三菱ufjフィナンシャルグループ 権利確定日。 三菱UFJリース|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:8593)

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)の株主優待紹介

三菱ufjフィナンシャルグループ 権利確定日

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 2017. 03 5,979,568 - 1,360,767 926,440 68. 03 6,068,061 - 1,462,418 989,664 74. 03 6,697,402 - 1,348,043 872,689 66. 03 7,299,078 - 1,235,770 528,151 41. 03 3,262,347 - 利益項目データは、株探プレミアムコンテンツです。 2003. 03 2,772,528 -15. 0 2004. 03 2,555,183 -7. 8 2005. 9 2006. 4 2007. 9 2008. 9 2009. 03 5,677,460 -11. 2 2010. 03 5,040,282 -11. 2 2011. 03 4,528,933 -10. 1 2012. 3 2013. 03 4,763,225 -3. 8 2014. 7 2015. 9 2016. 3 2017. 6 2018. 5 2019. 4 2020. 0 予 2021. 03 - - - - - - - - 決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 売上営業 損益率 発表日 18. 04-06 1,641,660 - 419,814 315,000 24. 07-09 1,734,071 - 466,105 335,796 25. 10-12 1,647,394 - 298,957 221,436 16. 01-03 1,674,277 - 163,167 457 0. 04-06 1,803,433 - 453,499 391,067 30. 07-09 1,781,865 - 341,771 218,891 16. 10-12 1,718,298 - 287,235 -25,680 -2. 01-03 1,995,482 - 153,265 -56,127 -4. 2 - -6. 8 利益項目データは、株探プレミアムコンテンツです。 07-09 1,431,930 -1. 9 15. 10-12 1,299,079 -13. 3 16. 3 16. 04-06 1,389,349 -10. 9 16. 07-09 1,390,023 -2. 9 16. 5 17. 7 17. 5 17. 3 17. 10-12 1,509,140 -2. 0 18. 01-03 1,490,730 -10. 2 18. 9 18. 1 18. 2 19. 3 19. 9 19. 8 19. 3 20. 2 - - 153,265 -6. 1 -4. 4 赤転 決算期 1株 純資産 自己資本 比率 総資産 自己資本 剰余金 有利子 負債倍率 発表日 2018. 03 1,217. 41 5. 03 1,252. 03 5. 03 1,245. 33 4. ・業績推移:売上高、営業益、経常益、最終益は「百万円」。 修正1株益、1株配は「円」。 進捗率、売上営業利益率は「%」• ・成長性、収益性:前年比、前年同期比、ROE、ROAは「%」、総資産回転率は「回」• ・キャッシュフロー:フリーCF、営業CF、投資CF、財務CF、現金等残高は「百万円」、現金比率は「%」• ・財務:1株純資産は「円」。 自己資本比率は「%」。 総資産、自己資本、剰余金は「百万円」。 有利子負債倍率は「倍」• 連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。 そのため、会社発表の数値と違う場合があります。

次の

【高配当株】三菱フィナンシャル・グループ(8306)の株が欲しすぎる件について語る|ねる 株式投資

三菱ufjフィナンシャルグループ 権利確定日

証券会社による株価見通し 証券会社による株価見通しは、以下のとおりです。 4円 3月19日 574. 8円(権利付最終売買日1週間前) 3月26日 561. 6円(権利付最終売買日) 3月27日 553. 6円(権利落ち日) 4月1日、権利付最終売買日の561. 6円まで回復 2018年(株分割がある場合は勘案) 3月01日 746. 4円 3月20日 710. 1円(権利付最終売買日1週間前) 3月27日 710. 3円(権利付最終売買日) 3月28日 702. 4円 (権利落ち日) 4月11日、 権利付最終売買日 の710. 3円まで回復 2017年(株分割がある場合は勘案) 3月01日 748. 2円 3月21日 745. 7円(権利付最終売買日1週間前) 3月28日 713. 9円(権利付最終売買日) 3月29日 712. 3円 (権利落ち日) 3月29日、 権利付最終売買日 の713. 株主優待狙いの短期売買に最適の銘柄でしょう。

