電気 毛布 洗い 方。 毛布の洗濯・脱水・干し方のすすめ [洗濯] All About

電気毛布をコインランドリーで洗濯はどうしたらいい?注意点と正しい洗い方は?

電気 毛布 洗い 方

手洗いの方法 サイズが大きすぎて洗濯機に入れられない毛布は、手洗いをして綺麗にしましょう。 手洗いを始める前に準備したいのは、十分に汚れを落とせるスペースと干す場所です。 厚手の毛布であれば乾燥まで時間がかかりますので、干すことになる期間の天気予報も確認しておくと安心できるでしょう。 浴槽を使う 家庭用の洗濯機では、大きい布団を洗うのにはサイズが足りない場合が多いです。 そんな時には浴槽でもみ洗いをするようにしましょう。 毛布を手洗いする際に活用したいのは浴槽です。 浴槽は十分水を溜めることができますので、丸洗いしたい時に便利です。 洗濯を始める前に前段階として布団を外で叩き、埃や手で落とせる汚れを取り除いておきます。 浴槽に水と洗剤を入れる また浴槽に毛布が浸かるくらいの水を溜めて洗剤を入れます。 手洗い用に洗剤を購入する際は、必ず毛布についているタグを確認しましょう。 中には漂白剤が入っている洗剤に弱い毛布もありますので、使用可能なものを購入する必要があります。 洗剤が浴槽に満遍なく広がるように混ぜたら、毛布を畳んで中に浸します。 腕よりも足の方が負担なく踏み洗いできますので、大型毛布を洗う際は足で綺麗にしましょう。 水を入れ替えて繰り返す 浴槽の水が黒くにごったり気になる汚れが落ちたのを確認したりした後は、水を抜いて入れ替えます。 また水を入れてすすぎのために三回ほど同じ踏み洗いを繰り返しましょう。 洗剤が残っていないか気になる場合は、最後に全体にシャワーをかけて洗い流します。 外に干して乾燥させる前に浴槽の淵に掛けておくとある程度脱水できますので、一時間ほど放置しておきましょう。 洗濯機に入れるときの注意点 毛布を洗濯機で洗う際は、まず持っている毛布がどのような方法で洗濯できるのかタグを確認します。 毛布に応じて最適な液温や耐えられる水流の強弱が異なるのです。 また、洗濯機は種類に応じて洗えるものの容量が異なりますので、自宅の洗濯機が洗いたい毛布の重さに対応しているのかチェックすることが大切でしょう。 洗濯機と毛布を傷めず洗うために事前に用意しておきたいのはネットです。 毛布を素のまま洗濯槽に入れると引っかかってしまいますから、用意が欠かせません。 また円筒状に丸めて入れることで洗濯機の中で広がるのを防げます。 毛布を収めた後に洗剤を入れると洗濯桶全体に広がりませんから、先に桶に水を入れて洗剤を溶かしておくと良いでしょう。 電気毛布は洗える? また、電気毛布は洗うことができるのかと心配に思われる方もいるかもしれませんが、「丸洗い」や「洗濯機」のタグがあるものであれば洗うことができます。 通常の毛布と同じく、取り扱い説明書と洗濯表示をしっかりと確認してから洗うようにしましょう。 表示がない場合は、洗濯機はもちろん水洗いも避け、こまめにホコリを払うなどのケアをしましょう。 カバーを使うのもおすすめです。 正しい干し方 時間 自宅で毛布を干す際にまず考えたいのが時間です。 厚手の毛布は効率的に日が当たるように干さないと乾くまで時間がかかってしまいます。 できるだけ毛布に日が当たる面積を増やしたい場合、柵に掛けるのではなくまずM字型に干す準備をしましょう。 物干し竿を二本並べることによって毛布をM字に掛けられます。 湿気の多い季節には天気にも特に注意しましょう。 