ネコルガ族 評価。 【にゃんこ大戦争】ネコルガ族をプレイヤー別に評価してみる!

超激レア雑感~伝説のネコルガ族①~

ネコルガ族 評価

射程が非常に長い• 移動速度が4と非常に遅い• 攻撃頻度が全体的に遅め• 再生産が非常に遅い という特徴を持っており、 第3形態での運用が前提ということを覚えておいてほしいです。 経験値ステージが安定クリアできない、進化の虹マタタビがクリアできないうちは手に入れても使いこなせません。 また、非常に尖った性能のキャラが多いので、 1体手に入れたからといって攻略がすごく楽になるわけでもないです。 その代わり、白い敵を含むすべての敵の妨害キャラなどがいるので、狂乱ステージなど活躍するステージも結構あります。 ですので、ある程度の手持ちキャラがいて攻略には困っていない場合は引いてもいいですが、そうでなければ先に別のガチャで戦力の補強をすることをオススメします。 なお、にゃんこ大戦争がどれくらい進んでいるかでもおすすめ度は変わるので、「こんな人におすすめ」という目安を紹介しておきます。 2連続攻撃• 状態異常無効(波動 ふっとばす 止める 遅くする 攻撃力低下 ワープ 古代の呪い)• 生産コストは4,500円• 移動速度は4• 遠方範囲攻撃で射程は感知射程が500、最短400~最長1000• 再生産は約324秒• 攻撃頻度は14. 30秒 ノビルガはネコルガ族の中で唯一、第3形態が実装されていないキャラです。 ネコルガ族は第3形態で性能が大きく強化される傾向があるので、第2形態の時点では正直微妙です。。。 攻撃力も4万でDPSでは約2800と低く、妨害などもないので、 ただ射程が長いだけという感じの評価になります。 そのため、第3形態に期待したいところですが、現時点では7位でした。 すべての敵を100%の確率でふっとばして動きを止める• 射程650と長めで攻撃力が34000とそれなりにある• 生産コストは4,500円• 移動速度は4• 再生産は約324秒• 攻撃頻度は18. 93秒 ネコルガはすべての敵をふっとばして遅くする妨害を持っています。 射程650と大体の敵には射程勝ちしていて、攻撃力も34000と多少はあります。 しかし、 体力が2万と低く、被弾するとすぐ倒されるのがマイナスポイント。 攻撃頻度も約19秒に1回と遅いですが、前線を壁でしっかり守って持久戦することもできるので、狂乱のネコムートと合わせて耐久して攻略することができます。 中盤以降はほぼ使わなくなりますが、手持ちキャラが少ない場合は多少の戦力補強ができるキャラです。 100%の確率でクリティカル• 100%の確率でLv8波動(射程 1732. 5)を出す• 波動にもクリティカルが発生する• 生産コストは4,500円• 移動速度は4• 射程450とネコルガ族の中では少し短め• 再生産は約324秒• 攻撃頻度は12. 80秒 クビルガは 射程1732まで届くLv8の波動を出すのが一番の特徴です。 また、 クリティカルの特性も持っていて、波動にもクリティカルが乗るのでメタルキャラがたくさん出てくるステージで非常に活躍します。 