次の

[8316]三井住友フィナンシャルグループの株価・配当金・利回り ~累進配当政策が魅力~

三菱ufjフィナンシャルグループ 権利確定日

略称 MUFG、三菱UFJ 本社所在地 〒100-8330 二丁目7番1号 設立 (13年) (株式会社三菱東京フィナンシャル・グループ) 事業内容 傘下子会社およびグループの経営管理、ならびにそれに付帯する業務 代表者 (取締役代表執行役社長グループCEO) 資本金 2兆1,415億1,300万円 発行済株式総数 136億6. 777万520株 売上高 連結:6兆6,974億200万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:1兆785億8,200万円 (2019年3月期) 純利益 連結:8,726億8,900万円 (2019年3月期) 純資産 連結:17兆2,616億7,700万円 単独:8兆4,099億7,600万円 (2019年3月期) 総資産 連結:311兆1,389億300万円 単独:17兆3,927億4,600万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:119,390人 単独:2,394人 決算期 毎年3月31日 主要株主 (信託口):6. 臨時従業員を含まない。 臨時従業員を含まない。 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc. 、略称: MUFG)は、日本のであり、の構成銘柄の一つである。 また、子会社ので構成する企業集団も「三菱UFJフィナンシャル・グループ」(略称「MUFG」)と称する。 上場銘柄としての略称は、「三菱UFJ」を使用している。 現在、三菱UFJフィナンシャル・グループは、、、、など主要中核5社を中心とした「総合金融グループ」であり、金融事業をしている。 概要 [ ] に株式会社(現:株式会社三菱UFJ銀行)、三菱信託銀行株式会社(現:三菱UFJ信託銀行株式会社)及び日本信託銀行株式会社(2001年に三菱信託銀行株式会社にされ消滅)がし、株式会社として設立。 10月1日に株式会社(登記上は株式会社ユーエフジェイホールディングス)を吸収合併し、現在の商号に変更した。 は「MUFGレッド」。 グループスローガンは「Quality for You」(確かなクオリティを、明日へ。 世界へ。 )である。 傘下の三菱UFJ銀行は、などを取引先に擁する。 前身の旧、旧、旧はそれぞれ、圏、圏の三大都市圏を地盤としている。 旧の流れを汲み、国際業務でも優位性をもつ。 また国外にの地銀を子会社としているほか、を傘下に置いているのも特徴的である。 2015年3月期決算では、国内銀行グループにおいて初のが1兆円を超えた。 また同6月25日付でに移行した。 発足の経緯 [ ] 三菱東京フィナンシャル・グループ(以下「MTFG」)とUFJホールディングス(以下「UFJHD」)が合併及びグループ経営統合に至った背景は、UFJ側、特にの不良債権が膨らみ、健全な経営姿勢が困難になったことが挙げられる。 そこでUFJHDは、傘下の株式会社を一旦2004年6月に株式会社(以下「住信」)に売却する方針を発表したが、2004年7月にUFJHDは一転し、MTFGとの経営統合方針を明らかにした。 これにより、住信はにMTFGとUFJHDの統合を禁止する仮処分の申請を行った。 、東京地方裁判所は住信の申請を認めたものの(UFJHDが申し立てた異議も却下)、、はUFJHDの抗告を認め住信の申請を退けた。 これにより翌12日、経営統合に関する基本合意を発表した。 住信は8月11日にを行ったがは東京高裁の決定は妥当としてこの申請を退ける決定がなされた。 住信はUFJHDへの請求に切り替えて控訴したが、に東京高等裁判所の提案による住信に対して25億円の和解金を支払う事でが成立した。 2005年に正式に2005年10月1日付での合併が決定し、グループの名称を「三菱UFJフィナンシャル・グループ」とすること、合併に際しUFJHD1株に対しMTFG0. 62株を割り当てることが発表された。 グループ企業も、一部を除いて旧MTFG側を吸収合併存続会社とし持株会社と同一期日に合併する方針が採られたが、普通銀行の東京三菱銀行とUFJ銀行については合併に伴う大規模なシステム障害を懸念するの勧告を受けて、ネット証券のとの合併についてはカブドットコム証券が株式を上場したばかりで対処が遅れた為、共に2006年に変更された。 リースとカード・信販はそれぞれに合併し 、であるの改編も進められた。 主なグループ企業 [ ]• 三菱UFJ銀行• (の銀行で当行の完全子会社。 当行の現地支店を統合し、当行の在タイ法人としても機能している。 (の準大手銀行。 現在は、)• ()(の中堅銀行)• ()(の大手銀行)• (の準大手行。 当行の現地支店を統合し、連結子会社化)• (ネット専業銀行)• (三菱UFJ銀行適用関連会社。 愛知県の旧東海系第二地銀。 ・一部) その他にも、グループではないものの三菱UFJ銀行が筆頭株主となっている(なっていた)銀行がある。 三菱UFJ信託銀行• (カンボジアのマイクロファイナンス)• 三菱UFJ証券ホールディングス(MUSHD。 初代三菱UFJ証券を化したもの)• (MUMSS。 リテールをメインとする、MUSHDとの合弁会社。 初代三菱UFJ証券(現・三菱UFJ証券HD)の受け皿だった、2代目三菱UFJ証券より改称)• (MSMS。 ホールセール専業証券である、MUFGとモルガン・スタンレーの合弁会社)• (業務主体の証券会社。 auカブコム証券(ネット専業証券。 MUSHDの子会社であり、BTMUも第2位株主。 かつてはBTMUが4割超を保有する筆頭株主、MUSHDが1割程度を保有する第2位株主であったが2015年4月に資本異動が行われた。 東証一部)• (ニューヨーク証券取引所に上場する米国金融大手。 2011年7月以降、持分法適用会社となっている。 (三菱UFJフィナンシャル・グループの適用関連会社、東証・名証各一部)• 三菱アセット・ブレインズ• 三菱UFJトラスト投資工学研究所• 持分法適用関連会社)• エム・ユー・ビジネス・エンジニアリング• 資産管理• 資産運用• MU投資顧問• ベンチャーキャピタル• 三菱UFJキャピタル• ウェルスマネジメント• 三菱UFJウェルスマネジメント証券• 三菱UFJ個人財務アドバイザーズ• 三菱UFJファクター• 証券代行• 日本シェアホルダーサービス• 銀行業務代行• 三菱UFJフィナンシャルパートナーズ• 外貨両替• (持分法適用関連会社、東証一部)• 三菱UFJニコス• (持分法適用関連会社、東証一部・)• (旧東京銀行系のため、に加盟)• 三菱UFJ信託奨学財団• 公益財団法人三菱UFJ信託地域文化財団• 公益財団法人三菱UFJ信託芸術文化財団• 公益財団法人三菱UFJ国際財団• 公益財団法人三菱経済研究所• 公益財団法人三菱財団• 公益財団法人 親密銀行 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年4月)• 製造業 、、、、、、、、、、、、、、• 商業 、、、、、、、• 運輸 、、、、、• 情報・通信 、、• に30億ドル、で60億ドルで出資をすることで一旦合意をしていたが、にモルガン・スタンレーの株価が急落し、当初の合意通りではMUFG側に多額の損失が生じる可能性があったため、再検討の結果全額優先株となった。 また三菱UFJ証券とモルガン・スタンレー証券(日本法人)の統合 、モルガン・スタンレーへの取締役の派遣 など、徐々に具体的な協業体制の構築が始まりつつある。 脚注 [ ] [] 注 [ ]• ただし、旧系の、は2015年2月現在でも統合されずに存続している。 出典 [ ]• - 三菱UFJフィナンシャル・グループ 2020年2月閲覧• - 三菱UFJフィナンシャル・グループ 2020年2月閲覧• - 三菱UFJフィナンシャル・グループ• 朝日新聞. 2015年4月28日. の2015年7月26日時点におけるアーカイブ。 共同通信. 2015年5月15日. の2015年5月18日時点におけるアーカイブ。 2015年6月26日閲覧。 日本経済新聞. 2015年6月25日. 2015年6月26日閲覧。 日本経済新聞. 2012年9月27日. 2015年6月26日閲覧。 , カブドットコム証券プレスリリース(), 2016年1月6日閲覧• ( 2019年2月2日確認)• (ウォール・ストリート・ジャーナル 2019年1月6日08:49配信) 配信日に確認• 20頁~21頁( 2018年6月公表)2019年2月1日確認• , 三菱UFJフィナンシャル・グループ プレスリリース(), 閲覧• (2009年5月11日)• (2009年5月13日)• (2009年6月3日)• (2009年3月26日)• (2009年3月11日) 関連項目 [ ]• (旧東京三菱銀行系列)• (旧UFJ銀行系列)• (三菱UFJフィナンシャル・グループ提供の番組)• 2015年現在、1部に所属。 - 三和銀行時代から現在に至るまで毎月1日、題字隣の広告欄に出稿している。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 100. 万科企業• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の