高槻 市 柱 本 爆発。 大阪府高槻市で爆発事故!場所は今村産業の工場?現場の状態は?けが人は大丈夫?

大阪高槻産廃工場が爆発!柱本4丁目住所特定!けが人の状況は?

高槻 市 柱 本 爆発

今村産業の倉庫爆発事故 爆発事故が起きた当初ニュースでは下記のように報じられた。 大阪府高槻市の産業廃棄物収集会社で4人が死傷した爆発火災で、現場の会社役員が「約3週間前から、スプレー缶3千本のガス抜きをしていた」と説明していることが8日、大阪府警への取材で分かった。 府警は業務上過失致死傷容疑も視野に、ガス抜きが行われた状況や経緯などを調べている。 府警によると、ガス抜きをしていたのは機械部品の清掃をするためのスプレー缶。 現場の「今村産業」の男性役員の説明では、約3週間前から金づちでスプレー缶に穴を開けて廃棄する作業をしていた。 大量のスプレー缶が持ち込まれた経緯について、男性役員は「昨年の台風の被害でスプレー缶を保管していたコンテナが水没し、販売できなくなったものが持ち込まれていた」と話しているという。 火災は6日夜に発生。 ガス抜き作業をしていた男性2人が死亡、2人が意識不明の重体となっている。 yahoo. また、事故の起きる3週間前からは合計3000本のスプレー缶に金槌で穴を開ける作業も行われていたとのこと。 スポンサードリンク 火災が起きた今村産業とは? 今回、モノタロウが家宅捜索されることになったということで、この件の爆発事故がモノタロウで起きたのか?と勘違いされている方もいるかもしれない。 あくまでモノタロウはスプレー缶を今村産業に持ち込んだ通販会社。 今村産業は、産業廃棄物運搬会社。 会社名:有限会社今村産業 住所:大阪府高槻市柱本4丁目22番7号 電話番号:072-678-4700 業務内容:産業廃棄物収集運搬業、電気設備工事 産業廃棄物収集運搬業とは、いわゆる産廃業者と呼ばれる不用品回収業者。 工場や事務所などで出た廃棄物を収集運搬できる、産業廃棄物収集運搬許可を取得する業者。 そのため、企業や工場などから、通常では処分が難しいゴミを回収して処理している。 今回もモノタロウから大量の不要になったスプレー缶を引き取り、廃棄処理をしていたものと思われる。 スポンサードリンク 今村産業火災事故の被害者は誰? 今回の事故では、残念ながら2名が命を落とし、2名が重体の怪我を負う形となってしまった。 亡くなられたのは、山西潤さん(36)ら2名。 怪我をしたのは山西さんの中学1年生の次男ら2名。 亡くなった2名のうち一人の山西潤さんはモノタロウの社員だった。 重体の二人のうち一人はモノタロウの下請け会社の従業員の50代男性。 このことからわかる当時の現場の状況としては、モノタロウから、大量のスプレー缶を持ち込んだ、山西潤さんら4名。 4名は今村産業でスプレー缶を廃棄するためにはガス抜きを行う必要があるとわかり、ガスを抜き始めた。 そのガスが原因となって火災が発生した可能性。 今回、モノタロウが家宅捜索されているのは、このスプレー缶のガス抜きの際に、モノタロウが必要な安全対策を取っていなかった可能性があるとされているためである。 しかし、気になるのは、その4名の中に、山西潤さんの息子さんが含まれていたこと。 一人はモノタロウの下請け業者のため、このガス抜きをモノタロウの仕事として行なっていたのか? 子供が手伝っていることから、仕事以外の業務として行なっていたのか? どういう状況でこの4人がそこで作業をすることになっていたのか? この辺りが疑問ではあるが今後の家宅捜索で明らかになってくる可能性がある。

