チャレンジタッチサポート。 チャレンジタッチの口コミ!6年生の娘が1ヵ月試したガチな感想!

チャレンジタッチと他のタブレット学習の違いを確認する(良い所、悪い所を徹底検証)

チャレンジタッチサポート

Wifi環境が必要 チャレンジタッチを使う為には家にwifiなどのネットワーク環境が必要です。 そのため、ネットワーク環境がない場合は事前に用意しないとならないです。 我が家の場合は、既にwifiの環境があるので、問題なかったです。 初めの設定に戸惑う チャレンジタッチを使う前にネットワークの設定などをする必要があります。 人によっては苦手な場合もあるので、戸惑う人もいるのではないかと思いました。 設定方法は、文章や動画で解説してるのがあるので、そちらを参考にするとよいです。 わからないことはサポートセンターに質問することもできますよ。 目が悪くならないか心配になる。 チャレンジタッチに限らず全てのタブレット教材に言えることですが、長時間使うと視力が悪くならないか心配になりますね。 チャレンジタッチには、一定の時間になると休憩を促すメッセージがでますが、娘は無視して続行したりするので、目を休めるように注意しないとならないです。 問題が選択式が主なので、当てずっぽうでも正解することがある。 間違えた問題は、解き直しによりおさらいができますが、分からない問題でも当てずっぽうで正解してしまった場合、解き直しできないです。 なので、当てずっぽうで正解した場合は、解説などを見るように促してあげた方がよいですね。 チャレンジタッチ小学6年生の口コミメリット チャレンジタッチ6年生を1ヶ月使って感じたメリットです。 専用タブレットを使うこと チャレンジタッチは、安価な専用タブレットを使って学習します。 専用タブレットでない場合、コンテンツが動作するスペックのタブレットを別途用意しないとならないです。 一般的なタブレットは、学習以外にYouTubeやゲームなどができるので、学習していると思ったら、YouTubeを見ていたなんてことも考えられます。 チャレンジタッチは、進研ゼミが提供する学習専用のコンテンツしか閲覧できないのがよいなと思いました。 教材が増えない。 進研ゼミでは、紙タイプのチャレンジもあります。 その場合、月ごとにテキストや問題腫などが送られてくるので長期間利用すると教材が増えて行くのがネックです。 しかし、チャレンジタッチなら、教材が増えません。 教材が増えない代わりに、毎月25日にコンテンツの内容が更新される仕組みになっています。 収納が少ない我が家にはピッタリだと思っています。 塾に行くよりも安い チャレンジタッチ小学6年生は、入会金不要、専用タブレット代無料 6ヶ月継続 月謝は5730円~6440円です。 充実したコンテンツでこの料金はとても安いと感じています。 個別指導の塾に通う場合、予習や復習目的で、年間10万円~30万円かかると言われています。 週1回~4回なので、毎日は通えません。 チャレンジタッチは毎日やっても 年間69,260円~77,280円で利用できるのでとてもお得です。 丸付けの必要がない。 学校の宿題や、紙のテキストの場合、丸付けが大変です。 我が家は末っ子がまだ2歳で手がかかるので、丸付けしているプリントに落書きをされたりする場合もあるんです。 しかし、チャレンジタッチなら、 自動で丸付けを行う機能があるので、下の子に邪魔される心配がないのがよいですね。 初めて習う内容でも、コンテンツだけで理解ができる。 小学校の宿題で初めて習うところは何回も娘に質問されました。 しかし、 チャレンジタッチは動画でわかりやすく解説されるので、初めて習う単元でも娘一人で理解できるのか、一度も質問されたことはありません。 算数は特に6年生の内容は難しく、私が上手に教えられなかったりして娘とケンカになってしまうこともありますが、チャレンジタッチだとケンカしないで済むのがよいですね。 説明がわかりやすいから、ひとりでも学習できるのがいい! お楽しみコンテンツがある。 学習が早く終わってしまった場合に使えるお楽しみコンテンツがあります。 外出自粛期間だと時間がたくさんあるので、すぐにメインコンテンツが終わってしまったりするんです。 しかし、歴史上の人物のつながりをゲーム形式で学ぶものや、タイピング練習を行うコンテンツなど、 メインコンテンツ以外のお楽しみコンテンツが、外出自粛期間に役立っています。 また、学習を進めていくとポイントが貯まり、貯まったポイントで商品と交換できるサービスがあるので、モチベーションアップに繋がっています。 電子書籍が無料 図書館に行けない今、無料で児童書の電子書籍が利用できるのはとても嬉しいと思います。 