あいさつ文 梅雨。 梅雨の手紙挨拶の書き出しと結びをスマートに書くコツ!そうしたい人向け!

6月のおたより文例〜園だよりやクラスだよりの書き出し文例アイディア〜

あいさつ文 梅雨

ふさわしい梅雨の挨拶 6月は、梅雨の季節がやってきたと、感じますよね。 紫陽花、カタツムリ、雨のしずくが季節ならではの水の癒しに見えたり、ジューンブライドもあって、結婚式に友人などに挨拶文と祝福の言葉を伝える機会も多いでしょう。 梅雨の挨拶には、「走り雨」、「入梅」、「長雨」、「梅雨が明けるまで」、「梅雨の中休み」、「空梅雨」など言葉が主に用いられるのが一般的です。 雨が降ることの多い季節だからこそ、季語が入った挨拶文を上手に使い分けてくださいね。 そこで、「走り梅雨」、「梅雨入り(入梅)」、「梅雨の中休み」、「空梅雨」、「長雨」、「梅雨明け」といった、梅雨の季節に活かせるフレーズをジャンル別にピックアップしていきます。 走り梅雨(梅雨の始まり、迎え梅雨、梅雨の走り)• 梅雨に塗れ、木々の緑もいっそう深まったように感じられます。 梅雨入りを間近に今から憂鬱な気分になっております。 今年も梅雨入り宣言が気にかかる頃となりましたね いかがお過ごしでしょうか。 梅雨の走りでしょうか、ぐずついたお天気が続いております。 いよいよ梅雨に入りますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか。 入梅を控えて不安定な空模様が続いております。 梅雨入り(入梅)の季節挨拶文• 入梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いておりますが、これも天気とのお付き合いですよね。 今年もまた梅雨の季節がやってまいりました。 梅雨に入り、花のような色とりどりの傘が街に開く季節となりました• 入梅というものの雨が少なく、どうやら今年は空梅雨になりそうですね。 入梅の報に気を曇らせる今日このごろ、洗濯物が乾かない季節ですね。 梅雨の中休み(梅雨晴れ、梅雨の晴れ間)の季節挨拶文• 今日は梅雨の中休み。 よく晴れて日差しが強く、もう夏の足音がそろそろ近づいてきますね。 梅雨も中休みとなったのか今朝は爽やかな青空が広がっておりました。 梅雨晴れの1日、夏本番を思わせる強い日差しとなりました。 梅雨も今日は中休みとか久ぶちのお日様の日差しがまぶしいです。 梅雨も中休みらしく、朝から気持ちの良い青空が広がった1日でした。 久しぶりに覗いた青空はまさに、夏そのものでした。 梅雨の晴れ間には、太陽の有難みをしみじみ感じられます。 梅雨の中休み、久しぶりに青空が気持ちいい一日となりました。 雨後の新緑がひときわ濃く感じられる今日この頃です。 空梅雨(から梅雨、雨が少ない場合)• 今年は空梅雨のようです。 夏休みの計画はお立てになりましたか。 薄暑の候、今年は空梅雨を思わせ津ような天気が続いております。 梅雨というのに雨が少なく、夏場の水不足が気がかりな季節となりました。 今年は空梅雨となるとの予報ですが、水不足が心配ですね。 空梅雨を思わせる天候が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか? ふさわしい梅雨の挨拶(走り雨・入梅など)子どもに教えたい! 理解しやすさがメリット!梅雨の御挨拶文例集 お子さんでも、スマホなど通信機器に頼らず、手書きで心を込めて、手書きの文章で梅雨の挨拶をする方法を教えてあげたいものですね。 成長するにつれて、大人になる前に身に付けておきたい丁寧な言葉遣いの学習にも繋がるのではないでしょうか。 ここで注意すべき点は、お子さんの場合、語彙力の未熟さがあるので、あまり大人向けの言葉をそのまま使うと、難しく感じたり、挨拶を相手に伝えること事態も面倒くさがったりする可能性も・・・。 お子さんには、伝わりやすい季語やフレーズを交えましょう。 そこで、ママ、お友達やおじいちゃん、おばあちゃんに雨の日のお手紙を書きたい・・・なんて書けばいいかな?そんなとき、お母さんが優しく伝えられる、子ども向けの梅雨の挨拶を紹介していきます。 木々の深緑がより一層、深まる季節になりました。 お元気ですか?• 梅雨の季節となり、ちょっと気持ちが滅入ってしまうこともありますが、体に気を付けて元気にお過ごしください。 入梅が近づいてくる頃で、落ち着かない天気が続いていますね。 いかがお過ごしですか?