株主優待 利回り おすすめ。 【2019年版】株主優待と配当金、両方狙えるおすすめ銘柄15選

【2019年版】株主優待と配当金、両方狙えるおすすめ銘柄15選

株主優待 利回り おすすめ

00円) 優待利回り 1. 株主優待銘柄ランキングで必ず上位にランクインの最強常連、ビックカメラです。 インバウンド需要やビットコイン決済導入などで、ここ直近は業績が最高益を更新し、 株価は右肩上がりです。 若干利回りは落ちていますが、今後配当金は見直されるかもしれません。 優待もここ数年大きな変化もなく安定しており、お買物券はビックカメラ全店だけでなく、傘下のソフマップやコジマでも使うことが出来ます。 00円) 優待利回り 3. 飲食店「ガスト」や「バーミヤン」を運営する会社です。 2017年6月決算に優待を3倍に拡充しました。 (今までは100株で年間2,000円分のお食事券でした。 ) 金券として利用でき、500円券が半年で6枚、年間で12枚もらえます。 利回りの高さと優待の使いやすさでファミリーを持つ個人投資家に人気で、買い支え(株価が下落しても買う人がいること)が入りやすい銘柄です。 優待拡充からもうすぐ1年ですが、これが業績にどのような影響を与えるか要チェックです。 00円) 優待利回り — 最低投資額 107,600円 優待内容 優待制度なし 株主優待制度はないものの、 高配当株で人気を誇るのが日産自動車です。 記憶に新しい無資格検査事件などもありましたが、電気自動車普及や現行車の人気は衰えず、高配当を維持しています。 国内で4%以上の配当金を出す銘柄は限られており、悪材料があっても買い支えが入ります。 狙い目は、日経平均が暴落時の連れ安(銘柄に悪材料がないのにも関わらず回りと一緒に下落すること)の時や、配当落ち(配当金を出した後に一時的に株価が下がること)に分散買いを行うことで上手に資産運用が行えます。 00円) 優待利回り 1. 明星工業は、国内外で断熱工事を行っている企業です。 どの時代にも常にニーズがあるので安定した業績もあり、最低投資額は10万円を切っているのでお手頃価格なのも嬉しい銘柄です。 これまでの花形銘柄とは違い、縁の下の力持ちのような隠れお宝銘柄です。 優待のJCBギフトカードは、百貨店や飲食店など利用できるお店も多く使い勝手の良い優待です。 また、 長期保有で優待がアップするので、長期投資先としてはベストな銘柄としておすすめします。 サンリオピューロランドへの入場パスポートが年間で6枚も貰えて、ついでに園内のお買物券年間2,000円分も付いてきます。 サンリオピューロランドの入場料は休日で3,800円必要なので、かなりの高利回り配当の銘柄です。 ただ、そんなに何回も行くものではないので、「子どもを1回連れて行ってあげたい」という方であれば、 権利落ち日を狙い打ちしてみては如何でしょうか。 人気のあるアミューズメント施設なので、プレゼントにもいいかもしれませんね。 実は京樽やはなまるうどん、ステーキのファミレス・フォルクスも吉野家グループということはご存知でしたでしょうか。 一時期は低価格牛丼屋は若い男性やサラリーマンのランチというイメージが強かったのですが、現在はメニューに女性向けの商品やお子様メニューも取り入れ、さらに客層を広げています。 吉野家ホールディングスの株主優待は店舗での飲食時に利用出来るサービス券が年間 6,000円相当( 3,000円相当が年 2回)貰えます。 お釣りは出ませんが、 1枚 300円分というところがとても使いやすいサービス券です。 00円) 優待利回り 1. マクドナルドも株主優待制度を導入しています。 一時期は賞味期限切れの鶏肉問題等が相次ぎ大赤字経営だった時代もありましたが、品質の見える化で消費者の安全対策も行い、「安かろう悪かろう」のマクドナルドを脱出!ハンバーガー 100円時代は終了しました。 今ではランチでもレストランに引けを取らないほどの価格設定で、「朝マック・昼マック・夜マック」と時間帯別に限定メニューを提供し、常にお客さんを離さないビジネス展開も行っています。 マクドナルドは、配当金はそこまで高利回り設定を行っていませんが、株主優待がとても魅力的です。 100株でバーガー・サイドメニュー・ドリンクのセットと交換できる引換券が年間 12枚貰えます。 夜マックではセット価格で 700円を超える商品もありますので、 単価の高い商品と交換することで利回り最大化になりますよ。 00円) 優待利回り — 最低投資額 133,800円 優待内容 自社オリジナル商品(販売品)を 1つプレゼント おもちゃ卸や CD・ DVDの流通業では国内最大手のハピネット。 バンダイナムコホールディングスの中核複合商社で、 2017年は過去最大業績をあげました。 子どもから大人までみんな大好きな「ガチャポン」ことカプセル玩具では国内シェア NO. 1の会社で、ガチャポンの売上だけでも年間 200億円超! 1回 100~ 500円ほどのガチャポンビジネスは全国合わせると膨大な金額になるのですね。 ハピネットは株主還元対策も行っており、現在の 配当利回りは3%近くあります。 優待制度を導入しながらも高配当を排出している銘柄はとても貴重ですね。 ハピネットの株主優待は、既に販売済みや今後販売予定の新商品等が掲載された株主優待カタログから玩具や DVDが 1つ選択出来ます。 お子様がいらっしゃる投資家に人気の高い銘柄です。 禁煙ブームが続きなかなか業績に不安を感じる方も多くいらっしゃるかもしれませんが、現在 JTのたばこ事業ではプルームテックという非加熱型の電子タバコが主流となっています。 また、 JTの事業はタバコだけではありません。 