ひき肉 パプリカ。 パプリカのミートライス詰め|ブルガリア共和国|いろいろな国の料理を作ってみよう!|比べてみよう!世界の食と文化|株式会社 明治

パプリカのミートライス詰め|ブルガリア共和国|いろいろな国の料理を作ってみよう!|比べてみよう!世界の食と文化|株式会社 明治

ひき肉 パプリカ

パプリカの栄養素について パプリカは色によって栄養素が違います。 それぞれの色ごとに特徴的な栄養素を見てみましょう。 まず、赤パプリカにはカプサイシンという赤い色素が含まれていて、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病に予防に効果があります。 また、新陳代謝を高めてくれることから、冷え性や疲労回復にも効果アリ。 黄パプリカはシミやソバカスを防ぐビタミンCや、肌の老化を防ぐルテインが多く含まれます。 パプリカの選び方・保存法・調理法について <おいしいパプリカの選び方> パプリカを選ぶ時は、色が濃く均一であるもの、表面に張りと艶があるものを選んでください。 指でパプリカの腹をはさんだときにしっかりと弾力があるか確認してみましょう。 また、軸の切り口が新しいものがよいです。 茶色に変色して干からびていないものが好ましいです。 <パプリカの保存方法> 常温で売られていることが多いですが、買った後はポリ袋に入れたうえで冷蔵庫に入れましょう。 カットしたパプリカを保存する場合は、流水でながしてから、よく水気を切って、袋やタッパーに入れて保存します。 なお、食感や味を損ねるため、冷凍保存はしない方がよいでしょう。 この栄養を効率よく取り入れるには、オリーブオイルを使った加熱料理がおすすめです。 パプリカの甘味と、とろーりとろけるカマンベールチーズがマッチした人気レシピ。 10分でパパッと簡単に作れる上に、手でつかんで食べられるため、疲れて帰ってきたご主人のおつまみにピッタリです。 トースターで焼くので洗い物がほぼないのもポイントが高いですね。 また、お弁当の一品にいれると見た目が鮮やかになります。 ピーマンの肉詰めのパプリカバージョン。 パプリカはピーマンより大きめなのでボリューム満点。 そして、このレシピは豆腐を使っているのでとってもヘルシーなんです。 ソースのかわりにポン酢をかけるとよりヘルシーに食べられますよ。 カラフルなパプリカのおかげで、普段よりも華やかな食卓になります。 身体によくて、出来上がりも鮮やかなレシピです。 ぜひ試して見てくださいね。 パプリカは赤色や黄色があり彩り鮮やかです。 料理に使うと一気に華やかになります。 またピーマンよりも苦みがなく焼くことで甘さが増します。 パプリカは彩りだけではなく栄養面でも大変優れている野菜です。 見た目にも鮮やかな色は緑黄色野菜の豊富な栄養が詰まっているからこそなのです。 パプリカはビタミンが豊富に含まれています。 ビタミンCは熱に弱いのですがパプリカの場合は熱を加えても壊れにくいです。 またいろによっても栄養に違いがあります。 赤パプリカにはBカロテン、ビタミンC、E、カプサイシンが含まれています。 一方、黄パプリカには免疫をアップをさせたり疲労効果、美白や美肌に良いとされるビタミンCが豊富に含まれていますので女性には嬉しい野菜です。 この記事では、「パプリカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ピーマンのような苦味もなく、みずみずしくて色鮮やかな赤や黄色のパプリカは食卓を鮮やかに彩る野菜です。 ピーマンが苦手な子供もパプリカのフルーツのような甘みは食べやすく、子供向けのメニューで工夫してみる価値がありますよ。 韓国やニュージーランドからの輸入が多く年中手に入れやすいパプリカですが、国内では主に6月〜9月が旬で主に茨城県や宮城県が産地です。 この記事では、「パプリカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 鮮やかな色合いでつい手をとってしまう夏野菜のパプリカ。 生でも加熱してもそれぞれの味を楽しめるのはとても魅力的ですよね。 普段の食卓やお弁当にも大活躍のパプリカですが、パプリカはピーマンや唐辛子の仲間で分類上は同じものです。 形の似ているピーマンは未熟な状態で収穫されすが、パプリカは完熟果実のひとつで、甘みや酸味がバランスよく調和されています。 調理法はいろいろありますが、熱しても栄養素が逃げないためどんな調理法も合います。 また、肉厚なのも特徴の一つで食感を楽しめるところも魅力的ですよね。 パプリカの蒸し料理で今日の食卓を彩りましょう。 この記事では、「パプリカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ピーマンと見た目はそっくりですが苦味ではなく甘みがあり、生でも食べられるパプリカ。 ピーマンと同じ種類に分類されますが大きな違いは、緑色のピーマンは未熟の状態で収穫され、パプリカは完熟した状態で収穫されます。 甘みがあるため子供も食べやすく、普段の食事に取り入れやすいのも嬉しいですね。 甘みを活かして、生のままスライスしてサラダに入れたり、ジュースやシャーベットにするのもおすすめです。 加熱してもパプリカのビタミンは失われにくい特徴があり、油と組み合わせることでカロテンの吸収率が良くなりますよ。 加熱しても色合いは変わらず、食卓を華やかに彩ってくれるのもパプリカの大きな特徴ですね。 この記事では、「パプリカ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:揚げる】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

