コロナ ゲーム センター。 100店舗チェーンのゲームセンターがコロナ倒産 クレーンゲームの売り上げが大幅に落ち込み負債総額68億円

「ステップ3」移行 都内ゲームセンターも営業再開 新型コロナ

コロナ ゲーム センター

新型コロナウイルスによる外出自粛要請などの影響を受けているゲームセンターやゲームカフェ等について、現在の営業情報や来店以外での支援方法などについて掲載しています。 このサイトの趣旨・目的についてもう少し詳しく知りたい方はをご覧ください。 各お店の記事はメニューの「地域で探す」「業態で探す」で探すか、サイト内検索をご利用ください。 (メニューが見当たらない方は下記のリンクもご利用ください)• また、クラウドファンディングでの支援をお願いされている店舗については「」のタグで検索が可能です。 もしまだ掲載されていない店舗等の情報があればにコメントいただければ随時追加していきます。 また、掲載済みの店舗で情報に更新があった場合には当該店舗の記事のコメント欄に書いていただけると助かります。 ただし、いわゆる 第二波の警戒は続いています。 ほとんどの店舗では コロナウイルス感染拡大防止のための来店者へのお願いが出されています。 細かい内容は店舗により異なりますが、概ね以下の内容は共通しているようです。 発熱や味覚異常など体調不良がある方は入店しない• 店内では常にマスクを着用する(鼻と口を覆った状態をキープする)• 入店時や移動時など、こまめに手洗いや消毒を行う• お客さん同士の距離を取る、密集しない(混雑を避けるために入店制限を実施する場合もあるようです)• 飛沫拡散を防ぐため、大声を出さない(小声で会話できるようにゲーム筐体の音量を小さくしているところも多いです) これ以外でも、 入店時のお客様情報記入や 非接触体温計での検温の実施、 遠方からの来店(特に首都圏/北海道との往来)の自粛願い、(ゲームカフェでの) アルコール類の提供自粛に利用形態の 原則予約制などなど、お店の方々は様々な感染拡大防止策を講じられています。 しかし、一部では店舗スタッフの指示に従ってもらえない人がいるのも事実のようです。 営業が再開した以上、ぜひ来店してゲームを楽しんで従来の形でのお店の支援をしていただきたいとは思いますが、もしその店舗で感染の拡大(クラスターの発生)があれば 一時休業となったり、より悪化すれば その地域もしくは全国で再び休業となる可能性もあります。 当サイトをご覧いただいてるゲーマーの皆様におかれましては、お店へ来店する際には行政や自治体、当該店舗の最新情報を確認した上で、 必ず 店舗からのお願いを守り、 感染拡大防止に協力した行動をお願いいたします。 しかしながら、半自粛状態での営業では利益が出ない店舗も多いとのことです。 そのため、これまで行ってきた 来店以外の支援を引き続きお願いされている店舗さんも多いです。 当サイトでは引き続き支援方法の掲載を続けていきます。 クラウドファンディングは期限があるため、知らないまま終了となることを避けられればと考えて新設しました。 終了した後はタグを外す予定です。 もしクラウドファンディングを現在実施中の店舗の情報がありましたらにてコメントいただけると助かります。 店長さんの企画によるゲームセンター支援のためのチャリティーキーホルダーの販売が内で開始されました。 各ゲームセンターのロゴをモチーフとしたキーホルダーで、販売価格は1個3300円(送料別)。 売上げの9割が店舗の支援金となるそうです。 販売期間は 5月31日までの予定6月21日までで、参加店舗は随時更新されていくようです。 ぜひ下記リンクより支援したい店舗のキーホルダーの購入をご検討ください。 参加店舗や企画についての詳細はをご覧ください。 新たに参加したい店舗の方も募集していますので、店舗の方もぜひ記事をご覧ください。 キャパシティが限界のため、新規の問い合わせは終了したそうです。 ご了承ください。 Gigi株式会社が運営する先払いによる飲食店支援サービス「」のシステムの一部をゲーセン向けに利用できるようにしたもののようです。 詳細についてはをご覧ください。 当サイトで掲載している店舗がどのような方法で支援をお願いしているかをまとめたページです。 この厳しい状況下で経営を少しでも維持する方法を見つける一助となれば幸いです。 ぜひ参考にしてください。

