ニューヨーク ダウ。 NYダウ平均株価 過去のレート

NYダウとは|金融経済用語集

ニューヨーク ダウ

1896年に算出を開始して以来、NYダウは、米国を代表するニューヨーク株式市場の重要な株価指標となっており、現在、「」や「」と共に、の代表的な株価指数として、世界中で常に注目されています。 ・米国を代表する優良企業30社で構成される ・値がさ株(株価の高い銘柄)の影響を受けやすい ・銘柄数が少なく、個別銘柄の影響を受けやすい 指数の算出 1896年5月26日の誕生から、単純にを株数で割った値を使用していますが、長い歴史の中で、その連続性を確保するために、除数だけが変化しています。 また、の入替は、算出会社とウォール・ストリート・ジャーナルの代表者から編成される指数委員会によって行われています。 ・算出開始日:1896年5月26日 ・基準日:1896年5月26日 ・基準価額:40. 94ドル ・ウェイト付け:株価加重方式 指数の沿革 1896年にの算出が始まった時は、銘柄数が12種で、それが1916年に20種となり、現在の30種になったのは1928年で、それ以降、その数は変更されていません。 また、1896年ので40. 94ドルをつけて以来、その120年を超す歴史の中で、長い間、世界の株式市場を代表する株価指標の地位を保っています。 ・史上最高値(終値):29,551. -航空・宇宙・防衛 ・Verizon(ベライゾン)-通信 ・Visa(ビザ)-その他金融 ・Walmart(ウォルマート)-小売業 ・Walgreens Boots Alliance-小売業 ・Walt Disney(ウォルト・ディズニー)-娯楽・メディア NYダウの使用例 「NYダウ」という用語は、その分かりやすさから、新聞(ニュース)やマーケット情報の見出し、商品名の一部などでよく使われています。 <ニュースでの用例> ・NYダウは59ドル高と6日ぶりに反発 ・NYダウ大幅続落、日経平均一時250円超下げ ・NYダウ、反落=決算不振の企業に売り NYダウを対象とした金融商品:日本で取引可能なもの 現在、日本において、NYダウを取引できる金融商品として、インデックスファンド(追加型株式投資信託、ETF)、CFD、国内先物、海外先物などがあります。 その中でも、インデックスファンドは、米国株への身近な投資対象となっています。

