論も手つかずというほぼゼロの状態でした。 それでも毎日7~8時間寝る普通の生活で、十分合格できるのです。 クレアールに入学した理由 私がクレアールを選ぶ決め手になったのは、短期間での一発合格をうたった「非常識合格法」の存在でした。 私は社会人経験者で勉強のスタートが遅かったため、監査法人への就職を睨むと年齢面でハンデがありました。 それゆえ「なるべく上位での一発合格」が至上命題と考えたのです。 大学受験でも、たった一冊の問題集の問題を暗記して解き方が反射的に出てくるまで何度も繰り返した時期に一番力が伸びた経験があります。 だからこそ、受験生が落としてはいけない基本的かつ重要なポイントに絞って薄い教科書にまとめ、徹底して繰り返すことで知識を血肉化する非常識合格法はすんなり納得がいくものでした。 勉強法について さて、最近の会計士試験をみると短答式試験が非常に難しくなり、逆に短答が通れば論文はさほど難易度が高くない気がします。 そこで12月までは徹底して短答対策の基礎固めをしてください。 私は7~9月までの3カ月は計算の習得と割り切り、徹底して簿記と管理会計のテキストと問題集を繰り返しました。 最初は1週間かかった問題集の一回転も、3回目は3日、5回目は間違いやすい問題だけを選び1日で終わるようになります。 ある時期にひとつのことに集中して取り組むこの「集中勉強法」は、問題の繰り返しサイクルが短くなって記憶の定着が進む効果や、科目の全体像が分かって理解が深まる効果があります。 問題集が難なくとけるようになれば、次に短答答練について間違えた問題をファイルにまとめ、同じように3~5回転させてレベルアップを図りました。 この時期は計算に集中する余り、よく夢の中に仕分けや原価計算の問題が出てきたほどです。 計算が固まれば残り2カ月は監査論、企業法、会計学の理論問題にあてられます。 私はここでも計算同様に科目ごとの集中豪雨的な、勉強をしました。 まず10月の1カ月で、各教科ごとに1週間ぐらいずつ集中的に過去問や問題集を繰り返し解き、科目の全体像を頭に入れました。 取りあえず一回転させることで科目全体の「スケール感」が分かれば、次に繰り返すのにどの程度時間を要するか分かり、焦りが消えます。 また理論科目は読むだけで覚えた気になって実は何も身についてない落とし穴を避けるべく、ノートに短答の正解の肢を書き写し続ける「写経勉強法」を行いました。 計算は書いて覚えるのだから理論も同様のはずです。 話が前後しますが、論文式は文章を書く試験なので、この場合もさらに正しい答えを書いて身につける「写経勉強法」はお勧めです。 ところで集中豪雨的に一つの科目を勉強する際の注意点は、だらだらとやらずに必ず科目ごとに期間を区切り、「納期遅れ」の甘えを自らに許さないようにしてください。 本番前の3週間は総復習にあて、模試や答練で間違えた問題を全科目網羅的に一回転させ、適宜テキストに立ち返りながら総復習しましょう。 私は勉強期間も短く、難しい問題にぶつかって気が滅入ることもありましたが、その時は非常識合格法のメッセージの「すべてを知る必要はない。 大事なコアをマスターすれば十分合格圏内」という教えを信じ、さらっと流しました。 そして試験当日は「これだけやったのだから他の受験生に絶対負けない」という自信で、余裕を持って臨めました。 考えてみれば自分より1年も2年も長く勉強している受験生がいるわけで、全く根拠のない自信なのですが、短期の勉強期間だったからこそ直前の勉強密度の濃さで「すごく勉強している」的錯覚がうまれ、いい気分で本番に臨めたのだと思います。 短答を半年で合格すれば、既に基礎ができ、勉強スタイルも確立され、8カ月と十分な時間があるのですから、論文試験の勉強は余裕です。 私もこの期間はあまり激しく勉強した記憶はありません。 自分にとって鍵だったのは1日10時間机に向かうことを習慣づかせた最初の1カ月と短答前の1カ月だったと思います。 しかし年間4000人も合格した数年前が異常だったのであって、業界では必ず毎年1000人程度の求職ニーズはあります。 今年度あたりから試験合格者を1000人規模の常識的な線に抑えにかかっているので、就職難は解消が見えてきたと思います。 