清少納言 について。 清少納言

清少納言とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

清少納言 について

正確な生没年は未詳。 966年(1歳)清少納言誕生 981年(15歳) 陸奥守 むつのかみ・ 橘則光 たちばなのりみつと結婚 991年(25歳)橘則光と離婚 993年(27歳)一条天皇の后定子の教育係として出仕 995年(29歳)定子の父・藤原 道隆 みちたか没する。 道隆の弟・道長が権力を持ち始める 1000年(34歳)中宮定子崩御。 清少納言は宮仕えを辞する。 再婚し、夫藤原棟世と共に摂津国へ向かう。 このころには『枕草子』は完成していたとみられる 1025年(59歳)このころに死没していたと考えられる 清少納言とは 出身や生没年は未詳。 966年ごろに誕生し、1025年ごろに没したとも言われており、ここではその生没年を採用します。 名前 清少納言というのは 本名ではありません。 「清原家」の身内に「少納言」という位の人がいたことにちなんでそう呼びました。 みなさんは清少納言を「清少 納言」と呼んでいませんか? 「清原家の少納言」ならば、本来は 「清 少納言」と呼ぶのが正しい読み方となるのがわかると思います。 また、本名は「 諾子 なぎこ」だったとも言われますが、確証はありません。 家柄と教養 父は梨壺という場所に置かれた和歌所で編者をしていた「梨壺の五人」の一人、有名歌人の 清原元輔 きよはらのもとすけ。 また、曾祖父は『古今和歌集』の代表的歌人・ 清原 深養父 ふかやぶです。 清少納言を含めた、父、曾祖父三代の歌が 『小倉百人一首』に選ばれています。 清原氏は代々文化人として政治、学問に貢献した家柄。 清少納言は娘時代から漢学を学ぶなど、当時の女性としての水準をはるかに超える教養の持ち主でした。 結婚 橘則光 たちばなののりみつと結婚し、二人の間にはのち歌人となる息子の橘 則長 のりなががいました。 二人の結婚は10年ほど続き、のち離婚。 その原因は清少納言の漢詩の優れた才能など、教養の部分で橘則光と合わなかったからではないかと言われています。 清少納言が定子に出仕するようになると、宮中で則光と再会しました。 しかし、二人の仲は険悪ではなく、「 妹背 いもせの仲」として兄妹のように交流したと言われています。 宮廷への出仕を辞したのち、清少納言は親子ほど年の離れた 藤原 棟世 むねよと再婚。 そして女流歌人となる 子馬命婦 こまのみょうぶを産みます。 職業「清少納言」とは? 平安時代を代表する文化人として紫式部と並んで有名な清少納言ですが、 彼女が朝廷で活躍したのはたったの 7年。 とても凝縮された時間でした。 彼女の仕事は定子付きの 女房です。 政務や朝廷の行事などの必要事項を定子に伝えるために、それらを担当する 宮廷の男たちとの取り次ぎをするのが主な役目でした。 そんな業務の中で宮中のセレブ貴公子たちと気の利いた会話をして、朝廷の中での定子サロンに耳目を集めることも女房たちの仕事。 その点、清少納言は才気煥発で、得意の漢詩の知識を駆使して男たちと対等に機知の飛んだ応酬をします。 彼女こそ定子サロンのエース女房でした。 清少納言の歌人としての腕前 偉大な歌人である曾祖父・清原深養父と父・清原元輔のために、和歌はさすがの清少納言にもかなりのプレッシャーでした。 『枕草子』の中には、同様に有名歌人を父親に持った貴公子・藤原行成と、「苦手な和歌」について意気投合するほど。 主人である定子から歌を詠まなくても良い、というお許しを得たほど(『枕草子』95段)彼女は本気で和歌を避けていました。 ただし、彼女は 中古三十六歌仙 ちゅうこさんじゅうろっかせんに選ばれ、勅撰集、百人一首にも入首しているほどの和歌の実力の持ち主。 それでもさすがの腕前です。 『枕草子』の後の清少納言 少納言は主・定子を失った後は宮から下がり、普通の生活をしています。 暮らしは苦しく、晩年の頃は食うにも困るほど不遇だったという話しがありますが、真偽は定かではありません。 一方、宮仕えを終えたあとで藤原 棟世 むねよと結婚し、夫から裕福な生活を提供されたとも言われます。 晩年には、父親の清原元輔の山荘があった東山月輪の辺りに住みました。 藤原 公任 きんとう、中宮彰子付の女房の 和泉式部 いずみしきぶや 赤染衛門 あかぞめえもんなど宮廷の人々とも消息を交わしていた記録があります。 きょうのまとめ 最後までお読み頂きありがとうございました。 清少納言とは、.