次の

ゲームセンターとコロナウィルス対策と感染リスク

コロナ ゲーム センター

「ごちめし」は、人から人へ様々な思いを、スマートかつスピーディーに「ごちる」という形に変えて届けることができるサービスです。 直近では、新型コロナウイルスの影響で予約や来店客が減少している飲食店等へのサポートとして、「ごちる」機能を活用した「さきめし」という取り組みを開始いたしました。 「さきめし」とは、直近はお店に出向くのを遠慮している方でも、お店への感謝や応援の気持ちを込めて商品やサービスを「ごちめし」を通じて自分宛に先払いし、終息後に来店した際にその「ごち」で商品やサービスを楽しむというものです。 今回の「さきクレ」は、「さきめし」のゲームセンター版です。 支援者は、支援したい任意のお店を選択し、収束後に遊ぶ予定のプレイ料金と手数料を、メニューを購入することで前払いします。 「ごちめし」および「さきめし」の今後の取り組みにもご期待ください。 小1でスーファミよりもはやくゲーセンデビューし、以来、趣味はゲームセンター、アーケードゲーム基板収集。 アーケードゲームやゲーセン全般を紹介しながら文化としての「ゲーセン」を広めるべく活動、ゲーセン文化づくりに取り組んでいる。 注目されるファンコミュニティやe-Sportシーンなどを背景とした需要の高まりを受け、2019年よりアーケードゲーム機シェアリングサービス「アケシェア」を開始。 2020年4月より「さきクレ」サービスを開始。 様々な思いやりを手軽に「ごちる」という形に変え、 人から人へ「ありがとう」「頑張ってね」「応援しているよ」などの気持ちを届けることができます。

次の

緊急事態宣言でゲームセンターの営業はどうなる? 運営各社の対応を調査

コロナ ゲーム センター

コロナウイルス、緊急事態延長。 実際は、どうなっているんでしょうか? でも、緊急事態宣言を解除するなら国民の楽しみを取り戻しつつ収束へ向かわないとだめだと思います。 カラオケやバーとかはひどいぐらいの密室でしょうが、パチンコは対策とれば3蜜じゃなくなりますし、ゲームセンターも4人掛けのゲーム台なら2箇所止めるとかしてでも営業できますよね? 無理ではありません。 映画館も席を空けてのチケット販売を緊急事態出るまでからしていたので、営業可能。 逆にカラオケでも空気清浄機を設置するなどしたら営業可能だと思います。 国はピクピクしすぎ、怖いと恐れていたら、収束はない。 まず、みなさん考えてみてほしい。 収束、来年の春口 3月末 までかかってもいいんです。 だから、楽しみを奪わないでください。 どうか、娯楽ありつつの収束への道筋を考えてほしいものです。 補足国民に自粛ばかりを求めていたら、いつしか国民は爆発します。 気持ちが折れて自殺する人が増えます。 だから、娯楽も基準を決めて再開をすべきだと思います。 国はもう指針を出している訳ですから、可能だと思います。 都道府県ごとに知事が判断します。 例えば静岡県の場合は静岡県としての休業要請は17日まで延長が決定しましたが、静岡市と浜松市は5月6日で休業要請は解除する方針というのが先に発表されています。 今後、県と調整すると思いますが、カラオケやナイトクラブといった場所はまだ解除されないと思います。 ただ、あくまでも罰則規定のない自粛要請なので、休業補償金(延長に伴う第2弾)が出なければ営業再開する施設も出てくると思います。 実際に快活クラブ(カラオケ設置店)やコートダジュールなどのカラオケ施設は営業しているところもあります。 長崎県は5月6日で休業要請を解除しますが、カラオケ店は除外されています。 【速報】静岡県の休業要請 17日まで延長へ 【速報】緊急事態宣言延長受け 長崎県の対応 遊興施設除き休業要請終了 > 逆にカラオケでも空気清浄機を設置するなどしたら営業可能だと思います。 空気清浄機でウイルスをなくすことはできません。 「換気」が必要です。 コロナウイルスは空気感染はしません。 飛沫感染か接触感染です。 飛沫感染は至近距離に感染者が居て飛沫を浴びなければ感染しませんので、ヒトカラでなおかつスタッフやほかの客と密接しなければ利用しても問題ないと思います。 接触感染リスクは感染した施設や設備を利用したとしても手洗いや手指消毒で感染を回避することは可能です。

次の