ドラマ ノーサイド・ゲーム あらすじ。 ドラマ「ノーサイド・ゲーム」のあらすじと登場人物「ルーズヴェルト・ゲーム」と似ている?

『ノーサイド・ゲーム』9話ネタバレ感想!黒幕の正体が明らかに!濱田岳がラガーマン役で出演!10話(最終回)あらすじも!

ドラマ ノーサイド・ゲーム あらすじ

— 2019年 6月月15日午後10時02分PDT 「ノーサイド・ゲーム」のあらすじはこんな感じ。 トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。 家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。 ある日、君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。 君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。 異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。 総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。 社長である島本 博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。 それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。 ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。 しかし後がないのは君嶋も同じ。 自らの再起を考えた君嶋は・・・。 より 要するに、 「優秀な社員だったけど、企業内で対立したことが原因で、左遷された主人公。 そこで関わることになった無Kら氏は優秀だったけどいまは低迷しているスポーツチームの責任者も担うことになり、奮闘していく物語」 ってことですよね。 あれ、なんかどっかで聞いたことがあるような… 「ルーズヴェルト・ゲーム」と比べてしまいます 池井戸潤先生原作で〇〇ゲームと聞くと、どうしても思い出すのが2014年に放送された唐沢寿明さん主演の「ルーズヴェルト・ゲーム」。 個人的には、愛知県豊橋市で撮影されることが多く、よく東海地方のローカル番組で野球の試合時の撮影のためにエキストラを募集していたのを思い出します。 — 2019年 7月月4日午前4時50分PDT 「ルーズヴェルト・ゲーム」の時は、工藤阿須加くんがイケメンな新人俳優ということで、非常に注目されました。 工藤阿須加くんのお父様は、西武、ダイエー、巨人の投手で、現ソフトバンクホークス監督の工藤公康さん。 工藤阿須加くん自身は、テニス流行っていたけど、野球をやっていなかったのに、いざ撮影でボールを投げさせたら、140キロ超えてしまったなんてニュースで当時話題になりました。 こんかいの「ノーサイド・ゲーム」ではそんなイケメンが出演するのかなとドキドキしていたら、あの千葉真一さんの息子さんで、新田真剣佑さんの弟、眞栄田郷敦くんが出演するとのこと。 眞栄田郷敦で「まえだゴードン」と読みます。 イケメンがいるだけで、ドラマに花が咲きますので、眞栄田郷敦くんにも注目して見てみたいですね。 「ノーサイド・ゲーム」の「ノーサイド」の意味 「ノーサイド・ゲーム」の「ノーサイド」ってどんな意味なんでしょう。 ノーサイドは、ラグビー(特にラグビーユニオン)において、試合終了のことを指す(英語圏でもかつては「No side」が使われていたが、現在では「Full time」が使われている)。 戦い終えたら両軍のサイドが無くなって同じ仲間だという精神に由来する。 より引用 戦い終えたら両軍のサイドがなくなって同じ仲間 もう、この言葉を見るだけで、結末の感じがわかりそうですが、それがまたいい。 2019年は「ラグビーの年」ですので、このドラマを見て、みんなで盛り上がって、その気持ちのままワールドカップも見たいなと思います。 以上、「ドラマ「ノーサイド・ゲーム」のあらすじと登場人物「ルーズヴェルト・ゲーム」と似ている?」でした。