• いよいよ梅雨の時期になりますが、ご機嫌のほどいかがでしょうか?• 今年もまた梅雨の季節がやってまいりました。 傘があちこち、お花が咲くように開いていますね。 先程、前述した梅雨の挨拶文例をアレンジしたものですが、お子さんというと、伝わりやすさ、理解が大切です。 「体に気を付けて」、「元気でお過ごしください」、「ご機嫌」、「傘」といった言葉を活用することをおすすめします。 ふさわしい梅雨明けの場合の挨拶は?出梅前と出梅後も要チェックです! 梅雨明け(出梅)前の挨拶 梅雨明けの挨拶にはどんな表現を用いると相手とスムーズにやり取り出来たり、自分が梅雨の挨拶の手紙や連絡を受け取っても違和感を感じないでしょうか。 スマホ、パソコンを使うことの多い若年層のママさんも、お子さんに後ほど教えるのに役立ちますよ。 ここで紹介しているフレーズの挨拶文は、「大人の挨拶」になりますが、お子さんの場合、例文の言葉の表現を柔らかくして伝えると良いかもしれませんね。 待ちに待った梅雨明けももうすぐです。 うっとうしい梅雨が明ければ、いよいよ夏本番がやってまいります。 梅雨明けがひたすら待たれる頃、お変わりなくお過ごしでしょうか。 はや夏至を迎え、梅雨明けもいよいよ近くなってきました。 梅雨明けも間近となり、ますます、お元気でご活躍のことと存じます。 梅雨が明けたかなと思うと、また雨・・・もうたくさんですよね。 お元気ですか?• 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、ご壮健にてお過ごしのことと存じます。 梅雨明け(出梅)後の梅雨の挨拶文• 憂鬱な梅雨も明け、青空が一際、爽快に感じられる今日この頃です。 長かった梅雨もようやく明けましたね。 長かった梅雨もようやく明け、いよいよ夏本番となりましたね。 梅雨が明けたとたん、この猛暑・・・体調などくずされてはおりませんか。 梅雨も明け、海や山が恋しい季節となりました。 梅雨明けとともに猛暑の夏が到来しました。 今年も夏バテが気がかりな季節ですね。 雨上がりに見る草木の緑がすがすがしいこの頃です。 梅雨明け宣言が出ていよいよ夏本番。 今年の夏は暑くなりそうですね。 少しずつ覚えて、お友達やおじいちゃん、おばあちゃん、親戚の御挨拶や、学校の授業で活かしましょう。 梅雨の晴れ間の青空はもうすっかり、夏の色をしています。 青葉を渡る風がすがすがしく感じられる季節になりました。 梅雨が明けたとたん、真夏日が続き、勝手なもので雨が恋しくなります。 めっきり暑くなってまいりました。 汗ばむ陽気に夏の到来を感じております。 衣替えの季節となりました。 我が家の弟(妹)の一年生は、黄色いレインコートで集団登校、その姿はヒヨコの行列のようです。 「登校」、「青葉」、「梅雨」、「暑い」、「汗」、「衣替え」といった簡単な言葉を使い、特に、下の弟、妹の近況や可愛らしい学校へ行く様子を手紙で表現することは、お子さんがイメージしやすいメリットがあります。 ふさわしい梅雨の挨拶 長雨&梅雨寒編 長雨と梅雨寒挨拶!ママもお子さんも知って得する• 青空を忘れてしまいそうなほど長雨が続いておりますね。 お元気でしょうか?• 連日の雨ですっかり気がめいっているこの頃です。 長雨の続く毎日ですが、くれぐれもお体にお気をつけください。 長雨が続き、肌寒い毎日ですが、お風邪など召さずお元気でしょうか。 長雨のみぎり、お変わりは御座いませんでしょうか。 雨また雨の毎日で心から真夏の青空が望まれます。 梅雨がうっとうしい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか? 梅雨寒(梅雨冷え)の挨拶編• こちらでは、このところ梅雨冷の日が続いておりますが、そちらではいかがでしょうか。 ここのところの梅雨冷えに、体調を崩されてはいませんか?• お元気でしょうか?思いがけない梅雨寒が続いております。 夏至を過ぎたとはいえ、梅雨寒にふるえるような日もございます。 思いのほか、梅雨寒で、一度しまったストーブをまた出してしまうほどの寒さですね。 まとめ 梅雨の挨拶 ママも子どももいざと言う時に活かせる• 大人も梅雨入りや梅雨明け、長雨、梅雨寒の挨拶を改めて学びましょう。 お子さんに教える際は、大人のフレーズを子ども向けに、「学校」、「梅雨」、「暑い」、「青葉」など使うとお子さんが理解しやすいです。 梅雨の挨拶は相手の健康を思って、心が伝わる挨拶をしましょう。 カテゴリー•

