デプス nz クローラー jr。 デプス「NZクローラーJr.」実釣インプレと使い方!ちょっと“くせのある”羽根モノルアー!

デプス「NZクローラーJr.」実釣インプレと使い方!ちょっと“くせのある”羽根モノルアー!

デプス nz クローラー jr

この記事の目次• NZクローラーJr. を使用した感想 今まで色々な羽根モノを投げてきましたが、NZクローラーJr. は羽根モノの中でもちょっとくせのあるルアーだと思いました。 オリジナルよりもウェイトが軽いためか、 音やアクションは全体的に控えめで繊細な羽根モノです。 悪く言えば 使いにくい&物足りない、良く言えば生き物が水面に落ちて泳いでいるような リアリティーのある動きです。 羽根モノといえば常にカシャカシャ音を立てるものが多いのですが、NZクローラーJr. はゆっくり巻くとほとんど音を立てず、巻く速度をあげるとしっかり音を出してアピールします。 良かったところ• スイベル付きのフックアイ• バーサタイルタックルで投げられる• 回転アクションでバイトを誘発 NZクローラーJr. のフックアイにはスイベルが付いています。 羽根モノなどトップウォーターはバレやすいルアーでもあるので、 スイベルの効果でバラシ軽減につながっていると思いました。 また、重さも1ozというウエイトのため一般的なタックルで投げることができ、どんなフィールドでも扱いやすいサイズです。 ボディ形状が扁平なので着水直後は裏返ってしまうときがありますが、軽くトゥイッチを入れたら回転して元に戻り、特別な動きを出すことができるので使って楽しいルアーでした。 悪かったところ• 立ち上がりが悪い• リトリーブ可能なスピードが狭い NZクローラーJr. の弱点は 立ち上がりの悪さです。 キャスト後に普通に巻くと泳がない場合があり、毎回という訳ではないですが、軽くトゥイッチを入れて勢いを付けてあげなければいけませんでした。 あとリトリーブ可能な領域が狭く デッドスローかスローで巻く必要があります。 早く巻こうとすると動きが破綻するので、常にルアーの動きや風向きを意識しつつ、ある程度一定の速度でリトリーブすることになり、慣れるまでは少しコツがいりました。 NZクローラーJr. の概要 ここからはNZクローラーJr. の概要を簡単に紹介しておきます。 NZクローラーJr. はNZクローラーのダウンサイジング版として発売されたルアーで、入荷されれば即完売するほど大人気のクローラーベイトです。 オリジナルは3ozもあり羽根モノルアーの中でも大型の部類に入るため、タックルやフィールドが限定される場合があったのではないでしょうか? そこで発売されたのがNZクローラーJr. で、オリジナルでは攻略が難しかった規模が小さい野池やリザーバーなど、大型のバス以外に小〜中型のバスも狙うことができるサイズになっています。 スペック比較 NZクローラーJr. NZクローラー サイズ 96mm 134mm 重さ 1oz(約29. 4g) 3oz(約85. 8g) カラー 9色 9色・2018 LIMITED 4色 コロラドブレード 2 4 フックサイズ 4 1 価格 4,900円(税抜) 5,800円(税抜) ウィングセットはで購入できます。 カラーラインナップ 出典: NZクローラーJr. の使い方 羽根モノ全般的に言えることですが、使い方はシンプルに投げて巻くだけで、 カバー周辺やオープンエリアのシャローを巻いていくのが基本的な使い方です。 普通の羽根モノを使うのと同じように、デッドスローからスローリトリーブで巻くと良いでしょう。 ロッドの角度は10時の方向を保ち、角度を付け過ぎないことで気持ちよく泳いでくれます。 また、キャストして着水後にNZクローラーJr. がお腹を上に向けたとしても、軽くトゥイッチを入れたら元に戻ります。 タックルセッティング NZクローラーJr. は1ozですのでMHクラスのロッドが一番投げやすいです。 僕の場合はバンタム160ML-Gと20メタニウムHGに12lbを巻いて投げていますが、バーサタイルタックルでも全然投げることができます。 フローターだと近距離キャストが大半でこの組み合わせに落ち着いていますけど、おかっぱりやボートなら飛距離も必要ですから、 MHのロッドにラインは14lbくらいがベストマッチでしょう。 バットにパワーのある固すぎず柔らかすぎないロッドを選び、リールはHGでもノーマルでも好きな方を選ぶとよいと思います。 まとめ NZクローラーJr. は 他の羽根モノから比べると扱いが難しいですが、使う場所や状況がマッチすればこのようなデカバスを引き連れてきてくれます。 控えめな音とアクションを活かし、 野池のピンポイント攻略にぴったりの羽根モノだと思いました。 最終的に思うことは、使いやすさはやっぱりダッジの方が上ですし、早く巻いて広範囲を探りたいならポンパドールが優れています。 NZクローラーJr. は決して万能ではなく、フィールドを熟知した上級者向けのルアーのように感じました。 サイズ感や見た目はとても気に入ったので引き続き使っていこうと思います! NZクローラーJr. を投げようと思っている方がいましたら、この記事を参考にしてみてください。