ただし、 攻撃力は850と低めなので、1発で大きなダメージを与えることはできず、攻撃頻度も多くないのでクビルガのみに過信してはいけません。 クリティカルステージではとても活躍しますが、他の対メタルキャラは必要なので注意してください。 なお、 タンクネコと一緒に発動できるにゃんコンボ「ロングネック」はランキング道場で使える便利なものなので、そちらでも利用機会も多いです。 20%の確率でクリティカル• 単体攻撃で攻撃力が124000と高い• 生産コストは4,500円• 移動速度は4• 射程が720と長い• 再生産時間は約324秒• 攻撃頻度は8. 13秒と早め テコルガは妨害などはまったくできませんが、高い攻撃力とクリティカル持ちというのが大きな特徴です。 攻撃力は124000、クリティカルが発生したら1発約25万のダメージを出せてしまいます。 射程が720と長くて、この攻撃性能は非常に優秀。 風雲にゃんこ塔の40階はテコルガがいれば簡単にクリアできてしまう性能です。 ただし、 単体攻撃なので通常ステージでは攻撃がうまく当たらないこともあるため、一般的な起用は難しいかなという印象。 攻撃力の高さは魅力なので、狂乱・大狂乱ステージなど、強いボスがいるステージで活躍するキャラになります。 100%の確率で1度生き残る2倍• 波動無効• 残り体力99%以下で攻撃力2倍• KBが100回なので攻撃力上昇させやすい• 攻撃力51000で高めで、特性と合わせると102000になる• 生産コストは4,500円• 移動速度は4• 射程445とそれなりに長い• 再生産時間は158. 20秒とネコルガ族の中では速い• 攻撃頻度は17秒 トゲルガは 波動無効キャラで射程も445と長く、攻撃力が高いキャラです。 KB100回と約500ダメージでノックバックして、攻撃力上昇させることができるので、弱い敵からワザと攻撃を受けて運用する方法が一般的。 体力は5万しかありませんが、すぐノックバックするのでネコルガ族にしては珍しく攻撃を食らっても立て直しやすいです。 攻撃力が上昇していると 1発10万以上のダメージを出すことができ、にゃんこ塔30階のネコ仙人相手に活躍します。 その他、波動が厄介な敵が出てくるレジェンドステージなどでとても役立つので持っていると便利なキャラとなります。 遠方範囲全方位攻撃で感知射程が300、最短-700~最長300• 波動無効、ふっとばす・止める・遅くする・攻撃力低下・ワープが無効• 生産コストは4,500円• 移動速度は20と結構速い• 再生産時間は124. 87秒 レジェルガは遠方範囲全方位攻撃で、後方の広範囲の敵に攻撃できるのが大きな特徴。 古代の呪い以外のすべての状態異常が無効で、攻撃頻度が3. 5秒と多いのでDPS12143とかなり高いです。 宇宙編3章から出現する前方ワープの敵に刺さりそうな性能ですが、 ワープが無効なのが大きなマイナスポイント 笑 前方の射程は300と短めなので、 現状はゾンビ相手にしか後方攻撃が当たらないという噛み合っていない性能となっています。 再生産が124秒とネコルガ族の中では早いので、倒されても立て直しできますが、ステージを選びそうなキャラです。