次の

【例文】梅雨の挨拶って?ビジネスメール・手紙に書くべき時候の挨拶例

あいさつ文 梅雨

時候の挨拶 7月の梅雨入り前の時期 「走り梅雨(はしりづゆ)」 梅雨入り前の5月-6月ごろ、梅雨のように雨が降ることがあります。 これを走り梅雨(はしりづゆ)や迎え梅雨(むかえづゆ)と呼びます。 季語としては6月初旬の言葉ですが、5月の中旬頃から梅雨入りするまでを目安に使うことができます。 例文:雨が降って寒い日が続く、という意味で 「走り梅雨が続いておりますが、お変わりありませんか。 」 「お体を冷やさないようお気を付けください」 北海道では梅雨はありませんが、やはり5月下旬から6月上旬にかけて一時的に気温が低い時期があります。 これを、ちょうどライラック(リラ)の花が咲く時期であることから「リラ冷え」とよびます。 「リラ冷えの町」というと札幌のことを指します。 「梅雨入り」 梅雨に入った初めの頃は「梅雨入り」が使えます。 梅雨入りは気象庁がほぼ毎年発表しており、夏の始まりでもあります。 「梅雨入りとなり、しと降る雨が続いております。 」 梅雨入りすると、肌寒い日が続く時期もあります。 これを梅雨寒(つゆざむ)といいます。 「入梅(にゅうばい)」 「入梅」という字を見ると「梅雨入り」と同じ意味のように考えてしまいそうになりますね。 梅雨入りと同じ意味として使うこともありますが、6月11日ころを雑節で「入梅」とよびます。 これは田植え時期の目安の一つとなる暦上の節目です。 以上の言葉は梅雨入り以前の時期を目安に使う言葉なので、7月よりも前に使うことがおすすめです。 時候の挨拶 7月 梅雨明け前に使える言葉 梅雨入り~梅雨明けまでの、最中の挨拶です。 五月雨 梅雨そのもののことを「五月雨(さみだれ)」といいます。 旧暦で5月頃であることから「五月雨」といいます。 また、麦が実をつける頃であることから「麦雨(ばくう)」という言い方もあります。 「梅の雨」という言い方も、梅雨そのものを指します。 青梅雨 青梅雨(あおつゆ)も梅雨そのもののことです。 葉を茂らせた草木に降る雨の様子を指すことで、俳句の季語などに用いられます。 空梅雨(からつゆ) 空梅雨とは、梅雨の期間中ほとんど雨が降らない状態を表す言葉です。 梅雨の時期の雨の量が少ないと、水不足で農業や工業の水が不足したりすることもあります。 晴れた日が続くことから「照り梅雨(てりつゆ)」ともいいます。 例文:「空梅雨の青空が続いております。 いかがお過ごしでしょうか」 梅雨の中休み 梅雨の半ばの時期に、一時的に天気が回復して晴れの日が続くことがあります。 この期間のことを梅雨の中休み(つゆのなかやすみ)とよびます。 「梅雨の月(つゆのつき)」・「梅雨の星(つゆのほし)」 梅雨の時期、雨の合間の夜空に見える月や星のことを指しています。 雨雲の合間から見える程度のこともあれば、晴れた夜空に浮かぶ姿も風情があるものですね。 例文「梅雨の月が冴え冴えと見えますね。 」 五月晴れ(さつきばれ) もともとの意味は梅雨の合間にみられる晴れ間のことです。 この五月とは旧暦の五月のことなので、現在では6月に当たります。 ただ、最近では気象庁では「五月晴れ」は新暦(今のカレンダー)での5月の晴れた空のことを表し、もともとの旧暦5月の晴れのことは「梅雨の合間の晴れ」と呼ばれています。 男梅雨・女梅雨 弱雨がしとしとと長く続くような降り方を「女梅雨」(おんなづゆ)、 雨が降るときは短期間に大量に降り、降らないときは晴れる、という降り方を男梅雨(おとこづゆ)と呼ぶ言い方もあります。 送り梅雨 梅雨が終わりに近づくと、 この時期には雷をともなった激しい雨が降ることが多くなります。 積乱雲(入道雲)もみられ、この時期の激しい雨を送り梅雨(おくりづゆ)や荒梅雨(あらづゆ)、暴れ梅雨(あばれづゆ)と呼びます。 雷のことは「梅雨雷(つゆかみなり)」といいます。 気温も高くなり、細菌やカビなどに注意が必要な時期でもあります。 例(結びの文で)「送り梅雨が続く中、お健やかにお過ごしください。 」 時候の挨拶 7月 梅雨明け後の手紙の挨拶 梅雨が終わり、いよいよ夏を迎える時期です。 梅雨の期間の終了が発表されることを梅雨明け宣言といいます。 「梅雨明け十日」 梅雨明け後から8月上旬くらいまでは天気が安定することが多く、「梅雨明け十日」といいます。 この時期は猛暑に見舞われることもあります。 例文:「梅雨明け十日の暑さが続いております。 」 梅雨の終わり 梅雨の終わりを「梅雨明け」といいます。 梅雨明けのことを「出梅(しゅつばい)」ともいいます。 梅雨明けした後もぐずついた天気となり、雨が続いたり、晴れた後に再び雨が降ることがあります。 これを帰り梅雨(かえりづゆ)や返り梅雨、戻り梅雨(もどりづゆ)と呼びます。 梅雨とつくが7月以外の時期の言葉 菜種梅雨 菜種梅雨は、3月から4月にかけての菜の花が咲くころに降る雨のことです。 梅雨のように何日も降り続くことは少ないのですが、曇りや雨の日が続くことがあります。 すっきりしない天気が多い時期は菜種梅雨(なたねづゆ)と呼んで、春の梅雨として表すことも多いです。 近年は、暖冬傾向や温暖化の影響などもあり、2月下旬ころからこのような天気がみられる傾向もあります。 筍梅雨 筍梅雨(たけのこづゆ)は、筍が出てくる4月から5月にかけて降る雨です。 秋雨(あきさめ) おもに8月後半頃から10月頃にかけて、長雨が降り続く時期を「秋雨」といいます。 「秋霖(しゅうりん)」や、すすきの時期でもあることから「すすき梅雨」などとも呼びます。 すすき梅雨 すすき梅雨は秋雨の事を指します。 さざんか梅雨 おもに11月下旬から12月上旬にかけての、連続した雨が降る時期があり、「さざんか梅雨」といいます。 これは山茶花(さざんか)が咲くころに降ることからこう呼ばれています。 まとめ 7月の時候の挨拶や季語として、梅雨に関する表現をご紹介しました。 手紙や文書、お便りなどのご参考になれば幸いです。