次の

【実釣インプレ】デプスNZクローラーJr.、オリジナルサイズやダッジと比較してどう見えたか│ナナブンノニブログ

デプス nz クローラー jr

おすすめ商品• 1,300円 税込1,430円• 2,780円 税込3,058円• 760円 税込836円• 950円 税込1,045円• 780円 税込858円• 1,050円 税込1,155円• 1,100円 税込1,210円• 680円 税込748円• メール便は5個まで 1,200円 税込1,320円• 9,500円 税込10,450円• 38,000円 税込41,800円• 39,900円 税込43,890円• 2,200円 税込2,420円• 2,980円 税込3,278円• 1,600円 税込1,760円• 700円 税込770円• 15,800円 税込17,380円• ARB1200 1,100円 税込1,210円• 800円 税込880円• 1,680円 税込1,848円• 1,530円 税込1,683円• メール便は8個まで 1,400円 税込1,540円• 1,600円 税込1,760円• 4,500円 税込4,950円• 1,100円 税込1,210円• 3,580円 税込3,938円• 1,880円 税込2,068円• 2,700円 税込2,970円• 【お一人様2個まで!】 5,200円 税込5,720円• 1,700円 税込1,870円• BIHADOU 80 1,530円 税込1,683円• 900円 税込990円• 5,550円 税込6,105円• 1,700円 税込1,870円• 1,089円 税込1,198円• メール便は4個まで 990円 税込1,089円• 1,100円 税込1,210円• 6,400円 税込7,040円• 3,000円 税込3,300円• 【日本先行販売】 1,400円 税込1,540円• 4,200円 税込4,620円• 1,600円 税込1,760円• 5g、5g】 880円 税込968円• 【13g】 880円 税込968円• 1,800円 税込1,980円• 950円 税込1,045円• 世界基準のパックロッド! 63,000円 税込69,300円• 2,980円 税込3,278円• 1,350円 税込1,485円• 4,800円 税込5,280円• メール便は6個まで 800円 税込880円• 2,250円 税込2,475円• 1,350円 税込1,485円• 【メール便は10個まで】 1,100円 税込1,210円• 4,580円 税込5,038円• メール便は8個まで 990円 税込1,089円• 1,600円 税込1,760円• 710円 税込781円• 3,182円 税込3,500円• 【限定生産モデル】 2,800円 税込3,080円• 2,600円 税込2,860円• 830円 税込913円• 59,000円 税込64,900円• 3,780円 税込4,158円• メール便は、8パックまで! 750円 税込825円• 25,800円 税込28,380円• 1,350円 税込1,485円• 800円 税込880円• 3,280円 税込3,608円• 4,500円 税込4,950円• メール便は5パックまで 1,080円 税込1,188円• 2,780円 税込3,058円• 680円 税込748円• 1,143円 税込1,257円• 800円 税込880円• 1,080円 税込1,188円• 1,090円 税込1,199円• 680円 税込748円• 800円 税込880円• 8,000円 税込8,800円• 1,773円 税込1,950円• 2,520円 税込2,772円• 1,799円 税込1,979円• 【DT-6】 1,280円 税込1,408円• 【日本未発売モデル】 1,400円 税込1,540円• 1,259円 税込1,385円• 1,600円 税込1,760円• 1,500円 税込1,650円• 8,800円 税込9,680円• 680円 税込748円• 3,280円 税込3,608円• 1,420円 税込1,562円• 1,350円 税込1,485円• 1,480円 税込1,628円• 810円 税込891円• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT 配送・送料について 【メール便】 【全国一律送料 220円!】 お買い上げ 10,000円(税別)以上で送料無料。 日本郵便のクリックポストで発送します。 ポスト投函でお届けします。 ワーム・プラグなら8個くらいまで大丈夫です! またロングTシャツも発送可能です。 sagawa-exp. キャンセルは出来ません。 お取り置き期間は本日より7日間とさせて頂きます。 ご来店が遅れる場合は、必ずご連絡をお願い致します。 また、その場合は次回よりお取引をお断りする場合もございます。 支払い方法について クレジットカード決済 『クレジット決済』クレジットカード決済代行のGMOイプシロン株式会社 の決済代行サービス を利用しております。 ご注文の際、イプシロン決済画面へ移動いたしますので決済を完了させてください。 安心してお支払いをしていただくために、お客様の情報がイプシロンサイト経由で送信される際にはSSL 128bit による暗号化通信で行い、クレジットカード情報は当サイトでは保有せず、同社で厳重に管理しております。 000円 税込 以下 330円 税込 10. 001円〜30. 000円 税込 以下 440円 税込 30. 001円〜100. 000円 税込 以下 660円 税込 100. 001円〜300. 商品お受け取り後、1週間ほどでご請求書が郵送されますので、発行日より14日以内にお支払い下さい。 キャンセルは出来ません。 お取り置き期間は本日より7日間とさせて頂きます。 ご来店が遅れる場合は、必ずご連絡をお願い致します。 また、その場合は次回よりお取引をお断りする場合もございます。 返品について 返品期限 到着後7日以内にご連絡をいただけた場合にのみお受けいたします。 この期間を過ぎると、いかなる場合でも返品をお受けできません。 返品送料 不良品の場合は、速やかに良品に交換させて頂きます。 送料は弊社が負担致しますので、当店にご連絡の後、送料着払いにてご送付下さい。 お客様の都合による返品の場合は、パッケージが未開封、あるいは未使用の商品のみ、到着後5日以内にご連絡をいただけた場合にのみお受けいたします。 その場合当店までの返品にかかる費用(必ず宅配業者様など記録が残る方法にてお願いいたします。 )やご返金にかかる振込み手数料などはお客様のご負担とさせていただきますのでよろしくお願いいたします。 不良品 速やかに交換品がある場合は交換・交換品をご用意できない場合は、返金させて頂きます。 送料は弊社が負担致しますので、当店にご連絡の後、送料着払いにてご送付下さい。