布団を洗って干そうと思ったら、あらかじめ天気予報を確認しておくことをオススメします。 できるだけ晴れの日を選ぶようにした方が、確実です。 素材に注意 注意したいのは毛布の素材です。 ウールやナイロンのように日差しに弱い毛布は日に当てることで変色してしまいますから、日陰に干すようにしましょう。 こうした毛布は太陽の力を使うよりも風に当てることで乾燥させるようにします。 またアクリル素材は乾きやすいですから、物干し竿を二本並べるスペースがない時はピンチハンガーやベランダの柵に掛けても良いでしょう。 定期的に裏表を変えれば、満遍なく日や風を当てられますので乾く時間が早まります。 保管方法 袋に収納 洗濯を終えて埃も取り除いた毛布は、保管前に袋に収納します。 虫を防ぐだけでなく、押入れやクローゼットの中で汚れが付着するのを防ぐためにも保管袋は欠かせません。 害虫被害を万全に防ぎたい場合、袋の中に防虫剤を入れておくと良いでしょう。 カビに注意 また、気をつけたいのがカビです。 カビは湿度の高い場所に生えますから、保管場所を選ぶ際は必ず湿気がなく通気性の良い場所を選びます。 収納スペースの湿度が気になる場合は除湿材を設置しておきましょう。 毛布を収納するために作られた専用の袋の中には防カビ効果があるものも販売されていますので、収納スペースのカビが気になる場合は活用します。 コインランドリーで洗う方法 次にコインランドリーで布団を洗う方法を紹介します。 最初に布団を数周巻いて小さくまとめます。 最後に紐で成形しておくと型崩れもなく洗うことができます。 洗濯機は大きさに余裕のあるものを選ぶようにしましょう。 自動で洗剤が出てこないタイプの場合は、できるだけ布団へのダメージの少ない洗剤を用意しましょう。 洗い終わったら次は乾燥です。 乾燥機を選ぶ際、小さかったり、窮屈なものを選んでしまうと乾燥が十分に行われない場合があるので、注意してくださいね。 生乾きはカビの繁殖や臭いの原因にもなってしまいます。 温度設定ができるタイプの場合は高温を設定し、1時間は時間を取りましょう。 全体をしっかり乾かすことが大切です。 コインランドリーで洗う際の注意点 コインランドリーは自宅では洗えない布団を洗う最適な手段ですが、中には洗えないものもあります。 一つ目は和布団(綿)です。 コインランドリーで洗うと中の綿が固まってしまうので洗えません。 二つ目は羽毛布団。 こちらもコインランドリーで洗うと綿が固まってしまうので避けましょう。 宅配クリーニングで洗う方法 サイズや種類の問題で自宅の洗濯機では毛布が洗えない場合、宅配クリーニングを利用しましょう。 こうしたサービスであれば洗濯機の使用を禁止するタグがついている毛布も綺麗にしてもらえます。 毛布を持ってお店まで行くのが難しい時は、宅配収集を受け付けているお店を利用すれば運搬の必要がなくなります。 また、宅配クリーンニング業者では保管サービスを用意している場所もありますので、自宅に大型毛布を置ける場所がない方はクリーニングにあわせて利用すると便利です。 布団クリーニングならカジタクがオススメ! カジタクでは布団クリーニングを行っています。 カジタクのオススメポイント!• 安心の イオングループが運営。 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!• たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!•

