カツ 丼 殿堂。 カツ丼

スーパーのお惣菜をリメイク!10分以内で作れる丼メニュー3選

カツ 丼 殿堂

お店のメニューに「カツ丼」としか書いてあった時、どんなカツ丼を想像しますか?とろとろ卵に包まれた、出汁たっぷりのつゆだくカツ丼、はたまた、キャベツはシャキシャキ、衣はサクサクのソースかつ丼。 どちらも美味しいですが「こちらが食べたい」というときに別の丼物が出てくるとがっかりすることもありますね。 ところで、カツ丼にはカツとじ丼という呼び方もあります。 この二つはいったいどんな違いがあるのでしょう。 カツ丼とは カツ丼とは、大正時代ごろに日本で生まれた、広く愛される和食の一つで、ごはんの上に油で揚げたカツが乗った丼物の総称です。 カツ丼は地方色が豊かで、名古屋では有名な味噌カツ丼、岐阜にはあんかけカツ丼などがあります。 また、カツ丼といえば種類を言わなくてもソースかつ丼だ、という地方もあるようです。 また定番のトッピングが、関東ではグリンピース、関西では海苔と細かな違いがあります。 また、かつ丼といえば主に豚肉のカツをさすことが多いですが、広義にはミンチカツやビーフカツ、エビカツの乗ったものもあります。 これら全てを総じてカツ丼と呼びます。 カツとじ丼とは カツとじ丼とは、カツ丼の中でも、出汁でカツを煮て、そこに卵をまわしかけたもののことで、ふわふわの卵と、出汁がたっぷり染み込んだカツが特徴的です。 煮た具に卵をまわしかけた料理を「卵とじ」といい、「カツを卵でとじた丼」なのでカツとじ丼というわけです。 その作り方から「カツ煮」や「煮カツ」と呼ぶ地方もあるようです。 「カツ丼」と「カツとじ丼」は全く異なる食べ物というわけではなく、「カツとじ丼」は「カツ丼」の作り方の一つだという事ができます。

次の

カツ丼| なか卯の商品 | 丼ぶりと京風うどんのなか卯

カツ 丼 殿堂

お店のメニューに「カツ丼」としか書いてあった時、どんなカツ丼を想像しますか?とろとろ卵に包まれた、出汁たっぷりのつゆだくカツ丼、はたまた、キャベツはシャキシャキ、衣はサクサクのソースかつ丼。 どちらも美味しいですが「こちらが食べたい」というときに別の丼物が出てくるとがっかりすることもありますね。 ところで、カツ丼にはカツとじ丼という呼び方もあります。 この二つはいったいどんな違いがあるのでしょう。 カツ丼とは カツ丼とは、大正時代ごろに日本で生まれた、広く愛される和食の一つで、ごはんの上に油で揚げたカツが乗った丼物の総称です。 カツ丼は地方色が豊かで、名古屋では有名な味噌カツ丼、岐阜にはあんかけカツ丼などがあります。 また、カツ丼といえば種類を言わなくてもソースかつ丼だ、という地方もあるようです。 また定番のトッピングが、関東ではグリンピース、関西では海苔と細かな違いがあります。 また、かつ丼といえば主に豚肉のカツをさすことが多いですが、広義にはミンチカツやビーフカツ、エビカツの乗ったものもあります。 これら全てを総じてカツ丼と呼びます。 カツとじ丼とは カツとじ丼とは、カツ丼の中でも、出汁でカツを煮て、そこに卵をまわしかけたもののことで、ふわふわの卵と、出汁がたっぷり染み込んだカツが特徴的です。 煮た具に卵をまわしかけた料理を「卵とじ」といい、「カツを卵でとじた丼」なのでカツとじ丼というわけです。 その作り方から「カツ煮」や「煮カツ」と呼ぶ地方もあるようです。 「カツ丼」と「カツとじ丼」は全く異なる食べ物というわけではなく、「カツとじ丼」は「カツ丼」の作り方の一つだという事ができます。

