デジタル 通貨 と は。 デジタル通貨のメリットとデメリット!日本の未来や金融政策に影響?

【講演】雨宮副総裁「日本銀行はデジタル通貨を発行すべきか」(ロイター講演) : 日本銀行 Bank of Japan

デジタル 通貨 と は

だいじょうぶよ~! 種類を順番に見ていこうね! 1. 民間デジタル通貨 デジタル通貨のうち 2019年3月現在で 一番身近なのは SuicaやPASMOなどの交通系や nanacoとかEdyといった 電子マネーですよね? 民間デジタル通貨の代表が 電子マネーです。 日本の物理的通貨は「円」で 発行してるのは日本銀行など。 日本の民間デジタル通貨は 「円」に対応してて 発行してるのは民間業者。 電子マネーに お金をチャージしても 利子がついたり 価値が変わったりしません。 ポイントがつくことはあるけど 使わないのに減っちゃうことはないです。 発行者のいない通貨 デジタル通貨の2種類目の 「発行者のいない通貨」は ビットコインなどの仮想通貨。 決まった誰かとか 会社とかじゃなくて やりたい人が 参加するしくみだから 「発行者のいない通貨」って 言われてるの。 仮想通貨のおもな特徴は 発行者がいないということと 価値が変わるということ。 特にビットコインは 価値が急に上がっちゃって ブームになった後に 急に価値が下がっちゃったから あまりイメージがよくないかも! でも 仕組みをよくわかって 投資で成功してる人もいますね。 日本では 投資先としてばかりが有名だけど 海外では 買いものの支払いを ビットコインなどですることも よくあるんだそうです。 「デジタル通貨と仮想通貨のちがい」 なんていう説明を見るけど 本来 仮想通貨は デジタル通貨の一種です。 中央銀行デジタル通貨 デジタル通貨の3種類目 「中央銀行デジタル通貨」は 中央銀行が発行する デジタル通貨のこと。 日本なら 日本銀行が発行するということです。 2019(平成31)年3月現在は 日本銀行発行のデジタル通貨はないけど 2016(平成28)年12月から 日本銀行と欧州中央銀行が共同で 調査をしてて 2017(平成29)年9月と 2018(平成30)年3月に レポートを出してます。 日銀はレポートのなかで デジタル通貨の メリットが大きいのは認めてるけど とっても慎重になってて 少なくともスグには 発行するつもりがないみたいです。 デジタル通貨のメリットとデメリット デジタル通貨は3種類あって その中には仮想通貨もあるけど 一般的に言われてるデジタル通貨は 電子マネータイプや 中央銀行発行タイプ。 つまり日本では 「円」に固定されてて 価値が変わったりしないもの。 そういうデジタル通貨にも メリットとデメリットがあります。 デジタル通貨のメリット デジタル通貨が使われるということは キャッシュレス社会になるってこと。 日本は先進国のなかで とびぬけて現金社会だけど 日本政府は キャッシュレス社会にしようと がんばってます。 【デジタル通貨のメリット】 1. 現金にまつわるコストが劇的に安くなる。 脱税や犯罪対策・金融政策に効果がある。 外国人観光客を呼びやすい。 3つのメリットも 順番に見ていきましょうね! メリット1. コスト 私たちの多くは お金を使う側なので あまり気にしてないけど 現金にまつわるコストって スゴイことになってます! みずほ銀行のレポートによると 現金の管理やATMの整備で2兆円 現金を扱うお店の人件費が6兆円で 合計8兆円だそうです。 デジタル通貨を使って キャッシュレス決済になれば 8兆円の半分 つまり4兆円が節約できるうえ シェアリング・エコノミーなどの 新しく作り出される経済のしくみよって 売り上げが大きく伸びるとか! メリット2. 犯罪対策・金融政策 みんながデジタル通貨を使うと 脱税や犯罪対策になるそうです。 キャッシュレス先進国の スウェーデンでは 2008年に210件起きてた銀行強盗が 2017年にはたったの2件になりました。 特に先進国だと カードが使えないところは めずらしいから! でも 日本に来る外国人は かわいそうです。 カードが使えないお店が多いから 高い手数料を払って日本円に両替するか クレジットカードの キャッシング機能を使って 日本円の現金を用意するけど 外国で発行された クレジットカードを読み取る機械って とっても少ないんです。 街なかには ATMがたくさんあるのに 外国発行のカードだと ほとんどが使えません。 デジタル通貨が広がって あらゆるお店で使えたら 日本に来る外国人が増えるし 来た人たちがお金をもっと使うでしょうね。 みずほ銀行のレポートによると デジタル通貨になるだけで インバウンドの消費拡大が 1兆円になるそうです。 デジタル通貨のデメリット デジタル通貨が広まって キャッシュレス社会になったら メリットがたくさんあるけど デメリットについても言われてます。 デジタル通貨のデメリットは しいて言えば 安全性に不安が残ること。 仮想通貨でよく使われてる ブロックチェーンと呼ばれる技術は 安全性という面で とっても評価されてるけど できてたったの10年ぐらいだから やっぱり不安だし デジタル通貨自体も新しいから 急に変わっちゃったら その先は未知の世界です。 キャッシュレス社会先進国の スウェーデンでは ATMを使う人が 極端に少なくなってて 中央銀行が 心配しちゃってるそうです。 デジタル情報のお金である デジタル通貨の反対語は物理的通貨である。 デジタル通貨は 1. 民間デジタル通貨(電子マネーなど) 2. 発行者のいない通貨(仮想通貨) 3. 中央銀行デジタル通貨 のように 大きく分けて3種類ある。 ビットコインなどの仮想通貨も 本来はデジタル通貨の一種である。 デジタル通貨が広まれば 1. 現金にまつわるコストが劇的に安くなる。 脱税や犯罪対策・金融政策に効果がある。 外国人観光客を呼びやすい。 といったメリットがある一方 始まって10年ほどという 新しいサービスのために不安があり 社会の流れによって 急速に拡大する懸念もあるため 日本銀行なども 導入には懐疑的ではあるが 調査はすすめている。 2019年3月現在は 現金とデジタル通貨は バランスをとりながらも 少しずつデジタル通貨への 変換をすすめるべきであろうと思われる。