料金内で主要4教科以外に、英語やプログラミングを学べるというのは嬉しいですよね。 私が入会を決めたポイントの一つなのですが、 電子書籍が読めるというのが決め手でした。 図書館が休館しているので借りに行けないし、外部の電子書籍サイトなら有料ですが、 チャレンジタッチの会員ならば、無料で電子書籍が読めるんです。 詳細は、で確認してください。 チャレンジタッチ小学6年生の料金 チャレンジタッチを受講するのにかかる費用は、月々かかる受講料が主となります。 チャレンジタッチの受講料 チャレンジタッチ小学6年生の受講料は、料金の支払い方法によって1ヶ月あたりの料金が異なります。 1ヶ月あたりの料金 1回に払う金額 支払う頻度 毎月払い 6,440 税込み 6440 税込み 月ごとに支払い 12ヶ月一括払い 5,730円 税込み 69,260円 税込み 1年に1回の支払い 6ヶ月一括払い 6,190円 税込み 37,140円 税込み 半年に1回の支払い まとめて支払うほど、1月あたりの料金が安くなります。 ちなみに我が家は、6ヶ月一括払いを選択しました。 コンテンツのボリュームに対して1ヵ月分の料金が5730円~6440円なので、とてもお得ですよね。 チャレンジタッチ専用タブレットの費用 チャレンジタッチ専用タブレットの料金は、6ヶ月継続学習をすると0円になります。 しかし、6ヶ月 未満で退会、または紙のチャレンジに切り替えた場合、9,900円となります。 別途希望があれば、チャレンジタッチ専用タブレットのサポートサービスに入会します。 サポートサービスは、チャレンジタッチ専用タブレットを落としたり、踏んでしまった時に故障してしまった時に安価に交換できるサービスです。 契約期間 1回に支払う料金 年間に払う料金 1ヶ月 190円 税込み 2,280円 税込み 6ヶ月 1,050円 税込み 1,050円 税込み 12ヶ月 1,860円 税込み 1,860円 税込み サポートサービスに契約しない場合の交換費用は、19,800円 税込み なのですが、契約しておくと、12ヶ月契約の場合、交換費用が3,300円 税込み になります。 サポートサービスに契約できるのが、チャレンジタッチ専用タブレットが到着する前なので、 入会時に一緒に契約することをおすすめします。 我が家は6ヶ月のプランで契約しました。 チャレンジタッチ小学6年生に入会すると送られて来るもの チャレンジタッチ小学6年生に入会すると、以下のものが送られてきます。 間違えた問題は必ず解き直しされるのでおさらいができるんです。 デジタルコンテンツで、赤ペン先生による添削指導もありますよ。 1教科の学習時間が、15分と短いので飽きずに続けられます。 チャレンジタッチ小学6年生の歴史に特化したアプリ 6年生から歴史の勉強が始まりますが、チャレンジタッチには、歴史人物の理解を深めるためのゲーム形式のアプリや、歴史漫画アプリが配信されます。 遊びながら歴史上の人物について学べるのはよいですよね。 チャレンジタッチ小学6年生のプログラミング学習コンテンツ チャレンジタッチ専用タブレットに接続して使える専用のキーボードを使ってタイピング練習をすることができたり、ゲームをクリアするような感覚で挑戦するプログラミングツールがあります。 プログラミングは初めは簡単な課題なのですが、徐々に難しくなってきて後半はシステムエンジニアの旦那と一緒に考えながら挑戦していました。 チャレンジタッチ小学6年生の英語 新学習指導要領で学習する内容について、毎月「聞く」をベースとして「話す」「読む」「書く」の4技能を無理なく伸ばすカリキュラムになっています。 4教科+英語パーフェクトマスター 見た目はiPhoneのおもちゃようですが、隙間時間に4教科と英語を学べるコンテンツが収録されています。 英単語や漢字、歴史上の人物など繰り返し学んで覚える内容をドリルのように繰り返し学習できるようになっています。 チャレンジタッチの電子書籍 チャレンジタッチの電子書籍は専用タブレットや、パソコンなどの専用タブレット以外の通信機器で読めるんです。 約1000冊のラインナップがあります。 娘はお気に入りの本を見つけて1日中読んでいて楽しんでいますよ。 まとめ チャレンジタッチ小学6年生を1ヵ月使った口コミ、メリットとデメリットを紹介しました。 外出自粛期間の自宅学習に最適だと感じていて、ほとんどメリットばかりです。 今のところ娘も満足して使ってくれているので、入会してよかったと感じています。 資料請求は無料なので、気になる方はこちらのボタンをクリックして詳細を確認して下さい。