次の

にゃんこ大戦争 ネコルガ族の評価は?

ネコルガ族 評価

書くって一回言って書いてないのでにゃんこ大戦争の記事書きます。 ポケ勢の方は今回はお休みで。 主観的かつ現時点でのもの。 第三形態の解放、新能力、敵キャラの追加、直面しているステージによって常に評価は変動しますので参考程度にしてください。 的外れなことや記憶違いも言うかもしれません なんせ4年近く前のことも思い出しながら書くので がお暇な時に読むくらいで。 多いので実装順に3つずつくらい、画像は使いやすいのが見つかったらで。 伝説のネコルガ族 ガチャタイトルにも入っているネコルガはレアガチャ実装時唯一の超激レアで大当たり扱いされていました。 そのことから だと思う 第三形態実装時も先発組に入ってきました。 しかしそれ以外の5体はとにかくクセが強く難易度を引き下げるステージが極少数ある程度なのでガチャ全体としては引くのは後回しで構わないと思います。 特殊性が高く個々の評価はしづらいためガチャ全体の評価に留めておきます。 超激ダイナマイツ ネコルガ族ほどではないものの6枠目のねこナース以外クセの強いものが揃っています。 全体の特徴として再生産間隔が想定の1. 2倍くらい早い。 クセが強いと言いましたがネコルガ族と違って手詰まりのステージをヌルゲーに変えるような性能のものも混ざっていて引く優先度は少し高め。 第三形態の実装により自身の魅力を無くす事なく汎用性を改善したキャラが多く第三形態が解放されるランクになれば欲しいキャラを狙っていって良いでしょう。 ガチャの種類が増えるたびにライデンかむくらももたろう…と超強力な妨害役が増え不遇だった期間が長いキャラでした。 第三形態の解放により汎用性と特化性の両面を強化され、十分な性能になったキャラです。 第三形態の解放時に波動打ち消しというブッ飛んだ能力を得た事で評価が逆転した。 他に波動打ち消しが追加されるまでこのキャラの地位は揺るがないはず。 他のガチャにもこの手のキャラはおらず"汎用性は高くないが持っておきたいキャラ"と見ています。 クリティカル持ちが増えるたびに要らないと言うような意見も見られますが攻撃力と範囲攻撃、クリティカル率で被っているキャラはおらず、まだまだ当たりと言っていいと思います。 なかなかの体力、浮き・エイリアンの2色に対する吹っ飛ばし、第三形態で追加される波動を持ってしてもそれぞれの能力に上位互換となり得るキャラが存在し、一言で表すなら"中途半端"といった感じ。 波動にも吹っ飛ばしが付いているのは面白いですが確率も半端で高々と誇れるようなものではないと思います。 能力的にはダイナマイツの後に実装されたドラゴンエンペラーズに近い ナース自体の追加はエンペラーズよりも後。 浮き・黒の2色に対して吹っ飛ばし・鈍足化の2種の妨害を向ける範囲の広さは他のキャラに無い魅力です。 第二形態で第三形態並の性能を誇り進化したときにどうなるか期待される一体です。 ガチャ全体としてにゃんまの項に書いた"汎用性は高くないが持っておきたいキャラが多く、汎用性の高いエースが揃い始めた頃に手を伸ばしてみるのがいいと思います。 ナースのみこの中では毛色の違う性能なので狙っていくというよりはついでに引ければラッキーくらいに思わないと痛い目を見るかもしれません 引き直しを利用するなら別ですが。 戦国武神バサラーズ 実装時より大々的に"対黒"を掲げたガチャ。 戦国武将はにゃんこ関係なくファンが多かったりするのでカッコよさを重視して引く方もいるんじゃないでしょうか。 進化後のネーミングは武神と頭に着く手抜き感。 先に登場した3体はやや特化性が高く追加された2体はやや汎用性に傾けた感じ。 特殊能力は他のガチャにも負けていませんが数値がやや貧相。 ハズレ枠だったが救済されたため安定性が高まった感もありますが後に登場する最強の一角かさじぞうに出番を奪われがちな面もあります。 武田? そんな子知りませんよ? ギャラクシーギャルズより実装早かったっけってなってます。 超ダメ能力とノックバックすると即反撃に移る仕様のおかげでDPSとはまた違った瞬間火力の高さがあります。 体力も高速キャラにありがちな低耐久というほど低くなく数発確実にブチ込んでから昇天してくれるでしょう。 他に似通った超激レアキャラはおらず独自のポジションを持ち、採点ステージや高速周回用にも手にしておきたい一体。 ハズレ枠というのは第三形態解放前まで。 波動無効を最初に得たキャラ だった気がする であり、攻撃力UPも追加される大幅改善。 前田に限らず打たれ強い枠は第三形態で大幅に救済される傾向にあるためハズレだったと嘆いた人は前向きにいきましょう。 その能力から先に登場した3体の中では当たり枠だったような記憶があります。 黒い敵はしばらく射程の短いキャラがほとんどだったのだが現在では黒ゾウや黒ニャンダム等勝てない敵や複合色のステージが増え活躍の機会を減らしている印象を受けます。 第三形態で大化けする可能性に期待しましょう。 その能力を利用したハメ攻略も流行りましたが対策済みですね。 デスピエロともどもどのような第三形態になるか想像もつきませんしその分楽しみにすべきキャラかもしれません。 射程が優れば強力ですが信長や伊達と同じく射程負けすることが増えているので第三形態でその点が伸びれば活躍しそうです。 振り返って気付きましたがバサラは全体的に射程が短いんですね。 かさじぞうが強過ぎて最近の対黒は価値が薄れてしまっている気もしますが確実に対黒キャラが欲しい場合は引いてもいいかもしれませんね。 ギャラクシーギャルズと実装順の記憶が曖昧なのは何故なんでしょうか。 謎です。 とまあ、こんな感じでその1は終わりですね。 気が向いたら書いていくので暇な時にどうぞ。 コメントより反応早いと思います。 sosogi.

