あいみょんマリーゴールド歌詞。 あいみょん「マリーゴールド」歌詞の意味は純愛?MVの意味も調査!

マリーゴールド

あいみょんマリーゴールド歌詞

この曲は今や、誰もが口ずさめる夏のアンセムだ。 『マリーゴールド』の歌詞は、揺れ動く恋心を描くと同時に、終わってしまった恋への懐かしさも思わせる。 しかし、『マリーゴールド』のMVを見てみると、マリーゴールドの花が登場しないだけでなく、何かの花が映るシーンすらない。 MVは暗い室内と雨の街であいみょんが歌っているシーンが続く映像となっている。 暗い室内で歌っているときに彼女が着ているトップスの色は黄色。 そして、雨の街をスケートボードで滑走しながら歌う彼女が着ているトップスはオレンジ。 黄色とオレンジ。 これは、マリーゴールドの花の色と一致する。 『マリーゴールド』という曲を歌いながら、マリーゴールドの花に似た衣装を身に着けることに意味付けるとしたら、この曲はどんなメッセージを持つのだろうか? 二色のマリーゴールドが教えてくれる夏の恋の1ページを、これから紐解いていく。 黄色のマリーゴールドに似てる「君」 マリーゴールドの花は、「嫉妬」「悲しみ」など、基本的には悲恋の花言葉が有名だ。 その由来は、一人の女性が恋人のいる男性を好きになってしまい、嫉妬心に狂い、その後マリーゴールドに生まれ変わったとされるエピソードにある。 実際にマリーゴールドの花が持つ意味は、あいみょんの『マリーゴールド』のイメージとはかけ離れた印象を受ける。 しかし、悲しい意味合いを持つマリーゴールドの花だが、その感情の強さが転じて、強く深い愛を表す意味も持っている。 「変わらぬ愛情」や「可憐な愛情」、「信じる心」など、マリーゴールドの花が持つ良い意味の花言葉は、あいみょんの『マリーゴールド』のイメージに近いものかもしれない。 冒頭のフレーズは、若い二人の等身大の気持ちを感じさせる。 言うなれば、制服を身に纏っていた頃の甘酸っぱい恋だ。 大人よりもずっと豊かな感受性で、悲しいこともつらいことも受け取ってしまう若さだからこそ肥大していく恋心は、きっと思春期特有のものかもしれない。 聴いているこちらが面映くなるような真っ直ぐな想いが、このフレーズには込められている。 そんな花に似てる、と感じさせる「君」は、どんな人なのだろう。 バラのような華やかさでも、スイトピーのような可憐さでも、ヒマワリほどの明るさでもない。 そんな人物を想い浮かべてみる。 小さな花びらが身を寄せ合うようにして咲く、その形が麦わら帽子に似ているだけでなく、マリーゴールドの花が持つ意味も含めて考えてみると、「君」の姿が見えて来るかもしれない。 麦わら帽子に似た色を持つ、黄色のマリーゴールド。 マリーゴールド全体が持つ意味以外に、黄色のマリーゴールドには『健康』という意味がある。 その意味で、黄色いマリーゴールドは敬老の日の贈り物などに重宝される花でもある。 『健康』という意味を持つ花によく似た「君」。 健康的な肌で、健康的に笑う「君」。 それは、青春真っ只中の二人が年相応に恋をしている、そんな姿を想像させる。 そして、季節がすぎても「君」をずっと覚えていることが、この歌詞から分かる。 そんなマリーゴールドの開花時期と重なるこの曲の描写は、夏の終わりを思わせる。 夏に出会った「君」と肌を寄せ合って季節を超えたい。 名前をつけて忘れないように、日々を大切にしたい。 そんな想いが描かれている。 『マリーゴールド』という曲には、一夏の刹那の恋の、その先は描かれていないのだ。 ノスタルジックな曲調とともに紡がれる歌詞からは、マリーゴールドの花が持つ「変わらぬ愛情」という意味を思い出させる。 MVでは、オレンジ色のシャツを着たあいみょんが、雨に打たれながら歌う姿が映されている。 その姿は、街に降る冷たい雨とは対照的に、太陽のように明るく見えるだろう。 オレンジ色のマリーゴールドは、別名「太陽の花嫁」と言われている。 その由来は、オレンジ色のマリーゴールドが聖母マリアの祝日に咲いたことにあり、オレンジ色のマリーゴルドはとても神聖な花とされている。 「太陽の花嫁」によく似た「君」が泣かないように、雲のような優しさで抱きしめる。 太陽と雲は、決して触れ合えない距離にあるけれど、こうして愛を伝えることができるのだという「深い愛情」を感じることができるだろう。 『マリーゴールド』という曲は、今は誰もが知っている夏のアンセムとなった。 そんな名曲が名曲たる所以は、ただ甘酸っぱい恋心を描いただけでは証明できないだろう。 この曲は、近くで触れ合えた恋と、その先にある「触れられない君を愛する」という時間の経過を感じさせることで、一曲の中で濃密なノスタルジーを描くことにあるように思う。 面映くなるほど真っ直ぐな愛を繰り返し伝えている『マリーゴールド』が、何度も「離れない」「離さない」という言葉を選んでいるのは、遠くにいる「君」に、この想いを確実に届けるためだと思いを馳せると、その切なさが胸に染み渡る。 音楽コラムを書きながら、時々小説やエッセイを書いています。

