しゅう けい きょう ふ しょう 整形。 会衆の兄弟姉妹に敬意を示しましょう — ものみの塔 オンライン・ライブラリー

【漢方解説】苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)|漢方セラピー|クラシエ

しゅう けい きょう ふ しょう 整形

鏡を見る醜形恐怖症の患者 分類および外部参照情報 , , - - 身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい、: body dysmorphic disorder ; BDD)あるいは 醜形恐怖症とは、極度の低い自己価値感に関連して、自分の身体や美醜に極度にこだわる症状である。 実際よりも低い自己の身体的なイメージが原因である。 俗に 醜形恐怖また 醜貌恐怖とも呼ばれる。 自殺率は非整形経験者の45倍と非常に高い。 『』第5版のDSM-5では関連症群(スペクトラム) に含まれる。 その強いから身体醜形障害はを併発する割合もかなり高いとされる。 人口有病率は、0. 5-0. BDDのハイリスク層には、、、、、、などの罹患者が挙げられる。 「」も参照 精神医学的障害の一種である。 歴史 [ ] 「醜形恐怖」という言葉が19世紀にこの病気について初めて発表したイタリア人医師の名付けた原語を日本語訳したものとして作られ、長らくこの用語が日本では一般的であった。 しかし近年、患者が顔だけではなく身体全体を気にしだしたため「身体醜形障害」と呼ばれることも多くなった。 日本では1990年後半から多くなりだした。 この内2割はのような状況になるとされる [ ]。 をする人も多いが、思い込みであることが多いため満足な結果が得られることは少なく、結果的に逆に顔を崩してしまうことさえある。 この障害を持つ場合には、1日に何時間も自身の肉体的な欠陥について考えるようになり、極端に社会から孤立してしまうとされる。 特徴 [ ] 男性の場合、によって男らしく変化した部分を嫌い、幼児期のままの自分でいたいと思う傾向が強いとされる。 また、女性の場合は、母親や姉妹など周囲の身体に対する優劣を意識する傾向が強いとされる。 顔自体に限っていえば男性に多いが、身体全体にわたる場合は女性に多いとされる。 醜形障害者の割合に男女比の差はあまりないとされるが、とらわれる箇所は男女個々様々で体全体にいたる。 ボディイメージとの関連 [ ] 上述の通り、醜形障害者は、自身の身体の至る部分に偏ったボディーイメージを持っている。 一度鏡で見た顔や容姿にいたるイメージへも、確固たる真のイメージを持ちづらいとされる。 それゆえ、何度も鏡を確認するものと思われる。 醜形障害者の日常生活における困難は、鏡などの反射物(鏡、ガラス、水面、なべのふた、スプーン、ペットボトル、食器類など)に映る顔全体の影形やその姿であり(更に症状が進むと、太陽や照明機器に照らされた影による自らのヘアスタイル、横顔の造形なども気になりだす)、その対象物を何十分、何時間という単位で目で確認し続けるという強迫性障害でいう強迫確認または強迫行動によって支配される苦しみや苦痛である。 また外出した際は他人の視線(顔や容姿全体、こだわっている箇所)を意識しすぎて、ショーウィンドーのガラスや車のガラス、バックミラーなどに自身の顔や容姿を映し様々な角度から自分のこだわっている箇所を確認し続けるという行動をとる。 その姿が自分の思っていた顔や容姿とのイメージと合致した場合は、気分が高揚し安心感を持ち、かけ離れていた場合は酷く落ち込み、目的だった事柄や場所に行けず冷や汗を掻いて引き返してくることもある。 また外出時は自分の顔・容姿のこだわっている箇所を他人と必死に比べようともする。 また反射物に限らず、写真や映像(カメラやビデオ)に撮られることも嫌い、その自身が写った写真や映像から目を背けたり写りたがらない。 写真や映像に写った自身の顔・姿のイメージが自己のイメージと合致すれば上記の様な心理状態になり、違った場合は落胆し鬱になったり、写真の場合は破り捨てることも見受けられる。 その結果、などに載せる証明写真を撮るのに支障をきたす場合がある。 また、醜形障害者は鏡やガラスなどに映った自分を見続ける確認行動がある一方で、必死に鏡やガラスなどの反射対象物を避け、なるべくこだわっている箇所を映さない、映らない、確認しないなどといった極端な側面も持ち合わせていることが多い。 なぜその両面を持ち合わせているのかは具体的には分からないが、強迫性障害で言う強迫確認の負のに自身の大事な時間を費やされたくない、その確認しているさまを他人に見られるのが恥ずかしい、奇妙な行為だと思われるのが怖い、またその確認でこだわっている箇所を見てしまったための落ち込みの不安で、恐怖と絶望の渦に陥りたくないという心理的要因が働くのではないかと思われる。 そしてこの二つの面を持ち合わせている者もいれば、そうでない者もいるようである。 醜形障害者は妄想的に確信を抱いたとらわれのパターンと、元々(生まれつき)の細かい「欠陥」(例えば、髪の毛が柔らかく細く頭髪が元々薄い傾向や、成人して止まってしまった身長などに対する変えられようのない事実)にとらわれてしまうパターンとがある。 後者は投薬治療では中々改善しない場合が多く、10年近く症状で悩まされる場合も多い。 いずれにしても、細かい顔や体に対する欠陥や妄想的とらわれが身体醜形障害の特徴である。 自分の容姿にとらわれるあまり、家族にまでそのとらわれ箇所の確認を要求する(どのように思い、感じるか)家族巻き込み型もこの病の典型である。 その結果、家族のいい回答が得られずに(正しい返答がない、もしくは家族として思いやってか言葉に表しにくいため)にまで至るケースもある。 またこれら反射物による恐怖を発端とする忌避行為により、日常生活に多大なる影響を与える。 特に就労に関してこの問題は大きい。 例を挙げれば、反射するモニターを使用する光沢液晶やCRTの仕事を忌避したり、サイドミラーを恐れ運転免許が取れなかったり等致命的な支障を就労においてきたす。 自分の顔への恐怖は、裏返せば他者の視線への恐怖であり、面と向かってのデスクワークや会議、及び面談等でまともに正対して視線を合わすことさえ困難を極める。 結果的に、能力的にできる職種であっても、醜形恐怖が先行するあまり、自ら職業選択の幅を狭め、最悪何も仕事を選べないという状況になり得る。 プライベートにおいてもそのような状態では恋愛はおろか友人関係を築くのにも著しい困難を生じる。 症状の性質上、健常的な範疇内での純粋な容姿のと身体醜形恐怖との判別がつきにくい事が、この病をより複雑化している。 両者を併せ持つケースも考えられる。 しかし、醜形恐怖患者は、自分の容姿について、絶え間なく悩まされるという部分に両者の間で決定的な違いがある。 醜形恐怖患者の中には、もちろん誰にでもあるような、客観的に見られる体の醜さで悩む事もあるだろうが、それ以上にその「醜い」「容姿が気になる」という思考・感情をコントロールできない部分にこそ本当の根深さ・問題が隠されている。 また顔というのは全体的バランスとして美醜を判断すべきだが、醜形恐怖患者は、目・鼻・口・毛髪等細部の各パーツ毎に極度のこだわりと理想を持っているのも特徴である。 この状態が逸脱しすぎて、一般的に言われる美醜というより自分の中で描いている理想と現実のギャップに絶望・不安と混乱を生じやすい。 妥協という言葉は一切生じない。 この「醜い」という不快な思考を抑えても、抑えても、果てしなく湧き上がる状態は、たとえばで、人を車ではねたのではないか?物が決まった場所に無いと焦燥を感じる、等の恒常的な永遠と反復する不安に陥る、思考をコントロールできない部分で共通する。 強迫性障害と深い関わりがあるといわれる理由はここにある。 つまり、常に付きまとわれる容姿についての悩み(強迫観念)とその不安を消失させるために鏡を見る等の確認行為(強迫行動)、そして鏡や反射物を恐れる(逃避行動)は、全て強迫性障害によく見られる行動パターンである。 健常的範囲での容姿コンプレックスであれば、一時的な観念的悩みはあれど、強迫行動や逃避行動までには至らない。 また、鏡を見る行為ひとつとっても、健常者であればエチケット・身だしなみとして気軽に見る行為であるが、醜形恐怖患者の場合は、そのような要素よりもとにかく不安を抑えるための確認作業・苦渋の解決策として極度のストレスを伴いながら鏡を見る。 これらの点を踏まえると、この障害は精神病というよりは、先天的あるいは環境による性格的・神経症的な要素が強い。 