リゼロ 解析。 リゼロ スロット 最新解析・天井・打ち方・設定判別・モード・ゾーン・立ち回り・実戦データ「Re:ゼロから始める異世界生活」(パチスロリゼロ)【一撃】

『リゼロ』と『北斗の拳天昇』に見る解析情報戦略の違い【攻略情報の出し方】│ブレスロ.2dps

リゼロ 解析

ゲーム性 通常時 G数解除がメイン CZ「白鯨攻略戦」 継続バトル突破型のAT ベルナビ5回保証 継続率に応じて撃破抽選を行う AT「ゼロからっしゅ」 G数上乗せ型 減少区間なし ボーナス 契機…青7揃い or 白7揃い or 超ゼロからルーレット 継続G数… 20G EPボーナス時は 50G 通常時はゲーム数解除がメインです。 まずは出玉区間「 白鯨攻略戦」を目指し 白鯨攻略戦を突破すればAT「 ゼロからっしゅ」へ。 白鯨攻略戦は継続バトル突破型のボーナスで、 通常時に白鯨攻略戦に役立つアイテムが 手に入る可能性もあります。 白鯨が1体目・2体目・3体目と出現し、 3体全て撃破できればAT突入確定です。 AT「 ゼロからっしゅ」は減少区間無しの 純増8枚。 必ず特化ゾーン「 おねだりAttack」に突入し、 初期ゲーム数を決定します。 *設定1の初期G数平均は100Gと言われています ベルナビによるパネルアタックやレア役で G数上乗せ・特化ゾーンなどを抽選しています。 設定判別ポイント ヒロイン集合は 設定6確定!• 初当たりの当選ゲームを見るだけでなく、フェイク前兆などを見て滞在モードを 推測していきましょう。 まず1つ目は上の表の「 モード毎の特徴」「 モード判別方法」を見て現在の挙動と当てはめてモードを判別してください。 2つ目は温泉・異世界体操・ひざまくらステージ終了時に出現するカードによるモード示唆です。 *PUSHボタンを押す必要あり 通常A以外に滞在しやすい高設定は必然的にレアカードの選択率が高くなります。 最近のだてめがねさんの動画投稿等を見て個人的に応援したいという気持ちが強まりました。 モード移行は鬼天国のループ性や偶数では似たような挙動に騙される可能性がありますので、一番はコンビニ経由率、白鯨勝率と想定しております。 終了画面はペテルギウスは偶数示唆、温泉は次回256位内解除確定、王候補集合は456確定、幼少レムラムは6確定です。 おそらく通常時のペテルギウスセリフはA否定だと思われますが、右下のキャラ出現は未だ共通点が見いだせておりません。 少しでもお役に立てば幸いです。 これからも応援しております。 以前3台分のデータを投稿したものです。 有利区間が残り600gを切らないとほぼコンビニ移行しないのが特徴です。 出玉の差は、A天が選ばれてしまったときに自力で解除できるかにかなりかかってると思います。 今日、これ設定3でしょうって台を打ちました。 設定3以上確定の白鯨終了画面を3回確認。 幼少期レムラムの終了画面を2回確認。 246確定や、456確定は終日確認できず。 おそらくですが、幼少期レムラムは番長でいうところの金閣寺のような終了画面というのが個人的な予想です。 となると王戦候補は456確、温泉は6確になるのではないでしょうか。 偶数設定は246確定の演出がちょこちょこ出るイメージですが、今日打ったリゼロは246確定が一向にでない割に3以上確定やら幼少期レムラムがちょこちょこ出る感じでした。 金閣寺のようなものと踏まえると、設定1でも細い確立で出現するのかもしれません。 実質的に3以上の可能性がかなり堅くなる示唆 5の期待度が最も高い だと思われますが、3だと微妙すぎるので他の示唆と照らし合わせつつ高設定に期待。 といった感じですかね〜 白鯨の設定3以上確定の終了画面も、3と5だとでやすいとかあるのかもです。 王戦候補だったり456円を確認した台では確認したことないので。