次の

ノーサイドゲーム■キャスト相関図・あらすじ・原作・主題歌・みどころを徹底解説!|ドラマ情報サイトのドラマイル

ドラマ ノーサイド・ゲーム あらすじ

「ノーサイドゲーム」原作小説のあらすじと感想の続きです。 リーグ決勝の相手は 宿敵・サイクロンズです。 チームを裏切って移籍した里村との直接対決がスタート! 試合前、君島はあるビデオレターを選手たちに見せました。 それは地元ファンや社員たちからの 熱烈な激励…。 選手たちは涙を流し、 『絶対に勝つ!』と気合を入れます。 そして始まった決勝戦。 序盤、アストロズは防戦を強いられます。 日本代表候補7人を要するチート仕様のサイクロンズに押される展開に…! しかし!天才・七尾や若手のエース・佐々の踏ん張りでなんとか盛り返し、わずかな望みを後半につなげました。 ここで事件が起きます。 七尾が相手チームの反則タックルで脳震盪を起こし、戦線から離脱してしまったのです! もはやこれまでか!?チームに暗雲が立ち込めます。 ところが…! 残り時間わずかというところで、治療を終えた七尾が再びピッチへ!最後のキックを託された七尾は、ゴールを狙わずまさかのパスを出します。 七尾は味方からパスをもらい、そのまま相手陣地へ!タックルをかわしそのままトライ!土壇場で逆転したアストロズが見事優勝しました!• ノーサイド 歓喜に湧くアストロズでしたが、その後、がっくりとうなだれるサイクロンズ選手たちに駆け寄り、手を差し出します。 お互いの奮闘を労いあい、感謝のハグをかます選手たち…。 この美しき光景を目の当たりにした君島は 『これがラグビーか…!』と心を撃たれ、陶然と立ち尽くします。 試合が終われば敵、味方関係なく、相手を称える 『ノーサイドの精神』。 君島はラグビーの素晴らしさを、あらためて実感したのです。 変わりゆく日本のラグビー その後、君島の熱い想いは【日本ラグビー協会】に届き、全国の企業チームが 君島の収益化案を採用する方向に動き出しました。 諸悪の根源だった富永理事長(橋幸夫)は孤立無援となり失脚…。 カザマ商事買収事件での悪事がバレた脇坂(石川禅)は、今後、裁判で追求されることに…。 滝川との再会 今日はアストロズとサイクロンズの練習試合が行なわれる日。 観客席にいた君島のもとに、滝川(上川隆也)がやってきました。 滝川は今、関連子会社の社長として大活躍中で、近い将来 本社社長に着任するのでは?と噂されています。 ノーサイドの精神を語り合う二人。 滝川はその素晴らしきスポーツマンシップを世界に広めるのは、 君島に与えられた使命だと説くのでした…。 【ノーサイドゲーム 完】 ノーサイドゲーム原作小説を読んだ感想です。 ラグビーど素人のサラリーマンが弱小チーム【アストロズ】のゼネラルマネージャーとなり、全国制覇を成し遂げるまでの軌跡を描いたストーリー。 目先の儲けを追い求めるのではなく、業界全体を活性化させることがより大きな潤いを生むという、 販売戦略のプロの業がそこにありました。 アストロズ強化という 表舞台の仕事はエキスパートである柴門監督に一任し、君島は 裏方に徹して内部から悪しきを浄化する。 ここには 『分業と専門化』というビジネスの鉄則がチラ見えします。 『自分がやるべき仕事』『他人に任せるべき仕事』の棲み分けを冷静な視点で見極められる君島は、いち企業人として、やはり非凡としか言いようがありません。 実にクールな君島ですが、社会人としての熱いこだわりも持ち合わせています。 チームを裏切って移籍しようとした里村に 『それが社会人としての態度か!』と怒鳴るシーンや、道半ばでの本社復帰を断るシーンからも、彼の社会人としての矜持や責任感の強さが伺えますね。 滝川常務について 天敵だと思っていた滝川常務(上川隆也)が、実は誰よりもラグビー部の存続を願っていた、という意外なエピソードが明らかになる展開も面白かったです。 最初は冷酷非道な出世マシーンに見えた滝川ですが、 『父の影響でラグビー大好きっ子だった。 』 『カザマ買収計画の裏には、大学時代にカザマに貧乏をイジられた事への恨みがあった。 君島がラスボス・脇坂の悪事を わざわざ役員会で暴露するシーンは、『失脚した滝川と同じ舞台で同じ苦しみを味わわせてやる』という「やられたらやり返す」的な意図が見え、池井戸作品お約束の醍醐味を味わわせてもらいました。 この崇高な精神が日本から世界へ飛び立つ日は訪れるのか?ラグビー協会理事となった君島隼人の戦いはまだまだ続きます。 ちなみにドラマ版は原作と比べ、君島が メチャメチャアツい!!そしてコミカルwww さすが大泉洋さんです。