次の

清少納言のお墓はどこにある?場所やお墓を建てた人物をご紹介|終活ねっとのお墓探し

清少納言 について

清少納言ってどんな人?小学生向けに解説! 清少納言は今から1000年ほど前、平安時代にいた女性です。 主に『 枕草子(まくらのそうし)』という随筆(身のまわりのことを書いたもの)の作者として有名な歴史人物です。 枕草子には「春は夜が明けるころがいい」とか「人がねずみの鳴き声のまねをすると、雀の子が踊るようにしてやって来るのがかわいい!」といった、今でも「わかるわかる」と言えることが書かれています。 また、清少納言は一条天皇の奥さんである 定子 ていし の教育係としても有名な人物です。 清少納言の実家は文学的にとても恵まれた家で、お父さんの 清原元輔 きよはらの もとすけ 、そしておじいさんの 清原深養父(きよはらの ふかやぶ)は、それぞれ有名な歌人でした。 こうした家族のもと、清少納言は高い教育を受けていたのでしょう。 天皇の奥さんの家庭教師としては適任だったわけです。 ちなみに、「清少納言」という名前は本名ではありません。 定子に仕えるときに名づけられた「仕事用の名前」です。 ・清=清原家出身 ・少納言=身内に少納言という位の者がいた この2つが名前の由来だと考えられています。 本名は「諾子(なぎこ)」だったとも言われていますが、よくわかっていません。 清少納言の年表を簡単にご紹介。 それでは、 清少納言の年表を小学生向けにわかりやすくご紹介します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー ・966年ごろ 正確な生まれ年はわかっていません。 お父さんは清原元輔(きよはらのもとすけ)という有名な歌人で、朝廷に仕える貴族でした。 といっても、藤原道長のようなトップに君臨するような地位ではなく、貴族の中では真ん中ぐらいの地位です。 則長もまた歌人として名を残してします。 しかし、ダンナさんとしだいにうまく行かなくなり、10年ほどで離婚してしまいます。 ・991年ごろ(25歳ごろ) 親子ほど年の離れた藤原棟世(ふじわらのむねよ)と再婚し、のちに女流歌人として知られる子馬命婦(こまのみょうぶ)を産みます。 ・993年(27歳ごろ) 関白(かんぱく)・藤原道隆(ふじわらのみちたか)から「一条天皇に嫁いだ娘・定子(ていし)の教育係になってほしい」と頼まれます。 当時17歳だった定子は、天皇の奥さとしてふさわしい教養を身に着けなければいけない時期でした。 道長は自分の娘・彰子(しょうし)を一条天皇に嫁がせ、一条天皇には定子・彰子と二人の妃がいる状態になります。 道長は定子の兄・伊周(これちか)や隆家(たかいえ)と権力争いを繰り広げ、その結果、道長が勝ち、敗れた伊周らは九州へと送られます。 父・兄の後ろ盾をなくし、道長を恐れて人々は次第に定子のもとから去りました。 清少納言は定子に仕え続けますが、「道長と通じている」とスパイ容疑をかけられてしまいます。 清少納言は定子のもとを去り、ひっそりと暮らしました。 『枕草子』はこのころに書き始められたようです。 その後、定子から求められて清少納言はふたたび宮中に戻ります。 ・1000年(34歳ごろ) 定子が難産のため、亡くなります。 清少納言も宮仕えをやめ、宮中を去ります。 その後の足取りはよくわかっていませんが、再婚相手の藤原棟世がいた摂津国(現在の大阪府の一部と兵庫県の一部)へ行ったといわれています。 このころには『枕草子』が完成していたと思われます。 ・1025年ごろ(59歳ごろ) このころ、亡くなったのではないかといわれていますが、亡くなった場所などはわかっていません。