次の

親からみた「チャレンジ」から「チャレンジタッチ」に変えるメリット

チャレンジタッチサポート

チャレンジの退会手続き チャレンジの退会手続きは、 電話でのみ受付となっています。 講座ごとに電話番号が異なりますので、サポートページで確認するときは、どの講座なのか良く確認して電話をかけましょう。 電話はフリーダイヤルとなっていて、9時から21時まで12時間受付ています。 サポートページでは、「お詫び」としてサポート電話がつながりにくくなっていることがかかれています。 それでも電話でのみ受付ですので、つながるまでかけましょう。 退会の申し込みは、 お届け月の前月の1日までに連絡が必要です。 例えば、7月号から辞めたい場合は、6月1日までに連絡がする必要があります。 退会する予定が事前に決まっている場合は、申込期限を過ぎないように期限を確認して申し込みましょう。 特に、電話がつながりにくいことを考えると、早め早めに連絡したほうが良いでしょう。 一括払いをしていたときは 支払金額がお得になる6か月・12か月の一括払いを利用している人も多いでしょう。 一括払い期間中に解約した場合の支払い済みの代金は、使用した月分までで精算されて、返金されます。 ただし、精算は一括払いの一月分の金額で精算されるわけではありません。 購読した月数によって、次のように変わります。 6か月一括払いまたは、12か月一括払いで5か月以内の購読の場合は、毎月払いの金額で精算されます。 12か月一括払いで、6か月以上の購読の場合は、6か月一括払いの一月分の金額で精算されます。 例えば、4年生4月号から12か月払いで契約すると、49,128円になります。 これを7か月目まで受講し、8か月目から退会するとします。 この場合は6か月一括払いが、26,472円ですので、その一月分4,412円で精算されます。 続けた期間に応じてお得になるので、一括払いができるならば、途中で退会する可能性がある場合でもお得です。 退会時のチャレンジタッチのタブレット チャレンジタッチの場合は、タブレットも一緒に届きますが、このタブレットは退会する場合どうなるのでしょうか。 まず、タブレットは返却する必要はありません。 学習コンテツに関しても、配信された分に関しては退会後も使用することができます。 ただし、コンテンツについては、使用期限があり、基本的には配信された翌年度までしか使用できません。 例えば、4年生の途中で退会した場合は、5年生の3月までしか使用できません。 返却する必要はありませんが、 初めてから6か月未満での退会の場合は、14,800円のタブレット代を請求されます。 また、一度タブレットが届いたあと、退会して再入会する場合はタブレットは届かないので注意が必要です。 ここまでのタブレットの扱いは、退会だけでなく、タッチからオリジナルにコース変更する場合も同様です。 努力賞はどうなる? 退会した場合の努力賞ですが、ポイントが残っていてもそのポイントが失効するわけではありません。 退会後でも、プレゼントと残っているポイントの交換が可能です。 ただし、会員サイトからの交換の申請は、サイトの利用が最終受講月から3か月後の月末までとなりますので、それ以降はカタログの申込用紙を使用して交換するようになります。 まとめ 6か月未満の退会時にチャレンジタッチのタブレット代金がかかることを除けば、退会での請求はありませんし、一括払いでも返金があります。 退会に関する対応については、非常に良心的です。 しかし、実際の退会申し込みが電話のみで、その電話がつながりにくいです。 退会する場合は、できるだけ早く電話をかけるようにしましょう。

次の

【公式】チャレンジタッチ(進研ゼミ小学講座)

