カルドセプト 3ds。 『カルドセプト』シリーズ20周年。ボードゲームとカードゲームを融合させた名作を振り返る【周年連載】

カルドセプト(3DS)とは (カルドセプトとは) [単語記事]

カルドセプト 3ds

チュートリアルが充実して入りやすく、そして奥深い 80• ・人との対戦はさらに楽しい 人によっては最大の鬼門となる最後のステージをなんとかクリアした所で、ようやく全国のプレイヤーと肩を並べられる実力が付いたと言えます。 ゲームを無線経由でインターネット、またはローカル通信を友人同士で繋げばカルドセプトの本当の面白さに気づきます。 人との対戦は一手の違いで1位と4位が目まぐるしく変化し、中にはユニークな戦法で勝とうとしてくる人も居るでしょう。 奇跡の逆転劇が何度も起こるのがカルドセプトと言うゲームです。 悪い点 ・1戦に時間がかかる 1ゲーム1時間は見ておいた方がいいと思います。 対人戦はセーブが出来ないので、時間の許す時以外は遊べないのがネックです。 時間がかかる故に、気軽にやろうと誘えない事も多いです。 ・インターネット戦でのマッチング難 人気のあるルールだけに人が偏ってしまう為、ルールは一定期間毎に変わりますが、期間内はルールはほぼ固定で遊ばなくてはなりません。 総評 時間がかかる事を抜けば、これだけゲームを起動してる時以外でも悩めるゲームは他にそうそうないと思います。 その時々の運や対戦相手に合わせて戦法を変えていかないと勝てない奥深いゲームです。 シリーズ通してのファンはいますし、3DSの充実したチュートリアルや、前作であったようなバグ騒ぎも無いので、このシリーズから入った人もファンになっています。 (自分もその一人です) ジャンルは違いますが、風来のシレンシリーズやその他カードゲームが好きな人には薦めたいです。 モノポリーとマジックザギャザリングを足して2で割った感じのゲームです。 プレイ時間 100〜200時間 秀逸なボードゲーム 85• オフラインのみのレビューです。 ストーリークリア済 購入前は分かりずらいシステムだなぁと中々購入に踏み切れなかったのですが、 いざ買ってみるとチュートリアルが充実してるせいか、 15分程度で簡単にルールを把握できました。 はやり良いと思ったのが、BGMですね。 ここまでテンポに乗れるゲームBGMは久しぶりに出会いました。 このBGMがゲーム自体のテンポを加速させてるような気がしました。 次にゲームシステム 一見分かりずらいルールですが、いざ蓋を開けてみると、 これが意外と簡単。 あとはそのルールに沿って様々なカードでどう戦うのかを考えるのが楽しいです。 またルールが頭から飛んでも、いつでもヘルプで確認できるので親切です。 またストーリーを終えても、新しいおまけストーリー? がありますので、 まだまだ遊べそうです。 また自分がうまくデッキを構成できていないだけなのですが、 武具カードをあまり入れていないのに、最初引いたカードが武具のみだったり、 何もないゾーンから脱出できなかったりとイライラした場面をありました。 あと対戦中敵が喋るのはいらないかなと思いました。 個人的には面白かったです。 買ってまだ1週間ですがプレイ時間は30時間突破しました。 まだまだおまけストーリーとオンラインがあるので100時間は遊べそうな勢いです。 プレイ時間 20〜40時間 いつものカルドセプト 80• ルールやカードの使い方など初見では解り辛い事もあるがそれを補って余りあるボリューム いたストよりプレイヤースキルが必要で運と実力のバランスがある程度取れているのも良い 自分で作ったブックでする2:2のタッグ戦は連携をとる楽しさなども加わり更に楽しい ストーリーは個人的には今一つでしたがゲームの質的にストーリーによる部分が少なめだったので特に気にならなかった。 個人的にはもう少しタッチで直観的に操作できる部分を増やした方がいいかと。 