心電図 の 付け方。 心電図

心電図の記録法|心電図とはなんだろう(1)

心電図 の 付け方

12誘導心電図の正しい貼り方 心電図とは? 心電図とは心臓の電気的刺激を図に表したものです。 そして心臓の電位を記録するために、電極を心臓を囲うように皮膚に貼り測定します。 心電図には,標準12誘導心電図とモニター心電図(3点誘導の心電図)があります。 12誘導心電図の測定方法 ・正しい心電図をとるため、動いたり激しい呼吸で筋電図の影響与えるため動いてないときに行います。 ・心臓の電気のフレは、些細なことで変化します。 そのためリラックスした状態で行います。 ・測定する際には看護師は「楽に深呼吸しててください」「足や手を動かなようにしてください」などと声をかけ波形が落ち着いてたら測定をします。 電極の種類• シール型• 吸盤型• ハサミ式 の3種類あります ノイズがでやすいのでノイズを防ぐために、電極付ける前には電極の装着部をアルコール綿などで拭きます。 そのあと、吸盤型、ハサミ式はペーストつけます。 シール型は粘着シールなのでペーストはつけません。 胸部電極の貼り方 胸部には6か所の電極は装着します。 第4肋間がどこかわからない? 第1肋骨と第2肋骨の区別が難しいので、まず 胸骨角から第2肋骨を探すやり方をする看護師が多いです。 しかし、この胸骨角はじめはわかないことが多いです。 実は、この胸骨角がどこか分かりやすくなるポイントがあります。 鎖骨と鎖骨と胸骨角の間は明らかに骨がなくへこんでいます。 ここから指でさわり、ポコっとしたところが胸骨角です。 胸骨角のすぐ横が第2肋骨です。 そして 胸骨角のくぼみが第2肋間です。 これで第2肋骨からスタートのカウントできるようになるかと思います。 「2、3、4…っと」 その4番目が第4肋骨です。 その骨の下のへこみが 第4肋間です。 第4肋間が見つかったら左右の胸骨の所に 赤(V1)と 黄(V2)を貼っていくと分かりやすいです。 女性の場合 乳首の位置を基準にしない 乳首の位置は人によって異なり、外側にあったりします。 男性と女性ともにこの電極を配置する際に基準点として乳首の位置を基準に使用しないでください。 12誘導心電図の貼り方の覚え方 あ(赤)き(黄)りょく(緑)ちゃ(茶)く(黒)む(紫) あ(赤)き(黄)み(緑)ちゃ(茶)く(黒)む(紫) 「あきみちゃくむ」と覚えてる方もいますね。 ゴロがいいので覚えやすいです! 四肢電極 左右の手足の4か所に電極をつけます。 ・この基準の電位Voと体(心臓の筋肉)の電位の差で心電図を測定することができる。 家電のアースは大地にとり漏電したときに アース線から外に電気を流し感電を防ぐためにものである) ホルター心電図 ホルター心電図は24時間にわたり日常生活の心電図が記録できるので、不整脈や狭心症の発作時の心電図をとらえることができ、診断に役立ちます。 ・「先行するP波がない」 ・「QRS波の早期に出現」 ・「幅広いQRS波 」 本来なら心房が収縮 P波 してから心室が収縮 QRS波 します。 だが、VPCの場合、 「心房の収縮とは関係なく心室が収縮する」ために、 P波と無関係にQRS波が出現しているのです。