次の

高槻市柱本で火事!現場画像や出火元は?爆発の衝撃で家が揺れた!|マリモッコリのブログ

高槻 市 柱 本 爆発

こんにちは! 7月6日午後8時ごろ、 で爆発事故が発生しました。 爆発事故はかなり激しく、行方不明者も出ているそうです。 今回は、こので起こった爆発事故の原因や行方不明者、爆発事故の動画などを調査したいと思います。 大阪・高槻で爆発事故!行方不明者も 【更新】 消防本部によると、少なくとも2人を救急搬送したとの情報です。 負傷した2人が病院に搬送された。 他にもけが人がいるとみられる。 市消防本部によると、倉庫は激しい黒煙を上げて燃えている。 現場はJRから東へ約4・5キロに位置し、淀川沿いに倉庫や工場が立ち並ぶ地域。 現場近くのラーメン店で働いていた30代男性は「爆発音とともに店の窓や食器が揺れた。 慌てて外に出ると、3~4メートルぐらいの火柱が見え、辺り一帯が黒い煙に覆われていた」と驚いた様子で話した。 引用: 爆発事故は 柱本の工場内にある倉庫で起こったそうです。 爆発事故はかなり激しく、周囲の住民などは家が揺れたりするほどだったそうです。 自分の家の近くで爆発事故が起こったら本当に怖いですよね。 実際に爆発音を聞いたら冷静に対処できる気がしません。 爆発事故の場所は柱本! 爆発事故が起こった場所は 柱本です。 近くには立柱本小学校や立摂津支援学校などのがあり、心配です。 爆発事故が起こったのは午後8時ごろなので、児童や生徒にケガの心配はなさそうです。 で爆発事故!行方不明者やけが人は? 6日午後8時10分ごろ、柱本4丁目の産業廃棄物運搬会社の付近で「爆発音がして煙が見える」などの119番通報が相次いだ。 府警や市消防本部によると、同社付近で火災があり、当時同社で作業していた男性4人のうち3人が病院に搬送され、いずれも重傷。 残りの1人の行方が分からなくなっているという。 には同日午後8時過ぎから、「ものすごい爆発音がして家が揺れた」などの投稿が相次いだ。 現場から約2キロ離れた自宅で夕食をとっていたという高校3年の女子生徒(17)は「『ドン』っていう大きな音がして、交通事故が起きたのかと思った。 カーテンが揺れるくらいの振動もあった」。 現場まで自転車で見に行く途中も、小規模な爆発音が何度も聞こえて火柱も強くなっていったという。 「こんなの今までなかった。 本当にびっくりした」と話した。 現場のすぐ近くの会社で働く和田真一さん(56)は「火が燃え移った一帯には、アセチレンガスやプロパンガスなどのボンベが大量にある。 早く避難しないと危ない」と話した。 (長谷川健、遠藤隆史) 引用: 爆発事故が起こったのは、柱本4丁目の産業廃棄物運搬会社の付近であり、当時作業をしていた 男性4人のうち3人が病院に運ばれたそうです。 また 残りの1人は行方不明となっており、現在もまだ救助されていません。 早く、見つかって救助されて欲しいです。 で爆発事故!爆発事故の動画は? 爆発事故はかなり激しく、周囲の住民も家が揺れたと言っていましたが、一体爆発事故はどのようなものだったのでしょうか? みんな逃げて!すごい爆発や 大阪 高槻 柱本 爆発 危険 逃げて — 木曽 kikkun0825 との境にある柱本で爆発事故です。 橋が黒煙に覆われています。 歩行者や自転車、車で通行の方は迂回してください。 — いろはくん。 近くに住んでいる人は今すぐに避難してください。 また事故現場は消防車や救急車のサイレンが鳴り響いており、騒然としていました。 そして爆発事故で生じた黒煙が空いっぱいに広がり、近くの橋が黒煙に覆われていました。

次の

大阪府高槻市で爆発事故!場所は今村産業の工場?現場の状態は?けが人は大丈夫?

高槻 市 柱 本 爆発

今村産業の倉庫爆発事故 爆発事故が起きた当初ニュースでは下記のように報じられた。 大阪府高槻市の産業廃棄物収集会社で4人が死傷した爆発火災で、現場の会社役員が「約3週間前から、スプレー缶3千本のガス抜きをしていた」と説明していることが8日、大阪府警への取材で分かった。 府警は業務上過失致死傷容疑も視野に、ガス抜きが行われた状況や経緯などを調べている。 府警によると、ガス抜きをしていたのは機械部品の清掃をするためのスプレー缶。 現場の「今村産業」の男性役員の説明では、約3週間前から金づちでスプレー缶に穴を開けて廃棄する作業をしていた。 大量のスプレー缶が持ち込まれた経緯について、男性役員は「昨年の台風の被害でスプレー缶を保管していたコンテナが水没し、販売できなくなったものが持ち込まれていた」と話しているという。 火災は6日夜に発生。 ガス抜き作業をしていた男性2人が死亡、2人が意識不明の重体となっている。 yahoo. また、事故の起きる3週間前からは合計3000本のスプレー缶に金槌で穴を開ける作業も行われていたとのこと。 スポンサードリンク 火災が起きた今村産業とは? 今回、モノタロウが家宅捜索されることになったということで、この件の爆発事故がモノタロウで起きたのか?と勘違いされている方もいるかもしれない。 あくまでモノタロウはスプレー缶を今村産業に持ち込んだ通販会社。 今村産業は、産業廃棄物運搬会社。 会社名:有限会社今村産業 住所:大阪府高槻市柱本4丁目22番7号 電話番号:072-678-4700 業務内容:産業廃棄物収集運搬業、電気設備工事 産業廃棄物収集運搬業とは、いわゆる産廃業者と呼ばれる不用品回収業者。 工場や事務所などで出た廃棄物を収集運搬できる、産業廃棄物収集運搬許可を取得する業者。 そのため、企業や工場などから、通常では処分が難しいゴミを回収して処理している。 今回もモノタロウから大量の不要になったスプレー缶を引き取り、廃棄処理をしていたものと思われる。 スポンサードリンク 今村産業火災事故の被害者は誰? 今回の事故では、残念ながら2名が命を落とし、2名が重体の怪我を負う形となってしまった。 亡くなられたのは、山西潤さん(36)ら2名。 怪我をしたのは山西さんの中学1年生の次男ら2名。 亡くなった2名のうち一人の山西潤さんはモノタロウの社員だった。 重体の二人のうち一人はモノタロウの下請け会社の従業員の50代男性。 このことからわかる当時の現場の状況としては、モノタロウから、大量のスプレー缶を持ち込んだ、山西潤さんら4名。 4名は今村産業でスプレー缶を廃棄するためにはガス抜きを行う必要があるとわかり、ガスを抜き始めた。 そのガスが原因となって火災が発生した可能性。 今回、モノタロウが家宅捜索されているのは、このスプレー缶のガス抜きの際に、モノタロウが必要な安全対策を取っていなかった可能性があるとされているためである。 しかし、気になるのは、その4名の中に、山西潤さんの息子さんが含まれていたこと。 一人はモノタロウの下請け業者のため、このガス抜きをモノタロウの仕事として行なっていたのか? 子供が手伝っていることから、仕事以外の業務として行なっていたのか? どういう状況でこの4人がそこで作業をすることになっていたのか? この辺りが疑問ではあるが今後の家宅捜索で明らかになってくる可能性がある。

次の