忙しい人の味方であるレンジでチンするパックご飯や、簡単お手軽な冷凍食品といった加工食品事業も好調です。 株主優待では、 JTの加工食品関連が 1,000円相当が年 2回。 配当利回りも 4. 8%と高配当株! 長期資産株に是非おすすめ出来る銘柄です。 00円) 優待利回り 5. 全国に 960店舗を展開し、上場中の家電量販店の中では一番の売上を誇ります。 (ライバルとなるヨドバシカメラは非上場の為、詳細はわかりません) 東京の池袋にある総本店のような都市型店舗からテックランドといった郊外店まで幅広く運営。 家電量販店好きな人の中では「ヤマダ派・ビック派・ヨドバシ派」とファンが分かれ、この三大手を「家電 3カメ」とも言われています。 ヤマダ電機の株主優待は、 1,000円購入ごとに 1枚( 500円分)利用できる優待券が年間 3,000円相当が貰えます。 実質半額になる優待券ですね。 また、長期保有制度もありますので2年以上保有していれば更に2,500円分が追加!合計で年間5,500円分となります。 配当金も3%超えで高配当株ですので、ヤマダ派の人は検討してみては如何でしょうか。 00円) 優待利回り 1. 現在はプリクラ以外にもアニメ事業やスマホゲームにも参入し、人気セクターである「ゲーム」ジャンルの新生ルーキー的な銘柄です。 2018年 9月にフリュー完全オリジナルの任天堂 switchゲームを発売すると発表! シナリオや音楽制作、キャラクター発案者は数々の名作ゲームを世に生み出したレジェンドとも言われる開発陣が担当するということで、ゲームファンの中では大きな話題となりました。 フリューの株主優待は使い勝手の良いクオカードが 2,000円分貰えます。 配当金も3%近く還元し、長年還元率を変えていない安定性から長期で持つには安心出来る銘柄です。 00円) 優待利回り 0. auをキャリア展開している企業でご存知の方も多いはずでしょう。 最近は大手企業が次々に格安スマホを導入し少し苦しくなる場面も見られましたが、キャリアを超えてのアプリサービスや物販など非通信分野においても業績を伸ばす戦略を行い、 業績は常に右肩上がり。 異例の 16年連続増配を行っており、高配当を還元し続けています。 KDDIの株主優待は、いろいろな商品から選べる 3,000円分のカタログギフト。 00円) 優待利回り 7. 2017年度は 4億円の赤字拡大となり株価は暴落しましたが、悪材料出尽くしと評価され、今では買い支えが入っています。 とくに 2018年度は記念配当が 5円プラスされ、従来の配当 20円も合わさり、 配当利回り4. 58%と高配当株になっています。 投資金も 5万円ほどで購入できるので、お手頃価格なところも嬉しい銘柄ですね。 株主優待は地ビールでお馴染みの銀河高原の小麦のビール 12本セットが贈呈。 お酒好きな人にオススメの銘柄です。 00円) 優待利回り 3. イオングループは各地で地方グループに分けられ、各企業がそれぞれ上場しており、独自の優待制度を導入。 その 1つとしてイオン北海道が存在します。 地方型でニッチな分、地域密着にこだわった運営を行いますので、その土地の特性にあった商品陳列や品揃えで全国にファンを持つイオングループ。 親会社も国内最大手というところもとても安心感がありますね。 イオン北海道の株主優待は全国のイオングループ(マックスバリュやまいばすけっと、イオンモールも含める)で利用出来る優待券 100円分が 25枚貰えます。 1,000円につき 1枚に利用が可能ですので実質 1割引でお買い物が出来ますね。 日常的にイオングループのお店を利用する方にオススメの銘柄です。 00円) 優待利回り 1. ヒット番組には「探偵!ナイトスクープ」が有名です。 動画配信や BSの普及で民放放送会社にはなかなか厳しい向かい風が続いていますが、それでも安定した利益を上げています。 また、給与が高い会社としても有名で、平均年収はなんと 1,500万円!とても羨ましい高年収です。 PBR(株価純資産倍率)も 0. 55と割安感と安心感が強い朝日放送ですので、投資初心者の方でも安心して投資先としての選択が出来ます。 株主優待は、番組特製のクオカードが年間1,000円分贈呈されます。 このクオカード、「探偵!ナイトスクープ」や「 M-1グランプリ」「アタック 25」など有名番組のクオカードで、とてもプレミアム感のある品物です。 自分に合った優待を選ぼう 株主優待はとてもバラエティーに富んでいます。 優待として還元される商品が、投資金の何割相当かで利回りは計算されます。 この貰える優待が「 自分の生活のニーズに合った優待かどうか」が一番のポイントでしょう。 どれだけ高利回りでお得な優待を貰っても 使い道のないものであれば、実質優待利回り0%となりうる可能性もあるのです。 例えば、立派な自家用車を持っている人にレンタカー優待割引券など必要ないですよね。 目先の利回りにとらわれず、よく利用するお店か、実用性があるかどうかご自分の環境を加味して銘柄を選んでみましょう。 高利回り優待の注意点 当たり前ですが、株価は毎営業日ほぼ必ず変動します。 利回りは株価が下落すれば上昇し、株価があがれば低下します。 20円の配当金を出すA社の株を、1,000円で買うのと900円で買うのでは、配当利回りが0. 2%変わってきます。 もちろん、株価は低い時に買うことがおすすめですが、これが業績不良によって下がった株価だと利益が減るので配当金は減配してしまうかもしれません。 これにより企業の好意である株主優待も 廃止になる可能性があります。 株主になる前に、企業の業績が安定しているか、過去の配当金の実績などホームページなどでIRをチェックして納得した上で購入しましょう。