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 以上が清少納言の年表ですが、よくわからないことが多いですよね。 このころの女性は天皇の妃でもない限り、本名も生まれた年や亡くなった年も、まったく記録に残らないのです。 清少納言は『枕草子』のおかげで、本名ではありませんが名前が残ったわけです。 それでは、『枕草子』について、少しくわしく見てみましょう。 スポンサードリンク 枕草子の内容について簡単にわかりやすく解説 枕草子の内容についても簡単に見ていきましょう。 『枕草子』には300ほどの長短の文章がのっています。 そして、その内容は大きく2つに分かれます。 (1)自然や人間などを観察し、感じたこと (2)定子に仕えるなかで見聞きしたこと 有名なのは「春はあけぼの」で始まる『枕草子』の最初にのっている文章です。 「春は、夜がほのぼのと明けようとするころがいい」という意味です。 このあと、 「夏は夜がいい」 「秋は夕暮れがいい」 「冬は早朝がいい」 このように、四季それぞれの好きな時間帯を挙げています。 また、 定子のもとに仕え始めたころのことも記しています。 枕草子に書かれている事を簡単にご紹介すると「お仕えを始めたころ、気が引けることが多くて緊張で涙が出てしまいそうなほどだった」そうです。 しかし、夜、定子と一緒に絵を見ているときに「着物の端から少し見える手が、とても美しい」と定子をほめたたえているあたり、緊張しているわりには冷静に観察していてすごいなぁと感心してしまいます。 『枕草子』のなかで、清少納言は定子のことをとにかく素晴らしい人とほめちぎっています。 それでは、 枕草子はいつ何のために書かれたのかのでしょうか。 これについてはいろいろ説がありますが、最近出されている説をご紹介します。 『枕草子』が書かれた時期は2つに分かれ、1つは清少納言がスパイ容疑をかけられて宮仕えを辞めたときです。 失意の中で、宮中での華やかな出来事について書き綴りはじめるのです。 その後、清少納言は宮中に呼び戻されますが、そのときに書きためられた『枕草子』の一部を定子にも披露したと思います。 華やかだったころの美しい思い出が記された文章に、定子は慰められたことでしょう。 ところが、定子は難産が原因で亡くなってしまいます。 わずか24歳です。 主を失った清少納言は、宮中を去ります。 このときが2つ目の執筆時期にあたります。 定子の美しさや定子の兄・伊周が勢いのあったころの話、天皇や定子と夜中まで語り明かしたことなど、もう二度と返ってこない日々を思い出して書いたのでしょう。 最近では、『枕草子』は定子とその一族へなぐさめの意味を込めて書かれたのではないか、という説も出されています。 スポンサードリンク この記事のまとめ 清少納言とはどんな人なのか、年表や枕草子を含めて小学生向けに簡単にご紹介しました。 清少納言がどんな時代に生き、どういう思いで『枕草子』を書いたか。 そんなことに思いを馳せると、「ちょっと読んでみようかな」という気持ちになりますね。 原文で読むのはちょっと難しいですが、今は現代の言葉に直したものやマンガにもなっていて、気軽に楽しむことができますよ。 「着物は裾の色の重ね方がポイント」とか「甘いかき氷食べたい~」といった、平安時代のファッションやスイーツのこともわかり、今でいうところのブログに近いかもしれません。 なお、以下の記事では 清少納言のお父さんや旦那さん、子供について解説しているので、興味があれば一度ご覧になってみて下さいね。

