茨城 県 あおり 運転 犯人。 あおり事件デマ投稿、大学生の後悔「犯人特定に高揚感」:朝日新聞デジタル

あおり運転殴打事件、宮崎容疑者を停車強要容疑で再逮捕

茨城 県 あおり 運転 犯人

(画像出典元:ANN NEWS) 茨城県常磐自動車道であおり運転を受けたと思われる男性が、運転中の車を停車させられ顔を何発も殴られるというショッキングなニュースがありました。 被害者男性のドライブレコーダーの日付が正しければ2019年8月10日です。 大々的に報道され、世の中に周知された悲惨なあおり運転による事件があってからも、あおり運転に関連したニュースはたくさん流れます。 今回の事件でも幸い死者は出ていませんが、実際に被害者男性は殴られており、運が悪ければ後続車両との事故にもなりかねない状況です。 ぼくも何度かあおり運転を受けたことはありますが、移動しているだけなのに本当に暇な人たちがいるものなんですね。 そんな人たちとエンカウントする可能性がある公道怖すぎます。 高速道路でもお構いなしにあおってくるってどんな思考回路なんでしょうか。 スポンサーリンク 茨城県常磐自動車道であおり運転をうけ殴られた経緯 被害にあった男性が勤務先に行く途中の茨城県常磐自動車道で事件は起きました。 経緯は動画を観た方がわかりやすいかもしれませんので一応貼っておきます。 12秒くらいからドラレコの映像になっています。 勤務先に向かう男性を追い抜いていったドイツ製の白いSUV(スポーツ用多目的車)。 約1分後、再び現れたSUVは道を譲るのかと思いきや衝突寸前のタイミングで割り込もうとする。 この後、SUVの運転はエスカレート。 前に割り込んでハザードランプを点滅させる。 避けようと車線変更すると前で蛇行運転。 斜めに止まって車線をふさぐ。 SUVには窓から身を乗り出す人影が。 殴られた男性によると、こう叫んでいたという。 殴られた運転手の男性:「『降りてこい』『殺すぞ』と叫び、真ん中車線に無理やり停車させられた」 その後も、進路をふさぐような動きを見せたSUV。 しばらくして降りてきたのは、携帯電話を構えた女性と青っぽいジャケットに白のパンツ姿の男性。 窓から手を突っ込んで運転手の男性を引きずり出そうとする。 抵抗するものの上に引っ張られた拍子に車が少し前に出てしまう。 その直後、SUVの男性が運転手の男性の顔を殴り始める。 (引用元:ANN NEWS) 停車させられた後にあおっていた車両から女性と男性が降りてきます。 女性はスマホではなくガラケーっぽいもので撮影しているように見えます。 現場助勢罪が適応されれば1年以下の懲役又は10万円以下の罰金なので是非お願いしたいですね。 この撮影している女性も何らかの罪で裁いてほしいです。 加害者男性はこちらです。 犯人の車種は? 動画内ではこの男女やナンバープレートにモザイクがかかっていますね。 車種に関しては「BMW X5」だと思われます。 この事件は被害者男性が動画をテレビ朝日の「みんながカメラマン」に投稿したことでわかっているっぽいんですよね。 えっ!?逮捕は?被害届出さないの? 犯人は逮捕されない?被害届は? 今回のあおり運転では事故にまで発展していないので危険運転致死傷罪ではないと思いますが、暴行を加えており流血もしているため傷害罪になるのは明白です。 あおり運転は不法な有形力の行使のために暴行罪になる可能性があるそうですが、この場合は傷害罪になるのでしょうか。 それとも暴行罪と傷害罪で併合罪にできるんでしょうか? とりあえずこの報道だけでは警察が動かないだろうし、犯人は逮捕されることはなさそうです。 この被害者男性も被害届を出せばいいのですが、「怖かったですね」と話していることからももう関わりたくないと思っているのかもしれません。 個人的にはこういったあおり運転を行う人は、きちんと刑罰を受けてもらいたいし、泣き寝入りなどはこういった運転を後押ししかねません。 まぁ、被害届を出すも出さないも被害者男性の自由ですけどね。 犯罪を犯しても逮捕されないなんて世の中にはしたくありません。 被害届が受理されない可能性もある 2019年5月に起きたあおり運転の事件では、ドライブレコーダーの映像を証拠として2時間後に警視庁滝野川警察署に被害を訴えたのですが、「証拠不十分で訴えることができない」と突っぱねられたらしいのです。 ドライブレコーダーの映像には幅寄せや蛇行運転、窓越しに恫喝されるといった状況が記録されていました。 これに関してテレビ朝日のモーニングショーが同署に取材をすると、捜査を開始したようです。 証拠映像もあるのに取り合ってもらえないなんて警察も怠けすぎでしょう。 しかもテレビの取材が入るとすぐに動き出すとか、不信感しかありません。 ただ今回の事件は実際に暴行を受けているので、被害届が受理されないなんてことはないと思いますが……。 そもそも傷害罪は親告罪ではありませんが、被害者が比較的軽傷(痛かったとは思いますが)なので暴行と判断されなくもないので難しいところなんですよ。 この映像だけで警察が自発的に動くとも思えませんしね。