次の

リゼロ朝一32Gでやめor続行を判断する目安!設定3以下と設定4以上では明らかな挙動が違うと感じた実践

リゼロ 解析

-----sponsored link----- どうも、デュエリスト です。 今回はRe:ゼロから始める異世界生活【リゼロ】の ガチ考察記事になります。 少し前に Twitterで リゼロの何について語ろうかとアンケートを取らせて頂いた結果 設定4と6の違いについてが一番の人気でした!! なので、今回は 設定4と設定6の挙動を可能な限り語っていきたいと思います。 今後も Twitterで皆さんと交流を深めながら 質問等にも答えていけたらなと思ってますので 是非フォローの方もできれば宜しくお願いします!!! 九月の中旬には、なんと4パネル目の 剣聖パネルも出てきて 設定状況が盛り上がる事,間違いなしでしょう!!! 少しでも参考になれば幸いです。 では参りましょう。 先に少しだけ 6号機の 有利区間についておさらいしましょう 有利区間とは簡単に説明させて頂くと 1500G到達 および2400枚の出玉獲得で 切り替わってしまう AT中でも強制的に終了してしまう と言った ゾーンのような物です。 なぜ、 有利区間が出来たかと言うと 出玉の過剰な吸い込みやAT性能の高さによる 一撃3000枚を超えてはならないと言う規制に基づいたシステムで誕生したわけです。 リゼロではこの 有利区間というシステムを使って とても上手に設定による出玉率の違いを作り出しています! スポンサーリンク 重要になってくる設定差は有利区間の継続 リゼロの 設定4と設定6では 白鯨攻略戦 cz や ゼロからっしゅ AT に当選した後に 有利区間を引き継ぐのかどうかが最も重要になってきます。 本日レムラムパネル如何でしたか? 新パネル導入でまた設定状況が盛り上がると良いですね🐰 では少し設定4と6についてを語ってみます。 その上で気を付けないといけないのは 有利区間開始時、 一度目の白鯨攻略戦 cz が300G以内での敗北時 は 必ず引き継いでしまう事。 当選G 結果 有利区間 200G前半 負け 継続 550G B天井 負け 切り替わり この場合 200G前半での負け時点で 有利区間引継ぎには 設定差がないです。 500G前半 B天井 での負け の方は設定差があります。 それともう一つ、 モードA確定時に有利区間を引き継ぐ事がほぼない事 200G前半で当選し敗北したら設定差なしで引き継いでしまうので、それ以降です。 400G~770Gといったゲーム数で当たった時にATに入らなかったとしても ほぼ切り替わってしまうでしょう 設定6だったとしても 何故そうなってしまうのか? それは基本的には モードAでの 白鯨攻略戦 cz 突破時の報酬が強ラッシュ になるからではないかと予想しています。 そもそも 強ラッシュや 弱ラッシュって何? って思う方がいると思いますので簡単に説明しましょう。 一言で言うなら ラッシュの出玉性能ですね。 最低800枚付近保障なんて噂も モードA時の報酬は基本的には 強ラッシュが選択されているので切り替わってしまいます。 と言うことは基本的には純増に余裕を残して 300G以内には当たると言うことになってしまいますよね。 リゼロが500Gで落ちていたら天井まで300G弱 喜んで打ちますよねw それと同じ状態になってしまいます。 そんな甘いことは許さない! だから切り替わってしまうと思われます。 ごく稀に モードAの天井でも引き継ぐ事もあるのですが それは 報酬が弱ラッシュの為 ゲーム数が少なくても無理やり当たれるよ! という事になります。 