プレイ時間 100〜200時間 いつも通り 80• 各カードの特徴なども記述してくれているため、初心者でも分かりやすいと思います。 ・歯ごたえのあるCPU わたし、サターンの頃からこのシリーズかいつまんで数作はやっているのですが…。 すいません。 正直申しましてかなりの回数、普通にCPUに負けています。 冒険心のない安定(していると自分では思っている)デッキでです。 移動侵略に対応できない>< かなり重いハンデキャップ戦もあり、熟練者でもCPU戦を楽しめると思います。 悪い点 ・代わり映えしない?仕様 直近のDS版を結構な回数やってしまっていたので、細かなカードやストーリーの追加要素入ってるとはいえ、代わり映えしないいつもの展開とカード群には食傷気味でした。 とはいえ、それでも遊べるのがすごいのですけど…。 某3は大コケだったらしい?ですし、このシリーズのユーザーもあまり変化を望んでいないようですけど、マイナチェンジと割り切るなら廉価価格帯にしてくれたら嬉しいなぁとか…。 総評 元々揺ぎ無い神ゲーなので十分すぎるほど面白いのですけども、前作DS版がほぼ同ハードという事と間隔を考えると、もう少し冒険した内容だと嬉しかったです。 代わり映え、ないならないで古城サウンドや前作のキャラ絵も残してくれてたら(個人的に)もっとよかったですー。 (ネット対戦は面白そうでしたけど、修羅の国な予感がしたので未体験です…。 ) プレイ時間 20〜40時間 初心者保護も配慮しつつ、経験者も満足できる良作 95• 正直、前作までのプレイヤーにとっては、「はいはい、またこんな流れか」というメインストーリーだったので、クリア後の各キャラを深堀りするシナリオの方が面白い。 ・カードを厳選収録したとあって、様々な特殊能力を持ったカードが多い。 にも関らず、ストーリーを中盤まで、カードは難易度に従って順次解放されていくので、初心者はいきなり全てのカードを覚えなくてよい。 ・メインストーリーでもコンセプトを明確にしたブック(赤単色とか、重量級とか)を各NPCは用意していたが、ストーリークリア後のシナリオでは、更に特化したブックに更新されており、1つのデックで全てと戦うのは難しい。 ・CPUとトレードで、ダブりすぎたカードを交換できるのもいい。 ・インターネット通信対戦が可能な上、フレンド同士ならボイスチャットもついているのが素晴らしい。 ・ローカル対戦では、2vs2の協力プレイのシナリオがあり、友人とのプレイは盛り上がる。 また、クリア報酬も優遇されているようで、リアル友人とのプレイを推奨している点は、一緒にプレイする友人がいる私には高評価。 ・「どうせCPUってバカなんでしょ」って甘くみてる人向けに、CPU戦でもハンデ戦が用意されている。 というより、ストーリークリア後やローカル協力プレイは基本的にハンデ戦であり、五分五分の戦いをしているようでは負けるバランスになっている。 悪い点 ・インターネット対戦で、協力プレイやCPU戦が出来ないこと。 対人戦は、なかなか敷居が高い。 ・カードの順次解放が面倒。 経験者には必要なかった。 また、ストーリーモードをクリアしていかないと、協力プレイのシナリオや、追加アバターまで解放されないのは、ご褒美にしてもやりすぎかと。 総評 インターネット対戦は、一度だけ参加して、マナーが悪いのか、通信品質が悪いのか、4人プレイで3人とも途中ログアウトしてしまったので、二度と参加していない。 (マジックボルトを叩き込んだ直後に回線切れ、というのは、どうも勘ぐってしまう) そもそも、見知らぬ人と対人戦というのは、弱小セプターとしてはどうしても気が引ける。 だが、今回はCPU戦が充実しているので、一人プレイでもボリュームは充分にあり、満足している。 お勧めは、ローカル対戦での協力プレイで、2人して「そこでその目を出すか」「これは勝ったろ!」とCPU戦をわいわい遊ぶのが楽しい。 カルドセプトシリーズでも屈指の出来と感じているので、初心者も経験者も、是非、手にとって欲しい。 プレイ時間 40〜60時間.

