豆苗 洗う 洗わない。 ジーンズは洗わないは迷信? 洗い方や乾かし方、干す際の注意点も解説

キャベツは洗う?洗わない?千切りの洗い方は?栄養を逃さない方法も!

豆苗 洗う 洗わない

レタスの中は洗わない?それとも洗うべきか? レタスの内側は農薬の心配はある? レタスは外側の葉っぱが一番古くて、農薬ががかかっている場合は濃度も高いと考えられます。 内側ほど農薬はあまりかかっていないと考えられますね。 日本で使われている農薬は自然分解するものや、出荷前に使わないなどのルールがしっかりあります。 私の意見ですが、しかもスーパーなどで売っている野菜は残留農薬の検査もあるようなので、内側ならばそれほどしっかり洗わなくても大丈夫だと思います。 私は、スーパーでしっかり巻いたレタスを買ってきたときは一番外は捨てて、中の方はサッと洗う、水で流すくらいでしっかり洗っていません。 野菜産地を取材したテレビ番組などで、出演者さんたちが野菜をそのままかじったりしていることがありますが、出荷できる段階まで育っている野菜は、そのまま食べても害がないということなんでしょうね。 無農薬栽培のレタスなら洗わないでも食べられる? 私は家庭菜園をしていて、レタスも育てています。 農薬はつかっていません。 ですが、無農薬栽培ですが収穫したレタスは洗って食べています。 外側の葉にはもちろん土も付いていますし、無農薬なので虫がくっついているからです。 中の方には虫はいないのでは?と思うかもしれませんが、虫ってどうやってか中の方まで入り込むんですよね…。 虫のふんがくっついていることが多々ありますので、無農薬栽培のレタスでもしっかり洗います。 特にレタスはナメクジがつきやすい野菜なので、無農薬なら、なおさらしっかり洗っています。 スポンサーリンク ナメクジって感染症を引き起こす原因になりかねないというニュースも目にしましたので、レタスを洗わないで食べるのがちょっと怖くなりました… 私が読んだニュース記事の場合はナメクジを直接食べた事例のようですが、記事の最後の方には 生鮮食品はしっかり洗って食べた方がよいようなことも書いてありますね。 私もそう思いました。 参考: かえって無農薬栽培のレタスのほうが、虫や虫のふんがくっついいているので良く洗った方がいいと思いますし、農薬を使用したレタスよりも洗う手間がかかるような気がします。 レタスを洗うのがめんどくさい!簡単な洗い方は? レタスはそのまま洗うと葉が大きくて面倒くさいので、食べやすい大きさにちぎってから洗うと楽です。 植物に水やりするときも、冷水よりぬるい水の方がいいみたいですよ。 まとめ お店に売っているレタスなら、内側の方は洗わないで食べても大丈夫そうですね。 外側に近い所は、なるべく洗った方が良いです。 お店で売っているレタスの場合は「無農薬栽培」と指定がない場合には、ほぼ確実に農薬を使っています。 自分で野菜を栽培してみると、無農薬でお店で売っているようなきれいなレタスを作ることはほとんど不可能に近いなぁ…と感じます。 無農薬で栽培したレタスは、虫がくっついていることがあるし、ふんなども付着していることがあります。 なので、私はしっかり洗って食べていますよ。 洗うのが面倒だという場合は、小さくちぎってから洗うと比較的楽に洗えます。