したがって、この症状は外界からのストレスに比例しやすく、労働や人間関係等でが増すとこの症状もまた増幅する傾向がある。 このような悪循環なループに陥る事が多く、醜形恐怖患者は、自己解決能力が著しく乏しいとも言える。 高頻度でを合併しやすいのも特徴的で、これは強迫性障害患者においてもよく見られる。 持続的に襲われる容姿に対する不安・恐怖やそれを抑えるための確認・逃避行為によって、精神が疲弊し、結果的にうつ病が導かれるものと考えられる。 また醜形障害患者は、ある程度の割合でも併発しやすい。 これは自分の臭いによって他人に迷惑を与えていないか、あるいは自分の容姿によって他人に不快な気分にさせていないか?という両点で的要素が強く反映されている。 また、客観性を欠いた、的なとらわれから醜くないにもかかわらず、自己を醜いと判断しこの症状に陥る事もあり、これによりの前駆症状としてみなされる事もある。 強迫性障害から派生する場合は、統合失調症の妄想性と異なり、性格由来の「完全主義」「頑固さ」が局部的な思考の歪みとして容姿に集中するために起こる。 この点で、ひとくちに醜形恐怖といっても、強迫性障害や統合失調症等その発生過程は異なる。 患者によっては、時間帯によって症状が変化する事もある。 たとえば、朝方から日中にかけて醜形恐怖の症状が強く現れ、日没後から症状が落ち着きだす等である。 この日中~夜間における症状の変動は、関連性が持たれているうつ病患者においても顕著に見られるものである。 これは本来生物に備わっている日中、精神活性化をつかさどると夜間の精神緩和をつかさどるの作用・影響が考えられる。 原因 [ ] 原因としては、やとの関連が挙げられる。 またなどと並んで、の前駆症状として現れる場合も多い。 あるアメリカ人の研究者は「醜形恐怖は強迫性障害の仲間に入る」と述べている。 また実際、醜形恐怖は脳内の神経伝達物質であるを増加させる薬に反応するという報告がある。 人とのコミュニケーションを上手く取れないため対人恐怖や劣等感に陥り、その感情を外見の劣等へ形を置き換える事で、無意識的にバランスを取っている側面もある。 自己へ自己へと意識が集中しすぎ自身で、完璧なこうであらねば、という枠組みを形成してしまうのが根底にある。 外界(他人)への意識を拡大させると共に、自分への美醜のこだわりより先に対人スキルを含む内面・精神に対する誤った認識の確認、再生、充実が結果的にこれらの強迫観念を解決させる一助になりえる。 マスメディアにおける時代の美醜の価値観も関連する。 長期による深刻な悩みの末、に欠ける問題もある。 と大まかに括れる事が出来る。 しばしば、的になりを起こす場合もある。 強迫性障害からの視点では脳内伝達物質のの異常と、皮質という箇所の異常だともいわれる。 身体醜形障害はの病理であり、とも関連がある。 理想の姿を追い求めることで、基底にある深い自己不信から逃れようとする。 や暴露反応妨害法などが有効とされている。 醜形恐怖は精神病というより元来持つ性格から発している部分が大きい、その際たるものが「完璧主義」である。 醜形恐怖が難治といわれるのは、先天的あるいは、長年積み重なった性格・気質によるためでもある。 最近のプチ整形を筆頭として美容整形の浸透が醜形恐怖を更に根深い問題とさせている。 診断 [ ] DSM-IVの診断基準Bはを呈していることを要求している。 また診断基準Cは、他のにあてはまらないことを要求している。 BDDと診断された場合は、また・リスクを評価すべきである。 鑑別診断 [ ] 正常な不満足はよくありうる。 では、太っているかということに限定される。 では、外見だけを気にしているわけではない。 では自信のなさは、身体にのみへの関心ではない。 妄想であれば、妄想性障害である。 管理 [ ] 成人のBDDについては、その社会的困難が軽度の場合、 CBT を個人またはグループ単位で提供する。 中度の場合はによる薬物療法、もしくは更なる強度の個人単位CBTを行い 、重度の場合は薬物療法とCBTの両方を実施する。 SSRIを使用する場合、NICEはその第一選択肢はでなければならないとしている。 これは他のSSRIよりもBDDへの有効性の証拠が多いためである。 SSRIにて緩解が見られた場合、その12ヶ月後をめどに断薬を検討する。 、、、、(など)は、一般的にBDDに使用してはならない。 児童青年のBDDについては、その年齢に合わせたCBTを実施する。 SSRIは有害事象が報告されているため、投与は慎重を期する。 援助の方針 [ ] 醜形恐怖患者は、性格的に劣等感を持ちやすい。 特にこの症状ゆえに、社会的活動を放棄し、ひきこもりなどで、やが思うようにはかどらず、社会的コンプレックスを強く持ちがちで、周囲と足並みをそろえられない、自らの非力さで自責の念にとらわれがちである。 しかしけして怠けている訳ではないので、そのような部分を含めて精神療法で広く応用されているで言う「ありのままの自分を受け入れる」精神で、自らの容姿もさることながら、無理をせず自らの生き方も許容する事が大切である。 本来持っている上昇志向などの良い側面が歪んだ形として、容姿に集中してしまっている状態であり、その向上心をたとえば仕事、学業、趣味・特技等良い方向へ生かしきるのも大切である。 この障害は、性格的な要素が大きいため、完治を期待するよりは、いかに良い方向へ利用していくかが鍵となる。 「こだわり」は短所でもあり、長所でもあるという認識が大切である。 心理療法 [ ] この節のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 とされるが求められています。 ( 2017年12月) 心理療法に関しては、治療者や支援者のサポートに基づいた(認知再構成法・を含む)、の治療効果が症例報告がある。 森田療法では、大丈夫である事実を繰り返し提示すること、本当にやりたいことを再認識できるように導くこと、「身体に関する不安をそのままにしておき、やりたいことや必要な行動をどんどんとしていくことで、不安はどこかに消えている」という考えに基づき行動の変容をサポートした事例がある。 また、同事例において治療者は、自身全体に対する患者の自己肯定感を高めることと、身体部位に対する患者の肯定感を高めることを同時にサポートしている。 さらに、患者が身体部位へのとらわれから脱し、現実の外界とのかかわりを徐々に増やしていくことで、生活に対する自信をつけていくことができるよう、支援も行っている。 また、鍋田 2011 は、認知行動療法・問題解決法・などのさまざまな心理療法を組み合わせた、3ステップアプローチという治療法を提案している。 治療の方向性を説明するガイダンスセラピー(第1ステップ)、認知行動療法を活かした心理教育的アプローチ(第2ステップ)、人生全体がテーマとなる心理療法(第3ステップ)から構成される。 その中で、顔や身体の部分ではなく顔や身体の全体さらには性格が大切であるということを再認識したり、醜いという考えは事実とは異なり客観的に醜くないという事実を確認したり、理想とする容姿の人はまれで自分自身と同じような容姿の人がほかにもいるということを認識したり、何らかの活動に参加し自分自身ができることを確認するとともに周囲からできたことを評価されることでやっていけるという自信をつけたり、長所について話し合い容姿とは別に自らに長所があるということを認識したりすることができるよう、治療者が本人をサポートする。 出典 [ ]• Bjornsson AS; Didie ER; Phillips KA 2010. Dialogues Clin Neurosci 12 2 : 221—32. Record China 2013年5月21日. 2020年3月24日閲覧。 103-105. 矢島道、矢島新、松田英子「」『カウンセリング研究』第46巻第4号、2013年、 214-225頁、 :、。 大塚明子「曝露反応妨害法が奏功した身体醜形障害を伴う強迫性障害の一治療例 実践研究,社会福祉と行動療法 」『行動療法研究』第29巻第2号、2003年9月30日、 171-181頁、。 鍋田 恭孝 2011. 鍋田 恭孝 2011. 鍋田 恭孝 2011. 参考文献 [ ]• Report. 2005-11. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NICE Pathways.

次の

整形美人になったけど、年を取るとどうなるの?対策は?