超絶設定5と6反応 長々と語りましたがここまで読んでいただければ何となく想像がつきますよね! 設定4は設定1や2よりも有利区間を引き継ぐ 設定6は設定4よりもっと有利区間を引き継ぐ 強ラッシュが報酬の時は有利区間が終了する。 と言う事はそれだけ 弱ラッシュの回数が増えますね!! そして… スポンサーリンク 設定4と設定6の大きな設定差とは ここまで読んでもらえれば 弱ラッシュに差がある事は明白ですね!!! 恐らくこの弱ラッシュに関しての決定方法は有利区間決定時 そう、コンビニでの抽選だと思われます。 強ラッシュが出てきても 少なからず高設定反応だとは思います。 つまり 倒すべき白鯨の数や初期継続率は 有利区間を引き継げば それ自体も引き継いでいて 勝ちやすい白鯨が出来上がるという訳です。 そして 設定4と6で最も差が出てくるのが モードB時点での有利区間の引き継ぎです。 モードAは基本強ラッシュなので注目する点はモードBになります。 弱ラッシュ=有利区間の引き継ぎ率大幅UPなので モードBの天井 550G での 白鯨敗北時に切り替わってしまうのは 万が一ATに当選していたとしても 強ラッシュが出てきていた可能性が高いです。 逆に モードBの天井 550G で 白鯨に敗北しても引き継いだ時は ATに当選していたら 弱ラッシュが出てきた可能性が高いですね。 以上を踏まえた上で 何台も設定4と6を打ってきましたが… モードBから 負けても引き継ぐ ATに入っても弱ラッシュが出てくる 負けてたら切り替わってしまう ATに入ったら強ラッシュが出てくる この比率で見たときに 設定4だと半分以上が切り替わる 強ラッシュ 設定6だと半分以上 が引き継ぐ 弱ラッシュ かなと予想しています。 設定4は特にモードB滞在が多いと思いますのでサンプルが増えるかと だいぶ語った気がしますが せっかくなのでもう少しだけ語りましょう。 モードB以外で設定差があるところとは… これも結局は同じですね。 有利区間の引き継ぎが特大設定差なので 天井で当たろうがどこで当たろうが基本的には引き継げばOK 引き継いだ後,更に 200前半でも Bの天井からでも,もう一度引き継ぐのは 引き継げば引き継ぐほど良いことに間違いはありません。 直撃や 鬼天国も基本は弱ラッシュが出てきて引き継ぐので 設定4よりも設定6反応になって来ます。 設定4も設定6もモードBの滞在率が高いので そこが目立ってしまうだけです。 モード移行率に関して モードAに移行したから設定4だ!! モードBでも天井が多い! Aでも天井かよ!! こりゃダメだ。 そんなことはありません!!!!! 酷い時なら 設定6でも4回前後モードAに行ってしまいます。 それでも設定が上がれば上がる程, 引き戻し以上のモードにも移行しやすいですね。 レムの膝枕でモードB以上確定 この状態で200前半のAのゾーンで当たると レム枕でA否定なので,戻しモードか鬼天国 ラムの膝枕で天国か鬼天国確定 鬼天国では直撃確率も上がっているので 150Gを超えてしまう,白鯨に負ける 等以外は 鬼天国の可能性が高いですね!! これも見れれば見れるだけ 良い挙動と思います。 ルーレットからの直撃や 直撃からの強ラッシュ これに関しても高設定反応だとは思いますが そもそも設定6なら基本は 弱ラッシュが報酬なので そんな所に頼らずとも設定は分かるかな? と思います。 スポンサーリンク みんなが気になってるリゼロ解析あれこれ.

