ビッグモーター 強み。 ビッグモーター 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

ガリバーとビッグモーターの比較・違いをまとめてみました

ビッグモーター 強み

【結論】ビッグモーターに転職するなら転職エージェントを使うのがおすすめ ビッグモーターの仕事は、中古車の売買から整備・バックオフィスなど内容は多岐に渡ります。 そのため、転職を希望する際には 車の知識だけでは、転職活動を有利に進めることはできません。 「情報を集める時間がない」という場合は、 転職エージェントを利用するのがおすすめです。 (参考:) 転職エージェントを利用すれば、求人の紹介や面接対策、条件交渉の代行など、幅広いサービスを受けることができます。 ビッグモーターの転職には「」「」「」の3つをおすすめします。 企業概要 社名 株式会社ビッグモーター 本社所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 20F 代表取締役 兼重宏行 設立 1978年 資本金 4億5千万円 従業員 5,000名(2019年2月現在) 店舗 北海道から九州まで307店舗 2019年11月現在 引用: ビッグモーターは本社を東京に構えており、北海道から九州まで307店舗を展開していています。 TVCMなどを見かける機会が多いため近年設立したばかりかと感じがちですが、設立は1978年と歴史のある企業です。 また、日本各地に展開されている店舗数や従業員数からも、企業の安定性と規模感を感じることができます。• 国産車、外国車の中古車・新車販売及び車両買取業務• 車検・一般整備及び鈑金塗装業務• 損害保険代理店及び自動車関連業務 引用: ビッグモーターの主な事業は中古車の買取から販売ですが、店舗利用者のサポートを向上させるため、車に関わる事業を複数行っています。 例えば、各店舗には車の整備士やエンジニアが配属されており、車検をはじめとする車の整備にも対応できる仕組みになっています。 また、車の購入時に必要になる保険関係についても店舗で相談できるため、利用者の手間をかけずに車を売買ができる環境が整っています。 業績 売上高 2019年 3,700億円 2018年 3,400億円 2017年 2,500億円 2016年 2,100億円 引用: 通年を通して売上高は上昇しており、2017年~2018年には急激に業績を伸ばすことにも成功しています。 中古車買取に必要となる地域店舗を拡大しつつ、売上高を伸ばすビッグモーターの事業戦略が好調であることが伺えます。 利用者へのサービス満足度が高い仕組みを持つ店舗を、順調に増やすことができるのが、ビッグモーターの強みといえるでしょう• 平均年収 総合人材サービスのエンジャパンが運営する、によると株式会社ビッグモーターの平均年収は447万円です。 しかし、ビッグモーターは車買取や販売に関する幅広い業務を行っているため、さまざまな職種があり年収差も発生します。 ここでは、株式会社ビッグモーターの業種別の平均年収ランキングをご紹介します。 1位 営業系 464万円 2位 電気・電子・機械系エンジニア 450万円 2位 専門サービス系 450万円 3位 事務・管理系 300 万円 4位 販売系 250万円 引用: 株式会社ビッグモーターの職種の中で年収が1番高いのは「営業系」、1番低いのが「販売系」となっており、200万円程の年収差があります。 そして、2番目に年収が高いのが、「電気・電子・機械系エンジニア」「専門サービス」の資格や特殊技能が必要な職種で1番の「営業系」に近い平均年収です。 資格や特殊技能が必要なエンジニアや車整備士、事業の売上を握る営業の業務では年収が高い傾向があるようです。 ビッグモーターへの転職で迷った際は、自身に合う職種を確認するとともに、職種ごとの平均年収も踏まえて考えてみると良いでしょう。 同業他社との比較 中古車販売を主な事業とする企業は、地域ごとに未展開はあるものの、有名な企業が多いのが特徴です。 ここでは、中古車販売で有名な競合他社との売上高、従業員数の比較を表にまとめました。 