しゅう けい きょう ふ しょう 整形

1-2. (ア) 世 せ 界 かいの 国 くに 々 ぐには 間 まもなくどんな 宣 せん 言 げんを 出 だしますか。 (イ)どんな 点 てんを 考 かんがえる 必 ひつ 要 ようがありますか。 「 平 へい 和 わだ, 安 あん 全 ぜんだ!」 世 せ 界 かいの 国 くに 々 ぐにはついにこの 宣 せん 言 げんを 出 だします。 待 たい 望 ぼうの 世 せ 界 かい 平 へい 和 わが 達 たっ 成 せいされたと 主 しゅ 張 ちょうします。 これで 世 せ 界 かいのいろいろな 問 もん 題 だいを 解 かい 決 けつする 見 み 通 とおしが 立 たったと 印 いん 象 しょう 付 づけようとします。 しかし,その 宣 せん 言 げんに 続 つづいて 起 おきる 事 こと 柄 がらを 止 とめる 力 ちからはありません。 聖 せい 書 しょの 預 よ 言 げんにある 通 とおり,「 人 ひと 々 びとは…… 突 とつ 然 ぜん 滅 ほろぼされることになります。 …… 彼 かれらは 決 けっして 逃 のがれられません」。 () 2 次 つぎの 点 てんを 考 かんがえる 必 ひつ 要 ようがあります。 「 大 だい 患 かん 難 なん」の 間 あいだにどんなことが 起 おきますか。 エホバは 私 わたしたちがどう 行 こう 動 どうすることを 望 のぞんでいますか。 大 だい 患 かん 難 なんの 間 あいだも 忠 ちゅう 実 じつでいるため, 今 いまからどんなことができますか。 () 3. によると, 神 かみはどのようにして「 大 おおいなるバビロン」を 滅 ほろぼしますか。 3 を 読 よ む。 「 大 おおいなるバビロン」は 滅 ほろぼされます。 すでに 述 のべた 通 とおり, 世 せ 界 かいの 国 くに 々 ぐにはこの 時 ときに 起 おきる 事 こと 柄 がらを 止 とめる ことはできません。 「 神 かみが, ご 自 じ 分 ぶん の 考 かんが えを 彼 かれらの 心 こころに 入 いれて 実 じっ 行 こうさせ[る]からです」。 どんな 考 かんがえですか。 間 ま 違 ちがった 宗 しゅう 教 きょう 全 すべてを,キリスト 教 きょう 会 かいを 含 ふくめて 壊 かい 滅 めつさせるという 考 かんがえです。 その 考 かんがえを「 緋 ひ 色 いろの 野 や 獣 じゅう」の「10 本 ぽんの 角 つの」に 入 いれます。 「10 本 ぽんの 角 つの」は,「 野 や 獣 じゅう」つまり 国 こく 際 さい 連 れん 合 ごうを 支 し 持 じする 政 せい 府 ふ 全 すべてを 表 あらわしています。 ()これらの 政 せい 治 じ 勢 せい 力 りょくが 間 ま 違 ちがった 宗 しゅう 教 きょうを 攻 こう 撃 げきする 時 とき, 大 だい 患 かん 難 なんが 始 はじまります。 世 せ 界 かいを 震 しん 撼 かんさせる 出 で 来 き 事 ごとです。 (ア) 国 くに 々 ぐにはどんな 理 り 由 ゆう 付 づけをして 間 ま 違 ちがった 宗 しゅう 教 きょうに 対 たいする 攻 こう 撃 げきを 正 せい 当 とう 化 かするかもしれませんか。 (イ) 所 しょ 属 ぞくする 宗 しゅう 教 きょうが 壊 かい 滅 めつするのを 見 みた 人 ひと 々 びとは,どう 行 こう 動 どうすることが 考 かんがえられますか。 4 国 くに 々 ぐにがどんな 理 り 由 ゆう 付 づけをして「 大 おおいなるバビロン」に 対 たいする 攻 こう 撃 げきを 正 せい 当 とう 化 かするかは 分 わかりません。 世 せ 界 かいの 宗 しゅう 教 きょうが 平 へい 和 わの 達 たっ 成 せいを 妨 さまたげているとか, 政 せい 治 じにいつも 干 かん 渉 しょうするなどと 言 いうかもしれません。 宗 しゅう 教 きょう 組 そ 織 しきはお 金 かねや 財 ざい 産 さんをため 込 こみ 過 すぎだと 言 いうことも 考 かんがえられます。 () 国 くに 々 ぐにによる 攻 こう 撃 げきで, 間 ま 違 ちがった 宗 しゅう 教 きょうに 所 しょ 属 ぞくする 人 ひと 々 びと 全 すべてが 滅 ほろびるわけではない,と 考 かんがえるのが 妥 だ 当 とうでしょう。 国 くに 々 ぐにが 壊 かい 滅 めつさせるのは 宗 しゅう 教 きょう 組 そ 織 しきであると 思 おもわれます。 所 しょ 属 ぞくする 宗 しゅう 教 きょう 組 そ 織 しきが 壊 かい 滅 めつするのを 見 みた 人 ひと 々 びとは, 宗 しゅう 教 きょうの 指 し 導 どう 者 しゃたちが 無 む 力 りょくであることを 知 しり, 宗 しゅう 教 きょうと 距 きょ 離 りを 置 おこうとするでしょう。 エホバは 大 だい 患 かん 難 なんについてどんなことを 約 やく 束 そくしていますか。 なぜですか。 5 聖 せい 書 しょは,「 大 おおいなるバビロン」が 滅 ほろびるまでにどれほどの 時 じ 間 かんがかかるのかを 明 めい 示 じしてはいません。 でも, 比 ひ 較 かく 的 てき 短 たん 期 き 間 かんで 滅 ほろびることは 分 わかっています。 ()エホバは 患 かん 難 なんの「 期 き 間 かんを 短 みじかくし」,「 選 えらんだ 者 ものたち」と 正 ただしい 宗 しゅう 教 きょうが 存 そん 続 ぞくすることを 約 やく 束 そくしています。 ()では, 大 だい 患 かん 難 なんが 始 はじまってから,ハルマゲドンの 戦 たたかいが 始 はじまるまでの 間 あいだに, 私 わたしたちがどう 行 こう 動 どうすることをエホバは 望 のぞんでいますか。 間 ま 違 ちがった 宗 しゅう 教 きょうとの 関 かん 係 けいを 断 たつことに 加 くわえ, 何 なにをする 必 ひつ 要 ようがありますか。 6 前 まえの 記 き 事 じで 学 まなんだ 通 とおり,エホバはご 自 じ 分 ぶんを 崇 すう 拝 はいする 人 ひとたちが「 大 おおいなるバビロン」から 離 はなれていることを 望 のぞんでいます。 でも 間 ま 違 ちがった 宗 しゅう 教 きょうとの 関 かん 係 けいを 断 たつだけでは 不 ふ 十 じゅう 分 ぶんです。 正 ただしい 宗 しゅう 教 きょうを 実 じっ 践 せんし,エホバを 崇 すう 拝 はいし 続 つづけることを 決 けつ 意 いしなければなりません。 関 かん 係 けいする2つの 面 めんを 考 かんがえましょう。 困 こん 難 なんな 時 ときも 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいと 集 あつまることを 怠 おこたらないようにしましょう。 (7 節 せつを 参 さん 照 しょう。 ) 7. (ア)どうすればエホバの 道 どう 徳 とく 基 き 準 じゅんを 固 かたく 守 まもれますか。 (イ)にある 通 とおり, 今 いま, 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいと 集 あつまることはなぜ 大 たい 切 せつですか。 7 第 だい 一 いちに, エホバの 道 どう 徳 とく 基 き 準 じゅん を 固 かた く 守 まも ります。 世 せ 間 けんの 価 か 値 ち 観 かんや 基 き 準 じゅんに 流 ながされてはなりません。 私 わたしたちは, 性 せい 的 てきに 不 ふ 道 どう 徳 とくなことは 一 いっ 切 さい 行 おこないません。 同 どう 性 せい 婚 こんなど, 同 どう 性 せい 愛 あいの 関 かん 係 けいも 不 ふ 道 どう 徳 とくなことと 見 みています。 () 第 だい 二 にに, 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まい と 共 とも にエホバを 崇 すう 拝 はい し 続 つづ けます。 王 おう 国 こく 会 かい 館 かんや, 必 ひつ 要 ようなら 個 こ 人 じんの 家 いえで,さらには 人 ひと 目 めに 付 つかない 場 ば 所 しょで 行 おこなう 必 ひつ 要 ようがあっても,エホバを 崇 すう 拝 はいします。 どんな 状 じょう 況 きょうになっても, 崇 すう 拝 はいのために 集 あつまる 習 しゅう 慣 かんを 守 まもりましょう。 「 定 さだめられた 日 ひが 近 ちかづいているのですから,ますますこうしたことを 行 おこなっていきましょう」。 ( を 読 よ む。 ) 8. 私 わたしたちが 伝 つたえるメッセージは, 今 こん 後 ごどのように 変 かわるものと 思 おもわれますか。 8 大 だい 患 かん 難 なんの 時 ときに, 私 わたしたちが 伝 つたえるメッセージは 変 かわるものと 思 おもわれます。 