次の

金村竜一で特定!?モザイク無し流出?逮捕?常磐道あおり犯人

茨城 県 あおり 運転 犯人

Contents• 12日にお伝えした高速道路上のトラブルついてです。 投稿者によりますと、撮影したのは先週末。 常磐道を走っていた際に前を走る白い車から繰り返し進路をふさがれて高速道路上に停車。 そして、白い車から降りてきた男性から窓越しに暴行を受ける様子を捉えたものでした。 このニュースを放送してからテレビ朝日には「私も似たような車から被害を受けた」と新たな映像が寄せられました。 しかも1件だけではない。 そこに映っていたのは同じ車種、同じ横浜ナンバーの車が危険な運転を繰り返す様子でした。 13日までに投稿されました3つの映像を見ますと、まず茨城、そして静岡のケース。 そして愛知のケースと3つの県にまたがって危険な運転が行われていたことになります。 新たに投稿された映像には運転手の姿は映っていませんでしたが、使われたのは同じ車種、同じ横浜ナンバーの同じ白い車によるものでした。 この愛知と静岡では同じ先月23日の出来事で、この白い車による危険な運転が撮影されていました。 新たに投稿された順に言いますと、静岡市清水インターチェンジ付近の一般道で午前3時ごろ。 そして、同じ日の約3時間半後には東名高速岡崎東インターチェンジ付近で今度はトラックに進路を妨害するなどの危険な運転を行っていました。 投稿者は別の人です。 これらの映像を投稿した3人の被害者はそれぞれ警察に相談しております。 茨城、常磐道のケースですが12日もお伝えしたとおり、被害者は110番通報してこの映像を警察に提出したということです。 今後、被害届も提出する予定だといいます。 そして、新たに分かった2つのケースについてです。 静岡の一般道で雨が降るなか、進路を妨害された被害者は自宅に帰った後、110番通報をしたと話しています。 愛知県の新東名高速で被害に遭ったトラックの運転手さんにも話が聞けました。 この人は、7月23日に大阪で荷卸しをするために新東名高速を下っていたところ、横浜ナンバーの白い車に遭遇。 トラックの運転手さんはその直後にパーキングエリアから警察に通報し、この映像と合わせて被害届を出したということです。 さらに13日の投稿から新たに分かったことがあります。 関係者によりますと、この車は神奈川県内にある自動車販売店の試乗車でした。 一定期間、ある男性に貸し出されていて12日に返却されたといいます。 この悪質な行為、一体、何の目的で危険運転に及んだのか。 愛知県警高速隊は他のあおり運転と同一犯の可能性もあるとみて捜査を始めています。 出典:ヤフーニュース.

次の

あおり運転

茨城 県 あおり 運転 犯人

茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、県警は8日、急な車線変更や減速で無理やり車を停止させたとして、強要容疑で住所不定の会社役員、宮崎文夫容疑者(43)=傷害容疑で逮捕=を再逮捕した。 県警によると、調べに対し容疑を認めている。 刑法では、強要罪は3年以下の懲役。 2年以下の懲役で罰金刑もある暴行罪より重い。 捜査関係者によると、県警は当初、暴行容疑を視野に入れていたが、危険なあおり運転を暴行と認定した上で、車を止めさせたことが強要容疑に当たると判断した。 あおり運転を強要容疑で立件したのは全国初とみられる。 再逮捕容疑は8月10日早朝、常磐道上り線で数キロにわたり、同県阿見町の男性会社員(24)の車に対し、高級スポーツタイプ多目的車(SUV)で、蛇行や割り込みなどの進路妨害や急ブレーキといった行為を繰り返し、高速道路上に停車させた疑い。 県警は同18日に傷害容疑で逮捕。 水戸地検は8日、同容疑を処分保留とした。 水戸区検は同日、犯人隠避罪で交際相手の女性会社員(51)を略式起訴し、水戸簡裁は罰金30万円の略式命令を出した。 捜査関係者によると、同じSUVによるあおり運転は7月23日に静岡市清水区と愛知県岡崎市でも確認されている。

次の