携帯 罰金。 運転中のスマホ操作の罰則が厳罰化!変更後の罰金・懲役と違反の基準

海での違反と罰金はびっくりするほど高い

携帯 罰金

グーネット編集チーム 2019年12月に道路交通法の改正によって、厳罰化がすることになった「ながら運転」については皆さんとこまでご存知でしょうか。 「ながら運転」に関して、なんとなく理解はしているもの詳細についてはあまり知らない方も多いのではないでしょうか。 例えば、「運転中のスマートフォンの操作がながら運転になる」ということに対しても、「少しでもスマートフォンを見てしまったら違反になるのか?」など、どこからが違反の対象になるかを明確に理解されている方は少ないのではないでしょうか。 今回はそんなながら運転に対しての疑問をお持ちの方に、ながら運転の対象となる行為と、道路交通法の改正後の「ながら運転」に対する罰則の変更内容を解説していきます。 これはNG!車のながら運転の禁止行為 道路交通法における「ながら運転」とは、大きく分けて3つの行為が対象となっています。 運転中のスマートフォンや携帯電話の通話行為 2. 運転中のスマートフォンの画面を注視する行為 3. 運転中のカーナビ、タブレット端末などの画面を注視する行為 基本的に走行中はスマートフォンや携帯電話の通話だけでなく、画面を注視する操作自体が禁止とされています。 そのため、運転する前にスマートフォンの電源をOFFにしたり、ドライブモードに設定したりといった対策が必要です。 なお、ドライブモードとは、着信音がミュートになり、相手に留守電の音声が流れる機能です。 不在着信として履歴も残るので、再度掛け直すことができます。 運転中にどうしても電話に出なければならない時は、必ず安全な場所に一旦車を止めてから通話をするようにしましょう。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