次の

カルドセプト セカンド

カルドセプト 3ds

ストーリー攻略• 初期ブックのバランスは良いので、慣れないうちは大幅な改編はせずに、手に入れたカードを少しずつ混ぜていくことをオススメする。 も参照に どのブックが有利?• 初期ブックによるストーリー展開、入手カードの変化等は一切ない。 初心者は両属性のバランスが良い「ブック火地」や「ブック水地」がオススメ、 「ブック水地」は上級者向けと書かれているが 付きの や 等の良質クリーチャーもあるので攻撃面も悪くない。 逆に「ブック火風」や「ブック水風」は火、 の守りが貧弱なのでどうしても息切れがしやすくなる また、色がかぶる対戦相手が好戦的なのも追い打ちとなりやすい。 辛口プレイが好みでないならオススメできない。 ストーリーでどうしても勝てない人に ブック構築• ストーリー序盤用 序盤はカードが揃っておらず が弱いので速攻で総魔力を達成させたい。 そのために早めの領地確保、拠点構築を行う必要がありクリーチャーを配置しやすい構築が戦いやすい。 ひとまず や を外して、クリアで貰える クリーチャーとしては最弱レベルだが使用条件が限られる上に効果も微妙なこの2枚よりはマシ など安いクリーチャーと入れ替えてみよう。 ・クリーチャー 以下クリと省略 30枚程度 拠点候補:同属性のHP40以上 できればHP50以上がベスト 、 と を使用できる 、 、 など 約10枚 侵略用: 、 、 水地か火地ブックのみ 各2枚 バラ撒き:コスト50以下で領地コスト無し、配置色制限が少なく、生贄不要のクリーチャー。 約15枚 クリーチャー候補 ・ 拠点運用、 シナジーを考えなければ最もコスパが良い。 序盤は属性による シナジーも薄いのでコストを優先すべき ・ 同属性 HPが高くカード間の シナジーがあれば採用。 最終的には属性を絞る方向で ・ 相手が使ってこない属性 あくまでつなぎ程度、自属性以外には侵略が鈍るので属性を合わせて配置すれば牽制として使える。 外す優先カードは 、 、 など効果の小さいもの ・スペル 14枚程度 初期ブックのスペルは基本的な物が多く使いやすい。 と 以外は最後まで使っていける• ストーリー用オススメカード 必ず入手可能なカードは このような表記で表す ここに条件• MAP上では簡単にスペルの餌食になるもののコストが安いのであまり気にならない。 ただ 主体のブックだとやや使いづらくなる いずれも素の が低い為 ので他のカードとの連携を考えて入れておきたい。 領地移動で連鎖確保。 でHW6。 自分もカウントされるので実質HP45から。 上アイテムに依存することになるが防衛もこなせる。 ・ には注意• 各アイテムをブックに入れる際はページやカード効果を確認して使用方法をしっかり理解すること。 なので 使用不可のクリーチャーでも使えることが多い。 頻繁に が飛び、無駄な削り侵略をされ、同盟相手のアホな領地運営 HPが減っているのにLV上げ のフォローにとCPU戦では割と使える。 手に入れたら入れよう。 アイテムの節約や スペルの囮にも使える。 クリーチャー同士の戦闘やスペルによる妨害等はあくまで 総魔力達成の為、あるいは相手に達成させない為の手段でしかありません。 ストーリーが進むに従って や 、 といったコストが高くて強いカードが手に入ってきます。 はじめての人は大抵強いカードを増やしていきますが、上記の関係上基本的にそれは間違いで、安くてコストパフォーマンスの高いクリーチャーを増やしていくのが正解です ストーリーが進むに従って は比較的大きくなっていき、戦闘が発生しにくくなリます。 戦闘が発生しなければ でも でも配置した土地の価値は変わらないのです。 その為に土地の価値とクリーチャーのコストとの差額で「とても強いが置きにくくコストの高いクリーチャー」より「あまり強くないが安くて置きやすいクリーチャー」が重要になるという逆転現象が起きます。 例 < アイテムは定石通り、よりコストが高く強いものに乗り換えていくのが基本です。 ですがやはり戦闘の少ない では重要性が落ちるので、そういった では良いものを少なく、少数精鋭で行きましょう。 戦闘に備えて多めに持って行っても アイテムは戦闘が起こらなければ使用できないので手札にアイテムのみが貯まり結局ディスカードしてしまい他のカードを入れれば良かったと言うケースが多発しやすくなる為です。 