衣類 乾燥 除湿 機。 衣類乾燥除湿機おすすめ人気ランキング7選!パワフル除湿で部屋干しの悩みを解決。

【楽天市場】除湿機 アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 ホワイト IJD

衣類 乾燥 除湿 機

6 7. 8Lで自動停止 約2. 3 5. 5 電源コード長さ(m) 約2. 0 約2. 0 軽量コンパクトで、持ち運びラクラク。 デシカント方式だから軽量で、使いたい場所へ持ち運びもラクラク。 コンパクトで場所を取らずに置けるから、家中で使えて便利です。 【試験方法】フィルターでキャッチした菌の除菌。 混釈平板培養法による。 【試験機関】一般財団法人ボーケン品質評価機構にて測定。 【抗菌方法と場所】フィルターに抗菌剤を加工。 フィルターに捕獲したものを抑制します。 【試験方法】フィルターでキャッチした花粉の抑制。 電気泳動法による。 【試験機関】信州大学繊維学部にて測定。 【抗菌方法と場所】フィルターに抗アレル成分を加工。 【試験結果】抑制を確認。 フィルターに捕獲したものを抑制します。 【試験方法】フィルターでキャッチしたダニのふん・死がいの抑制。 ELISA法による。 【試験機関】信州大学繊維学部にて測定。 【抗菌方法と場所】フィルターに抗アレル成分を加工。 【試験結果】抑制を確認。 フィルターに捕獲したものを抑制します。 静音モード時は除湿能力が低下し、1日あたりの除湿能力はHJS-D562:3.

次の

後悔しない! 除湿機の選び方

衣類 乾燥 除湿 機

ランキング形式で衣類乾燥除湿器をご紹介、部屋干しや衣類乾燥に特化したモデルが多数あります。 衣類乾燥除湿機があれば、梅雨時期でも、結露の多い冬場でも、部屋干しができます 部屋干しの洗濯物が乾かなくて困った経験ありませんか?部屋干しは、洗濯物が乾きにくく、生乾きの独特のニオイがして苦手。 そんな悩みを解決してくれるのが「衣類乾燥除湿機」です。 衣類乾燥除湿器があれば、洗濯物が早く乾いて、気になるニオイも残りません。 雨で外に干せない日も、共働きで不在が多いご家庭にも、1人暮らしの女性の洗濯物の防犯にも重宝。 室内なら、花粉やPM2. 5からも、衣服を守ることができます。 1年中どんなときでも、安心して室内で洗濯物を干せるのが、衣類乾燥除湿機です。 衣類乾燥除湿機のおすすめな選び方 衣類乾燥除湿機を選ぶときの5つのポイント 衣類乾燥除湿機を購入する際に、チェックするポイントを表にまとめました。 項目 選び方の解説 解説 選び方1 除湿方式 除湿方式によって、使用できる季節が異なります 選び方2 定格除湿能力 家の構造(木造や鉄筋コンクリート)や、部屋の広さによって、除湿量が変わります 選び方3 タンク容量 タンク容量が大きいほど、排水の回数が少なくて済みます 選び方4 送風機能 送風機能や首振り機能があると、衣類の乾燥時間を短縮できます 選び方5 消費電力 コンプレッサー方式に比べて、デシカント方式の方が消費電力が多く、電気代も高くなります 選び方6 その他の機能 静音対策、 抗菌、防カビ、 タイマー、連続排水、 速乾モードなど 1. 衣類乾燥除湿機を「除湿方式」で選ぶ• コンプレッサー方式 仕組み エアコンの除湿と同じ原理で、 空気を冷却して湿気を水に変えます。 気温が高いほど効果を発揮するため、 梅雨や夏の時期に適した方式。 メリット 高温時での除湿能力が高いです。 消費電力が低いため電気代が安いのも特徴。 除湿量が多いのでジメジメとした湿気対策に効果があります。 梅雨や夏向き。 デメリット コンプレッサー内蔵のため、本体サイズや動作音が大きいです。 気温が低い冬場は除湿効果が高くありません。 衣類乾燥には向かないでしょう。 デシカント方式 仕組み 衣類乾燥が得意。 内部の乾燥材に空気中の水分を吸着させる方式です。 吸着した湿気をヒーターで加熱し、その空気を熱交換器で冷やして、水滴にして除湿します。 メリット 気温の低い冬でも除湿量力は高め。 冬の結露対策にも使えます。 年中部屋干し派の人におすすめのタイプ。 本体サイズも小さめで重量も軽いです。 デメリット ヒーターを使うため電気代がかかります。 室温も上昇するため、夏には向きません。 夏以外の季節用です。 ハイブリッド方式 仕組み コンプレッサー方式と、デシカント方式のいいとこどり。 除湿性能で選ぶならこの方式が最も良いでしょう。 メリット 1年中使うなら間違いなくおすすめの方式です。 季節を問わず高い除湿能力を発揮します。 電気代もちょうど中間。 年間を通して使用する場合、最もコストパフォーマンスに優れています。 