会社名 売り上げ額 2019年度 従業員数 2019年度 ビッグモーター 3,700億円 5000人 ガリバー 3,094億円 4,450人 ネクステージ 1,610億円 1,944人 2018年時 カーセブン 24億円(2018年9月決算期) 55人 中古車販売事業を行なっている有名企業の各種情報を比べ、売上に注目してみると、いちばん売上が高いのは「ビッグモーター」でした。 ビッグモーターに続き、TVCMなどで企業名を聞くことも多く、売上と従業員数が近い「ガリバー」という形になります。 競合他社との比較表を見ると、ビッグモーターは他社と比べて、「売上高」・「従業員」が最も多いため国内でも大手の中古車販売企業と言えるでしょう。• 営業はわからないが 就業規則にある通り総務に相談すれば産休、育休、時短が使える。 女性でも責任ある仕事につける。 営業になれば男性と同等に扱われそれなりの対価を受け取れると思う。 引用: 営業職から車整備士まで幅広い業種が交わる企業ですが、従業員が働きやすいように、職場環境の設備整備には力を入れている様子が伺えます。 仕事のきつさや勤務時間の面に関しては、平日休日で固定時間が長く設定されています。 固定時間が長い分、休憩時間がしっかり確保されており、勤務時間や仕事のきつさも一般企業と変わらないでしょう。 女性の働きやすさの面では、店舗ごとの差はありますが働きやすい職場環境や産休・時短等の制度が整っています。 そのため、平日休日である点を除けば女性が働きやすい職場と言えます。 また、待遇面に関しては業種ごとに報酬が変動する仕組みが採用されており、営業職であれば個人成績が待遇に大きく反映されるなど、報酬改善も可能です。 3.ビッグモーターの中途採用情報 ビッグモーターの人材募集では新卒・中途・アルバイト採用の3つが行われています。 店舗拡大には多くの人材が必要となるため、中途採用も頻繁に行われていますが、業界大手ということもあり転職希望者が多い現状があります。 下記では、ビッグモーターの転職難易度や、転職を有利に進めるための情報を紹介します。 書類選考• 1次面接• 内定 ビッグモーターの中途採用の基本的な流れは、書類選考、1次面接、内定です。 2次面接は実施されず、すぐに内定合否が出るため1次面接にて面接官に自身のアピールポイントを伝えきる必要があります。 気になる1次面接で聞かれる内容は、業種ごとに聞かれる差はあれど、「入社後のビジョン」「仕事に対するやる気」が重視されているようです。 ビッグモーターの面接で重視されるポイントについては「」で詳しく紹介しているので、転職を希望する場合は事前に必ず確認しましょう。 募集職種 ビッグモーターの中途採用では業種によっては資格などの専門知識を求められるものの、未経験からもで挑戦できる業種も複数あります。 なので、転職希望の場合は書類選考・面接で不利にならないように、希望する職種の業務内容は事前に確認しましょう。 【職種・業務内容】• 整備士:車検や車に関わるメンテナンス、オイル交換など車修理を全般に行う• 鈑金・塗装技術者:事故などで破損した車体部分の修理・車体の塗装を全般に行う• 鈑金フロントスタッフ:事故車を修理を行う店舗まで回収、車の修理後は持ち主まで届ける業務を行う 整備士・鈑金・塗装技術者は店舗内での車整備が主な業務となります。 整備士は買取った車はもちろん、車検等でお客様から預かった車のメンテナンスや修理業務を担当します。 鈑金・塗装技術者は事故で破損したドア等の修理から、傷等で塗装が剥げた部分の再塗装を担当 フロントスタッフは動けなくなった事故車の回収や修理後の搬送までを担当します。 営業 【職種・業務内容】• 人事:ビッグモーターに入社を希望する方や、社員の勤務地調整などを行う• 入力業務:人事や総務で必要な書類の用意、情報のチェックなどを行う• 経理:企業運営に必要なお金の管理や決算書などの資料作成を行う 管理本部は企業運営に欠かせない業務がまとまった部署となっており、上記の職種以外にも複数の業種があります。 人事では日本全国に展開している店舗に勤務する従業員の勤務地調整、新たに採用する人材の確保等の業務を担当します。 経理・入力業務では企業内のお金の流れ、決算時に必要となる書類の作成・チェックを主な業務として担当します。 