さくら 森山 直 太朗 ピアノ。 虹(合唱曲)歌詞&解説|森山直太朗

森山直太朗が卒業式でサプライズライブ!さくら(独唱)

さくら 森山 直 太朗 ピアノ

「世界を旅する音楽室」へようこそ! こんにちは。 作曲家の弓削田健介です。 今日は森山直太朗さんの名曲、「虹」をご紹介したいと思います。 虹(歌詞) 広がる空に 僕は今 思い馳せ 肌の温もりと 汚れたスニーカー ただ雲は流れ きらめく日々に 君はまた 指を立て 波のさざめきと うらぶれた言葉 遠い空を探した 喜びと悲しみの間に 束の間という時があり 色のない世界 不確かな物を壊れないように隠し持ってる 僕らの出会いを 誰かが別れと呼んだ 雨上がりの坂道 僕らの別れを 誰かが出会いと呼んだ 時は過ぎいつか 知らない街で 君のことを想っている 風になった日々の空白を 空々しい歌に乗せて 未来を目指した旅人は笑う アスファルトに芽吹くヒナゲシのように 僕らの喜びを 誰かが悲しみと呼んだ 風に揺れるブランコ 僕らの悲しみを 誰かが喜びと呼んだ 明日へと続く不安げな空に 色鮮やかな虹か架かっている 僕らの出会いを 誰かが別れと呼んでも 徒(いたずら)に時は流れていった 君と僕に光を残して 作詞・作曲:森山直太朗・御徒町凧 (許諾番号9020135001Y38029) 虹(歌詞の意味) 「僕らの出会いを 誰かが別れと呼んだ」 サビで登場するこのフレーズ。 「僕ら」には「出会い」としか思えなかったものが、「誰か」(別の視点)から見ると「別れ」である。 ものごとは、コインの裏表のように、逆の視点が存在するということですね。 だからこそ、あとから出てくる 「僕らの別れを 誰かが出会いと呼んだ」 というフレーズにつながります。 卒業式でも歌われることの多いこの歌は「別れの季節は出会いの季節でもある」と、小学校時代から数えると9年間共に過ごした仲間や親友との別れを、人生の次のステージへのスタートだよ。 これからまた、素敵な出会いが待っているよ。 と励ましてくれているようにも思えます。 空にかかる「虹」はあっという間に消えてしまいます。 輝く青春時代も同じです。 だからこそ、いまを大切に生きていきたいですね。 そして、青春時代にも終わり(別れ)があるからこそ、次の季節のはじまり(出会い)があります。 卒業の寂しさを越えて、新しい自分に会いに行きたいですね。 解説 2006年の第73回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲として作曲されました。 森山直太朗さんの作品です。 信長貴富さんの素晴らしい編曲です。 NHKコンクール終了後も、全国の中学校で合唱コンクールなどで歌われています。 アルバム「風待ち交差点」には、鹿児島県屋久島町立小瀬田中学校在校生による合唱と共に直太朗さんが歌った「虹(屋久島ドメニカバージョン)」が収録されています。

次の

『虹』合唱曲【歌い方のコツとポイント徹底解説!】これで完璧!

さくら 森山 直 太朗 ピアノ

中2です。 メロディは入りますが、確かに、歌詞の意味がとらえにくいですよね。 私が思うのは、 人には出会いと別れが必ずある。 出会いがあれば別れもある。 別れがあるなら出会いもある。 出会いの喜びと別れの悲しみの間に束の間という、虹のように色鮮やかな世界がある。 しかし、それはとても壊れやすいものだった。 虹は短い時間だけしかかかりません。 それを、人の出会いと別れに例えているのかな?と思います。 背景描写だと、2通り考えます。 君と僕は出会い、付き合い始めた。 出会いがあれば別れもある。 脆いものだから、不安だが、光がある。 君と僕は別れた。 僕はまだ君を好き。 出会いがあれば別れもある。 すごく脆いものだ。 だけど、知らない街でも君のこと思ってるよ。 でも、別れがあるなら出会いもあるよね。 明日のことはわからない。 まだ不確かで不安だ。 でも、君とのあの日々はとても楽しかった、色鮮やかだった。 きっと出会ったことで何かを得られたんです。 その思い出を光に例え、光を君と僕に残して。 私は、2だと思います。 切ないラブソングなのかな? Nコンの中学の課題曲として作られたので、伝えたいことはサビだと考えています。 中学のころって不安になるけど、楽しいじゃないですか? 歌の中にドラマがあります。 それを中学生に伝え、理解してほしかった。 中学生には少し難しい大人な歌ですよね。

