トヨタ グラン エース カスタム。 ハイエース新型モデルチェンジ情報2021年10月以降2022年?|予想価格250~420万円TNGA化2.8Lディーゼル搭載

トヨタ「Tjクルーザー/グランエース」を過激カスタムしたらとんでもないことに…早速そのカスタム内容を見ていこう

トヨタ グラン エース カスタム

Taking the concept of a luxury wagon to the next level, it includes the full suite of Toyota Safety Sense features and the latest generation advanced multimedia system. 現在『グランエース』の海外仕様として発売されているのが• グランビア(オーストラリア/台湾)• マジェスティ(タイ) この2車種が3ヶ国で発売されています!! グランエースの外観 それではグランエースの外観をみてみましょう! まずはフロントから サイドはこんな感じ そして後ろから このサイドと後ろからの見た目がすこし今のワンボックスの形とはちがって四角い感じがします。 この横から見た画像をみる限り、後部座席の窓はパワーウィンドウではなさそうですね!最近のワンボックスは後部座席もパワーウィンドウのものが多いですがグランエースは固定式が採用されているのですね!その辺りが影響して古風なイメージになっているのかもしれません。 今現在発表されている画像では完全にノーマルの状態ですが、オプションでエアロやホイールなども準備されることを考えれば、もっとかっこいい感じに仕上がるのかもしれませんね! グランエースの内装 こちらは運転席の画像です。 シートはベージュで内装の各所にダークブラウンの木目のパネルが採用されています。 高級ワンボックスという位置付けになるのでこれぐらいの内装は当然必要ですよね! それではこの『グランエース』の最大のポイントである後部座席の内装を見てみましょう。 かなりVIPな内装ですね!!このグランエースのトヨタの狙いとして、芸能人や企業の役員、海外の富裕層の送迎、観光地での送迎車として利用されることを見込んでいるので、当然リヤシートの内装はVIPでゴージャスな内装が必要なわけです! 現在アルファードでもセカンドシートにファーストクラスのようなシートが採用されていますがそれも送迎などを目的としているので、このグランエースにも採用されたのですね! \車の色々な ダサい説は本当なのかまとめた記事はこちらです/ あわせて読みたい グランエースはかなりでかい!大きさを他車と比較 このグランエースのボディサイズはかなり大きいです。 そのボディサイズを現在発売されている車種と比較してみましょう。 笑 数字だけではこの大きさはピンとこないと思うので現在発売されているヴェルファイアとの比較画像がこちらです。 グランエースと人間のサイズ比較 これでもまだグランエースの大きさにピンとこない人のために、人と写っている画像がありましたので紹介します。 写真はオーストラリアと台湾で発売されている『グランエース』と同車種である『グランビア』です。 本当にでかいですね。