デメリット サイズが大きく重たいです。 また、設置スペースも必要です。 本体価格が高いのもデメリットと言えるでしょう。 衣類乾燥除湿機を「除湿能力」で選ぶ 定格除湿能力は、1日に除湿できる量を表しています。 数値が高ければ高いほど、除湿能力が高いです。 除湿可能面積は、木造や鉄筋コンクリートなど、家の構造によって変わります。 部屋干し用途であれば、実際の部屋のサイズよりひとつ大きめで選ぶのがおすすめです。 1日当たりの除湿量 木造住宅の場合 鉄筋コンクリート住宅の場合 4. 衣類乾燥除湿機を「タンクの容量」で選ぶ 長時間稼働させる場合や、自宅を開けることが多い人は、大きめのタンクがおすすめ。 タンクの容量が大きいものほど、排水の回数は減ります。 取っ手がついたタイプの排水タンクであれば、持ち運びも簡単で、洗面所やなどに水を捨てに行くときの負担が少なくなります。 タンクの容量に関係なく、市販のホースを取り付けて、連続排水が可能なモデルもあります。 衣類乾燥除湿機を「送風機能」で選ぶ サーキュレーター搭載モデルや、ルーバー機能・首振り機能などの送風に特化した機種では、 風の力によって、衣類乾燥時間を大幅に短縮できます。 送風機能があると、部屋の空気を循環させたり、押し入れやお風呂場などの湿気を効率的に除湿したりと、室内のあらゆる場所で使用でき、用途が一気に広がります。 衣類乾燥除湿機を「消費電力」で選ぶ 除湿能力と消費電力のコストパフォーマンスに最も優れているのは、ハイブリッド方式。 デシカント方式は、コンプレッサー方式に比べて、ヒーターを用いるため消費電力が多いです。 ハイブリッド方式は、コンプレッサー方式とデシカント方式のちょうど中間ぐらいの消費電力です。 とにかく電気代を節約したいと思っている方は、コンプレッサー方式を中心に機種選びをするとよいでしょう。 衣類乾燥除湿機を「その他の機能」で選ぶ 静音対策、抗菌、防カビ、タイマー、省エネモード、速乾モードなど、便利な機能を搭載した機種も多数あります。 空気清浄機能やフィルタが搭載された機種では、カビやウイルスの発生を抑えることができ、生乾きのニオイを脱臭してくれます。 動作を静かにできる機能があれば、マンションや集合住宅でも夜間の騒音が気になりません。 就寝中でも外出中でも、 衣類乾燥除湿機を 安心して 使用できる タイマー付きのモデルもあります。 衣類乾燥除湿機の人気ブランド・メーカー 以下が、人気のブランドやメーカーです。 ブランド・メーカー 特徴 パナソニック 創業100周年を超える老舗メーカー。 安心と信頼の実績があります。 シャープ 国内有数の大手電機メーカー。 家庭用電化製品、複写機などをさまざまな商品をラインナップ。 コロナ 石油給湯機が主力商品。 近年は空調・家電機器の分野にも力を入れています。 アイリスオーヤマ 2010年頃から家電事業に本格的に参入。 消費者の目線に立った商品の開発を行っています。 三菱電機 人工衛星から家電の部品まで、幅広くものづくりをしている日本の大手総合電機メーカー。 パナソニック(Panasonic) ハイブリッド方式の除湿機を唯一ラインナップ 部屋干しでの衣類乾燥を第一に考えた、高機能モデルが用意されています。 値段は高めですが、 性能は最高クラス。 衣類乾燥除湿機を1年中使う人に最適です。 「ナノイー技術」を用いて防菌やニオイ対策も十分。 ジメジメした梅雨でも、気温の低い冬でも、どんな室内干しも可能にしてくれる、パワフルなハイブリッド方式を採用しています。 シャープ(SHARP) 防菌やニオイ対策に重点を置いた、プラズマクラスターイオン発生器搭載 プラズマクラスターイオンを発生させて、生乾きのニオイを除去できます。 除湿能力に優れたコンプレッサー方式がメイン。 衣類の生乾きを防ぐだけでなく、部屋全体の空気を清潔にすることもできます。 湿気の多い夏場にも部屋干しをする人におすすめです。 イオンの風は、衣類の乾燥と消臭を両立させます。 コロナ(CORONA) コンパクトモデルから本格除湿まで、多数のラインナップ ひとり暮らし向けのコンパクトモデルや、本格的な衣類乾燥ができるモデルもあります。 部屋干しのスペースがあまり取れない方や、 洗濯物が多い家庭 など、それぞれの 生活環境に合った機種を選ぶことが可能。 除湿方式は、 コンプレッサー方式が多く、主に夏場での除湿と衣類乾燥に利用に向いています。 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 衣類の乾燥時間を短縮できる、サーキュレーター搭載モデルあり サーキュレーターの首振り機能、 タイマー機能も充実していて使いやすいです。 