スペルでは妨害系はたとえ強くても重要度が低いです 1対1の戦いは除く。 や は効果が強いですがそれより重要なカードが沢山あります。 妨害系は 、 位にしておきましょう。 ゲームを始めた直後はなるべく あまり使用状況を選ばず自分が得をできるスペル や や 高額領地を守るスペル 等のプラス効果の を重点的に入れましょう。 城の横などは必ず通ります。 一本道の ならどこも拠点候補です ・連鎖の為「拠点候補と同じエリアの水領地」も出来る限り取る 拠点の連鎖 ・2,3周するまでには3連鎖している拠点候補が欲しい ・アイテムを使う優先順位は、 拠点候補> 拠点の連鎖>>>その他の土地です ・その他の土地は守る価値が低いので攻められたら アイテムを使用せず捨てましょう 中盤以降 ・中盤までに、拠点候補に強い拠点候補クリを交換し配置する ・ 拠点候補のレベルを上げて 拠点にする。 LVはできるだけ一気に上げる。 残り200G以上はキープ ・アイテムを使う優先順位は、 拠点>>>>> 拠点の連鎖>>>その他の土地です ・HWとアイテムを手札に温存しておき、チャンスがあれば敵セプターにHWを使い自拠点に誘い込む HWハメ ・基本戦術は以上です もう少しまとめると 1、バラ撒きと周回で現金を貯めていきながら、同時に拠点候補を確保し連鎖も伸ばしていきます 2、拠点候補を拠点用クリーチャーに変更して、貯まった現金で一気にLv4かLv5に上げて拠点化する 3、 を保持して敵を拠点にHWでハメると勝ち確定 高額領地の回避、 拠点 と 拠点の連鎖 、HWハメさえ意識すればCPUに負けることはないでしょう。 ) 高額回避スペルをさらに増やす HP減ってたり厄介な が付与していても平気でレベル上げてくるので領地のフォロー手段もある程度考慮する事。 味方が敵高額領地に突っ込みそうなら などをかけてあげましょう 他は通常 と同じやり方でOK。 その資金で2つ目の拠点を作ります 拠点のLvが5にになったら護符を売却して更に拠点を作ります。 基本的には間違いです 例外もあります。 そんなことをやったらせっかく投資した領地を取られてしまいます。 1000G付近まで貯めて一気にLv4にしたり、1700G以上貯めてしっかり一番いい土地を一回でLv5まで上げましょう。 引くかわからない にビビらずにガンガン現金を貯めましょう。 投資をするのは手札にしっかり を保持し、いい場所に拠点候補ができてからです。 あとは不要なところで を使う、必要なところで を使わないといった土地の取捨選択のミスです を使うかどうかはブックに入ってる の枚数と戦闘の起こり具合から判断するのがベストですが、 ここは中級者、上級者も悩むところなので結局は慣れです。 経験をこなして精度を上げていきましょう。 サブシナリオ• ストーリーモードでは一度クリアした場所を再度訪れると、 のアナザーストーリーを楽しめる事がある。 これはサブシナリオ 公式攻略本呼称 と呼ばれるもので、シナリオの進行状況・訪れるタイミングによって内容が事なる。 タイミングを逃すと見られなくなるシナリオも存在するので、シナリオを楽しみ尽くしたい人はシナリオをすぐには進めず、各地を寄り道をしてみよう。 ちなみにストーリーモードは、 のクリアデータやカード所有数などをそのままにシナリオだけをもう一度リセットする事が可能なので、初プレイ時に見逃した人は、カード集めやポイント稼ぎついでに一度見に行っみてもいいだろう ただし、大抵はキャラが一言二言会話するだけですので、あまり期待しすぎ無いように。 サブシナリオ一覧 名 オープン条件・期間 備考 をクリアする。 「ねこねこ1」使用の と遊ぶ 3をクリアする。 「乙女たちの舞」使用の 呪われていない方の と手合せ。 「乙女たちの舞」使用の と「ねこねこ1」使用の で三人戦。 「地の仲間たち」使用の と「ねこねこ1」使用の で3人戦。 2をクリアするまでの期間。 「賢者の意志」使用の と手合せ。 「賢者の意志」使用の 、「青き暴風」使用の と修行の三人戦。 3をクリアする。 で次回大会に向けた3人戦の練習試合が行われる。 は1~3のどれかがランダムに決まる。 対戦相手は「 地の仲間たち ・ 冷酷ザマス ・ ねこねこ2 」と「 科学の灯 ・ 常勝 ・ 青き暴風 」の中からそれぞれ一人ずつランダムに選ばれる をクリアする。 「無属の宴」使用の が襲ってくる。 