エクセル 改行ができない。 エクセルのセル内で文字列を改行する方法

エクセルのセル内で文字列を改行する方法

エクセル 改行ができない

Excel(エクセル)のセル内で改行を削除する方法 次に、挿入した改行を削除する方法について解説します。 改行した テキストの冒頭にカーソルを合わせ、以下のキーを入力します。 【Win】BackSpace 【Mac】delete 一つ一つ手打ちにはなりますが、これで改行を削除できます。 もしも改行を大量に削除したい場合は、次に紹介する改行を置換する方法を活用してみましょう。 改行を置換してまとめて削除する方法 まずWindowsの場合、改行を削除したいセルを複数選択して、まとめて削除することができます。 手順としては以下の通りです。 関数を使って改行を挿入・削除する方法 上記のような手打ち作業の他に、関数や文字コードを用いて改行を挿入・削除する方法もあります。 関数の内容はWindowsとMacどちらも共通であり、作業を効率化したいときによく使われます。 文字コードにはさまざまな種類があり、ここでは改行を表す「10」という数値を入れましょう。 例えば以下のような場合に、C1のセルの内容を関数で表示させたいとします。 仮にA1やB1のセルの内容が変わっても、C1のセルの内容は自動で変換や改行が行われます。 手入力でいちいち修正する必要がないので、大量のデータを扱う場合や変更が多い場合にはオススメの方法です。 注意点として、セルの書式設定である「折り返して全体を表示する」が有効になっていないと改行されません。 実行の前に、「折り返して全体を表示する」が有効になっているか確認しましょう。 関数で改行を削除する方法(1) 次に、関数を使って改行を削除する方法を見ていきましょう。 方法は主に2つあります。 まずは、CLEAN関数を使う方法です。 関数で改行を削除する方法(2) もう一つ改行を削除できる関数として、置換をするときに役立つ「SUBSTITUTE」を利用する方法があります。 まず、基本的な関数の内容は下記の通りです。 すべての改行を削除する場合は、4つ目の「置換する位置」に何も入力しません。 もしもセル内に改行が複数あって、1つ目の改行だけ削除したいという場合は「""」の後に「,1」を付け足すと、そのように表示されます。 セル内改行のやり方は覚えておこう この記事では、Excelのセル内で改行をする方法・削除する方法をまとめました。 今回紹介した方法を使えば、手入力はもちろん、関数を使って簡単に改行を挿入・削除できます。 Excelを利用する上で、セル内改行はよく使う技です。 やり方を覚えておきましょう。 また、関数を使えるようになれば、より効率的に仕事を進めることが可能です。 Excelを使う機会は多いので、少しずつ操作をマスターしていきましょう。 Excel(エクセル)をもっとマスターする テキスト テキストとは、純粋に文字のみで構成されるデータのことをいいます。 太字や斜線などの修飾情報や、埋め込まれた画像などの文字以外のデータが表現することはできませんが、テキストのみで構成されたテキストファイルであれば、どのような機種のコンピューターでも共通して利用することができます。

