と ある 男 が 授業 を した。 とある男が授業をしてみた【中学数学・英語・理科・社会無料問題】

どうしてユーチューバーになったの? YouTube【とある男が授業をしてみた】の葉一さんインタビュー

と ある 男 が 授業 を した

コンテンツ目次• youtube. まず葉一先生の出身高校について調べましたが、高校を特定できる情報は見つかりませんでした。 もしかしたら、今後動画などの中で明かされていくかもしれませんね! 出身の大学は「 東京学芸大学教育学部」だそうです。 ここで今の授業のベースとなる算数・数学の教え方を学んだり、 教員免許も取得されたそうですね! その後一般企業に就職し営業職として、コミュニケーションスキルやトークの際の間の取り方などを学び、塾講師として実際に多くの生徒へ触れた経験を活かして今の動画を立ち上げたそうです。 葉一先生のわかりやすい「 とある男が授業をしてみた」はこのような経験を元に作られているんですね! 葉一先生は病気を患っている? しっかりとしたしゃべり方が特徴の葉一先生ですが、 病気を患っているという情報がありました。 調べてみましたが葉一先生がどのような病気を患っているのかは見つけられませんでした。 ただ、「営業職として一般企業に就職をしてセールストークなどを学んでいたときに持病が悪化して10か月で退職された」との情報をみつけることができました。 しかし、その後、塾講師として複数の教室をもち、精力的に活動されていた際にも、youtubeを立ち上げた後でも病気が原因で何かができないという情報は見つけられませんでした。 もしかしたら、持病と言われているものは、普通に生活している分には影響が少ないものだったり、営業職をしていた当時は酷かっただけでもう治ってしまったりしたものかもしれませんね。 もし持病があったとしても葉一先生には今後も精力的に動画を上げていってほしいですね。 葉一先生は高崎出身でイケメンでかっこいいと評判! ものすごい勢いでチャンネル登録者を増やしている葉一先生が 高崎出身という噂があり調べてみました。 【ゲスト】 明日27 金 の「大谷ノブ彦 !」16時台ゲストは、高崎在住の教育系YouTuber はいち さん! 授業動画をネット上で配信し、チャンネル登録者は83万人を超えています。 わかりやすい!と好評。 メールも募集中! — FM GUNMA fmgunma 調べたところ、葉一先生の生まれは福岡県。 東京学芸大学を卒業されて、社会人として世に出てからは、茨木県の一般企業に就職し、埼玉県内の学習塾で塾講師をし、いまは群馬県高崎市に在住されていることがわかりました。 高崎近辺にお住まいの方でしたら、もしかしたら、駅西口の慈光通り(ショッピングセンター)などですれ違っているかもしれませんね。 さらに、高崎の話をしらべていたら、ツイッターなどで、葉一先生は イケメンという声も多数聞かれました。 このようなところからも、葉一先生の人気強さがわかりますね。 まとめ 今回は誠実なトークでお茶の間の生徒たちから絶大な人気を誇る 葉一先 生について学歴(高校・大学)や病気を患っているのか、高崎出身のイケメンでかっこいいと評判になっているかを調べてみました。 葉一先生の出身高校はわかりませんでしたが、東京学芸大学を卒業されて、算数、数学の教員免許も持っておられることがわかりましたね。 また、現在は 高崎在住でした。 周りからは イケメンでかっこいいと相当評判になっていましたね( 本人は否定されていましたが(笑))。 動画やツイッターのやりとりだけでも誠実さがにじみ出ている葉一先生の今後の活躍にも注目していきたいと思います!.