次の

優待名人・桐谷さんが今買いたい株主優待銘柄はどれ?優待品と配当利回りを分析!

株主優待 利回り おすすめ

引用: 保有株式数・保有期間に応じて、最大で年間52,500円分の優待券が受け取れる ヤマダ電機株式を保有していると、保有株式数に応じてヤマダ電機各店(一部除外店あり)にて使える株主優待券を年に2回受け取ることができます。 保有年数の延長により、さらに優待額がプラスされます。 優待券1枚は500円分で、1,000円(税込)以上のお買い物で優待券1枚の利用が可能です。 基準日 保有株式数 優待額 保有年数 3月末日 100~499株 1,000円分 1年以上保有で+1,500円 500~999株 2,000円分 2年以上保有で+2,000円 1,000~9,999株 5,000円分 10,000株以上 25,000円分 9月末日 100~499株 2,000円分 1年以上保有で+500円 500~999株 3,000円分 1,000~9,999株 5,000円分 10,000株以上 25,000円分 権利確定月 3月末日・9月末日 最低投資金額 53,300円 単元株数 100株 配当利回り 2. 保有株式数によりヤマザワ買物優待券(山形・宮城県の株主)もしくは全国共通ギフトカード(その他都道府県の株主)がもらえ、8月末日にはその美味しさで評判となった「つや姫」を始めとする山形のお米をもらうことができます。 全国保証の株式を1年以上継続保有すると、クオカード5,000円分、各地の特産品が満載のカタログギフト(5,000円分相当)から1点、のどちらかを選ぶことが可能です。 保有株式数 継続保有年数 優待内容 100株以上 1年未満 クオカード(3,000円分相当) 1年以上 クオカード(5,000円分相当) または特産品カタログギフト(5,000円分相当)からお好みの物を1点 権利確定月 3月末日 最低投資金額 357,500円 単元株数 100株 配当利回り 2. 保有株数が300株以上であれば、手に入れるのが難しい「ひよこちゃんオリジナルグッズ」もプラスされ、お得感満載です。 3年以上の継続保有で、株主優待のグレードがワンランクアップします。 株主優待では、自社プライベートブランド商品を始めとする約30種類の商品から1点を選ぶことができます。 内容の種類としてはコーヒーサイフォン・洗剤セットなどがありますが、毎期更新され、保有株式数が100株以上では5,000円相当、1,000株以上保有で10,000円相当の商品から選ぶことが可能です。 保有株式数 優待額 100株以上 カタログギフトより5,000円分相当の商品を選択 1,000株以上 カタログギフトより10,000円分相当の商品を選択 権利確定月 12月末日 最低投資金額 290,200円 単元株数 100株 配当利回り 1.