次の

毛布の洗濯・脱水・干し方のすすめ [洗濯] All About

電気 毛布 洗い 方

寝具類は菌の温床といわれ睡眠中、長く肌に触れているものだからこそ、定期的に洗濯して清潔に保ちたいもの。 洗濯機マークや手洗いマークが付いている毛布は、家庭で問題なく洗えます。 家庭で洗える毛布の洗い方• まずは、洗濯機マークや手洗いマークが付いていることを確認。 洗濯機に毛布が入れば、洗濯機の毛布モード、なければ手洗いモードなどの弱水流で洗いましょう。 あとは、通常の洗濯の工程でOK。 <毛布が洗濯機に収まらない場合> お風呂の浴槽などを使い、押し洗いが適しています。 浴槽にぬるま湯を張り、を溶かして、毛布を入れて足でまんべんなく踏んで推し洗いしていきます。 2~3回すすいだら、 浴槽の淵に毛布をかけ水気を切ってから脱水しましょう。 POINT 色や柄によっては色落ちする可能性もあるので、洗う前に目立たない部分に洗剤をつけ、しばらく立っても色が落ちないかをテストしてみましょう。 そして、キレイに洗濯した毛布を、「よりふわふわに、清潔に保つためのお手入れ」もご紹介しましょう。

次の

毛布の洗濯・脱水・干し方のすすめ [洗濯] All About

電気 毛布 洗い 方

下記クリックでお好きな所へどうぞ• 電気毛布の洗い方やお手入れ方法 電気毛布洗える洗えないの見分け方 洗い方の説明に入る前に お使いの電気毛布を確認して頂きたいのですが、 電気毛布には、 洗濯機が使える物 手洗いの物 洗えない物 があります。 確認の仕方は その毛布の説明書かタグの表示に書いてあります。 コードが取り外しできないものは洗えないです。 洗濯機での洗い方 洗濯機で洗濯する場合は、 中性洗剤を使いぬるま湯で洗って下さい。 毛布を蛇腹 ジグザグ に折ってから くるくる丸めるようにして 洗濯ネットへ入れます。 コードの接続部分がドラムに当たらないよう 内側に来るようにしてください。 毛布コースやソフト洗いなどの 弱い水流であらうコースを選択して下さい。 手洗いでの洗い方 手洗いの場合は、 お風呂の浴槽を使うと洗いやすいです。 30度くらいのぬるま湯で洗剤を溶かし 足で踏み洗いや手で押し洗いします。 汚れがひどい場合は 少し付け置きしておくと良いですね。 浴槽の横の面に毛布をかけた状態で シャワーを使って流します。 柔軟剤を使う場合は その後再びぬるま湯を入れ 柔軟剤が良く混ざってから毛布を入れます。 水分を取る時は、 ねじると中の線が切れる可能性もあるので 浴槽の横にかけて水分を取ります。 日頃の手入れ法 いずれにしても頻繁に洗濯すると 中の線に負担がががり故障の原因にもなりかねないので、 毛布を汚さない工夫をして洗濯の回数を減らしましょう。 電気毛布と体の間にシーツを敷いたり カバーをかけるなどすると良いですよ。 匂いや目に見えないような雑菌が心配な方は 時々 日陰に干して風にさらしたり、 ファブリーズなどをしながら使い シーズンが終わりしまう前に洗濯する方が良いですね。 掃除機をかけたりすれば 目に見えない汚れも取り除けるのでおススメです。 電気毛布洗い方で洗濯機使用の際の脱水は? 丸洗い出来るタイプなら洗濯機の脱水も ほぼ心配ありませんが、 中には洗濯すると故障してしまう物もあるので 毛布に優しい脱水のかけ方ポイントを紹介します。 ・洗濯ネットを使う 洗濯機のスタイルにもよりますが 洗濯ネットを使うことによって 洗濯層から毛布がはみ出て損傷するのを防ぎます。 あまり小さいタイプを使うと 脱水時に偏ってしまうので 円筒状の毛布の大きさにあったタイプを使いましょう。 ・かけて止めてを繰り返す 脱水の時だけでも洗濯機の近くで様子を見ながら かけて止めてを手動でコントロールしながらやれば 終わってみたらがっかりという事を防げます。 ・早目に終わる 普通の洗濯ものならもう少し脱水かけたいな、 と思う程度でストップして 外へ持っていく間に水がポタポタ垂れない程度で 早目に脱水を終わらせます。 後は外へ陰干ししてしっかり風を通して乾かしましょう。 電気毛布を洗えない時のお手入れ法 寒いから電気毛布を使っているとはいえ 寝ている間にコップ1杯分の汗をかくといいますから やはり電気毛布も清潔を保ちたいものです。 電気毛布の中には洗濯できないタイプの物もありますし、 電気毛布を洗うのがなんだか心配…という方へ 電気毛布を洗わないでできるお手入れ法を紹介します。 たたきぶき 1,まず、おしゃれ着用の中性洗剤を 手洗い用にできるくらいに薄めます。 ひどい汚れがある場合はあらかじめ 濃い洗剤液をなじませておくと効果的 2,タオルやガーゼなどを洗剤液に浸して 硬く絞った後、毛布をトントンたたきます。 3,その後キレイなぬるま湯に浸したタオルで 同様に2~3回トントン叩きます。 柔軟剤を使いたい方は同じ工程で最後に追加OK。 4,陰干しでしっかり乾かします。 スポンサーリンク まとめ 電気毛布には洗えるタイプと洗えないタイプがあるので 説明書やタグを見て確認すること。 洗濯機で洗う場合は 中性洗剤でぬるま湯を使い 毛布コースやソフト洗いのコースなどの 弱い水流で洗って下さい。 手洗いの場合は お風呂の浴槽で押し洗いし、 横のかけてシャワーで流したり 水切りすると便利です。 普段のお手入れは 陰干しで風通しかファブリーズ 洗濯機で 脱水する時は 毛布に負担がかからないように ネットに入れたり、 脱水の時間を短めにしたりする。 洗えないタイプの電気毛布には たたきぶきがおススメです。 電気毛布は価格もお得なうえ 気になる電気代も安くて冬には大活躍する アイテムですので、正しいお手入れで長く使って下さい。 それではまた次回。

次の