今 いまは, 神 かみの 王 おう 国 こくについての 良 よい 知 しらせを 伝 つたえ, 人 ひと 々 びとを 弟 で 子 しとするよう 努 つとめています。 しかし 大 だい 患 かん 難 なんの 時 ときには,ひょうのような 厳 きびしい 糾 きゅう 弾 だんのメッセージを 伝 つたえることになります。 ()サタンの 世 よが 間 まもなく 滅 ほろびる,ということを 伝 つたえることになるでしょう。 メッセージの 具 ぐ 体 たい 的 てきな 内 ない 容 ようと 伝 つたえる 方 ほう 法 ほうは,いずれ 知 しらされます。 私 わたしたちが100 年 ねん 以 い 上 じょうにわたって 行 おこなってきた 伝 でん 道 どう 活 かつ 動 どうと 同 おなじ 方 ほう 法 ほうで 伝 つたえるのか, 別 べつの 方 ほう 法 ほうで 伝 つたえるのかは,まだ 分 わかりません。 いずれにしても,エホバが 人 ひと 々 びとを 処 しょ 罰 ばつするというメッセージを 大 だい 胆 たんに 伝 つたえることになるでしょう。 () 9. 私 わたしたちが 伝 つたえるメッセージを 聞 きいて, 国 くに 々 ぐにはどう 行 こう 動 どうするかもしれませんか。 それでも,どんなことを 確 かく 信 しんできますか。 9 私 わたしたちが 伝 つたえるメッセージを 聞 きいて, 国 くに 々 ぐには 伝 でん 道 どうを 何 なんとしてもやめさせようとするでしょう。 今 いまエホバに 頼 たよって 伝 でん 道 どうするのと 同 おなじように,その 時 ときにもエホバに 頼 たよる 必 ひつ 要 ようがあります。 エホバが 力 ちからを 与 あたえ,エホバの 望 のぞむことを 十 じゅう 分 ぶんに 行 おこなえるようにしてくださることを 確 かく 信 しんできます。 () 10. にある 通 とおり, 大 だい 患 かん 難 なんの 間 あいだに 起 おきることを 見 みて 人 ひと 々 びとはどう 反 はん 応 のうしますか。 10 を 読 よ む。 大 だい 患 かん 難 なんの 間 あいだ, 人 ひと 々 びとは 全 まったく 安 あん 定 ていしていると 思 おもっていたものがことごとく 崩 ほう 壊 かいするのを 見 みて 衝 しょう 撃 げきを 受 うけます。 人 じん 類 るい 史 し 上 じょう 最 もっとも 悲 ひ 惨 さんなこの 時 ときに, 命 いのちの 危 き 険 けんを 感 かんじて「 苦 く 悩 のう」します。 ()エホバに 仕 つかえる 人 ひとにとっても, 生 せい 活 かつは 一 いっ 層 そう 厳 きびしくなるでしょう。 世 よの 人 ひと 々 びとのようにならないため, 苦 く 難 なんを 強 しいられ, 必 ひつ 需 じゅ 品 ひんにも 事 こと 欠 かくかもしれません。 (ア) 大 だい 患 かん 難 なんの 時 ときにエホバの 証 しょう 人 にんが 標 ひょう 的 てきになるのはなぜですか。 (イ) 大 だい 患 かん 難 なんを 恐 おそれる 必 ひつ 要 ようがないのはなぜですか。 11 自 じ 分 ぶんの 宗 しゅう 教 きょうが 滅 ほろぼされるのを 見 みた 人 ひと 々 びと は,ある 時 じ 点 てんで,エホバの 証 しょう 人 にんが 宗 しゅう 教 きょう 活 かつ 動 どうを 続 つづけているのに 気 き 付 づいて 腹 はらを 立 たてます。 人 ひと 々 びとは 不 ふ 快 かい 感 かんをあらわにし,ネット 上 じょうでもエホバの 民 たみをたたくでしょう。 国 くに 々 ぐにも, 国 くに 々 ぐにの 支 し 配 はい 者 しゃサタンも, 私 わたしたちの 宗 しゅう 教 きょうだけが 存 そん 続 ぞくしているのを 見 みて, 私 わたしたちを 憎 にくみます。 地 ち 球 きゅう 上 じょうから 宗 しゅう 教 きょうを 根 こん 絶 ぜつするという 目 もく 的 てきがまだ 遂 とげられていないことに 気 き 付 づき, 私 わたしたちを 標 ひょう 的 てきとします。 この 時 じ 点 てんで, 国 くに 々 ぐにはマゴグのゴグとして 行 こう 動 どうします。 一 いっ 致 ち 結 けっ 束 そくしてエホバの 民 たみへの 総 そう 攻 こう 撃 げきに 着 ちゃく 手 しゅします。 ()この 時 とき 私 わたしたちがどうなるか, 詳 しょう 細 さいが 分 わからないだけに 不 ふ 安 あんを 覚 おぼえるのも 無 む 理 りはありません。 でもはっきり 言 いえるのは, 私 わたしたちが 大 だい 患 かん 難 なんを 恐 おそれる 必 ひつ 要 ようはない,という 点 てんです。 生 いき 残 のこるための 指 し 示 じをエホバが 与 あたえてくださいます。 ()「 真 まっすぐに 立 たち, 頭 あたまを 上 あげ[る]」ことができます。 私 わたしたちの「 救 きゅう 出 しゅつが 近 ちかづいているからです」。 「 忠 ちゅう 実 じつで 思 し 慮 りょ 深 ぶかい 奴 ど 隷 れい」は,どんな 点 てんで 私 わたしたちを 助 たすけてきましたか。 12 「 忠 ちゅう 実 じつで 思 し 慮 りょ 深 ぶかい 奴 ど 隷 れい」は, 私 わたしたちが 大 だい 患 かん 難 なんの 間 あいだもエホバに 忠 ちゅう 実 じつでいることができるよう 助 たすけてきました。 ()さまざまな 方 ほう 法 ほうで 助 たすけてきましたが,2016 年 ねんから2018 年 ねんの 地 ち 区 く 大 たい 会 かいはとりわけタイムリーなものでした。 エホバの 日 ひが 近 ちかい 今 いま, 何 なにを 強 つよめておく 必 ひつ 要 ようがあるかを 教 おしえられたからです。 私 わたしたちが 身 みに 付 つけるべきものについて 振 ふり 返 かえってみましょう。 今 いまから「 大 だい 患 かん 難 なん」を 生 いき 残 のこるための 備 そなえをしましょう。 (13-16 節 せつを 参 さん 照 しょう。 ) 13. どうすればエホバとの 関 かん 係 けいを 強 つよめることができますか。 今 いまその 点 てんで 努 ど 力 りょくする 必 ひつ 要 ようがあるのはなぜですか。 13 忠 ちゅう 節 せつ : 2016 年 ねんの 地 ち 区 く 大 たい 会 かいのテーマは「エホバへの 忠 ちゅう 節 せつを 保 たもちましょう!」でした。 エホバとの 緊 きん 密 みつな 関 かん 係 けいを 持 もっているならエホバに 忠 ちゅう 節 せつであり 続 つづけることができる,ということを 学 まなびました。 心 こころから 祈 いのり, 聖 せい 書 しょを 勤 きん 勉 べんに 学 まなぶならエホバと 親 したしくなれる,ということも 教 おしえられました。 そのようにして 力 ちからを 得 えるなら, 非 ひ 常 じょうに 厳 きびしい 試 し 練 れんを 乗 のり 越 こえることができます。 サタンの 体 たい 制 せいの 終 おわりが 近 ちかい 今 いま, 神 かみに 揺 ゆるぎない 愛 あいを 示 しめし, 神 かみの 王 おう 国 こくを 揺 ゆるぎなく 支 し 持 じすることは 難 むずかしくなっていきます。 人 ひと 々 びとにあざけられることもあります。 () 世 よの 事 こと 柄 がらに 中 ちゅう 立 りつである 時 ときは 特 とくにそうでしょう。 今 いまエホバへの 揺 ゆるぎない 愛 あいを 強 つよめることはどうしても 必 ひつ 要 ようです。 そうすれば 大 だい 患 かん 難 なんの 間 あいだもエホバから 離 はなれずに 済 すみます。 (ア) 大 だい 患 かん 難 なんの 間 あいだに,エホバの 民 たみ 全 ぜん 体 たいを 教 おしえ 導 みちびいてきた 兄 きょう 弟 だいたちに 関 かんしてどんな 変 へん 化 かがありますか。 (イ) 大 だい 患 かん 難 なんの 時 ときにエホバに 揺 ゆるぎない 愛 あいを 示 しめす 必 ひつ 要 ようがあるのはなぜですか。 14 大 だい 患 かん 難 なんの 間 あいだに,エホバの 民 たみ 全 ぜん 体 たいを 教 おしえ 導 みちびいてきた 兄 きょう 弟 だいたちの 交 こう 代 たいがあります。 天 てんに 行 いくよう 選 えらばれ,まだ 地 ち 上 じょうに 残 のこっている 人 ひとたちが,ある 時 じ 点 てんで 天 てんに 集 あつめられるからです。 ハルマゲドンの 戦 たたかいに 加 くわわるためです。 ()ですから, 統 とう 治 ち 体 たいは 地 ち 上 じょうに 存 そん 在 ざいしなくなります。 それでも 大 だい 群 ぐん 衆 しゅうは 引 ひき 続 つづき 組 そ 織 しきされます。 