デシカント方式とコンプレッサー方式の両方から選べます。 シンプルな機能をそろえたモデルや、大型のサーキュレーターが付いたモデルなどがあり、商品ラインナップが豊富。 高い除湿乾燥能力も備わっており、 除湿機を 初めて 購入する方も安心して使えます。 三菱電機(MITSUBISHI) 冬場でもパワフル、季節を問わずに強力除湿が可能 ハイパワーの高い除湿力を持っており、年間を通した部屋干しに特化しています。 コンプレッサー方式がメインですが、 冬でも問題なくパワフルに使えます。 エアコンで用いられている送風機能が付いたモデルもあり、除湿パワーも、乾燥スピードも申し分ないでしょう。 年間を通して長く使用できる除湿機がそろっています。 衣類乾燥除湿機の総合おすすめ人気ランキング それでは、衣類乾燥除湿器のおすすめ人気ランキングを見ていきましょう。 アイリスオーヤマ「DDD-50E」 アイリスオーヤマ「DDD-50E」 評価 除湿方式 デシカント方式 定格除湿能力 5. 首振り機能と上下の送風角度調整で、広範囲の洗濯物をムラなく乾かすことができます。 サーキュレーターと除湿は、独立して使うこともできるため、部屋の空気の循環にも役立ちます。 外出の多い家庭でも安心して使える、タイマー機能付き。 サーキュレータの強い風と、首振り機能を掛け合わせて、洗濯物の水気を一気に取り除きます アイリスオーヤマ「DDD-50E」の口コミ・評判 ・洗濯物が乾くのが早くなった ・結露の多い冬場でも問題なく使えます ・たっぷり除湿してくれる ・長時間使うと電気代が結構かかる 大きなサーキュレーターが付いているので、 洗濯物に しっかりと風を当てて除湿ができ、部屋干しでも洗濯物が乾きやすいです。 デシカント方式とサーキュレーターの力を合わせることで、 寒い冬でもパワフルに除湿できるだけでなく、乾燥した風を循環させることによる速乾が可能。 生乾きの気になるニオイも抑えられます。 浴室のカビ対策、押し入れ・寝室の除湿にも効果があります。 コロナ「CD-S6318」 コロナ「CD-S6318」 評価 除湿方式 コンプレッサー方式 定格除湿能力 6. 上下スイング機能で効率的な衣類乾燥も実現。 部屋干しの洗濯物も十分に乾きます。 満水になったらメロディーでお知らせ。 水の捨て忘れもありません。 市販のホースを取り付ければ連続排水も可能。 タイマー機能でつけっぱなしも防げます。 衣類乾燥後にこれまで残っていた、 部屋干しの独特なニオイも確実に消臭。 広角自動スイングルーパーを搭載し、部屋の隅々までしっかりと除湿できます。 市販のホースをつなげれば、連続排水も可能です。 外出中に連続して除湿すれば、帰宅後にはお部屋全体の空気もさわやかに。 通常使用時も、 ハンドル付きの排水タンクで、水捨ては簡単です。 シャープだけの独自技術「プラズマクラスターイオン」の効果で、生乾きの不快なニオイを完全除去します シャープ「CV-G120 -W」の口コミ・評判 ・バスタオルなどの生乾き臭がなくなりました ・オートルーパーのおかげで、たくさんの洗濯物が乾きます ・梅雨の時期でも室内干しができて重宝しています ・動作音が少し大きく、寝室での使用には向かない 消臭機能と除湿機能を兼ね備えているので、部屋干し派の方にはおすすめ。 洗濯物にイオンの風が当たることで嫌なニオイが消えます。 ルーパーが上下に大きく動くため 、 洗濯物を2段でたくさん干す場合も、ニオイ除去の効果は落ちません。 コンプレッサーの動作音はしますが、寝室以外の部屋で使えば特に問題ないでしょう。 排水タンクも片手で楽に持てるため、満タンになってもすぐに水を捨てられます。 三菱「MJ-P180NX」 三菱「MJ-P180NX」 評価 除湿方式 コンプレッサー方式 定格除湿能力 15. 7L(ハンドル付) 衣類乾燥機能 広角オートスイングルーパー、下吹きルーパー、冬モード、低温アシスト 消費電力 330W その他の機能 満水自動停止、タイマー、湿度センサー、湿度自動調節、連続排水可能(市販のホースが別途必要) 低気温の冬にも負けないパワフルな除湿能力 「冬モード」を搭載し、除湿効果の落ちる低温環境下でも、ハイパワー・ハイスピードで除湿を行います。 冬は結露対策にもなり、快適な部屋干しを体験できます。 夜間は「夜干しモード」で静かに除湿。 タンクが満水になったときにはアラーム音も鳴らさず、送風に自動切り替えして、室内乾燥を持続します。 銀イオンとプラチナ抗菌のダブルフィルターで空気も清潔。 