次の

巨大ハネモノ deps NZクローラー 投げてきた所感。

デプス nz クローラー jr

nzクローラーjrでバス釣りをしてみた 人気があり過ぎて入手するのが困難であるnzクローラーjr。 全国各地で売り切れ状態になっており、私も中古釣具店にてなんとか購入できました。 カラーは#9のクラックルチャートバックと呼ばれるカラーを選びました。 お腹にかけてはブラックですが、バックにかけてはチャートカラーなので目立ったシルエットが釣り人の操作性を上げてくれます。 タックルデータとしては以下の組み合わせで使用しました。 nzクローラーjrはロッドへとしっかりと重みが乗りますが、そこまで重過ぎない感覚でキャストができます。 ラインに関しては14lbだと細すぎるかもなので、 16-20lbは欲しいところです。 実際に使用したタックル 特徴 製品名 ルアー nzクローラーjrを実際に使用してみて感じたこと 次に、nzクローラーjrを使用して感じたルアーの特徴や強みについてシェアします。 nzクローラーjrってよくある羽根モノルアーの一つですが、 他のルアーと比較してどのように違うのか気になりますよね。 独断となりますが、強弱を付けやすいアクションが可能なルアーだと思いました。 弱めの誘いが可能だけど、 本質的には強めのアクションが軸になっていると思いました。 スローなアクションでバスを寄せられる nzクローラーjrはゆっくりと巻いてきてもしっかりと羽が水を掴んでくれます。 ステレス製のウィングということもあり、水噛みがしっかりしている特徴があります。 集中的にあるポイントを狙いたい時にも有効的で、ロッドをシェイクをするとウィングの力のみで 微波動を生み出してくれるメリットもあります。 オリジナルよりも小さいので、うるさ過ぎないアクションも魅力です。 ウィングの音が大きい? 通常、 ほとんどの羽根モノルアーはアルミ製やプラスチック製が標準装備されています。 しかし、nzクローラーjrの場合は重厚感のあるステンレス製ウィングが採用されています。 ステンレス製なので故障がしにくい硬めの素材です。 それだけでなく、しっかりと強い水押しを実現してくれるので、 巻きの安定感にも貢献しています。 nzクローラーjrのボディサイズともマッチしていますが、 ウィングとの相性が良いのでジュニアサイズでも派手目なクラッチ音を発生します。 割と強めの音なので、基本はスローリトリーブがおすすめですね。 着水&しばらくポーズ• ゆっくり巻く• 反応が悪い時・ピンポイントの釣りではワンアクション入れてみる• ゆっくり巻く 上記のような誘い方で、十分にバスが釣れますよ。 nzクローラーjrでバスが釣れるとテンションが上がりますし、寝れないほど嬉しい気分になれるので 人間も釣られてしまうキュートなルアーです。 サイズがベストマッチ!全国どこでも使える大きさ nzクローラーjrは 5000円近くする高価なルアーになります。 しかも、人気ルアーでもあるので転売等で価格が跳ね上がってしまう傾向にもあります。 