次の

たわらノーロード NYダウ|ファンド情報|アセットマネジメントOne

ニューヨーク ダウ

NYダウとは NYダウ(読み方:ニューヨークダウ|英語:new york dow)とは、アメリカ合衆国の代表的な 株価指数で、「ダウ工業株30種平均」のことをいいます(NYダウは「ダウ平均」と呼ばれることもあります)。 NYダウは、1896年から算出が始まった株価指数(初値は40. 94ドル)で、その歴史は古く、世界の株式市場を代表する株価指数となっています。 NYダウの史上最安値は、1896年につけた28. 48ドル。 史上最大の下げ幅は、2020年3月16日につけた-2997. 10ドル(2020年3月12日の-2352. 60ドルを更新)。 史上最大の下落率は、1987年につけた-22. 61%。 株価指数の解説 株価指数(かぶかしすう)は、株式市場全体の相場を表すために、複数の銘柄の株価を一定の計算方法で総合して指数化したものです。 日本では「日経平均株価」や「TOPIX(トピックス)が代表的な株価指数として有名です。 前者は日経平均株価が代表的で、NYダウもこの方法で算出されています。 後者はTOPIXが代表的です。 株式分割などの影響を調整して 単純平均しています(日本では日経平均株価の算出でこの方法が用いられています)。 もう少し詳しく言うと、 増資などの影響で連続性が損なわれないように 除数で調整している 修正平均株価です。 用語の解説 株式分割とは、既に発行されている株(株式)を一定の割合で分割することです。 株式分割によって株数は増えます。 増資とは、企業が新株を発行して資本金を増やすことです。 企業は新株を発行して、それを投資家に買ってもらって資金を調達すします。 単純平均の解説と特徴 単純平均とは、「単純平均株価」とも呼ばれる、ダウ・ジョーンズ社の創立者であるチャールズ・ヘンリー・ダウ氏が考案した株価の合計を銘柄数で割った平均株価です。 対象銘柄の株価合計を対象銘柄数で割って算出されます。 単純平均は、単に株価合計を銘柄数で割って求める平均株価ですので、計算が容易ですが、株式分割や併合、増資・減資、権利落ちなどあれば株価水準が変わってしまい、時間的な連続性がなくなってしまいます。 そのため「修正平均株価」が用いられます。 除数と修正平均株価の解説 除数とは、指標の連続性を維持するために修正を加える値のことです。 増資や減資を行った場合など、その影響で株価が上下しますのでその影響をなくすためのもので、単純平均型の株価指数の算出には除数の修正が加えられます。 実際の除数がどのぐらいの値であるかは新聞に載ります。 修正平均株価とは、株価に連続性を持たせた平均株価です。 市況の変化がなくても水準が変わってしまう株式分割や併合、増資・減資、権利落ちなどの株価の変動要因を修正した平均株価です。 修正方法には「還元式」と「ダウ式」があり、NYダウや日経平均株価は「ダウ式」を採用しています。 これは、除数で修正して算出する平均株価となります。 NYダウの構成銘柄の特徴 NYダウの構成銘柄は、輸送株やエネルギー株が中心で、航空、鉄道、電気、ガスの銘柄が中心です。 NYダウは、輸送株やエネルギー株の割合が比較的高いため、原油価格の動向に左右されやすい面があります。 また、工業株は海外向けの企業が多く、為替の影響を受けますので、米ドルの動向にも左右されやすい面があります。 NYダウは、構成銘柄数が少なく、 国際優良株が多いので、市場全体の動向は反映しにくい面があります。 米国の株式市場全体を見る場合は、構成銘柄のカバー範囲が拾い 「ウィルシャー指数」が適しています。 日本株は米国株や為替の影響を大きく受けますので、日本株を取引する際は、NYダウやナスダックの状況を必ず見るようにしましょう。 ウィルシャー指数の解説は以下のページを参照してください。 グローバルに展開している多国籍企業(複数の国に支社や子会社工場などを持って、国際的に生産や販売をおこなっている企業)等がそれにあたります。 日本株はNYダウの影響を大きく受ける 東京とNYの時差は14時間あり、 ニューヨーク証券取引所は現地時間の16時に取引を終えます。 そのころ日本では朝の6時となりますので(夏時間(サマータイム)の時期は朝の5時)、朝9時から始まる東証(東京証券取引所)での株式の売買は、NYダウやナスダックの影響を大きく受けることになります。 ニューヨーク証券取引所の解説と取引時間(立会時間) ニューヨーク証券取引所は、米国のニューヨークにある上場銘柄数で世界最大の証券取引所です。 世界を代表する企業が名を連ねており、上場審査は世界一厳しくなっています。 このニューヨーク証券取引所の株価指標がNYダウです。 ニューヨーク証券取引所の取引時間(立会時間ともいいます。 株式を市場で直接取引できる時間です)は、現地東部時間の9時30分から16時までです。 日本時間では23時30分から6時、夏時間(サマータイム)の時期は22時30分から5時までとなっています。 夏時間(サマータイム)の解説は、以下のページを参照してください。 銘柄入れ替え NYダウの構成銘柄(30銘柄)は、産業界の変化に応じて適時入れ替えられます。 1999年11月には、大手石油会社や化学会社と入れ替わって、ハイテク株であるインテルやマイクロソフトが採用されました。 これらはナスダックに登録されており、ニューヨーク証券取引所に上場している株以外がNYダウに採用されたことは初めてだったので、大きな話題となりました。 NYダウの推移 NYダウのこれまでの推移や、NYダウのPER(株価収益率)、配当利回りなどの推移は、当サイトの姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認できます。 マーケットを見てみよう•

次の

NYダウ平均株価 過去のレート

ニューヨーク ダウ

54 25,659. 42 25,965. 55 25,078. 41 521. 19M 1. 17 26,282. 51 26,294. 08 25,082. 72 651. 47M -6. 99 27,251. 89 27,355. 22 26,938. 05 449. 99M -1. 30 27,447. 37 27,447. 37 27,151. 06 388. 25M -1. 44 27,232. 93 27,580. 21 27,232. 48 433. 34M 1. 98 26,836. 80 27,338. 30 26,836. 80 544. 41M 3. 82 26,226. 49 26,384. 10 26,082. 31 375. 55M 0. 89 25,906. 88 26,337. 75 25,906. 88 401. 27M 2. 65 25,582. 52 25,743. 13 25,523. 74 355. 24M 1. 02 25,342. 99 25,508. 83 25,220. 66 341. 22M 0. 11 25,324. 15 25,482. 80 25,031. 67 545. 14M -0. 64 25,697. 36 25,758. 79 25,358. 73 378. 40M -0. 27 25,298. 63 25,551. 56 25,009. 87 420. 36M 2. 11 24,781. 84 25,176. 42 24,781. 84 426. 29M 2. 16 24,461. 98 24,481. 64 24,294. 07 255. 66M -0. 12 24,564. 27 24,718. 46 24,370. 88 348. 84M -0. 90 24,455. 94 24,649. 48 24,455. 94 371. 93M 1. 86 24,577. 48 24,599. 50 24,202. 96 376. 92M -1. 37 24,059. 98 24,708. 54 24,059. 98 484. 19M 3. 42 23,454. 83 23,730. 08 23,354. 15 495. 18M 0. 34 23,049. 06 23,630. 86 22,789. 62 476. 98M 1. 21 安値: 22,789. 62 差: 4,790. 59 平均: 25,447. 14 他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。

次の