次の

ノーサイド・ゲーム あらすじ・出演者リスト TBSドラマ

ドラマ ノーサイド・ゲーム あらすじ

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』特別編・第1夜のあらすじ 君嶋隼人はここまでラグビーを愛するとは思っていなかった。 仲間たちと命をかけて闘う、そんなことを想像しただろうかと君嶋は語る。 2017年東京丸の内、君嶋は来週から工場勤務だと上司の脇坂賢治に命じられた。 ノーサイドとは闘いが終わったラグビー選手が敵味方の垣根を越えて分かち合うという精神からくる言葉だった。 会社員の自分にはその言葉は意味のないものだと思っていた。 2か月前、滝川常務に意見書を突き出したことで府中工場に飛ばされてしまった君嶋。 工場の総務部長はラグビーチームのアストロズのGMも引き受けることになっていた。 無理やりGMにさせられたが胴上げされてなんとも言えない高揚感があった。 君嶋はアストロズの分析をしている佐倉多英に会ってともにアストロズを支えていきましょうと言われる。 一方、アストロズのみんなは君嶋のことを快く思っていなかった。 浜畑は滝川の差し金でアストロズを弱くしようとしているのではないかと岸和田に話す。 アストロズには予算に見合った実績がないことに君嶋は頭を抱えた。 次の監督を選ぶように佐倉から頼まれていた。 君嶋はアストロズのみんなに突然予算を大幅に減らすと言い渡す。 それを聞いてアストロズのみんなは激怒して食ってかかる。 会社の戦力にならず実績もないアストロズに多額の予算は出せないと言い切った君嶋は佐倉にラグビーが大嫌いだと言い放った。 キャスト&スタッフ 原作:池井戸潤 『ノーサイド・ゲーム』 脚本:丑尾健太郎 演出:福澤克雄、田中健太、平野俊一 出演者:大泉洋(君嶋隼人)、松たか子(君嶋真希)、高橋光臣(岸和田徹)、眞栄田郷敦(七尾圭太)、笹本玲奈(佐倉多英)、濱津隆之(青野宏)、西郷輝彦(島本博)、尾藤イサオ(木戸祥助)、橋幸夫(富永重信)、大谷亮平(柴門琢磨)、渡辺裕之(津田三郎)、中村芝翫(風間有也)、上川隆也(滝川桂一郎) 音楽:服部隆之 オープニング:服部隆之 「ノーサイド・ゲーム -Main Theme-」 エンディング:米津玄師 「馬と鹿」 時代設定:2017年 — 2019年 ドラマ『ノーサイド・ゲーム』特別編・第1夜の ネタバレ 滝川によって府中の工場に左遷された 君嶋はアストロズのGMを任される。 だけど君嶋はラグビーが嫌いで会社の予算をアストロズにまわせないとはっきりチームのみんなに告げる。 滝川は 経営戦略室にいた君嶋の実績を買ってアストロズのGMにした。 アストロズの粗探しをしてアストロズを潰そうとしていると佐倉たちは噂していた。 君嶋の息子の君嶋博人は父親がラグビーのGMだという噂が流れていじめられていた。 君嶋はチームの1人の佐々が資料では夜遅くまでラグビーの練習をしたことになっているが歓迎会に遅れてきたことを不審に思った。 実は佐々の上司から仕事を押し付けられて 佐々は練習と偽って残業をしていた。 そのことに気づいた君嶋は本当にこれでいいのかと佐々に尋ねるがそこに浜畑がやってきて俺たちにとってラグビーはすべてだと告げられる。 君嶋は前ゼネラルマネージャーの吉原から14億は最低の予算額だと聞かされる。 ラグビーが嫌いな理由を君嶋は吉原に話し始めて大学時代に プロのラグビーチームからスカウトされた同級生が好きな女性を奪われたからラグビーが嫌いになったと語った。 吉原は物流会社に異動になったことを伝えてアストロズのことをよろしくお願いしますと頭を下げた。 滝川に見せるための意見書を君嶋は書いていて アストロズは解散するのが妥当だと結論づける。 家に帰ると突然博人がラグビーをしたいと言い出して君嶋は佐倉にラグビーの初心者はまず何をしたらいいかなと尋ねた。 君嶋は言われるままにタックルをしたが あっさり跳ね返される。 練習場にやってきた社長の島本に君嶋はアストロズの現状を伝えた。 これ以上ラグビー部を存続させることは難しいと君嶋は言った。 君嶋の意見に島本はラグビーのニュージーランド代表 「オールブラックス」の マゴリ族に伝わるハカという踊りは自分の力を鼓舞するために行われると教えた。 死ぬ気で勝つという想いを感じたことはないかと島本は君嶋に尋ねるが君嶋はないとはっきり答えた。 トキワ自動車の本社にやってきた君嶋は脇坂からトキワ自動車の買収話をカザマ商事と水面下で進めていた。 君嶋は滝川が買収話を進めるために邪魔な自分を工場に左遷させたと気づいた。 本社に戻してくれると君嶋は期待していたが滝川はそう匂わせただけで「君の居場所は府中工場だ」とはっきり言い渡す。 雨が降り、練習場に戻った君嶋は俺の居場所はどこにあるんだと 浜畑に自分の想いをぶつけた。 君嶋は浜畑にタックルし続けて アストロズのみんなが正々堂々闘っていたことにようやく気づく。 