カワサキ zx25r。 カワサキが「Ninja ZX

カワサキ「Ninja ZX

カワサキ zx25r

・ 水冷4ストローク 並列4気筒 DOHC 4バルブ ・総排気量 249cc ・レッドゾーン 17,000rpm 待望の4気筒!エンジンから伸びる4本のエキパイがかっこいいですね! 回転数も17000回転と高いので回して走るといい音がしそうです。 なお馬力については確定ではありませんがおおよそ 40~45psと予想されているようです。 同じ250ccクラスのスポーツではHONDAのCBR250RRがよく話題に上がりますが、こちらは2気筒で最高出力は38psです。 フロントサスペンション周り ・KTRC(トラクションコントロール) ・KQS(クイックシフター) ・パワーモード ・ABS トラコンは勿論、クイックシフターやパワーモード選択機能まで勢ぞろいです。 いずれにせよバイク初心者でも安心できることはもちろん、ガッツリ走りこみたい人に向けた機能も盛りだくさんであることは間違いないですね。 マフラー周り サイレンサー部分が純正らしからぬ短さでとても印象的です。 ですが、写真の赤枠で囲われている箇所を見てもわかる通り触媒の箱(いわゆる弁当箱)が非常に大きいです。 個人的にこれはちょっといただけない感がありまm・・・ しかしこの触媒のおかげで短くスタイリッシュなショートマフラーが実現できるのだと思います。 値段はいくらするの? 具体的な車体価格は発表されていませんが、 85~95万との情報が出回っているようです。 ここまで豪華な電子制御を標準装備、かつ排ガス規制等時代的な制約があるなかコストのかかる4気筒バイクであると考えればまぁ妥当な金額と言えるでしょう。 同系統車種であるHONDAのCBR250RRのABSモデルも80万円超えですしね。 SNSや各種メディアでも話題に 前述のとおり東京モーターショーでの公開ということもありTwitterを始め、各種SNSで話題騒然となっています。 一時期ZX-25RがTwitterのトレンド入りまでしたそうですね。 それでいて回せば唸るように伸びるレーシーな高音がまさに4気筒っぽいなーというのが感想です。 ただ、やや電動バイクっぽい機械音(?)が強いですね。 この辺りは好みの問題なので何とも言えませんが、個人的にはもう少し重厚感ある音でもよかったなーなんて思いますね。

次の

カワサキNinja ZX

カワサキ zx25r

最近国内メーカーや海外メーカーからチラホラ250クラスの新機種が登場しています。 そしてつい先日、カワサキが250クラスを発表! しかし他と明らかに違うのがエンジンなんです。 現行唯一の4気筒 ZX-25R こちらが発表されたZX-25R。 現行の Ninja250とほぼ同様のスタイリングとなっていますが、全く同じではなく細かい部分が少しづつ違っています。 なんと言っても 一番違うのはエンジン。 250ccクラスで4気筒エンジンなんです。 通称250マルチ、と呼ばれているタイプですが、 もはや過去の産物化していました。 規制などの関係で もう作れないとまで言われていたこのタイプはどういうエンジンなんでしょう? 250cc4気筒って何? 最近の250ccのエンジンは 大体単気筒か2気筒。 要は ピストンが1つか2つのエンジンですが、4気筒は4つ動いています。 わかりやすいところで言うとCB400や大型クラスのZX-6R、10Rなども4気筒。 排気量が大きいクラスだと普通なんですが、 250などの低排気量クラスでは珍しいタイプなんです。 フィーリングや伸びなども違いますが、一番違うのは音。 250ccで4気筒の場合かなり 高回転型になるため物によっては20,000回転まで回るモデルも(単気筒だと回って12,000回転)。 単気筒の排気音が「バババババッ!!」と歯切れの良い音。 しかし 4気筒は「カァーーーン!!!」と途中に切れのないレーシーなF1サウンドなんです。 実は80年代〜00年代までは250ccにも普通にこういうエンジンがありました。 それこそ今回発表されたZX-25Rならぬ、ZXR250というバイクもあります。 他にも90年代のCBR250RR、ホーネット250、バリオス250、Bandit250など今でも高い人気を誇るモデルです。 これに共通して言えるのが レーシーな排気音と超高回転型エンジン、そして 他の250クラスとは比べ物にならないくらいの速さとパワーです。 しかし250cc4気筒の弱点、 回さないとパワーが出てこないという点もあります。 今回のZX-25Rはその点がどうなってるのか気になるところ。 昔の250マルチは超高回転エンジンなので回して走ると法定速度なんてあっという間に超えてしまい、 ゆったりのんびり乗れるフィーリングにはならないため衰退したエンジンですが、最新モデルでは扱いやすいマルチになっているのかもしれません。 まとめ 今回は参考出展として発表されたので 発売日や値段などは公開されていません。 しかし灯火類も付いていて、これをそのまま出しても問題ないレベルで作り込まれているので、遅くとも来年中くらいには公道で見かけることがあるかもしれません。 終わったとされていた250マルチの復活はライダーにとって嬉しい話! 続報が届き次第お伝えします!•

次の

カワサキ250cc4気筒「Ninja ZX

カワサキ zx25r

・ 水冷4ストローク 並列4気筒 DOHC 4バルブ ・総排気量 249cc ・レッドゾーン 17,000rpm 待望の4気筒!エンジンから伸びる4本のエキパイがかっこいいですね! 回転数も17000回転と高いので回して走るといい音がしそうです。 なお馬力については確定ではありませんがおおよそ 40~45psと予想されているようです。 同じ250ccクラスのスポーツではHONDAのCBR250RRがよく話題に上がりますが、こちらは2気筒で最高出力は38psです。 フロントサスペンション周り ・KTRC(トラクションコントロール) ・KQS(クイックシフター) ・パワーモード ・ABS トラコンは勿論、クイックシフターやパワーモード選択機能まで勢ぞろいです。 いずれにせよバイク初心者でも安心できることはもちろん、ガッツリ走りこみたい人に向けた機能も盛りだくさんであることは間違いないですね。 マフラー周り サイレンサー部分が純正らしからぬ短さでとても印象的です。 ですが、写真の赤枠で囲われている箇所を見てもわかる通り触媒の箱(いわゆる弁当箱)が非常に大きいです。 個人的にこれはちょっといただけない感がありまm・・・ しかしこの触媒のおかげで短くスタイリッシュなショートマフラーが実現できるのだと思います。 値段はいくらするの? 具体的な車体価格は発表されていませんが、 85~95万との情報が出回っているようです。 ここまで豪華な電子制御を標準装備、かつ排ガス規制等時代的な制約があるなかコストのかかる4気筒バイクであると考えればまぁ妥当な金額と言えるでしょう。 同系統車種であるHONDAのCBR250RRのABSモデルも80万円超えですしね。 SNSや各種メディアでも話題に 前述のとおり東京モーターショーでの公開ということもありTwitterを始め、各種SNSで話題騒然となっています。 一時期ZX-25RがTwitterのトレンド入りまでしたそうですね。 それでいて回せば唸るように伸びるレーシーな高音がまさに4気筒っぽいなーというのが感想です。 ただ、やや電動バイクっぽい機械音(?)が強いですね。 この辺りは好みの問題なので何とも言えませんが、個人的にはもう少し重厚感ある音でもよかったなーなんて思いますね。

次の