次の

リゼロ スロット 最新解析・天井・打ち方・設定判別・モード・ゾーン・立ち回り・実戦データ「Re:ゼロから始める異世界生活」(パチスロリゼロ)【一撃】

リゼロ 解析

『リゼロ』の解析戦略 『 Re:ゼロから始める異世界生活』(以下、 リゼロ)はとにかく解析情報を隠しました。 現在ではネット界隈においては当たり前のように、「リゼロの設定6がどのような動きをするか」そして「それ以外の設定とどれぐらいの違いがあるか」といった事が周知されている状況ですよね。 しかしそれはメーカー側から提供された攻略雑誌の解析情報によるものではなく、実際に設定6を打った人が感じ取った他設定との違いであったり、あるいは膨大なホールデータから導き出された傾向であったりによるものです。 つまりはメーカー(雑誌)がダンマリを決め込んだ結果として、ユーザー側が台の正体を自力で暴いていったのがリゼロで起こった出来事だったんです。 逆に言えば、6号機の設定判別はメーカー提供の解析情報を頼りにしなくてもユーザー側で試行錯誤しながら紐解く事が可能である事を強く印象付けました。 これに関しては6号機の性質上、出玉率の差が比較的素直に挙動の差として表れやすい事、そしてリゼロの場合は設定6確定演出が比較的発生しやすい事も背中を押す形となったのも大きかったんですが。 先行者の利が大きかった メーカー側が多くを語らなかった事で最も恩恵を得たのは、自分のように初期段階で運よくリゼロの設定6がどのようなものかを体感出来た一部の打ち手だったように思います。 まだネット上でもそれほど確信的な情報が定着する前段階でリゼロの設定6を複数回触れた事で、より簡単かつリスクを減らした状態でリゼロと向き合えたのは大きなメリットでした。 他の機種(特に5号機の頃は)でありがちな解析情報が段階的に開示されてゆき情報が横並びな状況より、こういった実戦経験がモノを言う環境というのが今後増えるのなら、それは中々面白い時代になりそうだな…とも感じていました。 『北斗天昇』の解析戦略 リゼロに比べると北斗天昇はサクサクと解析情報が出てきています。 うっかりしていた自分のせいではあるんですが、気付いたらATレベルの振り分けに関する話やらなにやらがポロポロ出て来ていて、「もうここまで出しちゃうのか」といった状況です。 これに関しては色々な思惑が絡んでいるように思えます。 攻略誌の権威復活 リゼロの例によって解析情報の必要性や重要性が少々揺らいできた昨今、ホールデータや実戦上のデータをネットで公開する様々な人が現在のパチスロ情報戦においては主役を担っており、攻略雑誌やそのウェブサイトの存在感が希薄になってきました。 そんな中で、一般ユーザー間で核心に迫るような情報を共有される前に攻略雑誌で情報を出してしまおう…という思惑が多少なりともあるのでは?と言う思いを北斗天昇の情報開示っぷりから見て取れます。 もちろん、あまりにもあけすけにしすぎると稼働状況に影響を及ぼすので、より重要となってくるような部分は語られていませんけども。 情報の平等性 先ほどリゼロの項目で語ったように、設定6に早い段階で多く触れる事で得られる経験値というのは解析情報が充実していなければいないほどメリットが大きいものです。 しかしそれは言い換えれば、情報の不平等さを生む事になり、もっと言えば設定6を掴んだ経験のある人がより設定6を掴みやすい(捨てづらい)状況を作りやすいという状況にも繋がります。 攻略雑誌やサイトでそういった情報が扱われる事で、少なくともそこを見ているユーザーにとっては平等に情報が知れ渡るわけですから、ある意味(あくまでもその雑誌なりサイトなりを見ているユーザーにとっては)情報格差をなくす効果があると言えるでしょう。 設定5を粘らせたい(打たせたい) 北斗天昇はリゼロの仕様をまろやか&多彩にしたゲーム性ですから、やはり打ち手としてはリゼロを基準にして設定判別要素を想像する事になります。 そうなるとやはり、設定6は一撃性はないけど初当たりが軽くて小刻みなギザギザを描きながら右肩上がりになるようなグラフになるんじゃ…と考えるのは当然の流れです。 しかしそこに主眼を置いた稼働が前提となってしまうと、設定5が動かない(捨てられる)のはリゼロの例を見ても明らかです。 そこで早めに「設定5とはこういった特徴ですよ」といった事を「ATレベル」や「AT平均獲得枚数」だったり「初当たりゲーム数の実戦値」といったものによって提示する事で、設定5をなんとか粘らせたいという思惑があるのだろうと思われます。 要するに、「 AT一回あたりの出玉が伸びても、400前半のゾーンをスルーしても、まだまだ設定5の可能性は十分にあるから打って!」という事が言いたい訳ですね。 ユーザーに考える余地がある方が好き 個人的にはリゼロで割と良い思いが出来た事もあって、ユーザー側が色々と思案する余地を残して置いてくれる方が嬉しいなと思っています。 ついこの前設定6(設定5or6確定ですがATレベルなどを加味すると恐らく6だったんでしょう)を打てて北斗天昇の設定6がどんなものかを体感出来た所から本番だ…と思ったらそこそこ情報が出そろってきちゃって少し残念なのが正直な所です。 恐らく多くの打ち手にとってリゼロで得た経験が生きる機種だと思うので、リゼロほど先行者特典は大きくならなそうです。 直近では設定6と思える台はほぼ見かけず、設定4と設定5(じゃないかと思う台)が多い印象の近隣店舗ですが、設定4で多くのユーザーが満足すればホールにとっては嬉しい事でしょうし、そうならなければ設定6を使う事も視野に…入れた瞬間に摘み食いたい所です。

次の