「ながらスマホ」の罰則等大幅に強化──12月1日施行

携帯 罰金

(この記事は約 8 分で読めます。 ) 携帯・スマホを自動車の運転中に使用する、いわゆる 「ながら運転」が違反である事は皆さんご存知かと思います。 ただその違反内容や罰金等に関しては詳細に知らない人も多いのではないでしょうか? しかも、現在、国会では ながら運転の厳罰化に関する法案が審議されています。 かなり厳しい内容となっているので、知らないと痛い目を見る事になりそうです。 そこで今回は、自動車の運転中に携帯・スマホを利用した場合の違反内容や罰金・点数等(厳罰化の内容も含む)ついて紹介したいと思います。 なお、最初はどういった場合の違反になるのかについて説明しています。 はやく罰金内容とかが知りたいんだ!という人は「」を先にチェックしてみて下さい。 このページの目次• 運転中に携帯電話・スマホを使用すると違反 自動車等を運転している時に携帯電話・スマホを使用すると道路交通法違反となり取締りを受けます。 道路交通法では以下のように規定されています。 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。 )を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。 第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。 )を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 )のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 )に表示された画像を注視しないこと。 (引用:第71条五の五) ごちゃごちゃと記載されていますが、要は 【通話のための使用】と 【画像を注視する行為】が違反の対象です。 例えば、通話はもちろんの事、メール・ライン・ウェブ等を利用した場合などが違反行為となります。 運転とスマホの関係については判断が難しい部分もありますが、「注視していた、していない」の口論を避けるために、100%自衛するには運転中にスマホには触れない一番確実ですよ。 赤信号(信号待ち)や渋滞などの停止中の利用は違反!? 上記の道路交通法第71条五の五には、「 自動車等が停止しているときを除き」と明記されているので、赤信号や渋滞で停止している時の携帯電話の利用は違反になりません。 ただし、停止というのはタイヤが完全に止まっている状態を指すので、車が少しでも動いている時に通話等をしている場合には違反となります。 また、青信号や渋滞で前の車が走行し始めたのに、携帯電話を利用していてその事に気付かなかった場合、停止中とはいえ、その他の車の走行を妨げる事になるので、もしかしたら違反となる可能性があります。 現状ではまだ可決されていないので確定ではありませんが、 ほぼ確実に近い将来スマホ運転の厳罰化が実施されると言われています。 厳罰化された場合の内容(2018年11月時点で未確定) 厳罰化のポイントは2つです。 まず1つ目のポイントが、現在規定されている罰金・懲役刑の引き上げです。 違反の種類 改正前 改正案 交通の危険 3ヶ月以下の懲役 又は 5万円以下の罰金 1年以下の懲役 又は 30万円以下の罰金 保持 5万円以下の罰金 6ヶ月以下の懲役 又は 10万円以下の罰金 「携帯電話使用等(交通の危険)違反」に関しては、期間・金額ともに大幅に罰則が強化される予定です。 また、「携帯電話使用等(保持)違反」に関しても、罰金が増額され、新たに懲役刑も追加されます。 そしてもう1つのポイントが、軽微な違反(加点される点数が3点以下)をした際の 交通反則通告制度の適用除外です。 これはかなりインパクトが大きい・・・。 なぜなら、今までは反則金を納付しさえすれば刑事責任を果たした!という建前を得られたのに、これからは罰金若しくは懲役というより重い罪が課される事になるからです。 たとえば、スマホを見ながら運転していて信号無視をしてしまったような場合、交通反則通告制度が適用されず、いきなり赤キップという事になります。 適用される罰則は、おそらくの観念的競合の考え方が適用されて、犯した違反のうち最も重い罰則が規定されている違反・罰則が適用されます(厳罰化されるので、ほとんどの場合、上記のスマホ使用時の罰則が適用されるでしょう)。 まさに厳罰化と言える内容です。 この内容を知っていれば、運転中に携帯電話を使おうと思いませんよね。 ただ知らなければ、今までと同じように軽い気持ちで運転中に携帯を使用してしまう人もいるでしょう。 まだ厳罰化される事を知らない人も多いと思うので、家族・友人・同僚などに教えてあげてくださいね。 そうですね。 「事故や取り締まりの件数もかなり多くなってきている」という点では似ているかもしれませんね。 