気温の低い冬でもパワフルに動くため、季節を問わず除湿や部屋干しができます 三菱「MJ-P180NX」の口コミ・評判 ・冬でも、夏と同じように除湿できて、洗濯物がよく乾きます ・湿度を5段階から選んで、自分で設定できるのがいい ・音が気になる夜間は、夜干しモードを使っています ・キャスター付きで移動は楽ですが、階段移動は重たい ・除湿と扇風機だけで、夏はかなり涼しくなります 冬でもパワーが落ちずにしっかりと除湿できます。 洗濯物が外に干せずに部屋干しする日も大きな効果を発揮。 とにかく パワフルなため 、大量の洗濯物でも素早く乾かしてくれます。 夜に洗濯物を干しても、 朝までには乾いてくれるため、夜干しが多い人にもおすすめです。 電気代を節約できる「ecoモード」を搭載。 寝ている間に静かに乾かせる「夜干しモード」や、デニムやセーターなどを狙って乾かす「厚物モード」もあります。 ワイドスイングルーパーとの組み合わせで、洗濯物が多いときも、少量のスポット乾燥も、 押し入れやクローゼットのエリア除湿も自由自在です。 用途に合わせて風向きを変え、ヒータによる温風と強力除湿で、効率的な部屋干しが可能です コロナ「CD-H18A AE 」の口コミ・評判 ・いつもフルパワーは必要ないので、節電できて助かります ・乾燥までの時間が減って、ニオイもしなくなった ・夜干ししても、朝には乾いています ・防菌、防カビフィルター機能もあって安心 ・タンクが大きいのでこまめに捨てなくていい 多彩なモードと、ワイドスイングルーパーの組み合わせで、洗濯物が効率よく乾きます。 タ ンク容量も大きく、連続運転でしっかり部屋干しすることが可能。 夜干しでも音を気にせず使える低騒音設計。 消費電力を抑えた節約モードは経済的です。 サーキュレータ単体としても使えるため、年間を通した空調管理もできます。 衣類乾燥オートストップ、 内部乾燥、防菌・防カビフィルター、満水メロディなど、 細かな機能も充実しています。 パナソニック「F-YHRX200」 パナソニック「F-YHRX200」 評価 除湿方式 ハイブリッド方式 定格除湿能力 50Hz:15. ツインルーパー機能で、2列に干した大量の洗濯物もムラなく、スピーディーに乾かします。 「部屋まるごとモード」では、カーテンやラグ、ソファなどに溜まった 室内すべての湿気を吸い取ることが可能。 布製品の日頃のケアにもおすすめです。 たくさん乾かしたい、今すぐ乾かしたい、毎日部屋干ししたい、これらの要望をすべて叶えられるパワフルな機能が満載 パナソニック「F-YHRX200」の口コミ・評判 ・これ1台あれば、毎日部屋干しでも乾きます ・1年中使えるので、梅雨でも結露でも、除湿してくれます ・色々な機能が付いており、除湿、衣類乾燥、除菌も完璧 ・わざわざ外に干す必要がなくなった ・デメリットがあるとすれば、値段が高いこと ・おまかせモードなら、電気代も少し抑えられます 「音ひかえめモード」から「速乾モード」まで、毎日パワフルな連続運転が可能。 衣類乾燥機能だけでなく、除湿によるお部屋の快適な空間づくりにも役立ちます。 温度や湿度を検知して、乾き具合を自動的に判断する「エコナビ」も搭載。 衣類乾燥が完了したら、自動で運転を停止する「カラッとセンサー」機能で、消費電力を抑えることもできます。 ナノイーによって除菌や消臭も行い、衣類の清潔さも保ちます。 内部乾燥機能や大容量タンクも備えながら、 4輪キャスター付きで移動も楽々です。 パナソニック「F-YHRX120」 パナソニック「F-YHRX120」 評価 除湿方式 ハイブリッド方式 定格除湿能力 50Hz:9. 1年中使うならハイブリッド方式 春から冬まで年中通して部屋干しするなら、最もコストパフォーマンスに優れたハイブリッドモデルがおすすめです。 気温や環境に除湿能力が左右されず、パワフルに使えるため、使用季節を選びません。 メガスイングルーパー搭載で風向が上下・左右自動的に動きます。 部屋干しすることで花粉を回避し、ナノイー技術で除菌・消臭効果もあり。 自動停止機能付きで電気代も節約できます。 ハイブリッドモデルのため、衣類乾燥や除湿能力が高く、毎日の部屋干しでも電気代を抑えられます パナソニック「F-YHRX120」の口コミ・評判 ・部屋干し派の人は、ハイブリッドモデルがおすすめ ・年中使うなら、ハイブリッド方式が一番いい ・雨の日でも、室内で毛布や布団カバーが干せます ・夏も冬も、衣類乾燥に、効果を発揮してくれる ・最上級モデルに比べて、本体価格が安い ・乾燥機能を多用すると、電気代が上がる 夏に強いコンプレッサー方式と、冬に強いデシカント方式で迷うときは、ハイブリッド方式を選べば、1年中使えて 間違いがなく 安心。 