ほかの 羊 ひつじの 資 し 格 かくある 兄 きょう 弟 だいたちが 教 おしえ 導 みちびくことになるからです。 その 時 とき,それらの 兄 きょう 弟 だい たちの 指 し 示 じに 従 したがうことにより,エホバへの 揺 ゆるぎない 愛 あいを 示 しめせます。 大 だい 患 かん 難 なんを 生 いき 残 のこるかどうかは, 指 し 示 じに 従 したがうかどうかにかかっています。 忍 にん 耐 たいする 力 ちからは 何 なにによって 強 つよめられますか。 今 いま, 強 つよめておくことが 大 たい 切 せつなのはなぜですか。 15 忍 にん 耐 たい : 2017 年 ねんの 地 ち 区 く 大 たい 会 かいのテーマは「あきらめてはいけない!」でした。 試 し 練 れんを 忍 にん 耐 たいする 力 ちからが 強 つよめられました。 忍 にん 耐 たいできるかどうかは 状 じょう 況 きょうに 依 い 存 ぞんしていないということを 学 まなびました。 忍 にん 耐 たいする 力 ちからはエホバに 頼 たよることによって 強 つよめられます。 ()「 終 お わりまで 耐 た え 忍 しの んだ 人 ひとが 救 すくわれます」というイエスの 約 やく 束 そくを 覚 おぼえておきましょう。 ()どんな 困 こん 難 なんにぶつかっても 忠 ちゅう 実 じつでいなければならないのです。 今 いま, 試 し 練 れんを 一 ひとつ 一 ひとつ 忍 にん 耐 たいするなら, 大 だい 患 かん 難 なんが 始 はじまる 時 ときには 今 いまより 強 つよくなっています。 どうすれば 勇 ゆう 気 きを 持 もてますか。 16 勇 ゆう 気 き : 2018 年 ねんの 地 ち 区 く 大 たい 会 かいのテーマは「 勇 ゆう 気 きを 出 だしなさい!」でした。 勇 ゆう 気 きを 出 だせるかどうかは 個 こ 人 じんの 能 のう 力 りょくに 依 い 存 ぞんしていないということを 学 まなびました。 忍 にん 耐 たいと 同 どう 様 よう, 本 ほん 当 とうの 勇 ゆう 気 きもエホバに 頼 たよることによって 持 もてます。 どうすればエホバにもっと 頼 たよることができますか。 聖 せい 書 しょを 毎 まい 日 にち 読 よみ,エホバがご 自 じ 分 ぶんの 民 たみをどのように 救 きゅう 出 しゅつしたかを 思 おもい 巡 めぐらすことによってです。 () 大 だい 患 かん 難 なんの 間 あいだに 国 くに 々 ぐにから 攻 こう 撃 げきされる 時 とき,それまで 以 い 上 じょうに 勇 ゆう 気 きを 示 しめし,エホバを 信 しん 頼 らいする 必 ひつ 要 ようがあります。 () 今 いまエホバに 頼 たよるなら,ゴグに 攻 こう 撃 げきされる 時 ときにも 勇 ゆう 気 きを 持 もてます。 イエスは 間 まもなく 天 てんの 軍 ぐん 勢 ぜいを 率 ひきいてハルマゲドンの 戦 たたかいに 打 うって 出 で, 神 かみの 敵 てきたちを 滅 ほろぼす。 (17 節 せつを 参 さん 照 しょう。 ) 17. ハルマゲドンを 恐 おそれる 必 ひつ 要 ようがないのはなぜですか。 ( 表 ひょう 紙 しの 絵 えを 参 さん 照 しょう。 ) 17 前 まえの 記 き 事 じで 触 ふれられていた 通 とおり, 私 わたしたちのほとんどは 生 うまれた 時 ときから「 終 おわりの 時 じ 代 だい」に 生 いきています。 そして, 大 だい 患 かん 難 なんを 生 いきて 通 つう 過 かしたいと 思 おもっています。 ハルマゲドンの 戦 たたかいで, 体 たい 制 せいの 終 しゅう 結 けつの 期 き 間 かんは 幕 まくを 閉 とじます。 でも,ハルマゲドンを 恐 おそれる 必 ひつ 要 ようはありません。 神 かみの 戦 たたかいだからです。 ()エホバが 合 あい 図 ずを 出 だすと,イエス・キリストが 天 てんの 軍 ぐん 勢 ぜいを 率 ひきいて 戦 たたかいに 打 うって 出 でます。 神 かみに 選 えらばれて 天 てんに 復 ふっ 活 かつした 人 ひとたちと 無 む 数 すうの 天 てん 使 しを 率 ひきい,サタン, 邪 じゃ 悪 あくな 天 てん 使 したち, 人 にん 間 げんの 軍 ぐん 隊 たいと 戦 たたかいます。 () 18. (ア)エホバはどんなことを 保 ほ 証 しょうしていますか。 (イ)を 読 よむと, 私 わたしたちが 救 すくわれるという 確 かく 信 しんが 強 つよまります。 なぜそう 言 いえますか。 18 エホバは,「あなたを 攻 こう 撃 げきするために 作 つくられるどんな 武 ぶ 器 きも 役 やくに 立 たた[ない]」と 保 ほ 証 しょうしています。 ()エホバを 崇 すう 拝 はいする「 大 だい 群 ぐん 衆 しゅう」は「 大 だい 患 かん 難 なんから 出 でて」きます。 生 いきて 出 でてきて, 神 かみへの 神 しん 聖 せいな 奉 ほう 仕 しを 続 つづけます。 ( を 読 よ む。 ) 聖 せい 書 しょを 読 よむと, 将 しょう 来 らい 私 わたしたちが 救 すくわれるという 確 かく 信 しんが 強 つよまります。 「エホバは 忠 ちゅう 実 じつな 人 ひとを 保 ほ 護 ご」します。 ()エホバを 愛 あいし 賛 さん 美 びする 人 ひとは,エホバがご 自 じ 分 ぶんの 聖 せいなる 名 なを 立 りっ 証 しょうするのを 見 みて 非 ひ 常 じょうに 喜 よろこびます。 () 19. 私 わたしたちはどんな 素 す 晴 ばらしい 機 き 会 かいを 待 まち 望 のぞんでいますか。 19 サタンの 影 えい 響 きょうがなくなる 新 あたらしい 世 せ 界 かいの 人 ひと 々 びとをに 倣 ならって 描 びょう 写 しゃするとしたら,どんな 表 ひょう 現 げんになるでしょうか。 (「」という 囲 かこみを 参 さん 照 しょう。 ) 統 とう 治 ち 体 たいのメンバーとして 奉 ほう 仕 ししたジョージ・ギャンギャス 兄 きょう 弟 だいは,こう 語 かたったことがあります。 「 全 すべての 人 ひとが 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいになる 世 せ 界 かいを 思 おもい 描 えがくことができますか。 私 わたしたちは 間 まもなく, 新 あたらしい 体 たい 制 せいで 生 せい 活 かつします。 エホバのようにずっと 生 いき 続 つづけます。 永 えい 遠 えんに 生 いきるのです」。 本 ほん 当 とうに 素 す 晴 ばらしいことです。 人 ひと 々 びとは 仲 なか 間 まを 愛 あいし, 神 かみからの 教 おしえを 愛 あいし, 慎 つつしみを 示 しめし, 謙 けん 遜 そんで, 神 かみを 賛 さん 美 びし, 親 おやに 従 したがい, 感 かん 謝 しゃし, 忠 ちゅう 実 じつになります。 家 か 族 ぞくに 愛 あい 情 じょうを 注 そそぎ, 快 こころよく 同 どう 意 いし,いつも 人 ひとを 褒 ほめ, 自 じ 制 せいし, 温 おん 和 わで, 善 よいことを 愛 あいします。 信 しん 頼 らいでき, 進 すすんで 譲 ゆずり, 自 じ 分 ぶんを 低 ひくく 見 みる 考 かんがえ 方 かたをし, 快 かい 楽 らくではなく 神 かみを 愛 あいし, 神 かみを 心 こころから 敬 うやまっています。

次の

「大患難」の間もエホバに忠実でいましょう — ものみの塔 オンライン・ライブラリー

しゅう けい きょう ふ しょう 整形