次の

スーパーで買ってきた魚の切り身って洗うものなの?管理栄養士に聞いてみた

豆苗 洗う 洗わない

野菜は洗って食べたほうが良い 最初に結論だけ書いておくと 野菜は洗って食べるほうが良いようです。 理由は洗っていない野菜には農薬がたくさんついているからです。 こちらを見てください。 では「農薬がたくさんついている」と書いたのですが、 多いというのは世界的に見てどれくらい多いのでしょうか? 日本の野菜の農薬使用量は世界3位 農薬使用量は世界でランキングすると 日本は中国、韓国についで、世界で第3位となっていました。 さらに2013年以降、EU全域で全面使用禁止されて、その後、韓国、アメリカやカナダの各州で次々に規制、毒性がとても高く禁止されたネオニコチノイド系と言われる農薬があります。 こちらについても日本では未だ使用できる状態であるみたいです。 個人的になによりもショックだったのが、ヨーロッパでの話です。 ヨーロッパでは旅行へ行く際にこのような注意喚起が行われているらしいです。 日本へ旅行する皆さんへ。 日本は農薬の使用量が極めて多いので、旅行した際にはできるだけ野菜を食べないようにしてください。 あなたの健康を害するおそれがあります 私が実際に見た話ではないので、本当かわかりませんが、なんかショックじゃないですか?? 自分たちが食べているものが農薬まみれだと言われているのもそうですし、日本の食に対して安全性は高いものと思い込んでいたから。。。 野菜についた農薬を食べ続けると人体にどんな影響がでる? では農薬を取り続けると人体への悪影響がでてくるのでしょうか? ということで、調べてみたらこんな資料を農林水産省が出していました。 答えだけを聞くとまぁ安全基準としてはしっかりしているなと感じるところではあります。 しかし、農薬の影響を調べてみると 咳、腹痛、下痢、胃の痛み、吐き気、嘔吐、頭痛、めまい、知覚麻痺、運動麻痺、縮瞳、散瞳、呼吸困難、意識障害、けいれん 倦怠感・うつ・焦燥・不安感 などなどにも影響が出る可能性があるという情報もあったりと正確な判断をするのは一般人である私には正確に判断ができませんでした。 だからやっぱり自分のためにもできる限り農薬のついていない状態で食べたいなぁと思ってしまいます。 じゃあどうやって農薬を落とせばよいのか?について調べてみました。 野菜についた農薬の落とし方・洗い方 ではどのようにして農薬を除去してあげるのが良いのでしょう? 調べてみると以下のような方法がありました。 流水で洗う• 重曹につける• お酢につける• 野菜洗い専用の洗剤を使う 具体的に見ていきます。 流水で洗う 一番手軽で費用もかからないのが流水で洗う方法です。 農薬のほとんどは水溶性 水に溶ける ものがほとんどなので、流水でしっかりと洗ってあげるだけでも農薬を落とせます。 水を流しながら手やスポンジを使用してこすって上げるのが良いようです。 重曹につける 次に費用も低く簡単にできるのが重曹を利用して野菜を洗う方法です。 100gに対して小さじ1杯程度を混ぜて重曹水をつくり、洗いたい野菜が浸る程度の量を作ります。 その重曹水に30秒から1分程度つけておいて、最後に流水でしっかりと洗い流せば完了です。 重曹はベーキングパウダーの代わりにケーキをふくらませるために使われたり、食品用として販売されていて、安全なものです。 注意点としては100均で販売されている重曹。 しかし、ほとんどが「掃除用」となっていますので、説明をしっかり読んで「食用」と書かれているものを選ぶようにしておきましょう! 100均だとない場合もあるようなので、薬局やスーパーなどでも「食用の重曹」が販売されているので、そちらに行くほうが確実に手に入ります。 お酢につける お酢を使うのも一つの方法としてありました。 使用量からして重曹よりも高くなりますし、お酢自体の味が野菜に付く可能性もありますので、個人的には重曹の方が安いし、味が付くリスクが低いので重曹の方が良いと感じました。 野菜洗い専用の洗剤を使う 野菜の農薬を落とすために作られた洗剤が販売されていて、それを使うのも一つの方法です。 他の重曹、お酢と比べるとお金はかかります。 しかし、重曹などと違って、農薬を落とすことを目的に作られていますので、 できる限り農薬を落としてから野菜を食べたいなら専用の洗剤を使うのも一つの方法だと思います。 個人的に良いと感じた野菜洗い用洗剤 野菜洗い用の洗剤も複数あったのですが、個人的に良さそうと感じた商品はこちら。 農薬をできるだけ抑えた野菜を買うのも一つの方法 自分で野菜を洗うのも良いのですが、手間だったりを考えると元々農薬をできる限り抑えたところで野菜を買うというのも一つの方法。 天候や品目、地域によっては、全くの無農薬では作れない場合もありますが、安易に農薬に頼ることなく、必要最低限にとどめるようにしています。 このように公式サイトに明記しているほどで、食品の安全性に対してはかなり気を使っているのが感じられました。 その他にもこのようなことが書かれていました。 最初は1,980円でお試しセットがありますので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか?.

次の

野菜は洗うべき?洗わないで食べるのは大丈夫?