次の

にゃんこ大戦争 第3形態 ネコルガの性能紹介

ネコルガ族 評価

ネコルガ進化後のステータス• 体力 20400• ノックバック 1回• 攻撃頻度 18. 速度 4• 射程 650• コスト 4500• 攻撃対象 範囲攻撃 射程が素晴らしいのが特徴。 あとは足が遅いとか攻撃頻度が遅いとかネコルガ族に共通するデメリットは変わらずですね。 ぶっちゃけ第二形態のときはにゃんコンボ要因以外では、ネコルガを使っていませんでした。 ただ第三形態のウルトラケサランになると状況は変わります。 使い方は後でお話しします ケサランパサランのにゃんコンボも使える 第二形態のままでも、にゃんコンボ要因としてならパーティに入れる価値はあります。 星4ステージなど激レアや超激レアを使えないときも、このコンボで火力を上げて対抗することができますよ。 にゃんこ大戦争のケサランパサランとウルトラケサランの使い道 では僕がウルトラケサランをどうやって使っているかを紹介します。 壁用キャラを量産して、超遠距離キャラでじりじりと敵キャラの体力を削るときに重宝してます。 ウルトラケサランまで進化させて、ふっとばした後に動きを止める性能が使えますね。 あとは動きを遅くする性能があるキャラ、例えば と併用して長期戦に持ち込み城を破壊します。 大前提としては前線に壁用キャラを量産すること。 ゴムねこ・狂乱のゴムねこはもちろん、ネコホッピングなど生き残る性能があるキャラも使いましょう。 ぶっちゃけ前線さえ崩れないまま時間をかければ、ウルトラケサランで敵キャラを後方に追い込み城を破壊できます。 面白味がない攻略方法ですが最終手段として使うときがあったり。 足が遅いのでステージ上に出すことはありませんが、にゃんコンボ要因としてパーティに入れるんですね。 時間制限があるステージとかに使えますよ。 ネコボンを使って働きネコのレベルをMAXにして、にゃんコンボで攻撃力をUPさせる。 この条件なら速攻ステージを攻略しやすくなりますよ。 ネコルガの入手方法とケサランパサランへの進化方法 最後はネコルガの入手方法と進化条件を見ていきましょう。 ガチャで入手後にケサランパサランへ進化 ネコルガが欲しいときはネコルガ族のガチャまで待って引きます。 その中でネコルガが当たる確率はさらに低くなります。 あとネコルガ族全般に言えることですが、ネコ缶はネコルガ族を優先しなくてOK。 第三形態ウルトラケサランへの進化条件 ネコルガを進化させるとケサランパサランになります。 ただ第二形態のままだと、にゃんコンボ以外で使うときはありません。 動きを止める性能のために第三形態まで進化させましょう。 ウルトラケサランまでの進化方法• 緑マタタビ7• 紫マタタビ7• 赤マタタビ6• 青マタタビ7• だから体力や攻撃力を上げるためにキャッツアイを使用する必要はありません。 余ってるならレベル40までは上げてもいいですが、他に優先する超激レアがありますよ。 とくに『動きを止める』と『波動ダメージ耐性』は解放して損はありません。 逆に残りの4つは解放しなくて大丈夫です。 ウルトラケサランの本能• 動きを止める• 波動ダメージ耐性• 基本体力アップ• 基本攻撃力アップ• 生産コスト割引 【総括】ネコルガはウルトラケサランにまで進化させるのが前提 今回はネコルガについて評価と使い方を紹介しました。 ステージは持久戦にもちこむとき、あと速攻ステージのときのにゃんコンボ要因として使えます。 キャッツアイでレベルアップさせる必要はありませんが本能解放で動きを止める時間を長くするのは効果的ですよ。 またTwitterとYouTubeでは攻略法も発信しているので登録をお願いします。

次の