次の

【あいみょん】新曲「マリーゴールド」歌詞の意味を解説!代表曲の予感が!

あいみょんマリーゴールド歌詞

シンガーソングライターのあいみょんが、 5THシングル「マリーゴールド」をリリース。 あいみょんの夏の代表曲となる予感です。 今回は、その歌詞の意味を解説します。 「マリーゴールド」の歌詞の意味については、 描かれている主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 ぜひ、情景を想像されて、聴いてみてくださいね。 それでは、さっそく見ていきましょう。 あいみょん 新曲「マリーゴールド」の歌詞 マリーゴールド 作詞 あいみょん 作曲 あいみょん Release 2018. よく麦わら帽子をかぶっていた彼女。 その姿は、マリーゴールドの花のようでした。 風に揺れるマリーゴールドを見ると あの日の彼女との思い出が蘇ります。 彼を見つめる真っ直ぐな瞳の彼女、 二人で肩を寄せ合い歩いた日の空気、 愛してるの言葉だけじゃ足りなくてキスをせがんだ彼女。 今日もあの日と同じ優しい夏の雲が 青い空に浮かんでいます。 あの日の思い出が雲の中に残っているんじゃないかと、 雲に手を伸ばしたい気持ちの彼がそこにいます。 純愛は美しいですね。。 関連記事.