エホバは,ご 自 じ 分 ぶんに 仕 つかえる 人 ひとたちに 何 なにを 与 あたえていますか。 エホバは 親 しん 切 せつにも,ご 自 じ 分 ぶんに 仕 つかえる 人 ひと 一人 ひとり 一人 ひとりに, 会 かい 衆 しゅうの 中 なかで 大 たい 切 せつな 役 やく 割 わりを 与 あたえています。 一人 ひとり 一人 ひとりの 役 やく 割 わりは 異 ことなっているものの, 皆 みなが 大 たい 切 せつな 存 そん 在 ざいであり, 私 わたしたちは 互 たがいを 必 ひつ 要 ようとしています。 使 し 徒 とパウロは, 私 わたしたちがこの 重 じゅう 要 ような 点 てんを 理 り 解 かいできるよう 助 たすけています。 どのようにでしょうか。 によれば, 互 たがいの 価 か 値 ちを 認 みとめ, 協 きょう 力 りょくし 合 あうことが 必 ひつ 要 ようなのはなぜですか。 2 この 記 き 事 じの 主 しゅ 題 だい 聖 せい 句 くにある 通 とおり,パウロはエホバに 仕 つかえる 人 ひとたちが 互 たがいに「 私 わたしにあなたは 必 ひつ 要 ようない」とは 言 いえない,ということを 強 きょう 調 ちょうしています。 () 会 かい 衆 しゅうが 平 へい 和 わに 機 き 能 のうするには, 互 たがいの 価 か 値 ちを 認 みとめ, 協 きょう 力 りょくし 合 あうことが 必 ひつ 要 ようです。 ( を 読 よ む。 ) 一 いっ 致 ちして 共 ともに 働 はたらくとき, 会 かい 衆 しゅうは 活 かっ 気 きにあふれ, 愛 あいによって 力 ちからづけられます。 この 記 き 事 じではどんなことを 考 かんがえますか。 3 会 かい 衆 しゅうの 他 たの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいに 対 たいして,どんな 分 ぶん 野 やで 敬 けい 意 いを 示 しめせますか。 この 記 き 事 じではまず, 長 ちょう 老 ろうが 他 たの 長 ちょう 老 ろうにどのように 敬 けい 意 いを 示 しめせるかを 考 かんがえます。 次 つぎに, 結 けっ 婚 こんしていない 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいにどのように 敬 けい 意 いを 示 しめせるかを 考 かんがえます。 そして, 会 かい 衆 しゅうで 使 つかわれる 言 げん 語 ごを 上 じょう 手 ずに 話 はなせない 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいにどのように 敬 けい 意 いを 示 しめせるかを 考 かんがえます。 長 ちょう 老 ろうはのどんな 勧 すすめに 従 したがう 必 ひつ 要 ようがありますか。 4 会 かい 衆 しゅうの 長 ちょう 老 ろうは 皆 みな,エホバの 聖 せいなる 力 ちからによって 任 にん 命 めいされています。 とはいえ,それぞれ 持 もち 味 あじや 能 のう 力 りょくは 異 ことなります。 ()ある 人 ひとは 任 にん 命 めいされたばかりで,あまり 経 けい 験 けんがないかもしれません。 年 ねん 齢 れいや 健 けん 康 こう 状 じょう 態 たいゆえにできることが 限 かぎられている 人 ひともいます。 それでも 長 ちょう 老 ろうは 他 たの 長 ちょう 老 ろうに 対 たいして「 私 わたしにあなたは 必 ひつ 要 ようない」という 態 たい 度 どを 取 とるべきではありません。 全 すべての 長 ちょう 老 ろうは,のパウロの 勧 すすめに 従 したがう 必 ひつ 要 ようがあります。 ( 読 よ む。 ) 長 ちょう 老 ろうは 他 たの 長 ちょう 老 ろうの 意 い 見 けんに 注 ちゅう 意 い 深 ぶかく 耳 みみを 傾 かたむけることによって 敬 けい 意 いを 示 しめす。 (5-6 節 せつを 参 さん 照 しょう。 ) 5. 長 ちょう 老 ろうは 他 たの 長 ちょう 老 ろうにどのように 敬 けい 意 いを 示 しめしますか。 そうすることが 重 じゅう 要 ようなのはなぜですか。 5 長 ちょう 老 ろうは 他 たの 長 ちょう 老 ろうの 意 い 見 けんに 注 ちゅう 意 い 深 ぶかく 耳 みみを 傾 かたむけることによって 敬 けい 意 いを 示 しめします。 このことは, 長 ちょう 老 ろう 団 だんが 重 じゅう 大 だいな 問 もん 題 だいを 話 はなし 合 あうために 会 かい 合 ごうするときに 特 とくに 重 じゅう 要 ようです。 なぜでしょうか。 「ものみの 塔 とう」1988 年 ねん10 月 がつ 1日 ついたち 号 ごうにはこう 記 しるされています。 「 何 なんらかの 状 じょう 況 きょうに 対 たい 処 しょしたり, 何 なんらかの 重 じゅう 要 ような 決 けっ 定 ていを 下 くだしたりするのに 必 ひつ 要 ような 聖 せい 書 しょの 原 げん 則 そくを 備 そなえるために,キリストが 聖 せい 霊 れい[ 聖 せいなる 力 ちから]によって 長 ちょう 老 ろう 団 だんのどの 長 ちょう 老 ろうの 思 おもいをも 導 みちびけることを, 長 ちょう 老 ろうたちは 理 り 解 かいするでしょう。 () 長 ちょう 老 ろう 団 だんの 中 なかで, 霊 れい[ 聖 せいなる 力 ちから]を 独 どく 占 せんしている 長 ちょう 老 ろうは 一人 ひとりもいません」。 長 ちょう 老 ろうたちはどのように 協 きょう 力 りょくし 合 あえますか。 そうすることはなぜ 会 かい 衆 しゅうのためになりますか。 6 他 たの 長 ちょう 老 ろうに 敬 けい 意 いを 示 しめす 長 ちょう 老 ろうは, 長 ちょう 老 ろう 団 だんの 会 かい 合 ごうで 話 はなしの 主 しゅ 導 どう 権 けんを 握 にぎろうとしたり, 自 じ 分 ぶんの 意 い 見 けんがいつも 正 ただしいと 考 かんがえたりはしません。 謙 けん 遜 そんさと 慎 つつしみを 示 しめしながら 意 い 見 けんを 述 のべます。 他 たの 長 ちょう 老 ろうの 発 はつ 言 げんに 注 ちゅう 意 い 深 ぶかく 耳 みみを 傾 かたむけます。 さらに 重 じゅう 要 ような 点 てんとして, 聖 せい 書 しょのどんな 原 げん 則 そくが 関 かん 係 けいするかに 注 ちゅう 目 もくし,「 忠 ちゅう 実 じつで 思 し 慮 りょ 深 ぶかい 奴 ど 隷 れい」の 指 し 針 しんに 従 したがいます。 () 長 ちょう 老 ろうたちが 愛 あいと 敬 けい 意 いを 示 しめしながら 話 はなし 合 あうなら, 神 かみの 聖 せいなる 力 ちからが 注 そそがれ, 会 かい 衆 しゅうのためになる 決 けっ 定 ていができるでしょう。 () 7. イエスは 独 どく 身 しんの 人 ひとをどう 見 みましたか。 7 会 かい 衆 しゅうには 結 けっ 婚 こんしている 人 ひとや, 子 こ 供 どもがいる 家 か 族 ぞくがいます。 結 けっ 婚 こんしていない 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいも 大 おお 勢 ぜいいます。 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいのことをどう 見 みるべきですか。 イエスの 見 み 方 かたを 確 たしかめましょう。 イエスは 地 ち 上 じょうでの 宣 せん 教 きょう 期 き 間 かん 中 ちゅう, 結 けっ 婚 こんしませんでした。 独 どく 身 しんを 保 たもち, 与 あたえられた 務 つとめを 果 はたすために 時 じ 間 かんを 使 つかい, 務 つとめに 専 せん 念 ねんしました。 結 けっ 婚 こんすべきとか, 独 どく 身 しんでいるべき,といった 決 きまりを 作 つくったりしませんでした。 とはいえ, 結 けっ 婚 こんしないことを 選 えらぶクリスチャンもいる,と 述 のべました。 (の 注 ちゅう 釈 しゃくを 参 さん 照 しょう。 )イエスは 結 けっ 婚 こんしていない 人 ひとに 敬 けい 意 いを 示 しめしました。 独 どく 身 しんの 人 ひとが 劣 おとっているとか 何 なにかを 得 え 損 そこなっているなどとは 考 かんがえませんでした。 にある 通 とおり,パウロはどんなことを 考 かんがえてみるようクリスチャンに 勧 すすめましたか。 8 パウロもイエスのように, 独 どく 身 しんの 立 たち 場 ばで 宣 せん 教 きょうを 行 おこないました。 クリスチャンは 結 けっ 婚 こんしてはいけない,とは 言 いいませんでした。 結 けっ 婚 こんするかどうかは 個 こ 人 じんが 決 きめることであると 理 り 解 かいしていました。 それでもパウロは, 独 どく 身 しんの 立 たち 場 ばでエホバに 仕 つかえることができるか 考 かんがえてみるよう 勧 すすめました。 ( を 読 よ む。 )パウロは 独 どく 身 しんのクリスチャンを 見 み 下 くだしてはいませんでした。 若 わかい 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だいテモテを 選 えらんで, 重 おもい 責 せき 任 にんを 伴 ともなう 仕 し 事 ごとを 委 ゆだねました。 ()ですから, 兄 きょう 弟 だいがある 奉 ほう 仕 しに 適 てき 任 にんかどうかを, 結 けっ 婚 こんしているかどうかだけで 判 はん 断 だんすることは 正 ただしくありません。 () 9. 結 けっ 婚 こんと 独 どく 身 しんについてどう 考 かんがえることができますか。 9 イエスもパウロも,クリスチャンは 結 けっ 婚 こんしなければならないとか, 独 どく 身 しんを 貫 つらぬかなければならないなどとは 教 おしえませんでした。 