次の

ハイエース新型モデルチェンジ情報2021年10月以降2022年?|予想価格250~420万円TNGA化2.8Lディーゼル搭載

トヨタ グラン エース カスタム

ボディサイズは大きいが実は運転しやすいかも!? 冒頭から話がそれてしまうが「グランエース」が展示されていたブースはトヨタ車体。 年内の正式発売を予定しており、今回の車両はあくまでも参考出展車という位置付けだが、ほぼ市販モデルといってよさそうとのこと。 まず気になるサイズ感はやはりデカイ!! アルファード & ヴェルファイアよりもひとまわり大きな印象。 正直、街中での運転にてこずりそうだが、実際のところはそうでもなさそう。 前後のオーバーハング数値はアルヴェルよりも短く、エンジンをFR化することでタイヤの切れ角も大きくしている。 結果小回りがきくため、実はアルヴェルよりも運転しやすいのでは? という話もある。 また全高を1990㎜に抑えて、全高2m未満が多い街中の地下駐車場に入れるサイズ感に設定されるなど、実は日常の使い勝手がかなり考えられている感じだ。 そして気になるルックスは、メッキを多用し少々ヤンチャ感のあるアルヴェルよりもグッと大人になった印象。 アルファード顔負けの大型アッパーグリルを採用するが、メッキを最小限に抑え堂々たる風格に。 一方でL字形状のライトバーでボディのワイド感を演出したリアビューなどは迫力満点。 インチアップしてローダウンするだけで、他を寄せつけないオーラを強烈に放ちそう。 続いて室内もかなり豪華な仕様。 特に2列目/3列目が圧巻で、後席2列仕様の6人乗りは、セカンド/サードシートとともに本革のキャプテンシートを採用。 しかも車内の圧迫感を和らげるためにシート両サイドの空間にゆとりを持たせている。 まさにVIPの送迎車という感覚だ。 アフターメーカーの動向に期待してます!! しかも後席4シートすべてが同形状で、オットマンはもちろん読書灯やルーフのバニティミラーなども全席備えられている。 VIP御用達のおもてなし空間となっている。 木目調と金属調の質感をバランスよく組み合わせることで、優雅な雰囲気を表現。 室内のベース色は2パターン用意される予定。 グリルからヘッドライトへつながるような造型でデザインされたメッキガーニッシュ。 リア全体のワイド感を演出するL字形状のLEDテールランプ。 ウインカーランプはバルブタイプで流行りのシーケンシャルは未搭載だ。 リアの足まわりは左右のホイール同士を繫ぐ新開発の車軸式。 アルヴェルのようにローダウンでキャンバーは付かないが、乗り心地は上質に。 純正ホイールはハイエースと同じ6穴。 タイヤもライトトラック用のLTタイヤが標準。 【基本スペックをアルファードと比べてみた!! 】 グランエース アルファード(3. タイヤハウスを小さくして、その分車内に余裕を持たせるなど、とにかくゆったりくつろげる空間を作るためのこだわりがギッシリ。 またグランエースのエンジンはクリーンディーゼルのみ。 デザインは検討中だが車両が入荷次第即スタートするとのこと。 また6穴対応の2ピースホイールやマフラーの開発も合わせて行いたいとのこと。 スタイルワゴン2019年12月号より [スタイルワゴン・ドレスアップナビ] 【注意】• 掲載されている写真はそれぞれの車種用でないものも含まれています。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 購入の際は必ずご確認ください。 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです。 商品の価格は本体価格と消費税込みの総額表記が混在しております。 商品を購入される際などには、メーカー、ショップで必ず価格・仕様・返品方法についてご確認の上、お買い求め下さい。 購入時のトラブルについて、出版元・編集部は一切関知しません。 また責任も負いかねます。 2020 All Rights Reserved.

次の

TOYOTA、新型車“グランエース”を初披露

トヨタ グラン エース カスタム

主な特長• 「圧倒的な存在感と高級感」を 実現した 外形スタイル 金属調加飾の大型ラジエーターグリルをヘッドランプと融合させ、上下、左右方向に張り出させることで、華やかかつ、押し出しの強いフロントフェイスを実現。 グリルと連続しヘッドランプに突き刺さる特徴的なLEDデイタイムランニングランプ *6とクロム加飾フレームで一括りにしたプロジェクター式2眼LEDヘッドランプが高級車に相応しい先進性を表現• 「上質」で「華やか」な コックピット空間 ブラックを基調としたインストルメントパネルは、空調吹き出し部に金属調加飾、助手席正面に木目調加飾を配して華やかさを演出。 またメーターフードには、表皮巻きと本ステッチを施し上質さを表現• 磨き抜かれた高い基本性能• FRレイアウトを採用。 1GD 2. 8Lクリーンディーゼルエンジンと6速オートマチックトランスミッションを搭載し、滑らかさに加え低回転からトルクフルな走行を実現• リヤの足回りには新開発トレーリングリンク車軸式リヤサスペンションを採用。 環状骨格構造採用などボディ剛性の高さと相まって、上質な乗り心地と優れた操縦安定性を実現• 徹底した振動、遮音対策などによって、様々な道路環境においても高級ワゴンにふさわしい心地よい静粛性を追求• 充実の先進装備• 歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ採用の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を装備• 駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]などの安全・安心をサポートする装備も充実• 先進のディスプレイオーディオ(DA)を装備。 SDL *7などのスマートフォン連携機能 *8によって、スマートフォンで普段利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイ上で表示・操作が可能.

次の