パプリカのレシピ

ひき肉 パプリカ

業務スーパーのひき肉(豚ミンチ)…200g• 玉ねぎ…150g 中1個• 大葉(肉だね用)…5枚• 生姜…ひとかけ• 塩…ひとつまみ• 片栗粉…大さじ2• 大葉 飾り用 …4枚• 玉ねぎをみじん切りにして、生姜をすりおろす。 豚ミンチに、塩・生姜を加え、粘りが出るまで混ぜる。 玉ねぎに片栗粉を混ぜる(片栗粉はつなぎの役目)• 8等分(個数はお好みで)にして、フライパンに油をひいて焼く。 片面が焼けてきたら、ひっくり返して蓋をして蒸し焼きにする。 両面をしっかりと焼き上げる。 照りよく絡めたら完成。 業務スーパーのひき肉(合挽肉)…300g• ラム肉…200g• 玉ネギ…2個• ピーマン…4~5個• ニンニク…1片• ショウガ…1片• ローリエ…2~3枚• 固形スープの素…1個• 水煮トマト 粗つぶし …1パック 1パック300g入り• 赤ワイン…100ml• 水 市販ルウ指定水量 …500ml• カレールウ 市販品 …1箱 110g• カレー粉…大さじ1~2• 塩コショウ…少々• クミンシード…小さじ1• サラダ油…大さじ2• バター…10g• タイ米 炊きたて …茶碗4~5杯分• 薬味…お好みで• ラム肉は細かく刻み、ひき肉と合わせる。 玉ネギは粗めのみじん切りにする。 ニンジンは皮をむき、みじん切りにする。 ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り、みじん切りにする。 ニンニクは縦半分に切って芽を取り、ショウガは皮をむき、それぞれみじん切りにする。 鍋にサラダ油、バター、クミンシードを入れて弱火にかける。 香りが立ってきたら、玉ネギ、ニンジン、ニンニク、ショウガを入れて中火にし、しんなりするまで炒め合わせる。 ピーマンを加えて炒め合わせ、合わせた合びき肉を加え、肉の色が変わるまで炒める。 カレー粉を加えて炒め合わせ、塩コショウをする。 ローリエ、固形スープの素、水煮トマト、赤ワイン、水を加える。 強火にして煮立ったら、軽くクツクツ煮立つ火加減で12~13分煮る。 カレールウを割り入れ、弱火でルウを溶かし、さらに10分時々混ぜながら弱火で煮込む。 器にタイ米、カレーを盛り、お好みの薬味を添える ローストスライスアーモンド、ゆで卵、らっきょう、福神漬け、イカ塩辛など。 業務スーパーのひき肉(豚ミンチ)…200g• にんにく…1片• バジル…7~8枚• 卵…2個• ご飯…2膳分• パプリカはさいの目に切り、にんにくと玉ネギはみじん切りにする。 目玉焼きを焼き、皿にご飯を盛り付けておく。 フライパンに油をひきにんにくを入れ火にかけ、香りがたったら玉ネギを炒め、玉ネギが半透明になってきたところで豚ひき肉を入れ更に炒める。 具材をご飯にかけ、目玉焼きを添える。