次の

日本円のデジタル通貨発行に関する質問主意書

デジタル 通貨 と は

みずほ銀行がデジタル通貨を発行 日本経済新聞のによると、みずほフィナンシャルグループは、2019年3月にデジタル通貨を発行することを決めた。 日本円にペッグされており、買い物などの決済に利用できるほか、送金手数料を無料とする。 サービスを利用できる加盟店に対し、クレジットカードを大きく下回る水準の手数料をにすることで、導入を促進。 同銀行は、「Jコイン構想」を掲げており、約60の地方銀行も参加し、現金を使わないキャッシュレス決済の普及を目指すとされ、メガバンクが取り扱う初めてのデジタル通貨になるという。 「Jコイン」構想は、みずほ銀行やゆうちょ銀行が主導で進めており、ビットコインのように相場に連動して価格変動する通貨ではなく、 日本円の価値と連動・等価交換できる、電子マネーのように使用可能なデジタル通貨の仕組みとしている。 みずほフィナンシャルグループは以前、キャッシュレス構想の概要として、 「日本は、他の先進国と比べて キャッシュレス化が十分進展しておらず、現金決済比率が高い状況にある。 」 「クレジットカードやデジタルマネー等のキャッシュレス決済の普及により、決済の利便性・効率性の向上と、現金取扱等に関わる社会コストの削減を図ることが急務と考え、統一規格の「QR コード」決済を促進することにより、 日本におけるキャッシュレス社会を2020年までに進展させることを目指す。 」 としていた。 今年3月から実証実験 今年3月には、みずほFG、みずほ銀行、東邦銀行が共同で取り組む「キャッシュレス決済の実証実験」において、メタップスの子会社が提供するスマートフォンのウォレットアプリ「pring(プリン)」の採用が決定。 みずほフィナンシャルグループの資料より 2017年10月より実証実験を開始しており、SNSや電話番号を用いた送金機能や、加盟店での「QRコード」を用いたスピーディーな決済等、実際の運用を意識した検証を行なっていた。 キャッシュレス決済の実証実験を福島県内で始めるとしており、実用化に向けて動き出していた。 三菱UFJファイナンシャルグループも独自コインの実証実験 なお、ライバルの三菱UFJファイナンシャルグループも、2015年より開発を進めている独自の仮想通貨の2019年の大規模実証実験を目指し、ブロックチェーン技術を応用した高速決済システムの開発を進めている。 CoinPostのLINE スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE 」の登録はこちら。 大好評につき、登録者9,000名突破。 CoinPostのLINE 、おかげさまで順調に登録者増加中! ・各国の規制ニュースや取引所関連速報 ・BTCやアルトコインの高騰・暴落情報 ・相場に影響し得る注目カンファレンス など、国内外の「重要ファンダ」をいち早く入手したい方は是非ご活用ください。 QRコードでも登録可。