転職に有利になる資格 ビッグモーターでは中古車の販売を主な事業としているため、企業内のほとんどの業種は車に関わることが多くなります。 求人票の募集要項には「未経験可」と記載されている職種もあります。 しかし、中途採用では即戦力が求められるため、業種によっては資格があると有利に転職活動を進めることができます。 下記では、業種ごとに転職時に保持していると有利になる資格をまとめました。 営業・サービスフロント 営業・サービスフロントでは有利になる資格はありません。 しかし、お客様と接する機会が多く、車の買取から販売・アフターケアまでと業務幅が広いのが特徴です。 転職時に有利になる資格は無いものの、最低限の車の知識 車種の大まかなタイプ などは事前に覚えておくと面接が楽になるでしょう。 また、店舗ではなくお客様先にお伺いする場合があるので、自動車免許は必須と言えます。 営業職に興味がある方は「」も参考にしてみてください。 整備士 自動車の整備に関わる整備士では、「自動車整備士」の資格が必要です。 自動車整備士は自動車のメンテナンスを行うための資格で、車検や車修理の際に必須となります。 自動車に関わるメンテナンスや修理は人命に関わるため、国家資格となっており取得難易度が高い資格です。 自動車整備士について詳しく知りたい方は「」をご覧ください。 鈑金・塗装技術者 自動車のパーツ修理に関わる鈑金・塗装技術者では必要な資格はありません。 しかし、車と接する業務であることが変わらないため、 「自動車整備士」「検査員」「車体整備士」などの資格があれば転職を有利に進めることができます。 また、他企業での鈑金・塗装技術者としての知識や経験も大きなアピールポイントとなります。 求められる人材3つのポイント ビッグモーターには資格以外にも企業が重要視しており転職を有利に進めるポイントがあります。 下記では、 ビッグモーター側が採用時に重視しているポイントを3つ紹介します。 未経験からでも学ぶ姿勢がある ビッグモーターでは企業内に幅広い業種がありますが、資格が必要な整備士などでも未経験でも採用可としています。 もちろん、転職を希望する業種に必要となる資格を保持していれば有利ですが、社内研修等でも資格を取得できる制度が用意されています。 背景としては企業側で社内研修などの資格制度を整えることで、多くの人材を採用したい思いがあるのでしょう。 そのような背景から、 未経験応募も可となっているため、社内教育でもしっかり学ぶ姿勢が見られていると言えるでしょう。 入社後のキャリアが明確である ビッグモーターでは車に関する業務が多いものの、その後のキャリアは大きく変わります。 例えば、営業職では実績を積むことで店舗を任される支店長、整備士職では経験を積むことで技術主任などのキャリアです。 未経験・経験有りに問わず、 自 身が入社後にどのような経験を積むのか、理想のキャリア像を明確に持つことで企業側も安心して採用することができるでしょう。 明るい人柄、しっかりとした受け答えができる ビッグモーターは基本的に車の売買が主な事業のため、店舗を利用するお客様と接する機会が多い業種となります。 また、お客様と直接接点がないコールセンターやサポート業務でも、電話等を通じて会話が必要です。 そのため、企業の印象を保つためにも、 お客様が話しやすい明るい人柄、電話等でもしっかりとした会話をする姿勢が求められます。 4.ビッグモーターへの転職方法 ビッグモーターへの転職を希望する際に、最初に気になるのが応募方法ではないでしょうか。 下記では、ビッグモーターへの転職方法についてご紹介します。 公式HPからの応募 ビッグモーターは新卒・中途・アルバイトまで公式HPの採用ページから応募することができます。 しかし、公式HPからの求人募集はオープン求人となっています。 そのため、本来であれば個人ごとの資格やスキルによって変わる待遇が固定の数字になっています。 さらに、 公式HPからの求人募集は転職希望者が応募しやすい反面、求人倍率が高くなる傾向にあります。 転職エージェントの非公開求人から応募 ビッグモーターへの転職活動の際、転職サイトや公式HPから求人を探すことも可能ですが、転職エージェントの利用もおすすめです。 