次の

あいみょんの人気曲『マリーゴールド』の歌詞の意味は?【フルPV動画も!】

あいみょんマリーゴールド歌詞

一度聴くとその温かみのあるメロディーと、少し切なくノスタルジックな歌詞に心を掴まれる優しいラブソングに思える一曲ですよね。 あいみょんさん自身の言葉を借りて、まずはこの楽曲が生まれた背景を探っていくことにしましょう。 「マリーゴールド」についてインタビューで聞かれたあいみょんさんは、 この曲の作曲について、 「ほんとに偶然、最初のサビの歌詞がひらめいて、そっから物語を作っていった感じですね。 麦わら帽子をかぶってる女の子の後ろ姿がマリーゴールドの花に似てるっていうところから」 「そもそも自分が作った物語としては、あの頃の恋を思い出してるふたりがいて、これからもずっとずっと一緒にいれたらいいねって言ってる話なんですけど、聴き手によって、それぞれに物語を作ってもらっていいですし、もしかしたら悲しい歌になるかもしれないし、ものすごいラブソングなのかもしれないし」 というコメントを残しています。 確かに、曲の歌詞に注目してみると、 真面目に見つめた 君が恋しい 希望の光は 目の前でずっと輝いている 幸せだ 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて 抱きしめて 離さない といった表現が並んでおり、今まさに現在進行系で恋をしている人が、好きな相手を想って浸れる曲とも捉えられるし、「あの頃の恋」を思い出してる描写も共存しているような印象も受けます。 あいみょんさんが最初に意図していたのは「ハッピーなラブソング」ということは分かりました。 それでは、この解釈をベースに置いた上で、 今度はあいみょんさんの曲特有の余白を楽しみながらこの「マリーゴールド」をもう少し深く探ってみましょう。 なんとなくいい曲というよりも、「自分自身のことを歌った曲」と思えるほうがその曲への思い入れは深まりますからね。 この「マリーゴールド」も、聴く人によっては「恋人との悲しい別れを想像する人がいる」そうで、この曲の解釈に残された余白の効果が大きいことが想像できます。 その余白に関係してくるマリーゴールドの花言葉。 ここに少し着目してみたいと思います。 マリーゴールドには色によって、 「予言」や 「健康」、 「絶望」、 「嫉妬」、 「別れの悲しみ」、 「信頼」、 「生命の輝き」、 「変わらぬ愛」、 「濃厚な愛情」など、本当にたくさんの花言葉があります。 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 2人の想いが 同じでありますように なども、もしかするとこの二人は今はもう一緒にいないのかもしれないと思わせるフレーズ。 花言葉の意味を含めてこの曲について考えると、先程の「恋人との悲しい別れ」についても納得することができます。 これも、聴き手に色々な解釈を起こさせるあいみょんさんの技なのかもしれませんが、当の本人というと、 「マリーゴールドにいろいろな花言葉があるのは、最近知ったんですよ。 」とインタビューで答えており、曲を作った後に知ったことを告白しています。 やはり基本的には、ストレートなラブソング。 dailymotion. 今回の「マリーゴールド」も、2番の「ああ アイラブユーの言葉じゃ足りないから」というところから物語が動き出すんですよね。 どうしても1番は物語の設定を説明している感じになりがちで、これまで書いてきた曲も2番から物語が展開することが多いんですよ。 なので私のことを好きだと思ってくれる人たちにはぜひフルで聴いてもらいたいですね。 と本人が語っているように、最後にこの曲で垣間見えるストーリーを考えてみることにしましょう。 【2番サビ】 柔らかな肌を寄せあい 少し冷たい空気を2人 かみしめて歩く今日という日に 何と名前をつけようかなんて話して ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 思いを寄せ合っている二人が肌を寄せ合って、 自分たちだけの記念日を作ろうとしている様子が浮かんでくるのと同時に、 口づけをした二人の影が雲に投影されたような美しい描写を想像させる部分になっています。 そして、 遥か遠い場所にいても 繋がっていたいなあ 2人の想いが 同じでありますように 麦わらの帽子の君が 揺れたマリーゴールドに似てる あれは空がまだ青い夏のこと 懐かしいと笑えたあの日の恋 「もう離れないで」と 泣きそうな目で見つめる君を 雲のような優しさでそっとぎゅっと 抱きしめて離さない ああ アイラブユーの言葉じゃ 足りないからとキスして 雲がまだ2人の影を残すから いつまでも いつまでも このまま 離さない いつまでも いつまでも 離さない この瞬間は終わってしまうかもしれないけれど、 二人の通じ合った想いはずっと続いてほしい。 「この一時」が大好きだけど、心のどこかでは終わってしまう可能性があると分かっているからこそ、 その想いはさらに強くなるという気持ちが、 最後の「いつまでも いつまでも 離さない」で表現されているのかもしれませんね。 以上、少々長くなってしまいましたが、 このようにあいみょんさんの「マリーゴールド」は、 聴く人によって、またこの曲を聴く時に置かれた自分の状況によってもその時その時に色を変え、 違った感情を呼び起こしてくれるような不思議な魅力に溢れた一曲になっていると思うのです。 今回は、あいみょんさんの「マリーゴールド」について、歌詞の意味や曲に込められた想いを考察してみました。 聴けば一発で分かるその穏やかで深みのある声に加えて、非凡な歌詞でも注目を浴びるシンガーソングライターのあいみょんさん。 これからもリスナーの心を掴んで離さない彼女の楽曲たちに酔いしれたいですね。 私は卒業を機に遠距離恋愛になる2人の恋を歌った歌だと解釈しました。 以下、解釈。 風の強くなる春に心が揺れ動くけど、でんぐり返しのように繰り返す日々を、だらけながら過ごしていても、目の前には希望の光である彼女がいるから幸せだなぁ。 夏の日のマリーゴールドが彼女の姿に似てたなぁ。 夏にはまだ、恋だったから彼女から離れてしまってたなぁ(恥ずかしくて) 彼女から、(卒業まで僅かだから)もう離れなでと涙ぐままれて、優しく抱きしめたぜ! 本当は離れたくないっていいたいけど、言えない。 でも遠距離でもうまくいくと思うから絶望はない。 だって離れてても目を閉じればシルエット浮かぶから。 少し寒い卒業後の別れの日(新しいスタートを2人で歩み出す日)に何て名前を付けようかなんて話して あとは割愛します。

次の