大谷 翔平 速報。 大谷翔平ニュース一覧

大谷翔平の足はイチローよりも早い?俊足トラウトとの比較は?メジャーリーグで30盗塁も達成可能か?足のサイズは?使用するスパイクのメーカーはアシックス。

大谷 翔平 速報

『ベーブ・ルースの再来』とまで評されて海を渡る大谷翔平。 そんな彼をアメリカのメディアやファン、一般市民は、実際のところどう見ているのか。 大谷選手が入団したロサンゼルス・エンゼルスの本拠地であるカリフォルニア州オレンジ郡の地元紙で働く唯一の日本人記者が、2018年シーズンを通して、現地の生の声やアメリカ人でも知らない地元ネタなどを紹介する。 その第1弾の前編。 (志村 朋哉) 野球好きの友人から送られたテキストメッセージで、2017年12月8日は目が覚めた。 夜明けまで仕事をしていたが、英語で書かれたメッセージの内容を見て眠気が吹き飛んだ。 「You got your wish. Ohtani to the Angels. (君の願いが叶ったね。 オオタニがエンゼルスへ)」 ベッドから飛び出してニュースサイトやツイッターを見ると、確かに地元の何人かの野球記者たちが速報を流していた。 私はすぐに上司であるオレンジ・カウンティ・レジスター編集長にテキストを送り、エンゼルス番記者のサポートなど、できることは何でもすると伝えた。 レジスターは、エンゼルスが本拠地を構えるカリフォルニア州オレンジ郡の地元新聞社。 オフィスはエンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアムの向かいにあり、私の席からは球場が見える。 同僚は、ほぼ全員がアメリカ人。 私はそこで働く唯一の日本人で、報道記者として政治や文化、調査報道などの記事を英語で書いている。 編集長には、大谷選手が候補を7球団に絞った時から、もしエンゼルスに来ることになったら取材を手伝いたいと声をかけておいたが、彼を含めてオフィスの野球好きたちは、「まさかないだろう」という反応だった。 というのも、野球記者たちの間では、当初はヤンキースやレッドソックスなど東海岸の名門、希望球団が絞られてからは、日本や日本ハム球団とつながりが深いマリナーズやパドレスが本命と見られていたからだ。 移籍発表の数日前には、レジスターのコラムニストが、「オオタニがエンゼルスを選ぶなんてちょっと出来過ぎだよね?」という見出しの記事を書いた。 それだけに、私にとって大谷選手の決断は驚きだった。 急きょレジスターでは、翌日の一面とスポーツ面で大谷選手の特集を組むことになり、私も現地に住む日本人の喜びの声を記事にした。 オレンジ郡での大谷フィーバーの幕開けであった。

次の

ロサンゼルス・エンゼルス

大谷 翔平 速報

・動作環境 Android 4. ・「App Store」ボタンを押すとiTunes (外部サイト)が起動します• ・アプリケーションはiPhone、iPod touch、iPadまたはAndroidでご利用いただけます• ・Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です• ・iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc. の商標です• ・iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています• ・Copyright C 2020 Apple Inc. All rights reserved. ・Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です• ・スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です(参考:)• Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

ロサンゼルス・エンゼルス

大谷 翔平 速報

大谷の野球に取り組む姿勢を評価「辛抱強く、雑念を寄せ付けない」 メジャー挑戦1年目で、二刀流の一大旋風を巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平投手。 右肘の内側側副靭帯損傷で一時戦線を離脱し、投手としては10試合の登板にとどまったが、打者として104試合に出場して打率. 285をマーク。 キャリアで最多となる22本塁打を放ち、61打点を記録した。 チームはポストシーズン進出を逃し、早々とシーズンが終了。 大谷はレギュラーシーズン終了翌日の10月1日(日本時間2日)に右肘の靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、来季の打者復帰、そして2020年の二刀流復活に向けてリハビリを進めていくことになる。 日本ハムから海を渡り、メジャー1年目で驚くべき活躍を見せた大谷。 その激動の1年を、AP通信が振り返っている。 「オオタニがエンゼルスに入団することを決めて以降、辛抱強く、そして雑念を寄せ付けない彼の野球に対するアプローチは常に顕著だった」と、大谷の野球に取り組む真摯な姿勢を称賛。 「日本でもう数年待っていれば得られたはずの莫大な金額を彼は逃したのだ。 その代わりに、彼は駆け足でアメリカに渡り、投手・打者の両方でメジャーを席巻する長期にわたるプロセスを開始した」と、大金には目もくれず、自身の夢に邁進した二刀流右腕の歩みを称えている。

次の