転職エージェントを利用することで、求人倍率が低く、待遇改善も可能な非公開求人に応募することができるからです。 さらに、 転職エージェントでは専門のアドバイザーからのアドバイスを受けることができ、初めての転職でも安心して転職活動を進めることができます。 5.ビッグモーターの転職におすすめの転職エージェント ビッグモーターに転職希望する場合、 転職エージェントを利用することで初めての転職活動でも有利に進めることができます。 転職エージェントを利用することで、競争率の低い非公開求人に応募でき、専門のアドバイザーからのアドバイスやサポートも受けることができます。 下記では、ビッグモーターの転職におすすめの転職エージェントをまとめました。 在職中の転職活動なら「doda」 はパーソルホールディングス株式会社が運営しており、TVCMやWEB広告でも見かけることが多いため、知名度が高い転職エージェントです。 非公開求人の保有数も業界大手のため豊富ですが、dodaの強みは転職活動サポートの充実度にあります。 dodaでは転職活動時に面接や書類選考で必要となる書類を代行で提出、企業の採用担当者との面接日程なども行ってくれます。 在職中の転職活動に不安を感じたり、活動にあてる時間の調整が難しいと感じる方におすすめです。 運営会社 パーソルホールディングス株式会社 対象地域 全国・海外 非公開求人数 約80,000件(2020年1月時点) 利用料 無料 公式サイト 詳しくは「」をご覧ください• ビッグモーターの募集業種は幅広いため、希望業種については事前に確認を行う• 平均年収は業種により大きく差があり、営業職などでは成果に応じて報酬が変動する• 中途採用は業種と地域によって難易度が異なるが、店舗拡大に伴い知名度が上がり、年々高くなっている• 転職活動をエージェントを利用することで、非公開求人や各種サポートを受けることができ、転職活動を有利に進めることができる ビッグモーターへの転職について、企業概要、競合他社との比較、社員の評判まで幅広く紹介しました。 ビッグモーターは中古車販売を主な事業とする企業としては国内有数の実績を獲得しており、業種によっては未経験からの人材採用も活発に行っています。 企業の知名度、未経験からの採用も行っていることで、求人倍率は年々高くなっています。 そのため、転職を希望する場合は転職エージェントを利用して効率良く活動を進めるべきでしょう。 紹介した転職エージェントをまとめると以下の通りです。

次の

ビッグモーターで勧められるローンは利用するべき?

ビッグモーター 強み

ビッグモーターでの車買取はおすすめできる? 年間買取実績12万台の「ビッグモーター」 ビッグモーター(BIGMOTOR)は、 売上高3,307億円の実績を誇る、買取・販売台数日本一の車専門店です。 全国に店舗を構え、CMも放映されているため、利用をしたことがなくても名前を知っている人は多いかと思います。 中古車販売・買取数の両方で1位を獲得しているうえに、顧客満足度や買取価格満足度でも1位をとるなど、 非常に評価の高い店舗です。 また、「他店より1円でも安ければ相談」と、買取価格に対してもかなり強気の姿勢を見せています。 さらに、買取・販売だけでなく、車検や塗装、修理、整備、保険など、 車に関連するあらゆる事業を幅広く展開しているのも、店舗が人気の理由の1つでしょう。 ビッグモーターの買取サービス情報 最短即日 ビッグモーターで高額査定は狙える? 多くの中古車買取業者は、売主から買い取った車をオークションに出品し、中古車販売業者を経て、新しいオーナーに売っています。 そのため、流通過程において中間マージンが発生し、売主に渡る買取代金は低くなるのが難点です。 しかし、ビッグモーターでは、買い取った車は直接自社で販売されるため、余計な費用がかかりません。 節約できた分のコストは査定額へ上乗せされるため、 通常よりも高値での取引が可能になります。 ビッグモーターがコストカットに成功し、実績を伸ばしていることは、年間の販売・買取台数からも明らかです。 買取に出す車によって査定額は異なりますが、 人気の車種や状態が良い車なら高額査定を受けられる可能性があると考えて良いでしょう。 