次の

高校数学で困ったらこれを見ろ!!!【とある男が授業をしてみた】

と ある 男 が 授業 を した

勉強をする意味がわからなくなったり、学校を休んでいるうちに授業についていけなくなったり……ちょっとしたきっかけで勉強を苦手に感じてしまうことは少なくないだろう。 自分だけではどうしていいかわからないけど、塾に行ったり家庭教師をつけてもらうのはお金もかかるし親に相談が必要だし……。 そんな君にオススメなのがYouTubeのチャンネルだ。 教育ユーチューバー葉一(はいち)さんが、小学3年生~高校生までの勉強内容の授業を動画で配信している。 「教え方がわかりやすい!」「私にとって家庭教師みたいな存在」と中高生に大人気だ。 現在チャンネル登録者は20万人以上、視聴回数は7000万回を超えている(2017年1月現在)。 葉一さんはなぜYouTubeで授業を始めたのか? 話を聞いてきた。 塾講師の仕事をしていて気づいたのが、月謝が高くて通えない子が想像以上に多くいること。 保護者の方から「楽しそうに勉強しているから続けたいけど、月謝が高くて……」という声もありました。 家庭の所得格差によって、子どもが教育を受ける機会が失われてしまうことを実感したんです。 それならより多くの人が見ることができるYouTubeに授業を投稿しようと思ったのが、ユーチューバーになったきっかけ。 YouTubeを選んだのは、僕自身YouTubeが大好きだから(笑)。 その後、塾講師の仕事を辞めて、教育関係の比較的自由に働ける仕事に転職して、副業としてYouTubeに動画投稿をしています。 もともと先生になりたい思いは強かったんですか? 僕は高校に入るまで学校や教師が嫌いでした。 中学生のときにいじめにあっていたからです。 陰口を言われたり、聞こえるように悪口を言われたりしていたので、学校に行くのがしんどかった。 先生も信頼していませんでしたね。 でも、高校に入学して素敵な先生に出会いました。 口が悪くて怖い先生でしたが、ほかの表面を取り繕っているような先生たちと違い、生徒の話を真剣に聞いてくれて、正面から向き合ってくれる人でした。 そして、何より授業がとってもわかりやすかったんです。 おかげで、数学の成績が伸びました。 そのときに「この先生のようになりたい」と思って勉強を頑張り、教育学部に進学しました。 学校の先生の仕事は生徒と触れ合う時間以外の書類作成などの事務作業がたくさんあることを知ったんです。 僕は恩師に支えてもらったように、子どもたちを精神的にフォローしたかった。 なので「学校の先生以外にも、それが叶えられる方法はあるんじゃないか」と考え、学校の教師とは違う道を進もうと決めました。 生徒たちの精神的な支えになるためには、コミュニケーションのプロになる必要があるなと。 営業の飛び込みは、コミュニケーションの能力を高めるのに最適だと思ったからです。 その後塾の講師の仕事を始めました。 授業でつまづいてしまったときやテスト前の復習、受験勉強の補助として使ってもらっているようです。 あとは学校に行きたくない、行けない子も見てくれています。 僕は自分の動画の広告を出したことがないんです。 見てくれた子や親御さんたちが、ネット上でシェアしてくれたり、学校で「この動画わかりやすいよ」と広めてくれたりして、再生数がどんどん上がっていきました。 言い間違えたら撮りなおしをしているので、収録後にはのどが痛いこともあります(笑)。 まるで学校の休み時間のようだなと思います。 そうですね、勉強の手助けや息抜きになればと思います。 勉強の悩みはもちろん、家族や友人関係の悩みを聞くことも多いです。 最近はありがたいことに個別にもらうメッセージやメールの量が増えてきたのですが、すべてに返事ができなくなってしまって……それは申し訳ないですね。 しばらくメールのやり取りをしていましたが、だんだんと相談の頻度が少なくなっていったんです。 それは悪いことでは決してなくて。 もらったメールを読んでいると「少しずつ登校できるようになって、学校が楽しくなってきた」というようなポジティブな内容が増えてきていました。 連絡がだんだんなくなっていくのは、実生活が楽しくなってきた証拠でもあるのでうれしかったですね。 2016年3月に配信した【はいちのだらだラジオ】第137回ではいじめの話も。 僕は中学生のとき、いじめられてしんどくて学校も嫌いで、「なんで生きてるんだろう」と思っていました。 みんなもそれぞれ悩みがあって、「死にたいほどつらい」と思うこともあると思う。 でも、人に出会ったり、環境が変わったりすることで、いつか笑える日は絶対に来ます。 まずは目の前のことを頑張って、前に進んでいきましょう! (松尾奈々絵/ノオト).