それでも多くのアングラーから人気があるのは、全国どこでも釣れるサイズ感なことです。 場所を問わず、ほとんどのフィールドで通用してしまうサイズなのでオリジナルにはない使いやすさがあります。 オリジナルモデルは存在感は大きいものの、50UPクラスしか照準にしていないビックベイト的な存在でした。 そこで、nzクローラーjrであれば30cmクラスのバスまでもターゲットの範囲になりました。 関東バサーの方でも(筆者もそう)本気の実用ができるルアーです。 nzクローラーjrと本家のスペック差とは? サイズ 95mm 134mm 重量 1oz(約30g) 3oz(約90g) ウィングのスペック 厚さ0. 3mm、長さ45mm、 厚さ0. 5mm、長さ62mm 価格 4,900円(税込み) 5,800円(税込み) 扱いやすさ MH-のロッドで扱える。 操作性も高い H-のロッドが必要。 アピール力は高いけど、操作性は難しめ。 釣れやすさ 全国ほとんどのフィールドで釣れる メジャーレイク、大規模フィールドで期待できる オリジナルサイズと比較しても jrは小ぶりなサイズ感ですので、普段のタックルにて応用できます。 3ozクラスのビックベイトをキャストするためには、相応のタックルを準備しないといけません。 ですが、jrであれば 「キャスト性」「扱いやすさ」「釣りやすさ」の観点からも 使い勝手の良いルアーです。 もう一つ、気になるのはウィングの厚さと長さが違うことで、ボディに合わせて作られていることが分かります。 ウィングは他のルアーよりも厚めで、しっかりとした作りになっています。 水掴みと水押しが強いので怒らせ系のアクションを誘発しやすいですね。 入手方法に関しては、どちらのルアーも人気商品のため、正規価格で購入するのは難しくなっています。 jrであっても7000-10,000円を超える価格帯になっている場合もあります。 バス釣り好きにとっては、所有しているだけでも心が満たされるルアーなので欲しくなる気持ちも分かります。 著者もその一人で、思わず購入してしまいました。 nzクローラーjrで冬のバス釣りをしてみました 購入できたのが冬の時期ということもあり、12月中の釣りになってしまいましたがnzクローラーjrにてバス釣りの管理釣り場へと行ってきました。 管理釣り場といえど、活性が低い時期。 朝一の少しでも活性が高いタイミングで障害物の横を通してみると 「ボワッ」とひったくるようなバイトがきました。 入手困難?デカバスも釣れるのに納得 ファットなボディ形状をしているnzクローラーのジュニア版の使用感についてレビューしてみました。 羽根モノルアーでバスを釣りたいけど、少しサイズが大きいと感じる時に最適なのがnzクローラーjrです。 オリジナルのnzクローラーでは大きすぎると感じていた方でも、ライトなタックルで操作できる手軽さと釣れるスペックが魅力です。 基本は投げて巻くだけでOKで、重めのウィングが速巻きを抑制してくれるのでエントリーモデルとしても最適です。

次の