天候や季節を気にせずに使えるため、年中無休で部屋干しできます。 大量の洗濯物でも乾きが早く、 生乾きの嫌なニオイもしないため、毎日部屋干しでも大丈夫。 雨が続くような日でも、結露がひどい日も、この衣類乾燥除湿機があれば、乾かない洗濯物はありません。 コンパクトモデルの除湿機おすすめ人気ランキング これから初めて除湿機を買う人や、寝室や脱衣所などのピンポイントで使用したい人向けに、おすすめのコンパクトモデルをご紹介します。 動作音が静かなことが特徴で、本体も小さく置き場所を選ばず、寝室やクローゼット、脱衣所やトイレなど、湿気が気になるところに手軽に設置できます。 自動停止機能も付いているため、就寝前にも安心して使えます。 冬場のご使用は避けてください。 静音性が高く、寝るときでも気になりません。 蒸し暑い夜の湿気を確実に取ってくれます。 Vacplus「VA125」の口コミ・評判 ・コンパクトで気軽に置けて便利 ・寝室で使っても音が静かで気にならない ・小さいなりに除湿してくれて、空気がサラッとする ・ジメジメした感じがなくなっていい ちょっとした湿気なら、コンパクトタイプの除湿機でも、十分に湿気が取れます。 動作音が静かなため、夜中に使用しても音が気にならず、寝室で使用しても問題ありません。 ジメジメして眠れない梅雨時期の利用がおすすめです。 使い捨てタイプの除湿剤を使用している場所にこの除湿機を置き換えれば、無駄な出費も抑えられるでしょう。 アイリスオーヤマ「DCE- 6515」 アイリスオーヤマ「DCE-6515」 評価 除湿方式 コンプレッサー方式 定格除湿能力 50Hz:5. 8L 衣類乾燥機能 大型フラップ 消費電力 50Hz:155W 60Hz:175W その他の機能 湿度設定(40・50・60%)、切タイマー(2・4・8時間)、移動用ハンドル付き とにかくシンプルで使いやすい除湿乾燥機 大きくて見やすいシンプルなボタンで、簡単に操作ができます。 コンプレッサー方式で、消費電力が少ないため、長時間稼働でたっぷり除湿も可能。 2・4・8時間のタイマー機能付きで、消し忘れを防いでくれます。 大型のフラップが採用されており、洗濯物に風を当てられるため、衣類乾燥機としても使用できます。 ハンドル付きのため、部屋から部屋への移動も楽々。 コンパクトながら十分な除湿・乾燥能力を備えているため、衣類乾燥用としても使えます アイリスオーヤマ「DCE-6515」の口コミ・評判 ・風を当てることが出来るため、衣類乾燥機として使えます ・ハンドル付きだから、洗面所からクローゼットなどへの移動も簡単 ・湿度を設定でき、目標値になると、送風に切り替わってくれます ・騒音と言っても、部屋を閉め切れば、気にならないレベルです 梅雨時期の乾きにくい部屋干しでも、スピーディに乾燥できます。 ヒーターを使わない方式のため、寝室やリビングなどで使用しても、室内の気温はそれほど上がりません。 ジメっとした空気の除湿、夏場の衣類乾燥に効果を発揮します。 騒音が気になる人は、閉め切った部屋での使用をおすすめします。 スリーアップ「TU-400」 コンパクトな設計で持ち運びが便利、狭い場所でもまったく邪魔にならないサイズです スリーアップ「TU-400」の口コミ・評判 ・梅雨の時期など、湿気がたまる場所でかなり除湿できます ・使い捨ての除湿剤を買い替えなくていいのが楽 ・アダプターが熱くなるのが少し心配です ・押し入れやクローゼットに入れるのにちょうどいい大きさ コンセントさえ確保できれば、どこにでも気軽に置けて使いやすい除湿機です。 部屋干しや押し入れの湿った空気を除湿するのにちょうど良いでしょう。 使い捨ての除湿剤を使うよりも経済的。 それほど高価ではないため、2台ぐらい同時購入するのもアリです。 梅雨やカビ対策のとりあえずの1台としておすすめです。 デザイン性の高い除湿機おすすめ人気ランキング リビングやベッドルーム、台所やトイレなど、人目の気になる場所や生活空間にすっと溶け込む、デザイン性の高い除湿機をご紹介します。 コンパクトで置き場所にも困らないため、人目の気になるリビングや玄関先などにも、気軽に設置できます。 振動のない静かな「ペルチェ方式」のため、赤ちゃんのいる部屋や寝室など、人が寝ている空間での除湿にも最適。 小さなサイズの軽量設計で持ち運びも簡単です。 除湿能力は1日600ml、タンク容量は1. 3Lとコンパクトながらパワーもあります。 満水時自動停止も備わっており、電源を入れてつけっぱなしにしても心配ありません。 