次の

エクセルのセル内で改行(2行に)する方法

エクセル 改行ができない

「行の高さ」を設定する まず、セルが広がる現象の根本的な原因は、「折り返して全体を表示する」が勝手に設定されることにあるのではなく、 「行の高さの自動調整」が有効になっていることが原因です。 「行の高さの自動調整」の設定を解除すれば、たとえ「折り返して全体を表示する」にチェックが入ったとしても、セルが広がることはありません。 「行の高さの自動調整」を解除するには、 「行の高さ」を手動で設定し直します。 以下の手順を行いましょう。 5」なので「13. 5」と入力。 5になっていた場合も必ずOKを押して下さい)。 一見何も変更していないように見えますが、このように「行の高さ」を手動で設定することによって、「行の高さの自動調整」の設定が解除されています。 試しに、改行が含まれた文章をセルに貼り付けてみます。 これで、改行が含まれる縦長の文章をエクセルに貼り付けたり、「Alt+Enter」で改行をセルに加えたりしても、セルの高さが勝手に広がらなくなりました。 セルの高さは固定された状態です。 スポンサーリンク 1行ではなく、セルに2行や3行の文章を表示させたい場合 セルに文章を2行で表示させたい場合は、1行の高さが「13. 5」なので、 2倍の「27」に設定してみてください。 3倍なら「 40. 5」に設定すると綺麗に3行で表示されます。 「行の高さの自動調整」を再び有効にしたい場合 上に紹介した手順で、「行の高さの自動調整」を解除してセルの高さを固定しましたが、元の設定のように自動調整にしたい場合は、以下の手順で戻すことができます。 「折り返して全体を表示する」のチェックが入っている場合、セルからはみ出しそうなときはセルの幅が広がります。 補足 :「折り返して全体を表示する」の自動設定を無効化するわけではない ちなみに、上に紹介したように「セルの高さの自動調整」の設定を解除したとしても、改行入りの文章を入力すると、「折り返して全体を表示する」のチェックはついてしまいます。 エクセルの仕様上、改行入りの文章を貼り付けたり、「Alt+Enter」などでセルに改行を入力したりすると、自動で「折り返して全体を表示する」の設定が入ってしまうようです。 これを無効にする方法については、オプションなどを探したり色々調べたりしましたが見つかりませんでした。 一応、上に紹介した方法を使えば「セルが広がる」という現象は起こらなくなるので、特に支障は無いと思いますが、もしどうしても「折り返して全体を表示する」のチェックも外しておきたい!という場合は、表全体を選択して、折り返しの設定を解除しておきましょう。 もちろん、たとえこの設定をやったとしても、以後「折り返して全体を表示する」の設定がつかなくなるわけではありません。 あくまで、ついているものを外す、ということです。 改行セルが広がる現象の対処法については以上です。 スポンサーリンク.

次の

【Excel】セル内で改行する方法

エクセル 改行ができない

Excel でセル内の改行が出来ない事が多く、出来ても複数回の改行は出来ないのですね。 バージョン 16. 20 ですと、Insider Fast をご利用なのですね。 Excel のみ 16. 20 にして確認しましたが、セル内で複数行改行する事は可能でしたので、バージョンの問題ではない様に思われます。 まずは、新規ファイルでも同様か確認し、新規ファイルでも変わらない様であれば、以下の一般的なトラブルシューティングをお試しになってみてはいかがでしょう。 ---以下署名--- マイクロソフトコミュニティはユーザー同士の情報交換の場所です。 アカウントは二段階認証でセキュリティを強化し、乗っ取り被害から身を守りましょう。 microsoft. サードパーティ製フォントを使用停止にするなどしてみましたがダメで。 いったんエクセルを削除して、16. 16にしてみたら問題なく改行ができました。 しかしその後16. 20にまで再度アップデートすると、また改行ができなくなってしまいました。 やはりバージョンの問題ではないかと思っています。 ちなみにmac os 10. 6 high sierra。 macbook pro 2012midを使用しています。 追記:再びインストールし直し、今度はスローインサイダーで、16. 19にしましたが、やはりそこでも同じ改行の問題にあたります。 16を使えばいいのかもしれませんが、16. 16はショートカットのユーザー設定の機能が復活する前のバージョンなので僕にとっては少し不便なのですよね。。 mac OS Mojave バージョン 10. 20 で確認していますが、問題無くセル内で改行出来ております。 Mojave と high sierra の違いという事はあるかもしれませんね。 また、出来たり、出来なかったりという事ですので、出来る場合と出来ない場合に何か違いが無いか確認してみると良さそうに思います。 ---以下署名--- マイクロソフトコミュニティはユーザー同士の情報交換の場所です。 アカウントは二段階認証でセキュリティを強化し、乗っ取り被害から身を守りましょう。 microsoft. そのキーの組み合わせはと違いますね。 こちらのにあるように(念の為スクリーンショットも添付しました。 試しに16.

次の