次の

定番!だし卵とじカツ丼のレシピ・作り方

カツ 丼 殿堂

福井のカツ丼って、どんな感じ? たべぷろでは以前にもソースカツ丼について紹介しています。 福井県にはソースカツ丼を提供している店が何軒もあり、福井県内に支店もたくさんあります。 ヨーロッパ軒、レストランふくしん、小川屋などが有名です。 石川県の人もソースカツ丼を食べるために福井県へ行くほど人気があります。 筆者はヨーロッパ軒へ食べに行ったことがあるのですが、ボリュームがありながら、おいしいソースの味であっさりと食べられると感じました。 パン粉も細かいものを使っていて、トンカツを揚げてからソースをひたしてあるので、味がしみ込んでいて、何年たっても記憶に残るおいしさです。 ご飯にもソースがかけてあり、ソースだけでもご飯が進みます! 「あの味を家庭で再現して何度も食べたい!」と考えて、今回福井のソースカツ丼を作ってみることにしました。 子どもから年配の方にまで好まれる味なので、皆さんも作ってみてくださいね。 さて、8月5日はパン粉の日です。 神奈川県横浜市に本社を置き、日本を代表するパン粉のメーカーであるフライスター株式会社がパン粉を使った料理を広くPRするために制定しました。 日付は8と5で「パン(8)粉(5)」と読む語呂合わせから決められました。 豚ヒレ肉を1~1. 5cmのやや削ぎ切りにします。 1人分が6枚くらいになるように切ります。 豚ヒレ肉の両面に塩コショウを振ります。 卵を溶き、小麦粉、卵、パン粉の順にまぶします。 パン粉は粒が細かいものの方があっさりとしたカツ丼になるのでおすすめです。 衣は薄めにつけてくださいね。 180度の温度できつね色になるまで揚げます。 どんぶりにご飯をよそい、ソースを大さじ1程度かけます。 トンカツの両面をソースにさっとつけてから、どんぶりに盛るとできあがりです。 福井のソースカツ丼を味わってみよう! できたてアツアツのうちに味わってみてください。 カラッと揚がったカツに甘辛いソースがしみて、かみしめるとじゅわっとおいしさが口いっぱいに広がります。 豚ヒレ肉も軟らかくて、硬いものが苦手な方でも食べやすいです。 パン粉も細かめのものを使い、衣も薄くつけてあるので、軟らかく食べやすさを感じます。 実はパン粉選びも重要なんですね! ソースのかかったご飯も絶品です。 ソースはウスターソースをベースにしていますが、甘みのあるソースにしています。 そのため、角のないまろやかな味に仕上がっています。 カツサンドにアレンジするとお弁当にもピッタリ! カツは多めに揚げておくと、カツサンドにもアレンジできますよ! 4枚切りの食パンを半分に切って、中に切れ込みを入れます。 中にカツを挟むことを考えて、食パンの中に丸めたアルミホイルを入れて、食パンをトーストします。 その後、アルミホイルは取り除いてくださいね。 そうするとポケットパンが作れます。 パンの中に千切りキャベツとソースをつけたトンカツを挟みます。 簡単にカツサンドができあがりました。 ご飯に合うソースカツですが、なんとパンにも合うんですね。 香ばしいトーストしたパンにウスターソースがしみたカツを挟むと、どんどん食べられます。 サクサクとキャベツの歯ごたえもカツと合っています。 朝食にもいいですし、子どものお弁当にもよさそうです。 ボリュームがあるので部活動のある中・高校生のお弁当にもピッタリですね。 そんなに難しくないので、8月5日のパン粉の日にはぜひ、福井のソースカツ丼を作ってみましょう。 ソースはあまったらエビフライなどにも使えます。 また、福井にお越しの際には、本場のソースカツ丼も味わってみてくださいね。

次の