次の

7月の季語と時候の挨拶文<手紙の書き出しと結び>

あいさつ文 梅雨

梅雨時期の手紙の挨拶と季語 梅雨の時期に使える季節の言葉には、梅雨入り、空梅雨、梅雨の中休み、梅雨明けの4つに分けられます。 同じ梅雨でもその時期によって少しずつ言葉が変わってきます。 自分の感性に従ってその時期が梅雨の始まりなのか、終わりなのか季節感にマッチした言葉を使いましょう。 これで丁寧でしっかりした手紙の書き出しになります。 梅雨に出す手紙の書き出し例文 梅雨の季節は雨が多いのでじめじめして、ちょっと不快なこともあります。 でもそのような時期だからこそ季節感がたっぷりの手紙を送ると喜ばれるでしょう。 ・鬱々とした梅雨が明け、…。 ・梅雨明けももうそこにありますが、…。 ・梅雨明けを待ち遠しく思う今日このごろ、…。 ・首を長くして待った梅雨明け宣言が聞けました。 ・梅雨明けのこの暑さ、皆さま元気にお過ごしでしょうか。 梅雨に出す手紙の結びの言葉 手紙の結びの言葉は難しいものではなく、大体形が決まっています。 相手を気遣う言葉を使って思いやりの気持ちを込めると良いでしょう。 例文 ・もうすぐ梅雨入りとなりますが、どうかご自愛ください ・うっとうしい梅雨入りももうすぐですね。 皆様のご健康をお祈りいたします。 ・うっとうしい毎日ですが、どうかくれぐれもご自愛下さい。 ・長く降り続く雨の時期を乗り越えながら、お互い健康には気をつけましょう。 ・梅雨明けを待ち遠しく思う毎日ですが、お風邪など召されませんように。 ・季節の変わり目ですので、どうぞお身体をご自愛くださいませ。 ・蒸し暑い日が続いておりますが、どうぞお身体ご自愛下さい。 ・梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、どうぞお健やかにお過ごしください。 ・梅雨冷えの厳しい今日この頃、お風邪など召されませぬようお願い申し上げます。 ・うっとうしい毎日ですが、気持ちだけはさわやかに過ごしましょう。 ・雨の外出もまた風情あるものです、ぜひお出かけください。 ・梅雨寒の時節柄、風邪などお召しにならぬよう、お気を付けください まとめ 季節を感じる言葉と相手を思いやる言葉の組み合わせで、手紙が一気に温かいものに仕上がります。 恩師や目上の方、親戚などに送るときに便利に使えます。 ぜひ季節の趣がある手紙を送ってみましょう。

次の