次の

心電図読み方|基本を理解するための10のポイント|医学的見地から

心電図 の 付け方

が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 今回は、 心電図の記録法について解説します。 田中循環器内科クリニック院長 〈目次〉• はじめに では、の解剖と電気生理を勉強しましたね。 とても疲れたことと思いますが、解剖と電気生理は建物でいえば基礎工事です。 土台がしっかりしている建築物は、少々の災害ではビクともしません。 心電図も基礎を理解していると、より難解な心電図も手に取るようにわかるようになりますから、決して無駄ではありませんよ。 さて、ここからはいよいよ心電図の勉強をします。 がんばりましょうね。 まず、ディバイダー(キャリパーともいいます)を用意しましょう(なければ、文房具店で。 コンパスでも可)。 記録された心電図波の 計測と 確認に使用します()。 計測は、測定したい2点間にディバイダーを広げて固定します。 この長さを記録紙の方眼紙に合わせて縦横の計測をします。 図1ディバイダーによる計測と確認 もう1つは、ある間隔が規則正しいかどうかを確認します。 たとえば、心室の興奮波はQRS波として出現します。 このQRS波が規則正しい間隔で繰り返されているかどうかを、QRS波の出現間隔で広げて固定し、次また次と見ていけば一定間隔かどうか確認できますし、計測もできます。 それでは本題に入りましょう。 看護師はなんといっても現場です。 いくら解読ができても、実際に心電図が記録できなければ、役に立ちません。 心電図を記録するための装置を 心電計といいます。 心電図とは、心臓の興奮波を体表で拾って増幅し、いろいろな方向から記録したものです。 決まった12の方向から記録したものが、 標準12誘導心電図ですから、まず一般的な標準を記録してみましょう。 心電計の使用法と注意 体表から心臓の電位を記録するために、に接着するものが 電極です。 シール型、吸盤型、ハサミ式といろいろありますが、要は体表に密着させて、心臓のわずかな電位を感知して、記録します。 左右の手足の電極を 四肢電極といい、4か所ですね。 6か所の電極は胸部に装着するので 胸部電極とよびます。 心臓の電気のフレは、皆さんの心と同じでデリケートなので、 ノイズを防ぐために、付ける前には電極の装着部をよく拭いて、ペーストなどで接触をよくしておきます()。 図2ノイズの入った心電図波形 四肢電極 まず、四肢電極を付けます()。 これがポイントです。 右手は赤、左手は黄、右足は黒、左足は緑と決まっています。 左右や手足の電極の付け間違えで、全く違う心電図になってしまいます。 とくに急変時などは、間違えやすいので要注意です。 それでは覚え方を伝授しましょう。 図4電極の色と装着位置 さあ、声に出して言ってみましょう。 覚えましたか。 ここで、右足の黒はアースの電極です()。 アースとは地球で、電位のゼロをとる基準になっています。 陰の主役、大切な役割をもっています。 胸部誘導 次は胸部誘導です。 これも付け方にキマリがあります。 全部で6個の電極があり、胸部誘導V 1からV 6に対応します。 V 1は第4肋間胸骨右縁、V 2は第4肋間胸骨左縁、V 3はV 2とV 4の中間で、V 4はどこかというと、第5肋間で鎖骨中線上、V 5はV 4と同じ第5肋間のレベルで前腋窩線上、V 6もV 4、V 5と同じレベルで中腋窩線上となっています()。 図5胸部電極の装着位置 しかし、皆さんはこの数行の漢字の多さに、さぞ疲れたことでしょう。 それでは簡単な方法を伝授しましょう。 仰向けに寝ている患者さんの左側に立ちます。 次に右鎖骨のつけ根を探してその下のクボミに自分の右手の小指を当てます。 ここが第1肋間胸骨右縁です。 薬指でその下のクボミを探してください。 そこが第2肋間胸骨右縁、同様にその下のクボミは中指で第3肋間胸骨右縁、そして人差し指が第4肋間胸骨右縁でここがV 1を付ける場所です。 小指から人差し指の順に「1、2、3、4」と掛け声をかけてもいっこうにかまいません(心電図をとられている人は驚くかもしれませんが……)。 V 2はそこから平行移動して胸骨左縁のクボミに吸い付けます。 V 3はV 2とV 4の中間ですから、まずV 4を付けます。 左鎖骨の真中ぐらいを目で追って下に視線を下ろして、V 2の第1肋間下にエイヤと吸い付けます。 V 3は、すでにつけてあるV 2とV 4の間です。 V 5はV 4と同じレベルで、腕のつけ根から下ろしたあたり(前腋窩線)に付けましょう。 最後にV 6は、同じレベルで、わきの下のクボミの真ん下(中腋窩線)です。 わかったでしょうか。 しかし、ここでまた問題が発生します。 タコの足のようなコードのどれがV 1で、どれがV 6だかよくわかりません。 ここでも色がポイントになります。 V 1:赤、V 2:黄、V 3:緑、V 4:茶、V 5:黒、V 6:紫と決まっています。 あ(赤)き(黄)りょく(緑)ちゃ(茶)く(黒)む(紫)。 装着編はこれでおしまいです。 NOTEさまざまな誘導の心臓を見る方向 標準(双極)四肢誘導• 波形が最も明瞭• aV R 誘導:右肩から心臓を見る。 逆転した波形• aV L 誘導:左肩から心臓を見る• aV F 誘導:ほぼ真下から心臓を見る <aV R、aV L、aV F の意味>• 「a」:augmented(増幅された)のa• 「V」:voltage lead( ここで計測した電圧)のV• 「R」:right hand(右手)のR• 「L」:left hand(左手)のL• 「F」:foot(足)の F 胸部誘導• V 1誘導:主に右室側から心臓を見る• V 2誘導:右室と左室前壁側から心臓を見る• V 3誘導:心室中隔と左室前壁から心臓を見る• V 4誘導:心室中隔と左室前壁方向を見る• V 5誘導:左室前壁と側壁を見る• V 6誘導:左室側壁を見る 標準12誘導心電図 いまどきの心電計は優秀ですから、電源を入れてスタートボタンを押せば、アレヨという間に自動的に標準12誘導心電図が記録されます。 キレイな心電図をとるためには、筋電図やによるゆれを防ぐことが大切ですから、患者さんをリラックスさせて、呼吸を止めてもらうか、浅い呼吸をしてもらいましょう。 心電図は出ましたか? 1誘導ずつしか出てこないものから、12誘導まとめて出てくるものまで、いろいろなタイプがあります。 V 1~V 3を前胸部誘導、V 4~V 6を左側胸部誘導ということもあります。 心臓を前から見た(前額面・垂直面)電気の流れです()。 胸部誘導は、心臓を取り囲むように付けた電極からの電位ですから、心臓を上からのぞいた(水平面)電気の流れというわけです()。 図6四肢誘導(前額面、垂直面) 図7胸部誘導(水平面) 各誘導については次回記事で説明します。