洗車する際も、ボディを 水で洗うだけでなく、ワックスをかけることで更に見栄えがよくなり、高額査定を受けやすくなります。 また、外側だけに気をつかうのではなく、車内も掃除機をかけて埃やゴミなどは取り除くようにしましょう。 ただし、車に傷がある場合は、市販のタッチペンなどを使って修復を試みたりせず、そのまま査定に出すのがおすすめです。 自分で傷やへこみを治そうとして、かえって状態を悪くしてしまう人もいるので注意してください。 また、修理に出すと余計な費用がかかり、高くついてしまう可能性もあります。 できる範囲のお手入れだけをして、 傷・へこみはそのままで買取に出すのが懸命でしょう。 ビッグモーターの3つの強み 大手ならではの安心感 ビッグモーターは、高い実績を持つ大きな会社のため、 小規模の買取業者より安心感があるのが特徴です。 店舗も全国に構えており、店頭買取に利用しやすいのはもちろん、出張査定も無料なのでどこに住んでいる方でも手軽に査定を依頼できます。 全国のオークション会場から収集した、リアルタイムな相場のデータを用いて買取価格が算出されるうえに、買取された車は、現在最も高く売れる地域とタイミングに合わせて販売されるため、 高額査定を実現しやすいのも魅力的です。 知名度も十分高いので、予備知識がなくてもビッグモーターに査定を依頼しようと考える人は多いでしょう。 様々なサービスが充実している ビッグモーターでは、ローンが残っている車でも売れるうえに、名義変更などの 売却する際の面倒な手続きもサポートしてくれるため、初めて車を売る方でも安心して利用できます。 また、車を売却した後も、 一定期間無料で代車の貸し出しを行っているため、納車した後に車が乗れなくなるという心配もありません。 一般的に無料で代車を貸してくれるのは2週間程ですが、ビッグモーターの利用者からは、「1ヶ月代車を使わせてくれた」との声もありました。 他にも、乗り換えの提案をしてくれる「ビック乗り換え」のサービスも提供しており、アフターフォローに徹底していることが分かります。 販売もしているので乗り換えが手軽 買取・販売の両方を手掛けるビッグモーターは、乗り換えのサービスにも力を入れています。 乗り換えサービスの、「ビッグ乗り換え」を利用することで、依頼した車の買取金額を査定すると共に、乗り換えの車として 新車や良質中古車3,000台の中から希望条件に合ったものをピックアップしてくれます。 予算に応じた次の車の提案をしてくれるので、買取だけでなく 乗り換えが目的の人には使いやすいサービスと言えるでしょう。 Webから、売る予定の車についての情報と、新しい車の希望条件を入力することで、簡単に無料相談ができるので、乗り換え予定の方は利用してみるのも一つの手です。 ビッグモーターに弱みはある? 二重査定をされることがある 車の買取で頻繁にトラブルにあがるのが、最初に提示された査定額と、車を引き渡してから告げられる査定額が異なる「二重査定」です。 車に高値が付いたから売却を決めたのに、後から「最初の査定では分からなかった傷を見つけたから減額をする」などと言われたら、納得がいかない人がほとんどでしょう。 残念ながら、ビッグモーターの利用者でも二重査定を受けている人は少なくありません。 中には、査定額を減額したあげく「車を返却することはできない」と、 買取キャンセルをさせてくれなかったという事例もあります。 ビッグモーターでは、二重査定をしないことを保証する「クレーム安心保証」という保険も提供していますが、 保険料には1~3万円かかるため、加入しない人も多いです。 あまり買取価格に期待がもてない車の場合、かえって保険料を払うことで損をしてしまうこともありえます。 自分の売る予定の車の相場買取価格や、状態、事故歴などを考慮したうえで、保険に加入するかどうかは選択しましょう。 スタッフや営業の評判が悪い ビッグモーターの悪い評判の大半は、スタッフや査定士の態度に関する内容です。 「とにかく電話がしつこい」「即決を迫られて困った」「他社の査定を断るように何度も言ってくる」などの口コミが主で、売主が他の買取業者を利用する猶予を与えないようにしていることが分かります。 