では, 結 けっ 婚 こんと 独 どく 身 しんについてどう 考 かんがえたらよいですか。 「ものみの 塔 とう」2012 年 ねん10 月 がつ 1日 ついたち 号 ごうには,バランスの 取 とれたこんな 見 み 方 かたが 示 しめされています。 「 実 じつのところ, 結 けっ 婚 こんも 独 どく 身 しんも, 神 かみからのたまものと 言 いうことができます。 …… 独 どく 身 しんについて 言 いえば,エホバはそれを 恥 はじや 悲 ひ 嘆 たんの 原 げん 因 いんとは 見 みておられ ません」。 この 点 てんを 思 おもいに 留 とめて, 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいに 敬 けい 意 いを 示 しめす 必 ひつ 要 ようがあります。 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいに 敬 けい 意 いを 示 しめす 人 ひとは,どんなことを 避 さけるか。 (10 節 せつを 参 さん 照 しょう。 ) 10. 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいにどのように 配 はい 慮 りょできますか。 10 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいの 気 き 持 もちや 状 じょう 況 きょうにどのように 配 はい 慮 りょできますか。 独 どく 身 しんでいようと 心 こころに 決 きめているクリスチャンもいることを 覚 おぼえておきましょう。 結 けっ 婚 こんしたいと 思 おもっていても,ぴったりの 相 あい 手 てが 見 みつからないという 人 ひともいます。 夫 おっとや 妻 つまを 亡 なくした 人 ひともいます。 どんな 場 ば 合 あいにしても,「 結 けっ 婚 こんは 考 かんがえていないの?」とか「いい 人 ひと 紹 しょう 介 かいしようか」などと 尋 たずねる 必 ひつ 要 ようがあるでしょうか。 もちろん, 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいから 誰 だれかを 紹 しょう 介 かいしてほしいと 頼 たのまれる 場 ば 合 あいもあるでしょう。 でも, 頼 たのまれもしないのに 申 もうし 出 でをするなら,どう 感 かんじるでしょうか。 () 奉 ほう 仕 しに 打 うち 込 こんでいる 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいのコメントを 取 とり 上 あげましょう。 11-12. どんなことで 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいの 気 き 持 もちをそいでしまう 場 ば 合 あいがありますか。 11 巡 じゅん 回 かい 監 かん 督 とくとして 精 せい 力 りょく 的 てきに 働 はたらいている,ある 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だいは, 独 どく 身 しんでいることには 多 おおくの 利 り 点 てんがあると 考 かんがえています。 でも, 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいから「 兄 きょう 弟 だいは 結 けっ 婚 こんしないんですか」と 聞 きかれると, 自 じ 分 ぶんのためを 思 おもってくれていることが 分 わかっても 気 き 持 もちが 乱 みだされる,と 言 いっています。 支 し 部 ぶ 事 じ 務 む 所 しょで 奉 ほう 仕 ししている 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だいもこう 言 いっています。 「 時 とき 々 どき,『 独 どく 身 しんの 人 ひとはかわいそう』という 考 かんがえが 伝 つたわってくることがあります。 独 どく 身 しんが 恵 めぐまれた 状 じょう 況 きょうというよりは 不 ふ 利 りな 状 じょう 況 きょうだと 感 かんじてしまいます」。 12 ベテルで 奉 ほう 仕 しする 独 どく 身 しんの 姉 し 妹 まいはこう 言 いっています。 「 独 どく 身 しんの 人 ひとはみんな 結 けっ 婚 こん 相 あい 手 てを 探 さがしていて,どんな 集 あつまりの 場 ばも 相 あい 手 てを 見 みつけるチャンスだと 思 おもっている,と 誤 ご 解 かいしている 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいがいます。 ある 時 とき,ベテルの 仕 し 事 ごとで 国 こく 内 ないに 出 しゅっ 張 ちょうしました。 到 とう 着 ちゃくした 日 ひの 晩 ばんに 集 しゅう 会 かいがありました。 泊 とまる 場 ば 所 しょを 提 てい 供 きょうしてくれた 姉 し 妹 まいは, 会 かい 衆 しゅうに 私 わたしと 同 どう 年 ねん 代 だいの 兄 きょう 弟 だいが 2人 ふたりいる,と 言 いってきました。 『くっつけようなんてしないから 安 あん 心 しんして』と 言 いっていました。 でも 王 おう 国 こく 会 かい 館 かんに 着 つくとすぐ, 私 わたしを 2人 ふたりの 兄 きょう 弟 だいの 所 ところに 引 ひっ 張 ぱっていきました。 私 わたしたち3 人 にんの 間 あいだに 何 なんとも 気 きまずい 空 くう 気 きが 流 ながれました」。 ある 独 どく 身 しんの 姉 し 妹 まいにとって,どんな 手 て 本 ほんが 励 はげみになっていますか。 13 ベテルで 奉 ほう 仕 しする 別 べつの 独 どく 身 しんの 姉 し 妹 まいはこう 言 いっています。 「 私 わたしが 知 しっている 独 どく 身 しんの 年 とし 上 うえの 開 かい 拓 たく 者 しゃたちは, 信 しん 仰 こうの 面 めんで 安 あん 定 ていし, 奉 ほう 仕 しに 打 うち 込 こみ, 自 じ 分 ぶんを 進 すすんで 差 さし 出 だし, 喜 よろこんで 働 はたらいています。 会 かい 衆 しゅうに 大 おおきく 貢 こう 献 けんしています。 独 どく 身 しんを 貫 つらぬいているからといって 優 ゆう 越 えつ 感 かんを 抱 いだいたりしませんし, 配 はい 偶 ぐう 者 しゃや 子 こ 供 どもがいないからといって 劣 れっ 等 とう 感 かんを 抱 いだいたりすることもありません。 バランスが 取 とれています」。 このように 互 たがいを 尊 そん 重 ちょうし 認 みとめ 合 あうなら, 会 かい 衆 しゅうは 本 ほん 当 とうに 居 い 心 ごこ 地 ちの 良 よい 場 ば 所 しょになります。 誰 だれかを 哀 あわれんだり 嫉 しっ 妬 としたりすることはありません。 軽 かるく 見 みたり 持 もち 上 あげたりもしません。 一人 ひとり 一人 ひとりが, 自 じ 分 ぶんは 会 かい 衆 しゅうの 中 なかの 大 たい 切 せつな 存 そん 在 ざいだと 思 おもえます。 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいにどのように 敬 けい 意 いを 示 しめせますか。 14 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいは, 独 どく 身 しんの 立 たち 場 ばではなく,クリスチャンとしての 良 よい 面 めんに 注 ちゅう 目 もくしてもらえるなら,うれしく 思 おもうでしょう。 それらの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいのことを 気 きの 毒 どくに 思 おもうのではなく, 立 りっ 派 ぱな 働 はたらきに 感 かん 謝 しゃしましょう。 そうするなら, 独 どく 身 しんの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいは,「 私 わたしにあなたは 必 ひつ 要 ようない」と 言 いわれている と 感 かんじることはないでしょう。 () 敬 けい 意 いが 示 しめされ, 会 かい 衆 しゅうの 大 たい 切 せつな 存 そん 在 ざいと 見 みられている,と 感 かんじるでしょう。 奉 ほう 仕 しを 拡 かく 大 だいするためにどんな 努 ど 力 りょくを 払 はらっている 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいがいますか。 