チャレンジタッチサポート

Wifi環境が必要 チャレンジタッチを使う為には家にwifiなどのネットワーク環境が必要です。 そのため、ネットワーク環境がない場合は事前に用意しないとならないです。 我が家の場合は、既にwifiの環境があるので、問題なかったです。 初めの設定に戸惑う チャレンジタッチを使う前にネットワークの設定などをする必要があります。 人によっては苦手な場合もあるので、戸惑う人もいるのではないかと思いました。 設定方法は、文章や動画で解説してるのがあるので、そちらを参考にするとよいです。 わからないことはサポートセンターに質問することもできますよ。 目が悪くならないか心配になる。 チャレンジタッチに限らず全てのタブレット教材に言えることですが、長時間使うと視力が悪くならないか心配になりますね。 チャレンジタッチには、一定の時間になると休憩を促すメッセージがでますが、娘は無視して続行したりするので、目を休めるように注意しないとならないです。 問題が選択式が主なので、当てずっぽうでも正解することがある。 間違えた問題は、解き直しによりおさらいができますが、分からない問題でも当てずっぽうで正解してしまった場合、解き直しできないです。 なので、当てずっぽうで正解した場合は、解説などを見るように促してあげた方がよいですね。 チャレンジタッチ小学6年生の口コミメリット チャレンジタッチ6年生を1ヶ月使って感じたメリットです。 専用タブレットを使うこと チャレンジタッチは、安価な専用タブレットを使って学習します。 専用タブレットでない場合、コンテンツが動作するスペックのタブレットを別途用意しないとならないです。 一般的なタブレットは、学習以外にYouTubeやゲームなどができるので、学習していると思ったら、YouTubeを見ていたなんてことも考えられます。 チャレンジタッチは、進研ゼミが提供する学習専用のコンテンツしか閲覧できないのがよいなと思いました。 教材が増えない。 進研ゼミでは、紙タイプのチャレンジもあります。 その場合、月ごとにテキストや問題腫などが送られてくるので長期間利用すると教材が増えて行くのがネックです。 しかし、チャレンジタッチなら、教材が増えません。 教材が増えない代わりに、毎月25日にコンテンツの内容が更新される仕組みになっています。 収納が少ない我が家にはピッタリだと思っています。 塾に行くよりも安い チャレンジタッチ小学6年生は、入会金不要、専用タブレット代無料 6ヶ月継続 月謝は5730円~6440円です。 充実したコンテンツでこの料金はとても安いと感じています。 個別指導の塾に通う場合、予習や復習目的で、年間10万円~30万円かかると言われています。 週1回~4回なので、毎日は通えません。 チャレンジタッチは毎日やっても 年間69,260円~77,280円で利用できるのでとてもお得です。 丸付けの必要がない。 学校の宿題や、紙のテキストの場合、丸付けが大変です。 我が家は末っ子がまだ2歳で手がかかるので、丸付けしているプリントに落書きをされたりする場合もあるんです。 しかし、チャレンジタッチなら、 自動で丸付けを行う機能があるので、下の子に邪魔される心配がないのがよいですね。 初めて習う内容でも、コンテンツだけで理解ができる。 小学校の宿題で初めて習うところは何回も娘に質問されました。 しかし、 チャレンジタッチは動画でわかりやすく解説されるので、初めて習う単元でも娘一人で理解できるのか、一度も質問されたことはありません。 算数は特に6年生の内容は難しく、私が上手に教えられなかったりして娘とケンカになってしまうこともありますが、チャレンジタッチだとケンカしないで済むのがよいですね。 説明がわかりやすいから、ひとりでも学習できるのがいい! お楽しみコンテンツがある。 学習が早く終わってしまった場合に使えるお楽しみコンテンツがあります。 外出自粛期間だと時間がたくさんあるので、すぐにメインコンテンツが終わってしまったりするんです。 しかし、歴史上の人物のつながりをゲーム形式で学ぶものや、タイピング練習を行うコンテンツなど、 メインコンテンツ以外のお楽しみコンテンツが、外出自粛期間に役立っています。 また、学習を進めていくとポイントが貯まり、貯まったポイントで商品と交換できるサービスがあるので、モチベーションアップに繋がっています。 電子書籍が無料 図書館に行けない今、無料で児童書の電子書籍が利用できるのはとても嬉しいと思います。 料金内で主要4教科以外に、英語やプログラミングを学べるというのは嬉しいですよね。 