人の集まるリビングでも、湿気が気になる洗面所でも、生活空間に溶け込んで活躍します iimono117「コンパクト パワフル除湿機」の口コミ・評判 ・ボタンが少なくて使いやすい ・小さいから押し入れやクローゼットでも使える ・洗濯物が少し乾くようになった ・湿気の多い梅雨の時期には役立つ 窓際や洗面所、クローゼットや押し入れの中など、湿気の多いところの除湿に向いています。 大きな部屋で使うと、思ったよりも湿気が取れないため、過度な期待はしない方がいいでしょう。 音が静かでコンパクトなので、寝苦しい夜の寝室での利用も効果的。 タイマーをセットして、外に出かけることもできます。 1日で約300mlの除湿が可能。 タンク容量は700mlあるため、長時間のご使用でも問題ありません。 自動停止機能も付いているため、トイレやクロークルームなどの目に付かない場所で連続稼働させても、水漏れの心配は不要です。 消費電力も23Wと少なく省エネ。 電源もボタン一つで入れることができ、使い方もシンプルです。 コンパクトで省エネ、静かな動作音でも、たっぷりと除湿できます EASEHOLD「コンパクト除湿機」の口コミ・評判 ・ボタンひとつで操作が簡単です ・音が静かで気にならない ・コンパクトでシンプルなデザインがいい ・部屋干しでも生乾きのニオイがなくなった 動作音が小さいため、寝室やリビングでつけっぱなしで使用していても、あまり気にならない。 小さくて軽いので持ち運びやすく、部屋から部屋への移動も簡単。 電気代があまりかからないため、連続稼働で快適な空間を作り出せます。 梅雨時期など夏の湿気が多い時期には、コンパクトながら大きな効果を発揮。 除湿することによって、カビやニオイを防ぐこともできます。 タッチパネル式除湿機 温度や湿度がリアルタイムでわかる液晶モニター付き。 タッチ起動で簡単除湿、空気の清浄にも、部屋干しの補助にも役立ちます。 コンパクトサイズのため、閉め切った部屋や狭い空間で使うとより効果的。 個性的なデザインで、お部屋のインテリアとしても、おしゃれなワンポイントになります。 活性炭内蔵の空気清浄機能もあり、新鮮な空気も手に入れられます。 丸みをおびた無駄のないデザイン、シンプルでスマートな形の除湿器です RioRand「RR-0031」の口コミ・評判 ・おしゃれでかわいいデザインがいい ・液晶モニタで湿度が下がったことを確認できるのがいい ・つけっぱなしで眠れるほど音が静か ・ワンタッチで簡単に使えます シンプルなデザインで使いやすい除湿器です。 サラッとした心地よい空気を作れる除湿力、小さくて置き場所を選ばない利便性、静かで優れた省エネも魅力。 スマートなデザインは個性的なだけでなく、搭載された液晶モニタにより、部屋の温度や湿度も常に確認できます。 自動停止機能付きで、外出中でも気にせず使えます。 衣類乾燥除湿器は「1年中パワフルに使えるもの」がおすすめ 気候や地域を選ばずに、1年中ハイパワーで使える衣類乾燥除湿機がおすすめです。 コンプレッサー方式は冬場に能力が落ち、デシカント方式は熱が発生して夏場には向きません。 消費電力だけで見れば、コンプレッサー方式が安いですが、動作音の大きさなど、その特性には一長一短があります。 コ ンプレッサー方式とデシカント方式を迷った場合は、 1年中高い除湿効果と乾燥効果を発揮してくれる、ハイパワーモデル の衣類除湿乾燥機を選びましょう。 1年中パワフルな除湿乾燥ができるハイブリッド方式のモデルも魅力的。 年中無休で使うことを考えて、年間を通したコストパフォーマンスで選ぶのもいいでしょう。 ・洗濯物が乾きにくいとき ・生乾きの嫌なニオイがするとき ・雨で洗濯物を外に干せないとき ・梅雨時期のジメジメするとき ・冬場の結露がひどいとき ・夜干しが多い人 ・共働きで不在が多い家庭 ・ひとり暮らしの女性 ・花粉やPM2. 5が気になる人 パワフル除湿が可能な衣類乾燥除湿機を手に入れて、1年中どんなときでも、安心して部屋干しできる環境を作りましょう。

次の

衣類乾燥機のおすすめ!家電のプロに教わる選び方、使用上の注意!総まとめ

衣類 乾燥 除湿 機