15 近 きん 年 ねん, 多 おおくの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいは, 新 あたらしい 言 げん 語 ごを 学 まなんで 奉 ほう 仕 しを 拡 かく 大 だいしています。 その 人 ひとたちの 生 せい 活 かつは 大 おおきく 変 へん 化 かします。 必 ひつ 要 ようの 大 おおきな 他 たの 言 げん 語 ごの 会 かい 衆 しゅうで 奉 ほう 仕 しするため, 母 ぼ 語 ごの 会 かい 衆 しゅうを 離 はなれました。 ()エホバのためにもっと 仕 つかえたいと 考 かんがえて, 移 い 動 どうすることを 自 じ 分 ぶんで 決 きめました。 新 あたらしい 言 げん 語 ごを 上 じょう 手 ずに 話 はなせるようになるには 何 なん 年 ねんもかかるとしても, 多 おおくの 点 てんで 会 かい 衆 しゅうの 役 やくに 立 たっています。 クリスチャンとしての 人 ひと 柄 がらや 経 けい 験 けんによって 会 かい 衆 しゅうは 力 ちからづけられ, 安 あん 定 ていします。 それら 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいの 持 もつ, 進 すすんで 自 じ 分 ぶんを 差 さし 出 だす 精 せい 神 しんに 感 かん 謝 しゃしています。 長 ちょう 老 ろうや 援 えん 助 じょ 奉 ほう 仕 し 者 しゃの 資 し 格 かくは 何 なにに 基 もとづいて 判 はん 断 だんされますか。 16 長 ちょう 老 ろう 団 だんは,ある 兄 きょう 弟 だいを 長 ちょう 老 ろうや 援 えん 助 じょ 奉 ほう 仕 し 者 しゃとして 推 すい 薦 せんできるかどうかを 考 かんがえる 際 さい,その 兄 きょう 弟 だいが 会 かい 衆 しゅうの 言 げん 語 ごを 上 じょう 手 ずに 話 はなせないというだけの 理 り 由 ゆうで 推 すい 薦 せんを 控 ひかえることはしません。 長 ちょう 老 ろうたちは, 聖 せい 書 しょが 示 しめす 長 ちょう 老 ろうや 援 えん 助 じょ 奉 ほう 仕 し 者 しゃの 資 し 格 かくに 基 もとづいて 兄 きょう 弟 だいを 評 ひょう 価 かします。 会 かい 衆 しゅうで 使 つかわれる 言 げん 語 ごをどれほど 話 はなせるかという 点 てんに 基 もとづいて 評 ひょう 価 かすることはしません。 () 17. 家 か 族 ぞくが 外 がい 国 こくに 引 ひっ 越 こしたなら,どんなことを 考 かんがえる 必 ひつ 要 ようがありますか。 17 クリスチャンの 家 か 族 ぞくの 中 なかには, 難 なん 民 みんとして 国 くにを 離 はなれる 人 ひとや, 仕 し 事 ごとを 探 さがすために 外 がい 国 こくに 引 ひっ 越 こす 人 ひともいます。 どちらの 場 ば 合 あいも, 子 こ 供 どもたちは 移 い 住 じゅう 先 さきの 国 くにの 主 おもな 言 げん 語 ごで 教 きょう 育 いくを 受 うけることになるでしょう。 親 おやも 仕 し 事 ごとを 探 さがすために 新 あたらしい 言 げん 語 ごを 学 まなばなければならないかもしれません。 母 ぼ 語 ごの 会 かい 衆 しゅうやグループがあるとしたら,どうしますか。 家 か 族 ぞくは 地 じ 元 もとの 言 げん 語 ごか 母 ぼ 語 ごのどちらの 会 かい 衆 しゅうに 所 しょ 属 ぞくしますか。 を 念 ねん 頭 とうに 置 おいて, 家 か 族 ぞくの 頭 かしらの 決 けっ 定 ていをどのように 尊 そん 重 ちょうできますか。 18 家 か 族 ぞくの 頭 かしらが,どちらの 言 げん 語 ごの 会 かい 衆 しゅうに 在 ざい 籍 せきするかを 決 きめなければなりません。 これは 個 こ 人 じんの 決 けっ 定 ていであり, 何 なにが 家 か 族 ぞくにとって 最 さい 善 ぜんかを 考 かんがえて 判 はん 断 だんします。 ( を 読 よ む。 ) 家 か 族 ぞくの 頭 かしらの 決 けっ 定 ていを 尊 そん 重 ちょうする 必 ひつ 要 ようがあります。 どんな 決 けっ 定 ていをするとしても,その 決 けっ 定 ていを 尊 そん 重 ちょうし, 会 かい 衆 しゅうの 大 たい 切 せつな 仲 なか 間 まとして 歓 かん 迎 げいしましょう。 () 19. 家 か 族 ぞくの 頭 かしらは,どんなことをよく 祈 いのって 決 きめますか。 19 家 か 族 ぞくで 外 がい 国 こくに 移 い 住 じゅうし, 母 ぼ 語 ごの 会 かい 衆 しゅうで 奉 ほう 仕 しする 場 ば 合 あい, 子 こ 供 どもはその 言 げん 語 ごを 上 じょう 手 ずに 話 はなせない かもしれません。 その 場 ば 合 あい, 子 こ 供 どもは 集 しゅう 会 かいで 話 はなされていることがよく 分 わからず,エホバに 仕 つかえる 意 い 欲 よくが 育 そだたないかもしれません。 子 こ 供 どもは 学 がっ 校 こうで, 親 おやの 母 ぼ 語 ごではなく,その 国 くにの 言 げん 語 ごで 教 きょう 育 いくを 受 うけているからです。 この 場 ば 合 あいも 家 か 族 ぞくの 頭 かしらは,どうすれば 子 こ 供 どもがエホバや 信 しん 仰 こうの 仲 なか 間 まと 親 したしくなれるかを 考 かんがえて,よく 祈 いのって 決 きめます。 親 おやの 母 ぼ 語 ごを 話 はなせるよう 子 こ 供 どもを 教 おしえるか, 子 こ 供 どもが 理 り 解 かいできる 言 げん 語 ごの 会 かい 衆 しゅうに 移 い 動 どうするかどうかを 決 きめます。 移 い 動 どう 先 さきの 会 かい 衆 しゅうの 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいは,その 家 か 族 ぞくの 決 けっ 定 ていを 尊 そん 重 ちょうし, 家 か 族 ぞくを 大 たい 切 せつな 仲 なか 間 まと 見 みていることを 示 しめします。 新 あたらしい 言 げん 語 ごを 学 まなんでいる 人 ひとにどのように 敬 けい 意 いを 示 しめせるか。 (20 節 せつを 参 さん 照 しょう。 ) 20. 新 あたらしい 言 げん 語 ごを 学 まなんでいる 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいにどのように 敬 けい 意 いを 示 しめせますか。 20 これまで 取 とり 上 あげてきたような 理 り 由 ゆうで, 多 おおくの 会 かい 衆 しゅうには, 新 あたらしい 言 げん 語 ごを 苦 く 労 ろうしながら 学 まなんでいる 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいがいます。 そのような 兄 きょう 弟 だい 姉 し 妹 まいは, 考 かんがえをうまく 伝 つたえられないかもしれません。 言 げん 語 ごを 上 じょう 手 ずに 話 はなせるかではなく,エホバへの 愛 あいやエホバに 仕 つかえたいという 願 ねがいに 目 めを 向 むけましょう。 そのような 良 よい 面 めんに 注 ちゅう 目 もくするなら, 大 たい 切 せつな 存 そん 在 ざいと 見 みて 敬 けい 意 いを 示 しめせるでしょう。 言 げん 語 ごを 上 じょう 手 ずに 話 はなせないからといって「 私 わたしにあなたは 必 ひつ 要 ようない」という 態 たい 度 どを 取 とったりはしません。 21-22. 誰 だれもが 大 たい 切 せつな 存 そん 在 ざいといえるのはなぜですか。 21 うれしいことに,エホバは 私 わたしたち 一人 ひとり 一人 ひとりに 会 かい 衆 しゅうの 中 なかで 大 たい 切 せつな 役 やく 割 わりを 与 あたえてくださっています。 男 だん 性 せいも 女 じょ 性 せいも, 独 どく 身 しん 者 しゃも 既 き 婚 こん 者 しゃも, 若 わか 者 ものも 高 こう 齢 れい 者 しゃも,ある 言 げん 語 ごを 上 じょう 手 ずに 話 はなせる 人 ひともそうでない 人 ひとも,エホバにとって,また 互 たがいにとって 大 たい 切 せつな 存 そん 在 ざいです。 () 22 人 じん 体 たいに 関 かんするパウロの 例 たとえから 学 まなべる 重 じゅう 要 ような 点 てんを,これからも 実 じっ 行 こうしていきましょう。 そうすれば,エホバの 会 かい 衆 しゅうの 中 なかで 自 じ 分 ぶんを 最 さい 大 だい 限 げんに 役 やく 立 だて, 他 たの 人 ひとに 敬 けい 意 いを 示 しめすこともできるでしょう。

次の