次の

12誘導心電図の付け方

心電図 の 付け方

12誘導心電図の正しい貼り方 心電図とは? 心電図とは心臓の電気的刺激を図に表したものです。 そして心臓の電位を記録するために、電極を心臓を囲うように皮膚に貼り測定します。 心電図には,標準12誘導心電図とモニター心電図(3点誘導の心電図)があります。 12誘導心電図の測定方法 ・正しい心電図をとるため、動いたり激しい呼吸で筋電図の影響与えるため動いてないときに行います。 ・心臓の電気のフレは、些細なことで変化します。 そのためリラックスした状態で行います。 ・測定する際には看護師は「楽に深呼吸しててください」「足や手を動かなようにしてください」などと声をかけ波形が落ち着いてたら測定をします。 電極の種類• シール型• 吸盤型• ハサミ式 の3種類あります ノイズがでやすいのでノイズを防ぐために、電極付ける前には電極の装着部をアルコール綿などで拭きます。 そのあと、吸盤型、ハサミ式はペーストつけます。 シール型は粘着シールなのでペーストはつけません。 胸部電極の貼り方 胸部には6か所の電極は装着します。 第4肋間がどこかわからない? 第1肋骨と第2肋骨の区別が難しいので、まず 胸骨角から第2肋骨を探すやり方をする看護師が多いです。 しかし、この胸骨角はじめはわかないことが多いです。 実は、この胸骨角がどこか分かりやすくなるポイントがあります。 鎖骨と鎖骨と胸骨角の間は明らかに骨がなくへこんでいます。 ここから指でさわり、ポコっとしたところが胸骨角です。 胸骨角のすぐ横が第2肋骨です。 そして 胸骨角のくぼみが第2肋間です。 これで第2肋骨からスタートのカウントできるようになるかと思います。 「2、3、4…っと」 その4番目が第4肋骨です。 その骨の下のへこみが 第4肋間です。 第4肋間が見つかったら左右の胸骨の所に 赤(V1)と 黄(V2)を貼っていくと分かりやすいです。 女性の場合 乳首の位置を基準にしない 乳首の位置は人によって異なり、外側にあったりします。 男性と女性ともにこの電極を配置する際に基準点として乳首の位置を基準に使用しないでください。 12誘導心電図の貼り方の覚え方 あ(赤)き(黄)りょく(緑)ちゃ(茶)く(黒)む(紫) あ(赤)き(黄)み(緑)ちゃ(茶)く(黒)む(紫) 「あきみちゃくむ」と覚えてる方もいますね。 ゴロがいいので覚えやすいです! 四肢電極 左右の手足の4か所に電極をつけます。 ・この基準の電位Voと体(心臓の筋肉)の電位の差で心電図を測定することができる。 家電のアースは大地にとり漏電したときに アース線から外に電気を流し感電を防ぐためにものである) ホルター心電図 ホルター心電図は24時間にわたり日常生活の心電図が記録できるので、不整脈や狭心症の発作時の心電図をとらえることができ、診断に役立ちます。 ・「先行するP波がない」 ・「QRS波の早期に出現」 ・「幅広いQRS波 」 本来なら心房が収縮 P波 してから心室が収縮 QRS波 します。 だが、VPCの場合、 「心房の収縮とは関係なく心室が収縮する」ために、 P波と無関係にQRS波が出現しているのです。

次の