私が入会を決めたポイントの一つなのですが、 電子書籍が読めるというのが決め手でした。 図書館が休館しているので借りに行けないし、外部の電子書籍サイトなら有料ですが、 チャレンジタッチの会員ならば、無料で電子書籍が読めるんです。 詳細は、で確認してください。 チャレンジタッチ小学6年生の料金 チャレンジタッチを受講するのにかかる費用は、月々かかる受講料が主となります。 チャレンジタッチの受講料 チャレンジタッチ小学6年生の受講料は、料金の支払い方法によって1ヶ月あたりの料金が異なります。 1ヶ月あたりの料金 1回に払う金額 支払う頻度 毎月払い 6,440 税込み 6440 税込み 月ごとに支払い 12ヶ月一括払い 5,730円 税込み 69,260円 税込み 1年に1回の支払い 6ヶ月一括払い 6,190円 税込み 37,140円 税込み 半年に1回の支払い まとめて支払うほど、1月あたりの料金が安くなります。 ちなみに我が家は、6ヶ月一括払いを選択しました。 コンテンツのボリュームに対して1ヵ月分の料金が5730円~6440円なので、とてもお得ですよね。 チャレンジタッチ専用タブレットの費用 チャレンジタッチ専用タブレットの料金は、6ヶ月継続学習をすると0円になります。 しかし、6ヶ月 未満で退会、または紙のチャレンジに切り替えた場合、9,900円となります。 別途希望があれば、チャレンジタッチ専用タブレットのサポートサービスに入会します。 サポートサービスは、チャレンジタッチ専用タブレットを落としたり、踏んでしまった時に故障してしまった時に安価に交換できるサービスです。 契約期間 1回に支払う料金 年間に払う料金 1ヶ月 190円 税込み 2,280円 税込み 6ヶ月 1,050円 税込み 1,050円 税込み 12ヶ月 1,860円 税込み 1,860円 税込み サポートサービスに契約しない場合の交換費用は、19,800円 税込み なのですが、契約しておくと、12ヶ月契約の場合、交換費用が3,300円 税込み になります。 サポートサービスに契約できるのが、チャレンジタッチ専用タブレットが到着する前なので、 入会時に一緒に契約することをおすすめします。 我が家は6ヶ月のプランで契約しました。 チャレンジタッチ小学6年生に入会すると送られて来るもの チャレンジタッチ小学6年生に入会すると、以下のものが送られてきます。 間違えた問題は必ず解き直しされるのでおさらいができるんです。 デジタルコンテンツで、赤ペン先生による添削指導もありますよ。 1教科の学習時間が、15分と短いので飽きずに続けられます。 チャレンジタッチ小学6年生の歴史に特化したアプリ 6年生から歴史の勉強が始まりますが、チャレンジタッチには、歴史人物の理解を深めるためのゲーム形式のアプリや、歴史漫画アプリが配信されます。 遊びながら歴史上の人物について学べるのはよいですよね。 チャレンジタッチ小学6年生のプログラミング学習コンテンツ チャレンジタッチ専用タブレットに接続して使える専用のキーボードを使ってタイピング練習をすることができたり、ゲームをクリアするような感覚で挑戦するプログラミングツールがあります。 プログラミングは初めは簡単な課題なのですが、徐々に難しくなってきて後半はシステムエンジニアの旦那と一緒に考えながら挑戦していました。 チャレンジタッチ小学6年生の英語 新学習指導要領で学習する内容について、毎月「聞く」をベースとして「話す」「読む」「書く」の4技能を無理なく伸ばすカリキュラムになっています。 4教科+英語パーフェクトマスター 見た目はiPhoneのおもちゃようですが、隙間時間に4教科と英語を学べるコンテンツが収録されています。 英単語や漢字、歴史上の人物など繰り返し学んで覚える内容をドリルのように繰り返し学習できるようになっています。 チャレンジタッチの電子書籍 チャレンジタッチの電子書籍は専用タブレットや、パソコンなどの専用タブレット以外の通信機器で読めるんです。 約1000冊のラインナップがあります。 娘はお気に入りの本を見つけて1日中読んでいて楽しんでいますよ。 まとめ チャレンジタッチ小学6年生を1ヵ月使った口コミ、メリットとデメリットを紹介しました。 外出自粛期間の自宅学習に最適だと感じていて、ほとんどメリットばかりです。 今のところ娘も満足して使ってくれているので、入会してよかったと感じています。 資料請求は無料なので、気になる方はこちらのボタンをクリックして詳細を確認して下さい。

次の