次の

10万円以下で買えるおすすめ株主優待

株主優待 利回り おすすめ

株主優待制度でもらえるものは?食事券、割引券、クオカードなど 株主優待の内容は、会社によって実にさまざまです。 自社製品もあれば、事業内容とは関係ない優待もあります。 どんな株主優待があるかは、各証券会社のサイトなどで検索できます。 例えば、スーパーのイオン<8267>なら、100株以上の保有で、買い物金額に応じてキャッシュバックを受けられる「イオンオーナーズカード」がもらえます。 このカードがあれば、無料で飲み物が提供されるイオン内のラウンジ(イオンラウンジ)も使えます。 自社の事業とは関係ない図書カード、クオカード、お米券やお米、カタログギフトを贈る企業も多数あります。 クオカードやお米は、会社の事業と関係なくても、使いやすいので株主に喜んでもらえるというわけです。 株主優待をおこめ券にしている小林洋行<8742>は、先物取引や不動産賃貸の会社なので、米とは全く関係ない。 関係ないが、株主にとっては使い勝手がいいからおこめ券にしているんだ(2019年1月現在)。 優待利回りランキング上位銘柄は自社商品組が占める 現在では1000社以上もの企業が株主優待を実施しています。 1000以上もある優待株の中から、どれを購入するか決めるのは、楽しくもありますが大変です。 どんな基準で優待銘柄を選んだらいいのでしょうか。 優待選びの基準になるのは「優待利回り」という数字です。 ここでは、優待利回りの計算方法と、優待利回りが高い企業の特徴についてご説明します。 優待利回りは、銀行の利子や配当利回りとはケタ違い 株主優待銘柄を選ぶ時、参考にするのが「優待利回り」です。 これは、株を買った金額(株価)に対して、もらえる株主優待がどれくらい得かをはかる数字です。 この場合、「Aのほうが優待利回りが高い」といいます。 ただ、計算方法をみてもわかるように、その時の株価によっても優待利回りは変わります。 分母である株価が安くなれば利回りは高くなり、株価が高くなれば利回りは低くなります。 株価が継続的に下がってきている企業は、株価が下がるだけの理由があるはずですから、いくら優待利回りが高くても敬遠したほうが良いでしょう。 業績悪化中の優待銘柄を買わないための注意点はで紹介しています。 ではここで、優待利回りのランキングを会社四季報から見てみましょう(2016年12月現在)。 順位 コード 社名 株価 優待内容 優待利回り(%) 1 3318 メガネスーパー 57. 0 買物割引券 701. 75 2 8107 キムラタン 7. 0 買物券 71. 43 3 8175 ベスト電器 154. 0 買物割引券 32. 47 4 3726 フォーシーズHLD 341. 0 株主優待券 29. 33 5 3772 ウェルス・マネジメント 1,214. 0 サービス利用権 21. 75 6 2453 JBレスキシステム 258. 0 自社サービス割引券 19. 38 7 2666 オートウェーブ 112. 0 買物割引券 16. 07 8 9439 エムエイチグループ 260. 0 美容室優待券 12. 46 9 3205 ダイドーリミテッド 404. 0 自社取扱商品 11. 14 10 5343 ニッコー 106. 0 陶磁器商品 9. 43 優待利回りが10%を超える銘柄がいくつもランクインしています。 配当利回りなら2%を超えると高配当と言われますし、メガバンクで定期預金しても、利子は0. 025~0. 170%です。 それに比べると、株主優待の利回りは本当にお得だということがわかりますね。 株主優待利回りランキングからわかる自社商品銘柄のお得さ さきほどのランキングを見ると、自社商品や、自社商品のお買い物券・割引券、サービス利用券を配っている企業が上位に入っています。 自社商品の場合、企業が負担するのは商品の原価部分だけですみます。 