タカ 派 ハト 派。 ハトとタカとオカメ

タカ派・ハト派とは

タカ 派 ハト 派

朝日新聞の「タカ」と「ハト」 A71 朝日新聞の「タカ」と「ハト」 4月29日の朝日新聞は、 「小泉ショック」、「 『タカの心臓』変幻自在」と言う見出しの記事で、次のように小泉首相を論評していました。 「田中秀征元経済企画庁長官は・・・一方で、(小泉首相の)憲法改正や集団的自衛権行使容認、靖国参拝発言に戸惑いも見せる。 『根は膨張主義者ではない。 タカの心臓を持ったハトだと信じたい』・・・森前首相は・・・右寄り系譜を継いで派閥を率いた。 ・・・小泉氏は、 タカ派の影もひきずっている。 「小泉純一郎氏は亀井氏とともに、 タカ派的色彩が濃いといわれた安倍派に属していた。 ・・・橋本龍太郎氏は・・・かつては日本遺族会や『みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会』の会長を務めた。 要するに外交や安全保障問題については、4人とも タカ派的考えの持ち主のようだ」 憲法改正を主張したり、靖国神社を参拝したり、台湾に対して友好的である政治家は「タカ」なのでしょうか。 政治家は『タカ』であってはいけないのでしょうか。 「タカ」の定義というものは聞いたことがありませんが、朝日新聞は自分の主張に反する者を勝手に「タカ」と呼んでいるだけではないのでしょうか。 幼児に聞かせるたとえ話ではあるまいし、 政治家を勝手に「タカ」と「ハト」に分類し、「タカ」イコール悪、「ハト」イコール善と言う単純な図式を描くのはナンセンスだと思います。 朝日新聞は「タカ」とは何であるかの定義をせず、また、彼らが「タカ」であることの根拠も示さず、 危険人物であるかのように論じています。 これは、はなはだ 非論理的な論評であると思います。 平成13年4月30日 ご意見・ご感想は.

次の

ハト派

タカ 派 ハト 派

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年8月) タカ派(タカは、英語: War Hawk, hawk, bellicist)とは、的傾向の分類で、など武力を辞さない姿勢を持つ人または集団を指す語。 強硬派(きょうこうは)ともいう。 はである。 語義 [ ] が類であることから、その持つ雰囲気や習性などを政治的傾向の分類にもちいたもの。 現代のでは、に肯定的な人物がタカ派に分類されることが多い。 においては、特定のやで分類されることもあるが、基本的にどの政党や派閥にもタカ派とハト派の議員が存在している。 とタカ派のイメージは往々にして同一視されるが、右派とタカ派は同じではない。 においてもハト派・タカ派が存在することはあり得るし、ハト派・タカ派の区分は他の政治勢力と比較した上で判断される相対的なものでしかない。 たとえば、現代では軍事力を否定しているも、かつては路線の(タカ派)と路線の(ハト派)で別れており、とを訴えていた(の前身)も、「になれば反戦と非武装中立を破棄する」(社会主義国になればその軍備は帝国主義国に向けられるものという論理)と宣言したのなどが一定の影響力を持っていたし、向坂らとは正反対のの側にはを容認する後にを結成するグループも存在していた。 日本共産党はで暴力による革命を放棄し、一方これを拒否して軍事革命にこだわる勢力はとなっている。 諸外国では、で、、、において積極的だったのはであり、一方、これらの戦争に消極的で、を始めたのは(政権~政権~政権の流れ)である。 一方で、共和党もいわゆるでソ連との対決姿勢を強めた(政権)ほか、(政権)、を始めとする(政権)において先導的な役割を果たしている。 またにおいては、、といった社会主義の原則に忠実な政権がタカ派的で改革開放を推進したがハト派的であった。 タカ派勢力の例 [ ]• - 極左• - 極左• - 極左• - 極左• - 極左• - 極右 関連項目 [ ]•

次の

タカ派

タカ 派 ハト 派

スポンサーリンク タカ派とは タカ派とは、政治や経済などにおいて強硬派・積極派の集団を意味します。 タカ派のタカとは鷹(タカ)が由来ですが、鷹は猛禽類で他の動物を攻撃して肉を食べることから、攻撃的であるイメージが転じて強硬派・積極派という意味で用いられています。 政治のタカ派 政治面でタカ派という場合には、外交で強硬的な立場をとり、戦争などの武力による解決も否定しない考え方の立場の人を意味します。 対話が決裂するような場合には他国との衝突を恐れず、地域紛争・戦争に発展してしまうことがあります。 経済のタカ派 経済面では金融政策や財政政策でタカ派という言葉が良く用いられます。 経済のタカ派は全般的に景気・物価に対する見方が楽観的であるため、金融緩和や財政出動に消極的で、金融引き締めや緊縮財政に積極的という意味で用いられます。 金融政策のタカ派 経済面では、特に金融政策で用いられることが多く、金融政策でのタカ派とは、景気や物価に対する見方が楽観的で、金融引き締めに積極的、金融緩和に消極的な立場の人を意味します。 中央銀行で意思決定に参加する会議のメンバーに対してタカ派、ハト派という分類が良く行われます。 財政政策のタカ派 財政政策でもタカ派が用いられることがあり、財政タカ派とは財政再建に強硬的な人という意味で、財政出動に消極的で、歳出削減や増税に積極的な立場の人を意味します。 ハト派とは ハト派とは、政治や経済などにおいて穏健派・慎重派の集団を意味します。 ハト派のハトとは鳩(ハト)が由来ですが、鳩は平和の象徴として知られている鳥で、平和的であるイメージが転じて穏健派・慎重派という意味で用いられています。 政治のハト派 政治面でハト派という場合には、外交で融和的な立場をとり、戦争などの武力による解決ではなく、対話など外交的な解決を好む立場の人を意味します。 経済のハト派 経済面では金融政策や財政政策でハト派という言葉が良く用いられます。 経済のハト派は全般的に景気・物価に対する見方が慎重であるため、金融緩和や財政出動に積極的で、金融引き締めや緊縮財政に消極的という意味で用いられます。 金融政策のハト派 金融政策でのタカ派とは、景気や物価に対する見方が悲観的で、金融引き締めに消極的、金融緩和に積極的な立場の人を意味します。 中央銀行で意思決定に参加する会議のメンバーに対してタカ派、ハト派という分類が良く行われます。 財政政策のハト派 財政政策でもハト派が用いられることがあり、財政ハト派とは経済に対する見方が慎重であるため、財政出動や減税に積極的で、緊縮財政や増税に否定的な立場の人を意味します。 タカ派・ハト派と右派・左派(右翼・左翼)や保守・革新は直接結びつかない タカ派・ハト派に似た言葉として、右派・左派(右翼・左翼)や保守・革新がありますが、直接結びつく関係ではありません。 タカ派が強硬派、ハト派が穏健派という意味ですが、右派(右派)は伝統や既存の体制を重視する、左派(左翼)は変革や再分配を重視する、保守は伝統を重視する、革新は変革を重視するというような意味があります(意味や使われ方は立場や時代によっても揺らぎがあり、上記とは異なる見解もあります)。 まとめ• タカ派は攻撃的な鷹が由来の言葉で、強硬派・積極派という意味になり、政治のタカ派とは対外強硬的、金融政策のタカ派とは金融緩和に消極的ということになります。 ハト派は、平和の象徴とされる鳩が由来の言葉で、穏健派・慎重派という意味になり、政治のハト派とは対外融和的、金融政策のハト派とは金融緩和に積極的ということになります。

次の