次の

清少納言と紫式部は仲が悪かった?清少納言の人物像と作品についてまとめ!

清少納言 について

スポンサードリンク 性格や本名・作品の評価など清少納言のプロフィールは? 清少納言の性格を掘り下げてご紹介する前に、 彼女のプロフィールをwiki的にご紹介しておきましょう。 清少納言の「清」は、苗字の「清原」からとられたもので、「 少納言」は官職名ですが、多くは男性親族の官職が付けられます。 しかし、清少納言の場合、 「少納言」の由来は諸説あり、実際のところ分かっていません。 藤原定子の女房として仕えていたときの経験を基に書かれた代表作「枕草子」は、 日本を代表する随筆分として高い評価を得ています。 スポンサードリンク 代表作品から分かる清少納言の性格は? 清少納言が残した和歌や代表作の「枕草子」からうかがえる性格をエピソードも交えご紹介しておきましょう。 作品から分かる清少納言の性格1:明るい 清少納言について、多くの専門家が口をそろえるのが 明るい性格ということです。 「枕草子」には、清少納言が、一条天皇妃である藤原定子に仕えていたときの 楽しく華やかな宮廷生活のシーンが多々登場します。 リズム感のある軽快な文章で書かれたエピソードは、 端的にすっきりまとめられていて非常に論理的。 「これは好き、あれは嫌い」という風に、 はっきり言い切る明るく知的な性格が清少納言の書いた文章全体からうかがえます。 作品から分かる清少納言の性格2:感性豊か 清少納言の代表作「枕草子」といえば 「春はあけぼの…」で始まる第一段が小学校の教科書にも登場するほど有名です。 春の朝の情景の描写からは、1000年以上前に書かれた作品とは思えない フレッシュな感性が伝わってきますよね。 第一段は「夏は夜、秋は夕暮れ、冬はつとめて 早朝 」と四季折々の情緒がつづられ、 色彩豊かで瑞々しい文章は時を超えて共感を得るクオリティーの高さです。 「枕草子」の第一段は。 平安時代の美的概念がベースになっているものの、 清少納言独自の深い洞察力や豊かな表現力が光っています。 「枕草子」から分かる清少納言の性格3:勝気 平安時代、漢文は男性の教養でしたが、 清少納言は漢文の知識があることを隠さず、機転のきいたやりとりを男性とかわしています。 夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも 世に逢坂の 関はゆるさじ 【現代語訳】 夜が明けないうちに、鶏の鳴きまねをして私をだまそうとしても、この逢坂の関所は決して開きませんよ。 上記は、清少納言がボーイフレンドの一人である藤原行成に贈った歌ですが、 彼女の勝気な性格がうかがえるエピソードが。 行成はプレイボーイとして知られていた人物で、ある夜、清少納言を訪れ少し話をしたのち、 夜明けを待たず帰ってしまいました。 翌朝、夜明けを告げる鳥が鳴いたのでとの言い訳の和歌を送った行成に対し、私は騙されませんよと返答したのが上記の和歌。 清少納言の返歌は、関所を早く開くため夜明けの鳥の鳴きまねをした中国の史記にある 「函谷関 かんこくかん の故事」が元ネタになっています。 「故事では役人をだまし関所を開けることに成功したけれど、 私はだまされないわよ」という清少納言の勝気で機転に富んだ性格がうかがい知れるエピソードですね。 スポンサードリンク 作品から分かる清少納言の性格4:コンプレックスも 清少納言というと知的でユーモアのセンスもある自信満々な性格と思われがちですが、 くせ毛がコンプレックスだったのだそうです。 真っ直ぐな黒髪が女性の美のシンボルだった平安時代なので、 くせ毛に対するコンプレックスは「枕草子」の中でも言及されています。 宮中に出仕後間もない清少納言が、部屋が明るく 自分のくせ毛が主の藤原定子にはっきり見えてしまうのが恥ずかしいと嘆く一幕も。 清少納言は不美人ではなかったと伝わりますが、 自分の容姿にはあまり自信がなかったとも言われています。 作品から分かる清少納言の性格5:芯が強い 清少納言は「枕草子」の中で、宮中の華やかなエピソードを数多く記しています。 しかし、彼女が「枕草子」を書き始めたのは、 主の定子がひどい逆境に立たされていた時期でした。 天皇の寵愛 ちょうあい を受けていた定子ですが、父の藤原道隆がこの世を去り後ろ盾が弱くなった 一族は没落の一途をたどることに。 やがて、定子自身も難産が原因で 24歳の若さで父の後を追うようにこの世を去りました。 しかし、清少納言は、女主人が見舞われた 大変な不運には一切触れず、華やかで楽しい思い出を書きつづることに徹しました。 「枕草子」は、部分的に定子亡き後に書かれており、 定子が最も輝いていた時代の回顧録的な存在でもあります。 恨み言ではなく、あえて明るく楽しいエッセイを仕上げたところに 清少納言の芯の強さとプライドをうかがい知ることができます。 清少納言の性格からみた紫式部との関係は? 紫式部は、定子より遅れて一条天皇の妃になった 藤原道長の娘 彰子に女房として仕えた女性で「源氏物語」の作者として有名です。 清少納言と紫式部は共に女房として宮中に出仕していた平安時代の女流作家で、 ライバルだったという説もあります。 しかし、実際は 二人が宮中に出仕していた時期が異なることから直接的なライバル関係ではなかったというのが定説です。 今風にいうと清少納言が 陽キャラ、 紫式部は陰キャラとされているため、性格的には合わなかったかもしれません。 とはいえ、後世でいわれている、清少納言VS紫式部の 直接的なライバル関係は実際はなかったと思われます。 紫式部の方は、 「紫式部日記」の中で清少納言の批判もしているので、直接関係はなくても好感は抱いていなかったようですね。 スポンサードリンク 清少納言の性格からみた藤原定子との関係は? 清少納言が宮廷で定子付きの女房として仕えたのはわずか7年の期間でしたが、 清少納言の生涯で最も輝いていた時期でした。 「枕草子」の中にも 定子の美貌や聡明さを称賛する記述がそこかしこに見られ、 清少納言が定子を深く敬愛していたことが分かります。 実際、 定子はとても美しく魅力的な女性だったようで、彼女の一族が没落した後も一条天皇の愛情は変わりませんでした。 父の逝去後、一度は出家した 定子を説得し還俗 げんぞく させていることからも、一条天皇の深い愛情が分かります。 しかし、皮肉なことに天皇の寵愛があだとなり、権力者だった 藤原道長に一層目をつけられる不幸に見舞われました。 清少納言は、定子亡き後、彼女の数奇な運命より、 美しく聡明だった魅力的な女主人像を後世に伝えたかったのかもしれませんね。 清少納言の性格をより深く理解するなら? 清少納言をより深く理解できるおすすめアイテム1も.

次の