石田あゆみオフィシャルブログ。 ノンスタ石田明の妻、“バースデーフォト”の家族写真を公開「双子ちゃんが3歳になったら、まずは家族で集まりたい!」

ノンスタ石田明、妻の好きなところを公開「“日本でできる悪さは全部した”こと」

石田あゆみオフィシャルブログ

Amebaブログが、2020年6月度に開設したオフィシャルブログの中から、最も注目されたブログに贈られる『Best Rookie Award』を発表した。 【Best Rookie賞】石田あゆみ お笑いコンビ「NON STYLE」石田の妻である石田あゆみさんのアメブロ。 開設初月から総合ランキングTOP10に入るなど、早くも大人気となっている。 仲良しで笑顔あふれる石田家の日常や3姉妹の子育てを綴ったブログには何事も一生懸命に向き合うあゆみさんの人柄が表れており、読者からは沢山の応援コメントが寄せられている。 受賞者からのコメント 素敵な賞をありがとうございます!主人 石田明 あっての嫁ログです!感謝と初心の気持ちを忘れずにこれからも楽しませて頂けたらと思います!ママ達との情報交換の場所だったり癒しの場所になれると嬉しいです。 【Rookie賞】ロザン菅 お笑いコンビ「ロザン」のボケ担当の菅がブログを開設。 新たにYouTubeを始めようと思ったきっかけや、芸人を志した予備校時代について語られている。 相方の宇治原同様、高学歴芸人の菅が綴る読み応えある文章が注目だ。 【Rookie賞】ムーディ勝山 「右から来たものを左へ受け流すの歌」で有名なムーディ勝山のブログ。 『味変ノススメ』として、さまざまな食べ物の味変を紹介している。 初回記事では後輩に乗せられるがままブログを始めた経緯を語っていたが、最近では読者からもオススメの味変が寄せられる人気ブログとなっている。 【Rookie賞】I Don't Like Mondays. OPENREC. tvでの番組実施と共にブログをした「I Don't Like Mondays. ボーカルのYUをはじめ、メンバー本人が期間限定でブログを更新している。 ツアー延期など活動に制限がかかる中、ブログがファンとメンバーを繋ぐ一つの架け橋となっている。 外部サイト.

次の

ノンスタ石田、妻のこと好きすぎるブログにファン反響!

石田あゆみオフィシャルブログ

この日、石田は自身のブログに「協議の結果、僕たち夫婦は別々の道を歩むことになりました。 」と書き出し、左手を見せるようなポーズをとった結婚式の際に撮影されたと思われる石田夫妻の写真を公開。 続けて「なにかトラブルがあった訳でもなく、とても円満です。 」「僕たち夫婦らしく話し合い、ヘラヘラと話しあいこういう結論に至りました。 」と綴り、「なのでこれから僕たち夫婦は別々のブログを書きます!」として、石田の妻がオフィシャルブログを作成したことを報告した。 そして石田は、「少しでも嫁さんのブログに興味持ってもらえたらなーと釣ってしまいました。 すんません!!」と謝罪し、「相変わらず家族仲良く楽しんでますのでご心配なく。 これからも僕のブログと嫁さんのブログ楽しんくださったら幸いです。 」などとコメントしていた。 内容については、「【三姉妹の子育て日記】 や 【父ちゃんとの交換日記】 として 毎日の出来事をここに 残させてもらえたらなと思っています!」などと綴り、石田や子供たちの写真を掲載していた。 これらの投稿に、ファンや読者からは「壮大に騙されました!!」「完璧に釣られました…笑」「どっきりで良かったァァァァァ」「本当にびっくりしましたよー!」といった驚きの声や、「更新とても楽しみ」「とても面白くて興味津々です笑」「これからは楽しみが2倍」などの喜びの声が相次いでいた。 画像出典:NON STYLE 石田明オフィシャルブログ、石田あゆみオフィシャルブログより.

次の

ノンスタ石田「協議の結果、僕たち夫婦は別々の道を…」突然の報告にファン驚き

石田あゆみオフィシャルブログ

また、「弄りまくっていた嫁さん」から「人前に立つ仕事なんだから、美容室に行ってくれば?」という提案があったといい、1月以来となる美容室に行ったことを報告。 「今日で『もっさりんご君』は卒業です。 ありがとう、時間をくれて」「次は嫁さんに美容室行ってもらおう。 そのためには三姉妹を見る作戦を入念に立てないと」と妻への感謝の言葉でブログを締めくくった。 同日、1日にブログを開設した妻のあゆみさんも「寂しい。。。 」と題してブログを更新。 「寂しいよ。 もっさりんごくん。。 」とつづりながら、タオルを頭に巻きリラックスしている石田の写真に「DASH村憧れだったのにね」と記し、「寂しいけど受け止めよう!今度はなんて呼ぼうかな」「ひーー!かわいーー!」と短くなった石田の姿を披露しブログを締めくくった。 この石田夫婦の投稿にファンからは「奥さま、お優しい」「ネーミングセンス抜群ですね!!」といった声や、「最後はオサルさん?!

次の