何のために闘っているのかわからなくなった君嶋だったけど浜畑にタックルすることで自分が今何をすべきかを知った。 スーツがボロボロになって帰ってきて妻の真希は君嶋を叱る。 博人がいじめられていることに気づいた君嶋は博人がいじめっ子たちに立ち向かうためにラグビーをやりたいと言ったと知る。 その話を聞いた博人はラグビーをやりたいと君嶋に話す。 君嶋がラグビーを廃部にすると決めたという噂を聞いて佐倉は君嶋に真意を尋ねた。 アストロズの部室に来た君嶋はアストロズの予算を出さないと伝える。 アストロズは誰からも見向きもされないチームでチームのみんなも心の底では卑屈になってアストロズを見下しているのではないかと君嶋は語る。 もっとチームに誇りを持て、チームがどん底だと自覚したなら目指すは優勝だと君嶋はアストロズのみんなに話す。 最初はアストロズを廃部にしようとしていたがチームのみんなが本気でぶつかってくれたことでこのチームを守りたいと強く思うようになった君嶋。 練習場にきたチームのみんなはプラチナリーグ優勝のために練習を始めた。 一方、社会人ラグビーチームの強豪のサイクロンズ監督・柴門が名将の津田三郎によって更迭された。 そのことがニュースになり君嶋は大学のときの同級生だった柴門がサイクロンズの監督だったことを知る。 そのあとアストロズの監督候補に会ったが誰もピンとこなかった。 優勝経験のある監督をアストロズの監督にしてはどうかと君嶋は佐倉たちに話す。 佐倉たちはあさの監督に柴門を君嶋に勧めたが君嶋は気が乗らなかった。 何せ柴門は君嶋が大学生のときに好きだった女子を奪ってさらに別の女子に乗り換えたことがいまだに許せなかった。 大学のときのことを引きずって連絡できずにいるのは馬鹿馬鹿しいと思っている君嶋だったがどうしても柴門に連絡できずにいた。 悩んだ末君嶋は柴門に手紙を書いて2人は会うことになった。 アストロズの監督になってくれないかと頭を下げた君嶋。 柴門は君嶋に大学のときに嫌いだったはずの君嶋がどうしてラグビーのためにそこまですると尋ねる。 すると君嶋はラグビーのよさがいまだにわからないが チームのために優希させてやりたいと語った。 君嶋の思いを知った柴門はアストロズの練習を見に行く。 柴門の妻が大学のときに好きだった女性だったことに君嶋は驚く。 実は柴門が彼女に何度もフラれてその度にアタックしたことを柴門から聞かされる君嶋。 チームの練習を見て組み合わせ次第では優勝の可能性もあると柴門は君嶋たちに告げて アストロズの監督を引き受けることになった。 柴門は1人1人に宛てた手紙を書き内容は選手の性格と強みが細かく分析されていたものだった。 手紙を読んだ浜畑は自分がラグビー選手としてのピークが過ぎたことを柴門に見抜かれてショックを受けていた。 アストロズの監督になる柴門をチームのみんなが認めて 柴門は優勝するぞとみんなを鼓舞した! 柴門は合宿の費用を何とかして捻出するように頼み君嶋は脇坂に相談する。 うちのラグビーチームは貧乏だなと愚痴っていると島本社長と会った。 島本から柴門がサイクロンズの予算を集めるためにスポンサーを募ったことが津田には面白くなくサイクロンズの監督を辞めさせられた話を聞く。 金の問題に悩んでいた君嶋はため息をついて博人も家でため息をついていた。 博人とラグビーをしていた君嶋は博人からいじめられなくなったけど代わりに他の子がいじめられていてそれでため息をついていたことを知る。 その博人に君嶋はラグビーは戦略次第で力が何百倍にもなると教えて博人は明日ぶつかってみると笑顔で君嶋に話した。 君嶋は合宿費の1億をどう捻出するか考えていて チームの主力選手である外国人選手の契約を切ると監督の柴門に話す。 君嶋のアイデアに乗って柴門も外国人選手を切ることに賛成してチームを一から組み直してレギュラー選手も一から決め直すことを選手のみんなに伝えた。 レギュラー争いでチームのやる気はさらに高まり 君嶋は優勝するぞとチームのみんなを鼓舞していたーー! ドラマ『ノーサイド・ゲーム』特別編・第1夜の感想 アストロズの予算が実績に見合わないものだと君嶋は考えアストロズを廃部させる意見書を書こうとしていた。 弱いチームに予算をまわせないというのはビジネスマンには当然の判断だと思う(ーー;) 君嶋は大学のときに好きだった女性を柴門に奪われたことでラグビーのことが嫌いになった。 ラグビーチームのアストロズのGMに任命された君嶋だったが彼は本社に戻るために滝川の言う通りにラグビー部を廃部にしようとした。 でも、アストロズのみんなが正々堂々闘う姿に感動してチームを優勝させることに全力を尽くそうと決意する。 大学の同期である柴門をアストロズの監督に迎えて柴門のアドバイスでチームは徐々に実績を積み重ねていく。 熱いラグビードラマをあなたもぜひ体感してみては? まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

次の