をクリアする。 「ファードの力」使用の 、「青き暴風」使用の と3人戦。 をクリアする。 「火烈掌」使用の 、「水流波」使用の がまたしても挑んでくる。 この二人を相手に同盟戦。 パートナーは か どちらかを選択。 をクリアする。 「奈落への誘い」使用の 、「最強」使用の を相手に3人戦。 その前のシナリオでは手を組んでいた二人だが、このシナリオで決裂し敵同士になる様子が見られる。 カード集め カード集めもカルドセプトの醍醐味であり、ここで紹介する方法を使うと 楽しみが大きく失われる可能性があります。 まだストーリーや を攻略していない方、特に 今作から始めた方は見ないことをオススメします。 前提条件として 最終1面前 をクリアし入手可能カード制限を全て解除しておくこと。 序盤のカード集め でCPU3人以上使える状態• で 1 プレイヤー側:ハンデ9 vs3 CPU側:ハンデ2 の状態にする 個別同盟設定はキャラを選択することで可能。 敵はザコル・ ・ で一番上のブックを使用。 対戦条件は 設定は目標5000G。 こちらのブックはほぼ何でもいいがホーリーワードや 、 を積んでおくとラク。 15分程でカード18枚。 序盤にしては良い効率だが、ストーリーを進めて次に紹介する方法を行う方が賢明。 サドンデスONにするだけでも有効。 2R以降にホーリーワード等も利用し敵が に嵌まれば終わる。 まず前提として、ストーリー終盤に使用出来るようになる対戦 「」で勝利して対戦条件の土 で「全水」を選べるようにする。 また、CPUを最低1人( 推奨)、ハンデ9に出来るようにする。 優位なハンデで3vs1にすると簡単に勝利でき、前提条件を整えやすい。 で2vs2 4人ともハンデ9 の状態にする。 相手のハンデを8にすると、貰えるカードが1枚減る上に が『 』を最優先にしてしまうが、代わりに相手が勝利条件を満たしていないためダイス運に左右されにくくなる。 対戦条件は 設定は「目標魔力=5000G」「土 =全水」「台詞=OFF」以外は初期。 ブックに『 』、『 』、『 』、『〇〇リープ』( 以外)をできるだけ入れる。 ハンデ9のクリーチャー配置により試合開始時点で目標魔力を達成しているので、 手札にある上記のカードを使えば城に帰還した事になり、勝利する。 は自分以外に使用• 0分~3分で12枚手に入る。 カードが揃っていないうちは失敗しやすいが、揃えば9割方1Rクリアが可能となる。 上記のカードが少ない時は、 ~8、 、 、 を出来るだけ多くブックに入れる CPUの位置を常に確認し、 スペルを使って のいる領地にうまく止まらせればOK とか8を引いても自分に使わず、CPUが の6or8歩手前に止まるまで温存 残りは、 、 、 、 、 、 、 、 があると便利 クリーチャーも、安くて配置制限のないのを何枚か入れておく( 、 など) マーケット• 上記のカード稼ぎをしつつマーケットで探しているカードが出るセールを待つ。 狙い目なのは必ずSが貰える昇級フェアでこのゲームではRではなくSが4枚コンプの上で最後まで残る。 なお、マーケットで入手できるカードはカード出現率が均等ではなく明らかに出やすいカードと出にくいカードが存在している。 出現カード種類が少ないセール期間中は特にその傾向が強い。 トレードに出したカードと同じカードは戻ってこない事を利用し、出やすいカード3種各1枚づつ出して出にくいカードを狙うと良いだろう。 面倒臭がって同名の出やすいカード3枚をまとめて出すと同じカードばかり見ることになるので注意。 なお、昇級トレードでは、例外的に出したものと同じものが返ってくる可能性がある。 昇級トレードでいらないSを出しても、それが返ってくる可能性は無くせないので注意。 昇級・昇格フェア時以外のマーケットでは、カードにはそれぞれレアリティごとに点数が決まっており、その合計点数をもとに返ってくるカードのレアリティが決まる(攻略本より)。 参照: コメント Show recent 10 comments. 有り難う。 は がいたらかなり強力、あと、 がいれば心強い。 多分、水か無で固めたら強い。 水は防御に特化ものが多い、無は の恩恵が強力 例えば、 のMHP上昇とか、アイテムを奪う も十分使える。 シコウサクゴシテクダサイ。 ソシテ、ギモンテンヲミツケテカイショウシテクダサイ。 ユックリデイイデス。