事故や事件が増えればそれに伴って法律も変化していくということですね。 いつから罰則が強化される? 運転中の携帯使用による違反に関する厳罰化の改正案は、2018年1月22日に招集され、2018年6月20日が会期末の通常国会に提出されています。 一般的な流れとしては、衆参両議会で可決された後に公布され、その一定期間後に施行されます。 そう考えると、 早くて2018年の10月・11月辺り、遅くても2019年の3月・4月辺りに罰則が強化されると思われます。 ただあくまで上記の時期は当サイトの予想ですので、厳罰化の内容が内容なだけに、いつ改正されるのかはチェックしておいた方が良いでしょう(もちろん時期が判明すればこちらの記事で紹介します)。 厳罰化がほぼ確実にくるってことなら、もう今から適用されたつもりでいた方が良いかもしれないわね。 スポンサーリンク 違反を回避するために 自動車を運転する際、携帯やスマートフォンを一切利用しない事が違反を回避する最善の策となりますが、仕事の都合等で運転しながら携帯で話さなければならない人が居ることも事実です。 考えられる対策はイヤホンマイクの使用です。 運転中の携帯電話の違反は手で保持する事が条件となっているので、イヤホンマイク(ハンズフリー)を利用して通話する事は道路交通法の罰則の対象外となります。 どうしても運転中に携帯電話で通話したいという人は、イヤホンマイクを購入し利用してください。 ただし、注意点が2点あります。 1点は、運転への集中力の低下です。 ハンズフリーとは言え運転中に通話すれば会話に夢中になってしまう事もあるので、利用する場合は最善の注意を払う必要が有ります。 もう1点は、道路交通法上は罰則の対象外であったとしても都道府県の条例でイヤホンマイクの使用が禁止されている場合がある点です。 条例違反に該当すると安全運転義務違反となり、9,000円の反則金に加えて、交通違反点数2点が加算されます。 なぜ道交法ではなく条例で禁止されているのかというと、道路交通法第71条六号において、各都道府県の公安委員会が交通安全の為また事故防止の為に運転者の遵守事項を定めても良いとされているからです。 例えば東京都では、として交通ルールを定めています。 そこまで大きくは内容が異なりませんが、御自身が住んでいる又はよく走行する都道府県の条例はチェックしておいた方がいいでしょう。 最近では兵庫県で自転車を運転する人に自転車保険への加入義務化条例が定められる!?というニュースが有りました。 合わせて読みたい 話が少し反れましたが、東京都ではイヤホンマイクについて規則の第8条(5)で以下のように規定しています。 高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。 この内容を警視庁に問い合わせてみた所 「運転中のイヤホンマイクの使用はグレー」だそうです。 というのも、イヤホンマイクの使用が即違反となるわけではなく、外部の音が聞こえないような状態でのイヤホンマイクを使用した場合に違反となるそうです。 例えば、携帯電話での通話に限っていうと、大声で通話をする事で「緊急車両のサイレンの音や踏切の音またパトカーの声などが聞こえない場合」に安全運転義務違反となります。 仮にイヤホンマイクを使用してパトカーに停止を促された場合でも、すぐに脇道に車を停車して声が聞こえていた事を主張すれば違反切符は切られないでしょう。 実際どうなるかは分かりませんが・・・) 以上は東京都の場合の話です。 その他の道府県でもほぼ同じような規則が規定されているのですが、外部の音が聞こえない状態の使用が違反となるのか、又はイヤホンを装着しているだけで違反となるのかは、各道府県の警察本部に交通相談として問い合わせをして確認してからイヤホンを使用する事をオススメします。 最後に警察庁の方も言っていましたが、イヤホンマイクの利用では即違反となるケースは少ないようですが、外部の音・声が聞こえる状態であっても、通話に集中してしまうことで交通に危険を生じさせるような運転になっている場合には、厳重注意又は安全運転義務違反として取締を行う場合もあると言っていました。 ですから、イヤホンマイクの使用が即違反とならないにしても、極力運転中の通話は控えた方が安全の為にもベストかもしれません。 まとめ 今回は、車の運転中に携帯・スマホを使用した時の違反について紹介しました。 この違反の取り締まり件数は毎年100万件前後にものぼります。 運転中にもかかわらず、携帯を使用してしまう人が多い事の現れです。 厳罰化の話にも触れましたが、取締件数を考慮すれば、当然の流れなのかもしれません。 車と携帯、どちらも便利な機械ですが、同時に扱うには危険を伴います。 「 運転するなら携帯を触らない、携帯を触るなら車を脇道等に止める」 車を運転する以上、ルールを守って安全運転を心がけましょう。 その動機が厳罰化だったとしてもそれはそれで良いと思いますよ。