また、見積もり依頼を出している他社の査定額を公開しない限り、ビッグモーターは ハッキリとした査定額を教えてくれないという話もよく聞きます。 教えてほしいと頼んでも、「正確な査定額を出すには、他社の査定額を知る必要がある」と最後まで教えてもらえなかった人もいるほどです。 そのような対応もあって、ビッグモーターのサービスやスタッフに不満を持つ人は後を絶ちません。 ビッグモーターのユーザーからの口コミ公開 悪い口コミが多め!最悪という評判は本当だった!? ホンダのフィットの査定をお願いして、最初の査定では50万円~55万円程での買取とのことでした。 査定金額には納得したので、数日後に本格的に契約をしにいく予定だったのですが、次に来店した際に告げられた査定額は40万円。 数日前の金額より10万円も下がっており、かなりショックを受けました。 結局他の業者に見積もりを依頼して、50万円で買いとっていただきました。 利用するには注意が必要?他社への見積もりも忘れずに! ビッグモーターは、有名店舗ではあるものの、口コミなどを調べた結果、何かと悪い噂も多いことが判明しました。 利用者が多い分、良い口コミだけでなく、悪い口コミも増えてしまうのは仕方のないことですが、それでもかなりの数の酷評が見つかったため、利用には不安が残ります。 買取価格については、高値で売れたという声も一部ありますが、他社の方が高かったという意見が多いため、 複数社への見積もりは必須となるでしょう。 ビッグモーターでは、「他社の査定額を教えないと、正確な査定額を教えてもらえない」という話も多く、不評を買っていますが、少しでも不信感があれば、無理してビッグモーターと契約せずに、他社のサービスを利用したほうが得策です。 ネットの一括査定サービスなら、買取業者へ個別に査定の予約をしなくても、複数社にまとめて査定依頼を出せるので有効に利用していきましょう。 マイナスな口コミも多いため、ビッグモーターを利用するなら、他の買取業者にも同時に査定依頼を出すことをおすすめします。

次の

ビッグモーターの強み!車を高く買い取って、安く販売できる理由

ビッグモーター 強み

もくじ• bigmotor. 自動車の販売や買取だけでなく、車検や修理、板金、損害保険など車のことなら何でも自社で対応しているのもビッグモーターの特徴です。 ビッグモーターの評判や口コミ ビッグモーターはオリコン顧客満足度調査では28社中、第7位というランキングです。 (2017年のランキングで、2016年も7位) 関連ページ: ビッグモーターの評判や口コミを調査すると、ネット上ではあまりよくない評判が多いように感じますが、ネット上に良かったことを書き込む人は少ないですから、悪い企業のように感じてしまいがちです。 実際に詳しくビッグモーターの車買取の査定額やスタッフ対応について調査してみました。 新車で買ってまだ一年経ってなくて一万三千キロ走ったけど高く売れてよかった。 みんな車売るならビッグモーターにしな? これで来月給料入らなくても生きてけるわ笑 — けんちゃまん。 kenchama1024 ディーラーの下取りより15万も高く買い取ってもらった! あんまり信用してなかったけど 車を売るならビッグモーター! 笑 — tomo tomoCBR やっぱりビッグモーターが一番良いのか。 他は高額買い取りと言いながら、318i売ったときも口だけだったわ。 まじビッグモーターに車売ろうとしたんだけどスタッフ(店長)の対応最悪だったわ。 絶対行かない。 というか、絶対やめた方が良い。 営業の人はとっても良かったのに・・・。 値段も良かったのに・・ — りっちゃん 戦姫絶唱シンフォギアXV Rsymphogear どーでもよいけどビッグモーターってダメだな。 俺と同僚の車、査定ゼロむしろマイナスだとかほざいたくせに、他のところでかなりよい値段で売れたwwwもう一度言う、ビッグモーターあかんわ。 — 曖昧meまいん💖 城ドラ AP245592 最近!オデッセイがビッグモーターで思ったより高く売れたのでレヴォーグの部品買いまくりでーす。 推測ですが、ビッグモーターは店舗での売上が給与に反映される実力主義の企業文化や社風があるようで、店舗での店長さんの裁量によって、査定額や接客面もかなり変わって来ると判断されます。 