また会計士になっても就職難なら他の仕事はなおさらです。 皆さんは合格者数が減った今だからこそ、1年間集中して勉強を頑張れば合格=就職が間っていると前向きに捉え勉強に集中してください。 合格するまでは就職の心配をする資格はありません。 私が会計士を目指したのは、経済ジャーナリストだった前職時代、企業の合併・買収などグローバル経済のダイナミズムを目の当たりにし、自分もウォッチャーでなくプレーヤーとして国際的に活躍したいと思ったのがきっかけです。 ビジネス界の世界共通語である会計の専門家である公認会計士こそ、そこに至る一番の近道だと思ったのです。 私は既に大手監査法人に勤務していますが、会計士の世界は予想にたがわず素晴らしいと実感する毎日です。 日本が誇るグローバル企業に寄り添い世界を飛び回る国際監査業務。 最先端の金融商品や規制の知識を武器に、専門性を極める金融監査業務。 新規株式公開などを通じて経営者と二人三脚で中堅企業の成長を支えるIPO業務。 そして将来重要性を増すのが必至の公会計。 まさに様々な可能性があります。 最後に 受験勉強は苦しいものでしょうか? 社会に出て仕事をすれば、自分の力だけではどうにもならないことが数多くあります。 しかし勉強はやればやっただけ必ず伸びます。 私はこんな楽な世界は無いと思って1年を過ごしました。 公認会計士の勉強は甘くありませんが、真剣に過ごす1年という時間はそれを成し遂げるのに十分な時間です。 私でもできたのですから、皆さんも絶対にできます。 合格はゴールではなく職業的専門家になる通過点にすぎないのですから、受験勉強などは短期間で駆け抜け、皆さんが一日も早く実り多き会計士の世界に足を踏み入れて下さることを願って止みません。 試験制度改訂に伴って大幅に加筆修正しました。 最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。 一発合格できる自信が持てました。 以前の勉強方法に問題があったことを気づけたことが一番の収穫でした。 公認会計士の魅力についてよくわかりました。 効率的な勉強の仕方についてよく理解できたと思う。 採点のカラクリがわかって参考になった。 最近疲れていましたが、また勉強のモチベーションが上がりました。 元気をいただきました。 ありがとうございます。 目次 第1章 公認会計士試験の実像を知る• 合格とは何かを理解する• 採点のカラクリを理解する• 試験レベルを神聖視しない• 合格必要得点配点は院アプローチ法• 落ちるパターンを知っておく• 一発合格を目指す 第2章 公認会計士がどんな職業かを理解する• 「公認会計士」の魅力と将来性 第3章 公認会計士の試験制度を理解する• 公認会計士試験の概要• 試験科目の選択方法• 試験に合格しただけでは、公認会計士になれない 第4章 短期合格を可能にする受験生活をおくる• 正しい勉強スタイルを確立する• 素直に耳を傾ける• 氾濫する情報に惑わされない• 試験の評論家にならない• 受験勉強を楽しむ• 勉強仲間をつくる• 成功イメージを自分におくる 第5章 合格に直結する勉強をする• バランスの取れた勉強をする• 「基礎力」を重視する• 「スピーチ」を徹底する• 理論問題に対処するための勉強方法• 計算問題に対処するための勉強方法• 答練信仰を捨てる• 少ない答練を有効活用する• 薄いテキストを有効活用する• 短答式試験対策をしない• 難問への対処方法 第6章 最短合格を可能にするスケジューリング• 2年合格スケジュール• 1年目は簿記と原価計算の勉強だけをする• 2年目はすべての科目を勉強する• 「短答式試験」直前期の過ごし方• 「論文式試験」直前期の過ごし方 第7章 得点につながる答案を作成する• 無効となる答案をつくらない• 論理矛盾のない答案をつくる 第8章 受験指導校の選択と利用方法について考える• 「独学」での合格は難しい• 受験指導校のかけ持ちはしない• 合格者占有率に惑わされない• ライブクラスとDVDクラスの選択• 分厚いテキストには注意する• 理想的な講師とは• 会計専門職大学院のメリットは?.

次の