次の

パプリカパウダーってどんな味?豆知識や活用レシピをご紹介します♪

ひき肉 パプリカ

にんにくは粗みじんぎりにする。 2.フライパンを弱火で熱してサラダ油 分量外 をひき、にんにくを入れて香りを出す。 ひき肉を入れて炒め、色が変わったら玉ねぎを加える。 玉ねぎが透き通ってきたら、パプリカ、しいたけを加える。 火を強めて、Aを入れる。 調味料と具がからんだら、バジルをちぎりながら加え、さっと炒める。 3.たっぷりの油で生卵を両面揚げ焼きにする。 塩・こしょうで下味をつける。 4.皿にご飯、ひき肉、卵を盛り付ける。 お好みでパプリカパウダーをかける。 パン粉に牛乳を加えて湿らせる。 玉ねぎはみじん切りにして、油をしいたフライパンで、しんなりと甘い香りがするまで炒めて粗熱をとる。 2.ボウルにひき肉、卵、牛乳で湿らせたパン粉、炒めた玉ねぎ、塩、こしょうを入れる。 粘りが出るまで混ぜ3等分に。 両手でキャッチボールするように空気を抜き、楕円形に。 表面に軽く、小麦粉をまぶす。 3.フライパンにサラダ油(分量外)を熱しハンバーグを入れる。 こんがりと焼き色がついたら、なめこ、Aを入れ、7-8分煮て皿に盛る。 4.大根おろし、しそを飾る。 全体に火が通ったらしょうゆ、みりん、顆粒だしを加え、水分がなくなるまで炒める。 2.卵をとき、砂糖を混ぜ合わせる。 別のフライパンにサラダ油を入れてしっかりと温め、卵を加え、卵の底が固まり始めたら火を消して、余熱で5秒!でさっと混ぜ取り出す。 卵のとろとろ加減はお好みで。 3.器にご飯を盛り、そぼろと卵、みじん切りにしたぬか漬けをお好みの量を盛り付ける。 【ポイント】 卵を炒める時はしっかりとフライパンに火をいれてください。 サラダ油をフライパンの全面になじませましょう。 5分ほどおいたら、しっかりと絞って水気を切る。 玉ねぎはみじん切りにする。 フライパンにサラダ油(分量外)を中火で熱し、玉ねぎが透き通るまで炒め、バットなどに入れて冷ます。 【A】を合わせておく。 2.ボウルに合い挽き肉、しっかり水気を絞った1のキャベツ、玉ねぎ、【A】、塩・こしょう(分量外)を入れ、色が白っぽくなるまでしっかり練り混ぜ、肉だねを6〜8等分にする。 しっかりと手に打ち付けて中の空気を抜きながら、成形する。 3.小さめのボウルに【B】を合わせてバッター液を作る。 170度に温めた油できつね色になるまでじっくり揚げ、しっかりと油を切る。 皿に千切りキャベツ(お好みで)、メンチカツをのせ、食べる直前にウスターソースや醤油をかける。 【ポイント】 キャベツはしっかり絞って水気を切るようにしましょう。 揚げるときの油の温度が大切。 170度でじっくり揚げてきつね色に。 豚ひき肉の簡単レシピ ひき肉の中でも豚ひき肉は特に安価でいろいろな料理に使いやすい食材です。 豚肉の旨みが他の食材と混ざり合い、美味しさを引き出します。 ここでは、ピーマンの肉詰めなどの定番人気のレシピから、洋風の肉じゃがなどの少し変わったレシピまで、豚肉を使ったひき肉料理をご紹介します。 とろっとあんかけが絡むピーマンの肉詰め 材料(2人分) 豚ひき肉……. 2.フライパンサラダ油をしき、豚ひき肉を炒めます。 色がついたら、野菜を追加して炒めます。 Aを加えて煮詰めていきます。 別のフライパンで目玉焼きを作る。 3.お皿にごはんを盛り付け、具と目玉焼きを盛り付けます。 お好みでごはんにドライバジル、目玉焼きにパプリカパウダーをふりかける。 牛ひき肉の簡単レシピ なかなか普段牛ひき肉を使った料理は作ることが少ないかもしれないですが、しっかりと牛肉の旨みを感じたい方にはおすすめです。 ここでは、ミートソースやメンチカツなどの牛ひき肉を使った簡単に作れるレシピをご紹介します。 いろいろな料理に応用できるミートソース 材料(2人分) 厚揚げ……1枚 鶏ひき肉……130g 生姜……ひとかけ 絹さや……4つ ごま油……小さじ1 しょうゆ……小さじ1 水溶き片栗粉……大さじ2(水小さじ2で溶く) 【A】 水……150ml めんつゆ……大さじ1 酒……大さじ1 塩……少々 作り方 1.生姜はみじんぎりに、絹さやは斜め切りにする。 厚揚げは熱湯で1分ほど茹でて油抜きをし、ざるに上げ、食べやすい大きさに切る。 2.深型のフライパンにごま油を入れ中火で熱し、鶏ひき肉を炒める。 3.ひき肉の色が変わりそぼろ状になってきたら、厚揚げを炒め合わせてA、絹さやを入れ蓋をして3分ほど煮る。 4.煮汁が半分になってきたところで火を止め、水溶き片栗粉を入れ混ぜる。 再び火をつけとろみをつけ、器に盛る。 2.フライパンにごま油をしき、ひき肉を炒める。 3.ひき肉の色が変わったら、細切りにした野菜をいれ、さっと全体に油が回るまで炒めます。 4.Aを加えて炒め合わせ、全体に味が馴馴染んだら、皿に盛る。 さっぱり味の鶏団子と大根の旨だし煮.

次の