ですから、良い評判もあれば、悪い評判もあるのですね。 では、ここで改めて、あなたがビッグモーターの評判や口コミがどうして気になっている理由を考えてほしいです。 事故車をビッグモーターで買取してもらおうか迷っているからではないでしょうか。 事故車を買い取ってもらうときの1番のポイントは、 何を優先するのかということを決めることです。 見積もり・査定額(お金)• スタッフの対応が親切で丁寧• 売却までのスピード重視• 手続き面倒なので簡単にできるのか といったことの優先順位を明確にしておくことなんですよね。 ビッグモーターの車買取での強み ビッグモーターの車買取での強みはやはり自社では買い取った車を販売するところにあるといえるでしょう。 つまり、売却しようとした事故車でもビッグモーターにタイムリーにニーズがあるのであれば、他社よりも高査定いなる可能性は十分にあるということです。 それは事故車といえど大いに可能性はあるといえます。 ビッグモーターで事故車を買い取りしてもらうときのポイント ビッグモーターで事故車を売却するときに必ず聞かれることがあります。 それは「いくらでの売却を検討しているのですか?」ということです。 もし相場よりも安い価格で売却希望額を提示してしまうと、その通りにに買い取りされてしまいます。 確かに事故車の売却希望価格をズバッと提示するのもひとつの手ではありますが、自動車に対しての知識があまりないのであれば他社と相見積もりしていて高いところに売ろうとしているというのが常套手段です。 実際に1社だけでの査定では買取業者の言い値が相場どおりなのか、吹っかけられているのかの判断ができません。 ですので、車買取で失敗しないためには数社の見積もり依頼というのはやはりやっておくべきでしょうね。 相見積もりに便利なのがネットでできる一括査定というサービスです。 無料で一括(1回の作業で)で複数の車買取業者に見積もり依頼ができるので人気が高く高く買ってくれる業者を見つけることができます。 関連ページ: ビッグモーターのクレーム安心保障とは ビッグモーターには売却後に売った車に査定に入っていなかった不備が見つかっても買取価格を下げないというクレーム安心保障という制度があるのですが、有料での保証になるので賛否両論があります。 クレーム安心保障の価格 ビッグモーターのクレーム安心保障は車種によって価格が異なります。 軽自動車 10000円 普通車で買取金額100万円未満 10000円 普通車で買取金額100万円以上 20000円 輸入車 30000円 そもそも売却後に不具合が見つかったとしても査定のプロの買取業者が不備に対して後から請求するというのも納得がいかないですよね。 しかし、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)という法律があり、買取業者からの請求に応えなければいけないとなっています。 ちなみに、瑕疵(かし)とは見えない欠陥や不具合のことを指します。 ですので、このようなことがあった場合に損害賠償請求をしないという保証をするための保証が存在するのです。 とはいえ、このようなクレーム保障のサービスは現在、ビッグモーターとガリバーのクレームガード保障の2社のみです。 クレーム安心保障は申し込むべきか ビッグモーターのクレーム安心保障は現在はネットなどに情報を掲載しておりません。 また、店舗によって勧めてくる、勧めてこないとあるようです。 このクレーム安心保障ですが新車からの愛車であれば基本的には必要はないでしょう。 考え方としてはクレーム安心保障も査定額に込みの価格として他社との見積もり比較をするのがいいですね。 まとめ ビッグモーターでは事故車の買い取りを行ってくれています。 ですが、ビッグモーターのみと買取会社を1社に決めて行うより、他社の査定と比較して行うことが失敗のない事故車の売却方法になるのは間違いありません。 自分の足でいろいろな買取業者に見積もり査定をしてもらうのもひとつですし、一括査定のサービスを利用するという方法もひとつです。 また、事故車専門の買取業者やオークション代行の業者というものもあります。 詳しい内容やおすすめの車買取業者などはこちらのページで紹介しています。

次の