次の

運転中の携帯電話による交通違反の罰金や違反点数は?信号待ち中はどうなの?

携帯 罰金

運転中の携帯電話やスマホ使用は違反行為 運転中に携帯電話やスマホを使用する行為は、「ながら運転」の一つで、違反行為です。 この何々をしながらの運転は、非常に危険な行動であり、交通事故の多発につながるという調査結果が出ています。 これは当然で、交通状況というのは刻一刻と変化しますので、携帯電話やスマホに気を取られている間に歩行者や自転車が死角から現れたり、自動車やバイクが進路変更をし、今とは違う状況が数秒後には現れているなんてことは日常茶飯事だからです。 運転中に携帯電話やスマホを使用する行為は、自殺行為であるのと同様に交通事故の加害者になってしまう可能性も非常に高いのです。 ところで、道路交通法では運転中の携帯電話・スマホの使用に関して、どのように定められているのでしょうか? 道路交通法では、運転者の遵守事項として第七一条に定められています。 (運転者の遵守事項) 第七一条 五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。 )を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。 第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。 )を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。 第百二十条第一項第十一号において同じ。 )のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。 )に表示された画像を注視しないこと。 道路交通法 第七一条五の五 詳しく見ていくと、 自動車等が停止している時を除き、携帯電話やスマホで通話してはいけないこと、表示された画像を注視してはいけないことが定められています。 ここで2つの疑問が生まれてくるのではないでしょうか? それは、「自動車が停止していれば携帯電話やスマホを使用してもいいのか?」ということと、「画像を注視とは、どれくらいの時間を言うのか?」ということです。 その2つの疑問に関して、もう少し考えてみましょう。 自動車が停止していれば携帯電話やスマホを使用してもいい? 自動車が停止している時とは、駐車場や駐停車が可能な場所でエンジンをかけて停止している時や赤信号で停止しているケースなどがあります。 道路交通法で「当該自動車等が停止しているときを除き」と定められていますので、基本的には違反ではないと言えます。 ただし、赤信号で停止しており携帯電話やスマホを使用していると、動き出してからも使用するのではないかと疑われて、切符を切られることもあるようです。 ですので、たとえ道路交通法では、自動車が停止している時の携帯電話やスマホの使用の禁止が定められていなかったとしても、警察に疑われる行為はしない方が無難です。 また完全に停止したのを確認した後、携帯電話やスマホで通話を始め、赤信号が青信号になったところで、「あっ、信号が変わったから切るわ!(タイヤブーン)うん、じゃあね!」と走り始めた時に通話をしていた場合もアウトです。 他には、渋滞中に徐行運転をしながら、携帯電話やスマホで通話する行為や画像や動画を見る行為も違反です。 車内で携帯電話・スマホをチェックする場合、完全に停止しており、絶対に安全だと言える状況で使用するようにしましょう。 画像を注視とは、どれくらいの時間を言うのか? 画像を注視とは、何秒ぐらいをいうのかと疑問に感じた人も多いのではないでしょうか? 注視は、時間にすると2秒と書かれていることもありますが、実際は時間が規定されている訳ではありません。 注視とは、見続ける行為のことで、チラッと見ただけでは注視になりません。 運転中の携帯電話やスマホ使用での違反点数 違反行為の種類 点数 携帯電話使用等(交通の危険) 2点 携帯電話使用等(保持) 1点 運転中の携帯電話やスマホ使用での違反点数は、上記の通りです。 交通の危険を生じさせず、保持だけであれば違反点数は1点ですがい、携帯電話やスマホの使用によって交通に危険を生じさせた場合は2点です。 運転中の携帯電話やスマホ使用での反則金・罰金 違反行為の種類 反則金 携帯電話使用等(交通の危険) 1万2千円(大型車)、9千円(普通車)、7千円(二輪車)、6千円(小型特殊車)、6千円(原付車) 携帯電話使用等(保持) 7千円(大型車)、6千円(普通車)、6千円(二輪車)、5千円(小型特殊車)、5千円(原付車) 運転中の携帯電話やスマホ使用での反則金は、上記の通りです。 この反則金を支払わない場合、携帯電話使用等(交通の危険)で「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」、携帯電話使用等(保持)で「5万円以下の罰金」に科せられる可能性があります。 ただし、これは2018年02月15日現在の罰則です。 携帯電話やスマホでの運転での事故が多発していることから、道路交通法が改正される方向に進んでいます。 この改正法案では、反則金を納付すれば公訴を提訴されない交通反則通告制度の対象から外れる見通しです。 つまり、青切符から赤切符になるということです。 ちなみに、以下のように罰則が強化されるようです。 飲酒運転の罰則が徐々に強化されたように、この携帯電話・スマホの「ながら運転」も今後、さらに強化される可能性はあります。 ハンズフリーのイヤホンマイクは違法? ハンズフリーのイヤホンマイクであれば、運転中に使用することはできるのでしょうか? その答えは、 都道府県によって多少条件は異なりますが、基本的にはグレーだということです。 もしあなたの住んでいる都道府県で違法かどうか知りたければ、道路交通規則や道路交通法施行細則をチェックすればわかります。 例えば、大阪府道路交通規則を見てみましょう。 運転者の遵守事項 第13条 法第71条第6号の規定により車両等の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。 5 警音器、緊急自動車のサイレン、警察官の指示等安全な運転に必要な交通に関する音又は声を聞くことができないような音量で、カーオーディオ、ヘッドホンステレオ等を使用して音楽等を聴きながら車両を運転しないこと。 出典:大阪府道路交通規則 第13条 ハンズフリーのイヤホンマイクに関しての言及はありませんが、カーオーディオ、ヘッドホンステレオ等と書かれているので、外部の音が聞こえないのであれば、ハンズフリーのイヤホンマイクでも使用は違法であると考えられます。 それでは、今度は滋賀県道路交通法施行細則を見てみましょう。 運転者の遵守事項 第14条 法第71条第6号の規定により車両等の運転者が遵守しなければならない事項は、次に掲げるとおりとする。 6 カーラジオ等を高音にし、またはイヤホーン等を使用して聞く等安全な運転に必要な交通に関する音または声が聞こえないような状態で車両を運転しないこと。 ただし、公共目的を遂行するための指令を受信する者が、イヤホーン等を使用するときは、この限りでない。 滋賀県道路交通法施行細則 第14条 滋賀県道路交通法施行細則では、イヤホーンに関しての言及があり、後は大阪府道路交通規則と同じことが書かれています。 今度は富山県道路交通法施行細則を見てみましょう。 運転者の遵守事項 第17条 法第71条第6号の規定により、車両等の運転者が遵守しなければならない事項は、次の各号に掲げるものとする。 9 大きな音量でカーラジオ等を聞き、又はイヤホン、ヘッドホン等を使用して音楽等を聞き、安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両を運転しないこと。 ただし、難聴者が補聴器を使用する場合、又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令等を受信する場合にイヤホン等を使用するときは、この限りではない。 出典:富山県道路交通法施行細則 富山県道路交通法施行細則には、難聴者が補聴器を使用する場合についての言及があります。 このように見ていくと、交通に関する音又は声が聞こえない状態で運転できない状態になるようであれば、ハンズフリーのイヤホンマイクの使用はダメだということがわかります。 逆に言えば、交通に関する音又は声が聞こえるのであれば、違法ではないと言えます。 もしもハンズフリーのイヤホンマイクの使用違反で捕まることがあれば、公安委員会遵守事項違反で反則金6千円(普通車の場合)、違反点数0点、もしくはとされる可能性もあります。 ということで、もしもハンズフリーのイヤホンマイクを使用する予定がある方は、お近くの警察署に相談することをオススメします。

次の