次の

カルドセプト(3DS)とは (カルドセプトとは) [単語記事]

カルドセプト 3ds

懐かしのを探してください 最近はいろいろなプレミアソフトのランキングを調べています 過去の記事も読んでもらえると嬉しいです 今回調べたいなと思ったのが のシリーズです あなたの思い出の作品がないか 未だに持っている作品がないか?をお楽しみください。 基本ルールとしましては 美品 買い取り価格は 商品の値段の30%から60% 記事を書いている時点では屋さんに在庫がある 画像やゲームのデータは屋さんを参考にしている こんな感じでしょうか 商品の画像から、 明確な買い取り価格を調べる事ができますので 「そろそろ売っちゃおうかな」と言う人は 購入や買い取りの参考に使ってください。 気になった作品がありましたら、 商品のぺージから在庫数を確認することができますので、 在庫数が1の商品を優先的にどうぞ。 在庫切れになっていた場合は、 入荷待ちリストという便利な機能がありますので、 そちらも活用してみて下さい。 激レアな作品をお持ちのかたは、 買い取り査定もよろしくお願いします。 と言いますか、 レアじゃない作品でも、買い取り査定してみてください。 あなたが飽きているゲームでも、 持っていない人にとってはとんでもないお宝ですので。 その作品のファンを増やすために、 バンバン売ってください。 屋さんの「あんしん買取」ならば、 メールで状態を伝えるだけで、 商品を送らなくても、事前に大まかな価格を知ることができますので。 試しにチャレンジしてみて下さい こちらから買い取り査定に飛べます 意外と安く買える のシリーズ 逆プレミアソフトランキングでした retogenofu.

次の