すると、「優待で配布する製品の売価は5,000円でも、企業の負担(原価)は1,000円」ということが可能です。 一方、クオカードなど、事業内容に関係ない優待を配るときには、企業は外部から商品を購入しないといけませんから、5,000円のクオカードを配るときに企業が負担するのは5,000円です。 株主優待にそこまでコストをかけられないため、クオカードの額はせいぜい1,000~2,000円くらいの企業が多いです。 そうだ。 その会社の商品をよく購入するなら、グンゼ<3002>やケーヨー<8168>のように優待が割引券の場合もかなり得になる。 購入金額によって優待利回りが変わってしまうのでランキングには載ってこないが、要チェックだ。 長期保有で優待利回りが上昇する銘柄もある 株を長期間持つと、優待利回りがアップする株もあります。 持っている株数が増えると優待内容が上乗せされる株もありますが、少ない株数でも、持ち続けることで優待利回りが良くなっていくのは嬉しいポイントです。 具体的には、長期間株を持っていると、お買い物券の金額が増えたり、もらえる商品のランクが上がったりします。 どんな銘柄が長期保有の株主への優遇をしているのか、チェックしましょう。 1年以上保有でお買い物券上乗せのビックカメラ 家電量販店のビックカメラ<3048>は、1年以上株を持っていると、お買い物優待券の額が増える制度があります。 【2019年2月末時点の株主】• 100~500株未満:2,000円分• 500~1000株未満:3,000円分• 1,000株~10000株未満:5,000円分• 10,000株以上:25,000円分 【2019年8月末時点の株主】• 100~500株未満 :1,000円分• 500~1000株未満 :2,000円分• 1,000株~10000株未満:5,000円分• ヴィレッジヴァンガード<2769>:買い物券• 千趣会<8165>:買物券• グンゼ<3002>:割引優待、希望商品と交換できる優待額 そうだろうな。 もちろん図書カードやクオカードがグレードアップする銘柄もあるけどな。 利回りが高くても使えなきゃ意味がない!自分が使える優待に投資 ここまで、株主優待の利回りが高いこと、長期保有によってさらに利回りが高まる銘柄があることをお伝えしてきました。 しかし、いくら利回りが良くても、実際に使えないと意味がありません。 人気が高い外食サービスの株主優待お食事券も、近くに店舗がないと、優待を使うためにわざわざ遠くまで行くことになり、交通費がかかって全然得じゃありません。 優待名人・桐谷さんのように、どこまでも自転車で走る気力と体力があればいいですが、実際には難しいですよね。 居酒屋のワタミなど、店舗での利用だけではなく、商品との引き換えができる株主優待もあるので、使える範囲が広い優待を選ぶのもひとつの方法です。 利回りランキング、おすすめランキング、人気ランキングなど、優待株のランキングがたくさん作られていますが、上位に位置する優待でも、自分が使えないと意味がないということを肝に銘じましょう。 その優待、本当に欲しい?人気やランキングに流されず銘柄を選ぶ 優待利回りが上位の企業の株主優待は魅力的に見えますが、実際使えないと意味がないですよね。 子どものいない人が子ども服メーカーのお買い物券をもらってもほとんど使えません。 あえて言うなら、友達や親戚の出産祝いに子ども服を買うときくらいでしょうか。 メガネをしていない人がメガネ店のお買い物券をゲットしても、同じくほとんど使えないでしょう。 また、これらの会社の店舗が近所にあるかも要チェック。 遠すぎたら使いに行けません。 他にも、例えばヤーマンの2017年度株主優待は、20,000円相当以上の自社商品(女性向け化粧品や美顔器)なので、美容に関心が高い女性にとってはとてもお得ですが、男性には不要ですよね。

次の