目次 [] 1 洗濯物を部屋干しするときの乾燥方法とは? 洗濯物を部屋干しするとき、そのまま干していませんか?実は、洗濯物の部屋干しには様々な乾燥方法があります。 部屋干しするときに一工夫するだけでも、より早く洗濯物を乾かすことができるようになるのです。 洗濯乾燥機• 衣類乾燥機• 除湿機(衣類乾燥除湿機)• 扇風機• エアコン(除湿モード・衣類乾燥モードなど) 扇風機やエアコンは多くの家庭にあるでしょう。 そのため、洗濯物を部屋干しするときには有効活用することがポイント。 そのまま干すよりも早く乾かすことができますよ。 また、洗濯物を部屋干しするときには、衣類乾燥機や除湿機もあると便利です。 特に衣類乾燥除湿機は基本的には除湿機と同じ。 部屋干しした洗濯物を乾かす機能が取り上げられているだけで、機能面では除湿機と大きな違いはないのです。 2 衣類乾燥除湿機の種類や特長 洗濯物を早く乾かすことを念頭に置いた電化製品としては「衣類乾燥除湿機」があります。 扇風機やエアコンでも洗濯物を乾かすことはできるでしょう。 しかし、衣類乾燥除湿機は部屋干しの洗濯物を効果的に乾燥させる機能もあるため、洗濯物をよく部屋干しするという人は衣類乾燥除湿機の購入を検討することが良いと言えます。 そこで気になるのが、衣類乾燥除湿機の種類と特長。 洗濯物を部屋干しする時期や状況に合わせた衣類乾燥除湿機を選ぶことが、光熱費を抑えるポイントになります。 そんな衣類乾燥除湿機には、次のような種類があります。 デシカント方式(ゼオライト方式)• コンプレッサー方式• これはゼオライトという乾燥剤を使って除湿を行うためです。 フロンガスが使われていないことで、自然に優しいとも考えられます。 また、ゼオライトが取り除いた水分(湿気)は、ヒーターによって温められたあと、熱交換器によって水に変換されてタンクに溜まるという仕組みになっているのです。 コンプレッサー方式は、湿気を含んだ空気を冷やすことで水に変換して除湿します。 冬場に窓に水滴がつくのと同じ原理です。 基本的にはエアコンの除湿機能と同じ仕組み。 ハイブリット方式は、デシカント方式とコンプレッサー方式のメリットを組み合わせた方式です。 状況に合わせて除湿方式を変えることで、常に効率的な除湿ができるというメリットがあります。 衣類乾燥除湿機としては人気が高いものの、価格が高いのがデメリットの一つ。 それぞれの方式の衣類乾燥除湿機について、メリットとデメリットをまとめてみます。 種別 メリット デメリット デシカント方式 1年中除湿力が一定 本体がコンパクト ヒーターで室温が上昇 消費電力が大きい コンプレッサー方式 消費電力が小さい 室温がほとんど変化しない 本体が大きい 気温が下がると除湿力が低下 ハイブリット方式 低気温でも除湿力が一定 室温の変化がほぼない 本体が大きい 本体価格が高い 衣類乾燥除湿機は、デシカント方式にもコンプレッサー方式にもデメリットがあります。 しかし、ハイブリット方式の衣類乾燥除湿機であれば、それぞれのメリットを上手に取り込んでいるので、衣類乾燥除湿機を買う場合はハイブリット方式がおすすめです。 3 衣類乾燥機の特長。 衣類乾燥機は、洗濯乾燥機では物足りないという人に人気が高いと言えます。 濡れたままの洗濯物を入れるだけで乾燥させることができるためです。 また、衣類乾燥機は「電気式」と「ガス式」があり、それぞれのメリットやデメリットに合わせて使い分けるほうが良いでしょう。 ガス式の衣類乾燥機は「早い」という点がメリット。 電気式の数倍の速さで乾燥ができるという点で人気があります。 さらに光熱費も安く抑えられるため、長い目で見ると安い買い物になると言えます。 反面、本体価格が高かったりガス管の増設が必要だったりするため、初期投資が必要不可欠。 また、ガス式の衣類乾燥機は設置場所も限られるという面があり、設置が不可能という家も少なくありません。 電気式の衣類乾燥機は、どの家でも設置できるという点が大きなメリット。 本体価格もガス式の衣類乾燥機に比べると、かなり安いと言えます。 ただし、乾燥に時間がかかる点と光熱費が高い点はデメリットと言えるでしょう。 衣類乾燥機のメリットやデメリットをまとめてみましょう。 衣類乾燥機の種別 メリット デメリット ガス式 乾燥時間が短い 光熱費が安い 本体価格が高い 設置できないことがある 電気式 どこでも設置できる 本体価格が安い 光熱費が高い 乾燥時間が長い ガス式の衣類乾燥機は設置できる家が限られてしまいます。 そのため、一般的な家では電気式の衣類乾燥機の購入がおすすめ。 電気式の衣類乾燥機は光熱費がガス式の衣類乾燥機よりも高くなりますが、除湿機やエアコンなどを使う洗濯物の乾燥方法でも光熱費がかかるのは同じです。 そのため、衣類乾燥機を使って洗濯物を乾かすときの時間や光熱費などを比べてから、どうするかを考えるのが良いでしょう。 2 洗濯物の乾燥方法を比較 洗濯物を部屋干しするとき、早く乾くほうが良いのは当然ですよね。 しかし、扇風機やエアコン、衣類乾燥機などを使うと、どうしても光熱費が気になってしまいます。 