次の

お金の地産地消!?「デジタル地域通貨」は地域経済活性化の有効打になるか

デジタル 通貨 と は

広い意味では、紙幣(お札)や硬貨(コイン)といった現金ではない、データ上でやり取りされるお金のことを指します。 ただ、今回、日銀が研究に乗り出すデジタル通貨は、「現金に替わる決済手段として中央銀行が発行する電子的な通貨」のことで、各国で研究が進んでいます。 紙幣や硬貨といった現金は、法定通貨として信用されているため支払いなどに広く使われています。 デジタル通貨は、この法定通貨を電子データとして発行するというもの。 具体的な発行の方法としては、個人が中央銀行に口座を設けて決済に利用する形、銀行など金融機関どうしの決済に対象を絞る形など、さまざまな研究が行われています。 デジタル通貨の発行にいくつかのメリットが見いだされているからです。 まず、中央銀行が発行するデジタル通貨は信頼性が高く、現金を使わずスマートフォンなどで支払いができるキャッシュレスの普及につながると指摘されています。 また、通貨の偽造や脱税などの不正防止にもつながるとされています。 ただ世界では、デジタル通貨をめぐる各国の中央銀行の動きが活発になるきっかけになった出来事が2つあります。 まず、2019年、世界で20億人を超えるユーザーをもつアメリカのフェイスブックが打ち出した暗号資産の一種でデジタルコインとも呼ばれる「リブラ」の構想です。 膨大な数のユーザーが国境を越えてリブラを使うようになれば、ドルやユーロ、円など各国が発行する通貨の役割が低下し、リブラが主要な決済手段に置き換わる可能性があります。 中央銀行が物価や雇用を安定させるために行っている金融政策にも影響を及ぼしかねないため、各国の間でリブラへの警戒感が一気に高まり、G7やG20の場でも金融システムに深刻なリスクが生じると各国が発行をけん制しました。 2つめのきっかけは、「デジタル人民元」の準備を加速している中国の存在です。 2019年10月、政府系のシンクタンクの幹部が「中国人民銀行は世界で初めてデジタル通貨を発行する中央銀行となるだろう」と発行に強い意欲を示しました。 国内で「スマホ決済」が広く普及していることに加え、デジタル通貨の分野で主導権を握ることで人民元の国際化を進め、世界の基軸通貨・ドルに対抗するねらいがあるとも言われています。 中国の動きをみてECB=ヨーロッパ中央銀行も、域内で使えるデジタル通貨の発行の可能性を検討する考えを表明しました。 こうした動きに背中を押される形で、これまで内部で研究はしていたものの、デジタル通貨の発行には慎重な姿勢だった日銀も一歩踏み出したものと見られます。 デジタル通貨には、さまざまな課題があります。 普及して現金の流通が減ってしまうと、スマホの扱いが苦手な人などが支払いに困り混乱を招くという懸念もあります。 また、中央銀行のデジタル通貨と民間のIT企業などの決済サービスの役割をどのように区別するかも課題になります。 このため日銀によりますと、主要国の多くの中央銀行はこれまで発行に慎重な姿勢を示してきたということです。 日銀は、ECBやイギリス、カナダ、スウェーデン、スイスの中央銀行などと、デジタル通貨の研究を進める共同グループを設立しました。 研究グループは、サイバー攻撃への対策や、国境を越える送金の方法、金利をつけることができるのかなどについて共同で研究を行う計画で、年内をめどに成果を報告書にまとめる方針です。 研究成果をもとに実際にデジタル通貨を発行するかどうかはそれぞれの中央銀行の判断に委ね、日銀も「今の時点で発行する計画はない」としています。 日銀としても各国の協力を得ながら技術的な課題をできるだけ早く洗い出し、発行するかどうかの判断材料を整えたいというねらいがあるものとみられます。

次の