ど ば 師匠。 西郷真央デビュー戦5位に悔しさ 師匠ジャンボに“磨き直し”宣言へ【国内女子ツアー LPGA】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

師匠・杉本八段“タイトル戦ばり”和服で対局「藤井七段に対する礼儀だなと思いました」にファン感動

ど ば 師匠

将棋の最年少棋士・七段が、3組戦決勝で、師匠である八段(51)に95手で勝利し、史上初となる4期連続優勝を達成、本戦出場を果たした。 記録もさることながら、2度目となる師弟対決に、杉本八段は戦ばりに和服姿で登場。 対局後のでは「に対する礼儀だなと思いました」と語り、の感動を呼んだ。 から始まった対局は、の先手で始まると、対局から間経過したになっても、本格的な戦いが始まらないゆったりとした展開に。 それでも中盤、終盤と一気に進行すると、最年少でのにも挑戦中のが、一気の攻めで快勝。 新たな記録を樹立した。 相変わらずの記録ラッシュのだが、この日の注目となったのが杉本八段の和服姿。 規定はないものの、戦の番勝負に出場する棋士が和服で臨むことが多く、通常の対局でも、ここ一番という対局に気合を入れようという棋士もいる。 2年3カ月ぶり2度目の師弟対決は、3組戦という大きな舞台。 杉本八段は「戦の決勝戦という大きな舞台で、相手がということもあり、気合の入る条件がたくさん揃う対局でした。 ここで気合を入れなければ入れる場所がないので、自分の万全の状態で出ていくのが、に対する礼儀だなと思いました」と、理由を明かした。 も「大きな舞台で楽しみにしていました。 前回(一次予選)は3時間だったんですが、今回は持ち時間が5時間だったので、1手1手じっくり指せたのかなと思います」と、師匠との時間を堪能したが、師匠・杉本八段の姿勢と言動にはも感動した様子。 中継していたの欄には「感動した!」「めっちゃいい話」「涙出た」など、弟子を思い、また勝負師としても礼を尽くす姿に、絶賛の声が相次いでいた。 (/将棋より).

次の

師匠、御乱心!

ど ば 師匠

将棋の最年少棋士・七段が、3組戦決勝で、師匠である八段(51)に95手で勝利し、史上初となる4期連続優勝を達成、本戦出場を果たした。 記録もさることながら、2度目となる師弟対決に、杉本八段は戦ばりに和服姿で登場。 対局後のでは「に対する礼儀だなと思いました」と語り、の感動を呼んだ。 から始まった対局は、の先手で始まると、対局から間経過したになっても、本格的な戦いが始まらないゆったりとした展開に。 それでも中盤、終盤と一気に進行すると、最年少でのにも挑戦中のが、一気の攻めで快勝。 新たな記録を樹立した。 相変わらずの記録ラッシュのだが、この日の注目となったのが杉本八段の和服姿。 規定はないものの、戦の番勝負に出場する棋士が和服で臨むことが多く、通常の対局でも、ここ一番という対局に気合を入れようという棋士もいる。 2年3カ月ぶり2度目の師弟対決は、3組戦という大きな舞台。 杉本八段は「戦の決勝戦という大きな舞台で、相手がということもあり、気合の入る条件がたくさん揃う対局でした。 ここで気合を入れなければ入れる場所がないので、自分の万全の状態で出ていくのが、に対する礼儀だなと思いました」と、理由を明かした。 も「大きな舞台で楽しみにしていました。 前回(一次予選)は3時間だったんですが、今回は持ち時間が5時間だったので、1手1手じっくり指せたのかなと思います」と、師匠との時間を堪能したが、師匠・杉本八段の姿勢と言動にはも感動した様子。 中継していたの欄には「感動した!」「めっちゃいい話」「涙出た」など、弟子を思い、また勝負師としても礼を尽くす姿に、絶賛の声が相次いでいた。 (/将棋より).

次の

藤井七段、再び師匠に勝利 4期連続で竜王戦本戦出場―将棋:時事ドットコム

ど ば 師匠

痛恨だったのは9番(パー3)。 「フォローの風が吹くと思っていたけど、打ってから少しアゲンストの風が…。 前日まで大きいクラブで抑えて打っていて、当たりが少し薄かったのもあった。 ちょっとついていない部分もありつつ、自分のミスもありつつという形」。 5Iで放った球はグリーン右手前に広がる池に消え、ダブルボギーをたたいた。 気持ちを引きずらないよう後半も懸命にプレーしたが、「ティショットが良くなくて、得意のアイアンを生かせるかだったけど、なかなか良くならないまま最後まで来てしまった。 自分のミスで伸び悩んだのが大きい」と振り返った。 それでも、賞金864万円を稼いだ。 「前々から 計測器の トラックマンが欲しかった。 「4日間含めてアンダーで回れたのは大きい。 もう少しアイアンの精度とティショットの安定性を磨いて、次の試合でも上位に行けるように頑張りたい」と収穫も得たルーキー。 「『ショットが足りなかったので、もう一度磨き直したいと思います』と報告したい」と課題は分かっている。

次の