次の

虹(合唱曲)歌詞&解説|森山直太朗

さくら 森山 直 太朗 ピアノ

INFO 【楽曲情報】 森山直太朗「さくら(二〇一九)」(読み:さくら にせんじゅうく) 日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』主題歌 10月30日(水)AM0時 配信スタート 日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』主題歌として話題の「さくら(二〇一九)」を10月30日(水)に配信リリース。 主題歌として今の歌唱による「さくら」を提供してほしいというドラマ制作陣からの熱いオファーに応え、今回の制作がスタートしました。 改めてこの曲の新たな表現に取り組み、「今」ならではの歌唱と瑞々しいアレンジによる「さくら(二〇一九)」が完成しました。 森山直太朗 ドラマ主題歌「さくら(二〇一九)」MUSIC VIDEO公開! ドラマ『同期のサクラ』主題歌として話題沸騰、大好評配信中の「さくら(二〇一九)」のMUSIC VIDEOが公開となりました。 「さくら(二〇一九)」 MUSIC VIDEOは、11月下旬撮影。 撮影はカット割りのないワンカメ一発撮り。 また、歌とピアノは生で、その場で演奏されたものを同時に録音しました。 やり直しのきかない緊張感高まる撮影企画は、森山直太朗自らが発案したもの。 監督の柿本ケンサク氏が直太朗と話し合い、イメージを美しい映像世界に落とし込みました。 実は16年前の2003年「さくら(独唱)」のMUSIC VIDEOも、同じくワンカメ一発撮り、生歌唱という手法で撮影。 当時は、どうしてもフィルムで撮りたいという直太朗の希望に対し、何カットも回すような多くのフィルムを用意する予算がなく、やむなく一発撮りすることになったという。 今回は、ライブ感を大事にするため、あえて同じ手法を選ぶことになりました。 ピアノは「さくら(二〇一九)」のアレンジを担当した世武裕子さん。 配信中のレコーディング音源とはまた微妙に違う、この場ならではの演奏となっています。 行き交う人々には1人1人に年齢や職業、今抱えている思いなどの具体的な設定があり、それぞれの人物像を50人の役者たちが演じながら歩きました。 リハーサルを経て、本番の撮影はわずか2テイクで終了。 まさに「今」の歌唱、演奏による「さくら(二〇一九)」の空気感をそのまま映像化したMUSIC VIDEOが完成しました。 直太朗は、「真ん中で歌う僕自身は16年前からずっと変わらないけれど、今回ドラマの物語がきっかけとなり、それにつき動かされて世武裕子さんがアレンジをしてくれて、そのアレンジがこの映像の世界観を呼んだ。 新しくなった『さくら』の景色やエネルギーみたいなものを、映像を通して感じてもらえたら幸いです」とコメントしています。 森山直太朗 デジタルダウンロード特典「プレミアムライブ生配信視聴URL 全員プレゼント」 11月20日(月)23:59をもちまして、応募を終了致しました。 たくさんのご応募誠にありがとうございました。 視聴URLプレゼントにご応募頂いた方には メールにて視聴URLをお送りいたしましたので、ご確認頂きますようお願い致します。 ) ご不明な点がございます方は、後述の「 お問合せ」フォームにてご連絡ください。 たくさんのご応募、誠にありがとうございました。 11月20日(月)23:59をもって応募を〆切致しました。 LINE LIVE生配信決定! 森山直太朗モバイルファンクラブサイト「森山ジャンボリー」にていつもは会員限定で公開されている「ハラペコ生放送」(通称・ペコ生)が、この日限りの拡大版としてLINE LIVEに登場! 森山直太朗と楽曲共作者で詩人の御徒町凧が、プライベートスタジオからここでしか聴けないおしゃべりや歌をお届けします。 今の歌唱とアレンジで新録した「さくら(二〇一九)」。 番組では制作にまつわる裏話や、生歌唱も!? 直太朗ファンの方はもちろん、ドラマ『同期のサクラ』ファンの方も、生配信をご視聴いただき、そのままドラマ第4話をご覧になればより楽しめること間違いなしです。

次の