次の

高校数学で困ったらこれを見ろ!!!【とある男が授業をしてみた】

と ある 男 が 授業 を した

「とある男」の動画は、あまりお勧めできません。 おつりはいくら?」 これは、算数の問題文として、意味が成立しますか?私は、この動画を見て、「なんじゃい、これは???」という状態になりました。 私は、「キャンディは、500円で、」という部分を読んで、飴が500円なのかな?と思いましたが、キャンディというのは、飴ではなく、人の名前ですよね?また、「110円の消しゴムを3つ」なんて言い方は、初等教育の人ならしませんよね?「1つ110円」なら分かるけど。。。 たぶん、その点を、指摘したコメントを削除して、コメントを拒否したのではないかと推測します。 もしそうであるならば、彼のやり方は、卑劣です。 彼は、多くの動画をあげていますが、彼の動画には、「数学」というものがありません。 彼の動画は、「教科書レベル」で、導入部分に重点を置いていますが、数学を「暗記教科」に落とし込めています。 論理を抜きにして、計算のやり方だけを、丸暗記させる指導法ですね。 「難しい?論理」を抜きに教えるから、「学校の先生より分かりやすい」のは当たり前です。 しかし、数学で最も重要な事は、論理性です。 論理性を欠いた数学は、最早、数学ではありません。 この動画の、こんな、しょうもない説明で納得できる高校生は一人もいないでしょう。 まぁ、特に、間違ったことを言っているのではないのですが、余りにもセンスが無さ過ぎます。 数学の指導者には、ある程度の「センス」が必要だと思いませんか? こんなことを言うのも憚れますが、こういうレベルの人のチャンネル登録数が多いのには呆れてしまいます。 やはり、高校受験に挑むには、学校の授業と、教科書、それに、市販の参考書なり、問題集ですね。 一概に言えませんが、you tubeは、視聴回数が多い動画だからといって、信頼できる動画とは限りません。 かえって、視聴回数の多い動画ほど、要注意であり、危険だと思っていた方が良いでしょう。 中学や高校の数学は、やはり、理学部数学科卒の指導者の動画を見た方が良いのではないか、というのが私の個人的な感想です。 現状では、そのような指導者が少ないのが残念です。。。。。 率直に言えば、教育学部卒は信用できないということです。 安全性に関することで、非常に重要な事なので、もう一つ追加させてください。 この水蒸気は試験管の口付近で、試験管に冷やされて、液体の水になるのです。 「出てきた水が加熱されて試験官がわれるのを防ぐため」ではなく、「出てきた水が、加熱された試験管を急冷することにより、試験管がわれるのを防ぐため」です。 この動画では、この部分が間違いですが、特に理科の実験は、危険性を伴うため、現象をよく理解した指導者が教えるべきだと思います。 私も気になったので、他の指導者の動画も見てみましたが、多くの指導者が、「とある男」さんと同様の間違いをしていました。 すみません。 この動画を見ると、私の指摘はやや改善されていますが、残念ですが、彼は本質的な部分で現象を理解していません。 この実験で、熱分解されたときに出てくる水は水蒸気です。 (日常用語では、水と言えば液体ですが、理科では水蒸気も水と言うのです。 )水蒸気は気体です。 これについても、他の人の動画を見てみたのですが、信じられないことに、「とある男」さんと同様の間違いをしている動画が多々ありました。 このミスの出典は、一体どこにあるんでしょうね?ともかく、このことについては、多くの指導者がこの現象を鵜呑みにしている、ということでしょうね。 それからもう一つ気になる点として、「水が試験管に付着する」というのは良いですが、その意味を彼は理解していないように見受けられます。 「水が付着する」というのは、「水蒸気(気体)が試験管の壁によって冷やされて凝結し、水滴になる」という意味です。 「付着」というのは、この場合、単に液体の水が試験管の壁に「付く」という意味ではありません。 理科は、ペーパーテストだけできれば良いというものではないのです。 理科は、現象の理解こそ大切であって、決して暗記教科ではありません。 くれぐれも、学校の授業を大切にしてくださいね。 以上、長々と書かせて頂きましたが、私が書いた内容は、「とある男」さんだけに限ったことではなく、多くの動画配信者(特にチャンネル登録数の多い配信者)に共通して言えることです。 理科の動画を少し見てみたのですが、やはり、溶解度の単元などで、間違いや、不明確な説明が多いですね。 また、力の平行四辺形についても、天下りに教えているようです。 力の平行四辺形の法則は、大人(高校生以上)には当たり前の法則ですが、中学生にとっては、何故成り立つのか、不思議な法則だと思います。 私自身の経験から言わせて頂けば、中学校の教員からこの法則を天下りに教わった時、何とも言えぬ違和感を感じたのを今でも覚えています。 この法則は決して当たり前の法則ではありません。 16世紀に、シモン・ステヴィンがこの法則を発見したのを知ったのは、高校を卒業した後でした。 理科は現象の理解が大切であって、決して丸暗記の教科ではないのです。 現象を理解していないバカに理科を教わると、バカになるというのは、ある意味で本当だと思います。 やさしく基本を教えてくれているんだと思います。 わたしの同級生にも、数学が苦手な子の中に専用のテキストを買って見ている子がいますよ。 数学の問題量は膨大で、難度もピンからキリまでありますよね。 ハイチさんに導入部分を教えてもらったら、そこから習熟を深めていくのはご自身の努力だと思います。 わたしの印象ですが、例えば公立高校の入試問題の難易度が10段階だとすると、ハイチさんの授業は「導入の学習」として制作されているので、3ぐらいでしょうか。 入試で確実に点を取るためには、もっともっと様々な問題に当たっておくべきです。 「分かったぞ!」と思っても、少しひねった問題を出されると解けないことってよくありますよね…。 ありませんか? 自信をもって受検に臨めるよう、可能な限り多くの類題を解いておくべきだと思います。

次の