そこで、衣類乾燥機などを使って部屋干しした洗濯物を乾かすときの時間と光熱費について、比較してみましょう。 1 洗濯物を早く乾燥させられる方法は? 洗濯物を部屋干しすると、部屋も狭くなりますし、見栄えも気になります。 そのため、部屋干しした洗濯物は早く乾くほうが良いという人も少なくないのです。 そこで、まずは部屋干しの洗濯物が乾燥するまでの時間で比較してみましょう。 参考にするのは「東京電力技術開発研究所」が行った実験結果です。 こちらの実験では、梅雨に部屋干ししたときの乾燥までの時間と光熱費が報告されています。 また、気温や湿度、天候、地域などによっても異なる場合があります。 こちらの実験結果では、エアコンと扇風機を併用したときが最も早く洗濯物を乾かせています。 部屋干しの洗濯物を早く乾かしたいときは、エアコンと扇風機を併用する方法を試してみましょう。 2 光熱費の安い乾燥方法 乾燥に使う電化製品 乾燥までに必要な光熱費(円) 洗濯乾燥機(ヒーター式) 63. 1円 衣類乾燥機(電気式) 62. 5円 洗濯乾燥機(ヒートポンプ式) 34. 7円 エアコン(ランドリー運転) 33. 2円 除湿機(衣類乾燥運転) 25. 1円 扇風機 6. 3円 部屋干しした洗濯物が乾くまでに必要なコストです。 ただし、実験は東京電力管内で行われているため、それ以外の地域では必ずしもコストが一致するとは限りません。 これを見ると、洗濯物が乾くまでに必要な光熱費は扇風機が圧倒的に安いと言えます。 しかし、梅雨時に扇風機で部屋干しの洗濯物を乾かそうとしても、なかなか乾きません。 この実験でもかなりの時間がかかっています。 また、扇風機だけでは湿気が室内に溜まってしまうことも考えらえるため、扇風機だけを使って部屋干しの洗濯物を乾燥させるのはおすすめできません。 一方で、除湿機(衣類乾燥除湿機)は時間が長い割に光熱費が安いと言えます。 最新の衣類乾燥除湿機にはセンサーを使ってピンポイントで濡れている部分を乾かす機能などもあり、有効活用できると考えられるのです。 3 洗濯物をふわふわにするコツ 洗濯物を部屋干しで早く乾かせるだけではなく、ふわふわに仕上げたいという人もいるでしょう。 そこで、洗濯物を部屋干しでもふわふわにするコツを紹介していきます。 1 すすぎを手抜きしない 洗濯物をふわふわにするためには「すすぎを手抜きしない」ことが大きなポイント。 洗濯物に洗剤が残っていると、洗濯物が乾いてもふわふわに仕上がりません。 しかし、すすぎのやりすぎも逆効果。 適度にすすぎをすることが大切です。 2 柔軟剤は適量 柔軟剤の入れすぎも、洗濯物をごわごわにしてしまう要因。 たくさんの柔軟剤を入れても、仕上がりがふわふわになる訳ではないことを理解しておきましょう。 また、洗濯のときは柔軟剤の分量を守ることを忘れずに。 3 洗濯後はすぐに乾かす 洗濯物を濡れたままで放置するのは厳禁。 そのまま放置してしまうと、洗濯物にシワができやすくなります。 洗濯後はできるだけ早く洗濯物を取り出して、乾燥させるようにしましょう。 4 シワは伸ばしてから干す 部屋干しでも天日干しでも、洗濯物はシワを伸ばしてから干します。 しっかりとシワを伸ばして干さないと、シワの部分だけ乾燥具合が変わってしまって、部分的にごわごわになることもあるのです。 5 自然乾燥から乾燥機へ 洗濯物は天日干しが気持ち良いですが、干しっぱなしは厳禁。 天日干しで洗濯物が乾燥しすぎてしまうと、繊維が固いと感じやすくなります。 ふわふわにするためには、適度に干すことがコツ。 また、自然乾燥は乾燥させすぎてしまいやすいので、早めに日陰に移動することが大切です。 しかし、それは面倒なので、自然乾燥から乾燥機を使う方法へ変えることがおすすめ。 特に熱を加えながら乾燥させることで、洗濯物をふわふわに仕上げることができます。 その点では乾燥機が最良の方法となりますよ。 6 洗濯物がふわふわになる乾燥方法とは? 洗濯物をふわふわに仕上げるためには、熱を加えながら乾燥させることがポイント。 衣類乾燥機や衣類乾燥除湿機は適度な熱を加えながら、洗濯物を乾かすことができます。 特に衣類乾燥機は、衣類乾燥除湿機よりも均一に熱を加えることができて、ふわふわに仕上げやすい洗濯物の乾燥方法と言えます。 衣類乾燥機は洗濯物が最も早く乾く方法でもないですし、光熱費が安い訳でもありません。 それでも、簡単に洗濯物をふわふわに仕上げるには最適の方法と言えるでしょう。 そのため、部屋干しする洗濯物をふわふわにしたいのであれば、光熱費や乾燥時間に関係なく、衣類乾燥機による乾燥を選ぶのが良いですよ。

次の