豆苗 洗う 洗わない

1:髪を洗う頻度は週何回? 髪の毛を長い間洗わないと、イヤなニオイが出たり、見た目がギトギトになったりと不潔に感じられるようになります。 でも洗いすぎてしまうと、逆に頭皮へのダメージがありそう。 実際、世の中の人はどれくらいの頻度で髪を洗っているのでしょうか。 今回『 MENJOY』では、 20代~ 40代の男女 500人に独自のアンケート調査を実施。 「髪を洗う頻度を教えてください」と質問したところ、 417人から回答を得ました。 回答の多かった5つをランキング形式でご紹介します。 1位:毎日・・・306人(73. 2:髪を長期間洗わない場合に髪と頭皮に起こること 今回のアンケートでは、1週間以上髪を洗わない人はほとんどいないことが明らかになりましたが、髪を長期間洗わないとどうなるのでしょうか。 (1)フケの原因に 髪は、普通に生活していても紫外線を浴びるほか、ホコリや汚れが付着し、場合によっては浮遊するウイルスなども付くため、適度に洗うのが理想的です。 今なら、髪を洗うことは、新型コロナウイルスの感染予防にもなります。 その他に、注意したいのは頭皮への影響でしょう。 頭皮からは皮脂が分泌されているため、長期間洗わないでいると、フケが生じやすくなります。 酷くなると、頭皮が生まれ変われず痒くなったり、皮膚炎を起こすしたりすることもあり、健康にもよくありません。 (2)抜け毛や薄毛の原因にも 皮脂は髪自体にベタつきをもたらし、そこにホコリや汚れも加わると、健康なキューティクルを保てなくなります。 また、頭皮から分泌された皮脂は、ニオイの原因にも。 さらに、古い皮脂は毛穴を塞ぐことになるため、新しい髪が生えてこず、毛根を傷めてしまう結果、薄毛や抜け毛に繋がってしまいます。 (3)洗う回数が極端に少ない人もいるけど 髪を年に数回しか洗わない人がいる……、信じられないかもしれませんが、実際にそんな人が有名人にもいるのです。 その人は、作家の五木寛之さん。 ご自身の本で明らかにされていますが、 2か月に 1回程度しか洗わないのだとか。 加齢臭などの言葉があるので、これでも増やしたそうですが、かつては、春夏秋冬に 1回ずつ、若い時は年 2回だったこともあったそうです。 それでいて、 80歳を超えてなお、ロマンスグレーでフサフサ……。 著書によると、皮膚には多数の常在菌が住んでいるので、個人差は確実にあるでしょうが、洗いすぎも良くないというのは確かなようです。 (4)手入れはやっぱり重要かも 五木さんによると、世界では髪を洗わない習慣がある地域が結構あるそうです。 実は日本でも、 1950年ごろまでは、髪を洗う回数は平均で月 1~ 2回程度でした。 ただ、日本では髪を洗わないかわりに、普段から櫛やブラシで手入れをする習慣がありました。 今でも、お相撲さんは、3日から1週間に1回程度の洗髪。 ゲンを担いで、場所中にまったく洗わない力士もいるそうですが、そのあいだも、専門の床山さんがマメに手入れしているのです。 髪を洗わずとも、ブラッシングすることによって、髪の毛の根元に付着した皮脂が毛先まで届くようになり、髪の毛全体が潤う効果をもたらしてくれるのです。 要は手入れが重要! シャンプーをしても、お手入れを怠れば本末転倒です。 五木さんのような人もいる一方で、皮脂が多く出て、すぐに頭が臭くなってしまう人もいます。 自分に合ったケアをすることが重要ですね。 3:湯シャンなどよりマイルドな洗髪方法も!ちょっと変わった髪の洗い方 (1)湯シャンで髪へのダメージを回避 シャンプーの使いすぎて頭がゴワゴワという人におすすめなのが、シャンプーを使わない「湯シャン」。 自分に合っていないシャンプーを使うくらいなら、お湯だけで洗うほうが、髪へのダメージは少ないともいわれています。 そして終わったあとに、お湯で薄めたクエン酸で毛先に潤いを与えるとよいようです。 (2)弱酸性シャンプーを使用する シャンプーを選ぶ際にポイントにしたいのが弱酸性というキーワード。 人の皮膚は、外からの刺激から守るために「肌バリア」があります。 これは弱酸性に保たれているもの。 弱酸性シャンプーはマイルドなため、汚れを落としつつも、頭皮には優しいとされています。 (3)お酢シャンプーもいいかも シャンプーのしすぎで問題になるのは、皮脂までも落としすぎてしまうこと。 その結果、カラダは皮脂を大量に出そうとして、よけいに皮脂の量が多くなり、頭皮のベタついたりや髪の毛が固まりやすくなってしまったりするのです。 お湯に酢を溶かした「お酢シャンプー」を使えば、皮脂を落としすぎることはありません。 お酢に含まれるアミノ酸には保湿効果があり、乾燥による皮脂の大量分泌も防ぐことができます。 しかし、ちょっとお酢のニオイがついてしまうので、注意が必要です。 (4)蒸しタオルで地肌を重点マッサージ 汚れは、地肌に溜まるもの。 蒸しタオルで地肌を入念にケアして、髪の痛みを軽減するのも方法です。 さらに、重曹(もしくはセスキ炭酸ソーダ)を混ぜたものを使用すれば、水拭きだけでは落とせない汚れにも対応でき、一段とスッキリします。 実はこの方法、被災地の避難所など、水が満足に使えない場所での洗髪方法。 いざというときのために覚えておいて下さい。 蒸しタオルが理想ですが、濡れタオルでも問題ありません。 (5)朝シャンは実はおすすめできない? 朝は毛穴が開いているため、その状態でシャンプーをすると、刺激が強すぎてしまい、髪の毛によくないとされています。 また、朝は多忙で、十分なすすぎができないことが多く、洗浄成分が髪に残ってしまいやすいのです。 そんなことから、朝シャンはおすすめできません。 スッキリしたい、寝ぐせを直したい、そんなときには湯シャンをしましょう。 4:まとめ 髪は本当にデリケートなもの。 寝ぐせを直すのにいいと思って、筆者も朝シャンをしていた時期がありましたが、確かに、慌ただしさの中で、すすぎが十分できなかったような気がします。 いずれにしても、髪を健康に清潔に保つには、しっかりとケアすることが大切なようです。 この記事を書いたライター 水野 文也 F. Mizuno ロイター通信記者から千葉県議会議員に転じ、現在は経済ジャーナリスト、アナリスト、行政書士。 株式評論でも知られる。 実はその昔、クイズ番組荒らしとして、数多くの番組で優勝した雑学オヤジ。 テレビ東京「TVチャンピオン」クイズ作家王選手権への出場経験があり、クイズ作家としての顔もある。

次の